愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




近頃、バトルフィールド5の情報が錯綜してるよね。
10月26日に発売予定なんだけど、
今度の戦場がまだハッキリしていない。

第二次世界大戦のBF1942から始まったこのシリーズは、
たまにベトナム戦争とかSFの世界とか犯罪物とか寄り道しつつも、
BF2以降のナンバリングタイトルはずっと現代・近未来戦でやってきた。

正直現代物のFPSなんてCall of Dutyの例を出すまでもなくたくさんあるし、(あっちも元はWWII物だが)
BF1942が最も壮大な規模でまたPCゲーム史に残る名作だったからこそ、
ここまでの大作シリーズと成長してると思うが、
それだけにBFシリーズにはWWII路線に回帰して欲しいという声は少なくない。


そして最近のFPS界の潮流だが、
Call of Dutyの最新作がWWIIに戻るかもしれないと、
ActivisionのCEOが匂わせている。
 → Activision、『Call of Duty』が第二次世界大戦へ回帰する可能性に言及「もちろん可能」

それはそれは喜ばしいことで、俺はCoDが分離する前の
Medal of HonorのオマハMAPにも強い思い入れがあるので、
そこから始まったCoDがWWIIに回帰するのは懐かし嬉しく思う。


そして今年、2つの新作WWIIFPSがKick starterで支援を募っており、
こちらも一部で話題となっている。
『Battalion 1944』『Days of War』だ。
動画を見る限り両方とも、非常にオールディな作りで、
昔Half LifeのMODであったDay of Defeatを彷彿とさせるもので、
俺にとってはリアル系には見えないのでそれほど興味が惹かれるものではないが・・・。

しかしタイトル自体に興味はなくても、この流れには見るべきものがある。
CoDがWWII路線への回帰を匂わせ、インディーズで新たに2つのWWIIFPSの開発が発表され、
そしてBF5の噂・・・。


2000年ぐらいからFPS業界を見てた俺からすると、
FPS業界に流行りモノってのは確実にある。
WWII、現代戦、未来戦、CQB戦、犯罪物、ゾンビ物、
何故かそういった要素を含むタイトルが一斉に発売される流れがあったと思う。

WWII物は2000年代前半に流行った印象だが、BF以外のFPSの動きを見ても、
再びWWIIが注目を浴びる時期にきてると見ても、
あながち的外れでもない気がする。
だからBF5が実際にWWII物になる可能性は有り得ると思う。


現在、BF5に関しての噂は3つある。
ひとつは第二次世界大戦、まあ最有力っていうかファンの期待でもあるだろう。
次にSF未来戦、去年までのCoDシリーズがこっち路線なので、これも十分に有り得る。
まあ俺にとっては最悪の選択なんだけどね、絶対に買わない。

そして最後の3つ目が、最新情報であるが・・・





BF5:『Battlefield 5』の舞台は“第一次世界大戦”で発売日は10/26?
http://fpsjp.net/archives/246038



第一次世界大戦?????wwwwwwwwwwwwwwwwww





ファ、ファーット?

What happened????




まじかよwwwwwwwwwwwwwwwww

・・・いや、別に悪くない。
悪いわけじゃないんだけど、なんていうか、その、
BFシリーズとWWIって、すごくない?
なんていうか絶対に想像がつかない組み合わせっていうか・・・。
ガッキーがそこらのニートと結婚するようなもんでしょ。
だってBFってどっちかというとカジュアル系のFPSで、リアル性皆無っていうか、
WWIって、あの重厚な雰囲気で地味な武器しかなくて、カジュアルにしようがないっていうか、
なんか不謹慎だよ、逆に。

BF1942ってWWIIなのにみんなが自動小銃持ってたようなカジュアルさだったけど、
WWIの時代だとその自動小銃すら満足にないんですが。
単発式銃でカジュアルって、イケるのか?
それともみんなが短機関銃や散弾銃を持ち始めるのかな。
BFの層が求めてるのって爽快感とか手軽さだと思うんだけど、
WWIっていう戦場は、それらのワードからもっともかけ離れているんじゃないだろうか・・・。


