Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

向かいのバズる家族 第2話  *感想*

2019-04-14 | 春ドラマ(2019)感想
 父・篤史(木下隆行)が携わるドラマの主演俳優・穂村(黒羽麻璃央)が、
あかり(内田理央)の動画に反応したり、
穂村のSNS上での反応に、弟の薪人(那智)が苦情を入れたり、
母の緋奈子(高岡早紀)の動画が、あかりや涼太(白洲迅)の目に触れることになったり、、
イロイロと絡み合ってくる感じがいいね。
 
 
ロコモコおじさんの再来店エピソードで、
ネットに翻弄され、人生を狂わされてしまう恐ろしさに触れていたけれど、
全体的には軽いノリや雰囲気なので、
そこまでシリアスには描いていかない方向なのかしらね?
 
 
ロコモコおじさん・種崎(森下能幸)が、
心からあかりや店のことを気にかけている様子がやりきれなかったなぁ。
種崎に対する店の対応は悪かったからねぇ、、
あの怒り方はどうかとは思うものの、腹が立つのは分かるしねぇ、、
種崎が感情的になってしまった一部分だけを、
切り取られて拡散されてしまう恐ろしさを改めて感じたわ。
 
 
 
緋奈子(高岡早紀)とあかりのラインでの応酬は楽しく視聴。
緋奈子さんったら思っていたよりも手強いわ。
本人がとても楽しそうだし、別にいいとは思うのだけど、
イロイロと不安にさせる感じはあるねぇ。
 
 
チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします♪
<ドラマ感想>
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ドラマ24「きのう何食べた?... | トップ | あなたの番です 第1話  ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
種崎を店の外に連れ出し、 (パインル)
2019-04-14 12:01:33
冷静に本音を聞き出す際と一人カラオケでのナマハゲ歌唱(笑)の後の会計で店員に素性がバレそうになり、慌てて逃げだす時のあかりを演じ分けている内田理央さんが流石でした。

ロコモコおじさんこと種崎を演ずる森下さんやや「エロナルシスト」を自認している緋奈子は高岡さん以外考えられないくらい、ハマリ役です。

親族の清史や篤の勤務先の同僚(?)・丹羽といった篝家を取り巻く面々が今後どんな感じで本編に絡んで来るのか楽しみです。

パインル さま (Lee)
2019-04-15 08:33:15
コメントありがとうございます♪

種埼の哀れな感じも、
緋奈子のイタい感じも、印象的でした。

篝家はこれからどうなっていくのか、気になりますねぇ。

コメントを投稿

春ドラマ(2019)感想」カテゴリの最新記事