うーん、BFとWWI。
これほど同居が似合わない言葉があるとは。

少し前の海外記事で、BF5では日本軍がフィーチャーされるとかリークされてたんだけど、
デマの可能性がありつつも、だからWWIIってのは濃厚かなと思ったが、WWIってのは・・・。
まあ、間違ってないよ、WWIにも日本軍はいたよ。
すごく辺境でマイナーに戦ってただけで。

太平洋におけるドイツの植民地を掠め取ったりとか、
申し訳程度に艦隊を地中海に送ったりして輸送作戦を支援したりとか、
一体誰が得するんだよそんな地味な日本軍フィーチャー。
WWIの日本軍をフィーチャーしたゲームなんて、
パラドゲー以外に俺は知らない。


まあ確定情報はなにもないんだけどね。
とにかく、俺にとって最悪なのは未来戦になることで、その次に現代戦が続くこと。
理想は第二次世界大戦だが、まあこの際、第一次世界大戦でも良いやと思える。
今までにない試みで逆に面白そうだからね。

いずれにせよ、今度こそ128人対戦を実現してくれよ!!


コメント ( 5 )  新作情報 / 2016-03-05 04:17:00




PS4を買う理由が2つできました。

1つはFF7リメイクが順調に制作されていること。
やっべええええ!!
FF7とかめっちゃテンション上がるし

FF7なんて本当に何度騙されたんだよ!
PS3が発売するときもFF7の映像を使ってリメイクか!?なんて言われたし、
去年の「PS4でFF7が出ます」ってときも「解像度を上げたリマスター版」という罠だった。

本当に、何度も何度も何度も何度も何度も騙され続けてきたので、
半年前のE3でFF7リメイクが発表された時でさえ、興奮しつつも正直半信半疑であった。




しかしいま巷で話題のこれ。
なんと唐突にプレイ動画が出てきたので、
ようやっくちゃんと製作されていることを実感できた!
しかもけっこう出来てそうだし。

これ、去年のFF7リマスター発表の時から絶対に作ってたろ!
作りながらわざと意地悪な引っ掛け発表をしたんだろ!!
何度も騙してる自覚があったに違いない。


現時点で発表されていることは、
戦闘システムが大きく変わり、
ストーリーには少し変更が加えられ、
ボリュームアップをしつつ分作となるようだ。

1タイトルじゃ完結しないらしい。
何本出るんだろうか、しかしそれも仕方ないな。
FF7は超大作だし、しっかり作り込みをしてくれるならむしろ望むところである。
3本でも4本でもフルプライスで出しやがれ!!

FFシリーズは10以来なので、最近のFFはアクション要素があることは噂に聞いてたけど、
FF7もコマンドは動画に出てたけど戦闘画面はアクションっぽく見えるね。
戦闘システムの大幅改変は大歓迎である、どういう風に出てくるのか楽しみ。
FF7の根幹であるマテリアシステムはさすがになくならないだろうし。


ストーリーの変更も正直楽しみである。
エアリスが死なないみたいな極端なことはしないだろうし、
FF7のあの暗い暗いストーリーと世界観にさらに深みが加わるなら歓迎しないテはない。
見たことないエピソードが展開されるのはプレイし甲斐がある。

世間的には戦闘システムもストーリーの改変も分作も賛否両論っぽいが、
俺は全てを前向きに受け入れる男なので、
っていうかどうでもいいのでとにかく出して欲しい。

FF7の退廃的な世界観で、不思議な生活感があるあの雰囲気。
ミッドガルから出た後の開放感あるオープンワールド、
そこを損なわないでいてくれたら良いのだ。
それこそがFF7の肝である。


今の若い人はFF7をプレイするのはグラフィック的に辛いだろう。
でもこのリメイクが出たらまたビッグウェーブがくるね!
アラサー前後のゲーマーがなぜFF7にここまで全世界規模で熱狂するのか、
それはリメイク版をプレイすればわかる。


正直これだけでもPS4を買う理由に足る。
できればFF7リメイクがバンドルされた専用カラーのPS4とか欲しいぐらいだ。
しかしもうひとつの理由が・・・




ACE COMBAT 7 である。
まあああじでええええーーーーー!?!?!?!?!?!?
これこそサプライズだよ!!!!!!!

だって前作6から8年経ってんだぜええええ!?!?!?!?
まじで、正直もう諦めてた。
派生作品はなんかちょろちょろ出てたけど、興味もなかったから買わなかったし、
本物のエースコンバットはもう出ないのかと思ってた。
出るんだ。

やっべーなこれは。
PS4ってすげーんだな。
この圧倒的戦力、ゲームハード戦争で勝つわけだ。


長年のブログ読者のみなさんは、俺がコンシューマ機をプレイするとは思ってないだろう?
そんなイメージないだろう?
PS3も持ってないしな!

しかし俺は8年前に、エースコンバット6の為だけに、
XBOX360と専用ジョイスティックと新しいテレビを揃えた男だ。
しかも1日でも早くプレイしたかったので、予約していたにも関わらず、
発売前日に店舗でフライングゲットして翌日に予約分も買うという、
同じソフトを2日連続でゲットするという暴挙にも出ていたwwwww

本当にそのためだけにそれだけの予算をかけていたのだ。
エースコンバットというシリーズには、それだけの価値がある。

ACE6発売当時のブログ記事 → スニーキングミッション
8年前の出来事が普通に残ってる辺り、
このブログもいつの間にか長くなったね・・・。


しかし上のトレーラーの冒頭の音楽・・・。
ACE5,ACE0に続いてラーズグリーズのアレンジじゃないか。
あまりちゃんと調べてないんだけど、もしかして5と0と同じ世界なのかな?
だったら嬉しいな。

早くちゃんとしたトレイラーが出てきて欲しい。
なんといってもエースコンバットシリーズといえばトレイラーのデキだろ!?
特にACE5,ACE0も素晴らしいが、ACE6のトレイラーは史上最高のクオリティであった。
誰でも買うだろこんなん、ってぐらいのトレイラーをいつも出してくるので、
ACE7も購買意欲をそそられるんだろうな、ちくしょう。
そんなもんなくてもハードごと買うってのに出してくるんだろうな!!!


ACE COMBATシリーズのトレイラー

   




俺はPS4を買うぞおおおおおーーーー!!!!


コメント ( 9 )  新作情報 / 2015-12-08 02:35:21




仕事から帰る

ブログ書こうかな、でもその前にちょっとゲーム・・・

あ、もう深夜2時か。
眠いし明日も早いし・・・
日付変わっちゃったら今更新しても明日仕事終わりに更新しても同じだよね!

最初に戻る

以下無限ループ



という感じで更新不精になってます。
まあ現在プレイしてるゲームもChivalryシムズ4かっていう、
最新ゲームを全く遊んでない状況でもあるので・・・。
なんとなく更新ネタあんまりないよね。




そういえばリアル系現代戦の100人対戦FPS、
『Squad』が12月15日からプレイできるようになる。
今はやっぱりこれに一番胸を躍らせてるね!

改めてこのゲームの特徴を書くと・・・

・BF2のMOD、Project Realityがベースで、リアル系現代戦。
・オープンワールド型MAPで100人対戦の大規模マルチプレイヤー。
・分隊システムがあり、兵科ごとに人数制限もある。
・歩兵の他に車両や航空機など多数の兵器が登場。
・司令官もいて、基地の構築、拡張などができる。


などなど。
楽しそうな要素てんこ盛りである。
実はBF2MODのPRをプレイしたこと無い俺からすると、
オープンワールドで色々な兵器があり基地を建設しての大規模なマルチプレイってのは、
Armaシリーズによく似てると思う。
動画の雰囲気的にも。

公開情報によるとArmaほどMAPは広大すぎることもないようだが、
その方がいい感じに人が密集して迫力ある展開も出てきそうで良いと思う。
Armaのゲリラ戦に向いた広大さも魅力的ではあったけどね。

数年前はArma2のマルチにかなりハマり、当ブログでもArmaカテゴリ の過去記事に
Arma2戦場日誌として定期的に更新していたが・・・。
そんな俺からすると、このSquadへの期待はハンパない。


ゲームモード的にはどういうルールなんだろうか。
ArmaのCTIルールのように、お互いの司令官がまず基地を建設し、
そこがリスポン地点となり、相手の基地を破壊したら勝ちなんだろうか。

あれはArmaの広大すぎるMAPでは、
まずは偵察・索敵フェイズから始まり、ところどころで小規模なドンパチが起こり、
敵軍との接触地点や進行方向などから敵基地の位置を推測し共有地図に書き込み、
発見したら死にものぐるいの総攻撃で突撃したり防衛したり。
戦車もヘリもジェット機もあるが対空砲なども設置できるので本当に油断ならない戦いであった。
一旦ゲームが始まるとそのラウンドが終わるまで2,3時間かかるのはザラ、膠着戦になると5時間とかも有りえ、
最初から最後まで参加すると消耗するが、それだけ長い戦いの中に身を投じるのはそれはそれで楽しかった。

Squadではもう少し短いサイクルにはなると思うけど、
それでもオープンワールドでこの規模なら、
BFシリーズとは全く比べられない対戦時間になりそうだ。


リリース直後は登場する車両類も限定的だろうけど、
いずれ種類は増えるらしいし、12月15日がすごく楽しみ。
久々に軍事をからめたゲーム記事がたくさん書けるかもしれない。





爆発表現も綺麗でよくできてるなと思った。
迫力ありそう!


コメント ( 4 )  新作情報 / 2015-12-02 20:46:16




俺は割とTotal warシリーズが好き。
壮大な歴史ストラテジーで、戦略パート、戦術パートに分かれているのが特徴であり、
ターン制の戦略パートでは信長の野望Civilizationのように
都市を開発したり軍隊を編成したり外交したりで国家運営に励み、
いざ開戦し敵軍との戦闘になれば戦術パートに移りRTSでの戦いとなる。

RTSパートの戦いは緻密であり、隊形や地形や天候など様々な要素が戦いに影響を及ぼし、
また指揮するプレイヤーのスキル次第では少数兵力でも多勢に打ち勝てるのも大きな自由度だ。
雰囲気も抜群に良い。

そんなTotal warシリーズは、今まで古代ローマや中世欧州、
戦国時代やナポレオン戦争など、あらゆる歴史的な局面を舞台にしてきたけども、
次回作は少し異色となる。


次回作の舞台は・・・




『Total War: WARHAMMER』

Warhammerは海外で有名なファンタジーシリーズで、この分野では代表的な存在であるらしい(俺もよく知らない)
Wikipedia を覗いてみると指輪物語などで見られるような代表的なファンタジー種族はいて、
汚物や腐臭など本当の意味での中世欧州をモデルにしたダークファンタジーであるとのこと。
各勢力も史実の中世国家をモデルにしているようだ。

当初俺はこの舵取りには好意的じゃなかった。
やっぱり歴史が好きだし、最近のFPSでもありがちなのだけど、
ずっと現実世界を舞台にしてきたシリーズなのに
いきなり架空世界にハンドルを切るのが意味わからない。
その世界観が好きでずっとやってきたファンを切り捨てる行為だと考えていた。
特に歴史物なんて、その世界背景に対する思い入れが大きなモチベーションとなるのに。


しかしまぁ、現実にTotal warの次回作はWarhammerになってしまったので嘆いても仕方ない。
それを受け入れて、少し調べてみて、動画も見たりして、世界背景も調べてみたら・・・。
あれ、なにげにけっこう面白そうじゃない!?

上の動画の戦闘シーンを見て気づいたのだけど、
そういえばTotal warの現実感ある戦闘は、当然歴史がベースなので人対人がメインだった。
騎馬兵やラクダ兵、軍用象や軍用犬が出たりはしたけどもね。

ところが上の動画はどうだ!
人間兵士の他にも、人間よりも断然素早く疾走するクリーチャーに、人間の4倍はあろうかという巨人、
カタパルトで打ち出される翼が生えたゴブリン、範囲魔法で一気に場をなぎ払うやつとかもいるじゃないか。
人間をなぎ倒しながら降りてくる翼竜みたいなのもいるし、召喚魔法すら繰り出される始末。

戦いの迫力はそのままに、バリエーションが今までと段違いだ。
ファンタジーだからこその好き放題という感じ。
リアル志向のTotal warでこれは超おもしろそう!


さらにTotal warシリーズということは、当然戦略パートもあるわけで。
上のWikipediaに載ってるうちのいくつの勢力が登場するのかわからないが、
ファンタジー世界での国政も面白そうである。
カオスな奴らに対抗するために人間とエルフが同盟組んだり、裏切ったりするのかな。

おそらくクリーチャー相手に人間は知恵や兵器や統率力で戦うことになるのだろうけど、
上の動画を見る限り、戦場ではかなり絶望的な戦力差に思える。
でも対抗手段もあるのだろうし、こういった世界での戦略というのは、
想像を膨らませたら面白そうである。
逆に怪物側でプレイして人間国家を蹂躙もしたいし、マルチも面白そう。


ということで、Total warの次回作は中世を期待していたところに、
歴史物でなくなったのは残念だけど、情報を集めたら非常に楽しみになってきたのである。
発売は2016年4月28日予定と少し先だけど、レポの書き甲斐がありそう!


コメント ( 2 )  新作情報 / 2015-10-27 23:08:02




ヨーロッパ全域を再現した交易シミュレーション,「Grand Ages: Medieval」のプレオーダーが欧米でスタート
http://www.4gamer.net/games/269/G026972/20150908016/


このゲームについての過去記事
Grand Ages: Medievalについてと、歴史ゲーム色々
Grand Ages: Medievalのプレイ動画が公開




さあ、いよいよ迫ってきたな!
個人的に一年前から超期待しているタイトル!
たぶん日本のゲームブログ業界で俺が一番楽しみにしてるんじゃないかな。

今月の9月25日に発売するのだけど、ちゃんとみんな準備できてる?
マルチやるよ?
レポ書くよ?
Civレポぐらい盛り上げようぜ!!


日本語での情報はあまり多くないので、
ぶっちゃけどんなシステムかとかは知らないけど、
でも広大でシームレスなヨーロッパ全域MAPで西から東まで
交易したり国境を広げたりするゲームって超面白そうじゃないか!
雰囲気も良い。

プレイアブル勢力は8つって、どこの国が登場するんだろうなあ。
4gamerにロシア・トルコって書いてるから、
後はイングランド、フランス、スペイン、神聖ローマ帝国系と、
イタリア系と、もしかしたらアラビア系も出るのかな?
って感じだ。
この時代ならスカンジナビアもけっこう存在感があるな。
中欧らへんでのプレイがカオスそうで楽しそうである。


中世系のゲームは、来年に発売予定のMount and Blade 2Kingdom Come: Deliveranceも見逃せないね。
これから来年にかけて中世欧州スキーには良い時期となりそうだ。

あとはTOTAL WARシリーズがMedievalを新しく出してくれさえしたらパーフェクトである。
頼むぞ・・・!


コメント ( 0 )  新作情報 / 2015-09-08 20:15:11


« 前ページ