愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




米特殊部隊、ソマリア海賊から人質救出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120125-00000634-san-int




米軍特殊部隊がソマリア海賊を強襲し、拉致され身代金を要求されていた人質2名を救出。
陸上の拠点にて空挺降下し、銃撃戦の末に海賊9人を殲滅したとのこと。
投入された特殊部隊は海軍SEALsという。

SEALsは水際や水中での作戦を得意としているが、
実情は空挺降下や陸上での戦闘作戦など、
陸海空を問わず活動している精鋭部隊である。
世界各地の紛争地域であらゆる工作、強襲作戦に従事しており、
昨年のオサマ・ビンラディン暗殺作戦もSEALsと派生チームが実行した。
陸軍のデルタフォースと並び、米軍最精鋭との呼び声が高い特殊部隊である。


結果的に海賊を皆殺しにしたのは一部で物議を醸すかも知れないが、
この何が何でも自国民の生命を優先する姿勢は頼り甲斐がある。
これが日本政府なら、対話による解決を目指してずるずる要求を飲むか、
もしくは優柔不断な対応をし結局人質を殺されてしまう可能性がある。

海賊行為を行うソマリア人にはソマリア人の言い分がある。
それは先進諸国らが産廃物をソマリア沿岸部に不法投棄した結果、
漁業の成果が挙がらなくなり、代わりに海賊行為が生活の糧だとか。
貧困地域は全てが決して自然的に貧困なのではなく、
他国の不正や利用された結果という側面がある。

これはソマリア海賊以外にも同様で、世界中で活動する各武装組織も、
なんらかの信念や主張、目指すものなど、理由があって戦っている。
先進諸国にテロリストとして名指しされる武装組織、
ゲリラ部隊なども、彼らには彼らの言い分と理由がある。
ただの殺人に見えても、それは自分たちの殺された肉親や、
破壊された祖国の仇討ちであったりとかするし、
そんな単純な問題ですらなかったりもする。


物事にはあらゆる側面があり、正義というのは見る方向によってそれぞれ形が違う。
このソマリア海賊たちも先進国による環境破壊などの貧困に窮する理由があって、
海賊をするのに仕方ない面があったのかもしれない。
しかしそれは片方の立場に立った見方である。
アメリカ側から見れば、自国民の生命が危機に晒されていて対話による解決が難しい以上、
罪なき自国民の生命か犯罪者である海賊の生命かという選択に迫られ、
あらゆる背景事情があったとしても海賊よりも自国民の生命を優先するのは自然である。

こういった問題は世界各地のあらゆるケースに当てはまると思うが、
国政府に必要なのは、たとえ様々な背景事情があったとしても、
まずは自分たちの立場から物を見て、自国民の生命と利益を最優先する。
日本政府にもそれを求めたいものである。

軍事記事目次へ



コメント ( 7 )  軍事ネタ / 2012-01-27 16:48:53




最近、各所で以下の2chスレが話題になってた。
元空自の戦闘機パイロットが質問に応えるというもので、
搭乗機はF-4ファントムIIとのこと。

元戦闘機パイロットだが質問ある?
http://minisoku.blog97.fc2.com/blog-entry-1709.html


航空自衛隊のF-4EJ

しかし・・・
興味深いスレなんでざっと読み通すと、妙なとこがちらほらと。
それを以下に挙げるので、その前に皆さんも上のスレを読むことをおすすめする。




ASM-2は空自に配備されている空対艦ミサイルで、戦闘機から敵艦に向けて発射される。
このASM-2の射程は170km前後あるとされ、世界の空対艦ミサイルを見渡しても射程は長い方である。
決して短いと言える性能ではない。
艦の搭載する対空ミサイルの射程を考えても、大部分の艦が搭載する
シースパロー、ESSM、SM-1等の対空ミサイルは射程が30〜50km前後なので凌駕するし、
イージス艦の搭載する強力なSM-2対空ミサイルと比べても射程は同等程度。

航空機による対艦攻撃が危険な任務なのは確かだが、
射程ギリギリでASM-2を撃ってすぐに引き返せる戦闘機の機動性を考えれば、
スレで書かれてるほど特攻に近い性能差ではないはずである。




ロールペダルではない、ラダーペダルである。
ロールは機を回転させる動作で、ラダーは機首を左右に振る動作のこと。
この操作の意味は大きく違うので、元パイロットなら間違えようがない。




まずTACネームコールサインを混同している。
コールサインが作戦機に定められた部隊での正式な呼称である。
レス内容にある「イーグル〜」は数字がついてるのでコールサインであり、
例えば「イーグル1」なら「イーグル隊の1番機」ということになる。

間違って回答しているTACネームとはパイロット個人に付けられるあだ名のようなもので、
映画トップガンの主人公が「マーベリック」と呼ばれているもの。
しかしこれは彼個人のあだ名なので、部隊機を指して「マーベリック1」「マーベリック2」とは言わないのである。

また同時に質問されてる「Fox2」とは武装使用の府庁である。
米空軍やその同盟国、空自も武装の発射の際にコールする決まりになっている。
米空軍と空自でFox1,Fox2,Fox3の意味合いは微妙に違えど、
しかしスレ主が本当に元空自戦闘機パイロットなら、
レス内容のように曖昧な回答のはずがない。




戦闘機による対艦攻撃のセオリーは、敵艦からのレーダー波にキャッチされないように、
海面スレスレの低空侵入、攻撃位置についたら一瞬だけ高度を上げ、対艦ミサイルを発射したら一目散に逃げる、である。
少なくともイージス艦に対する攻撃が真上からが鉄則、というのは有り得ない。

イージス艦は防空に特化した艦で、真上につくのが最も難しい相手である。
イージス艦の搭載するSM-2対空ミサイルの射高は30kmにも及び、
高度30kmというと成層圏で、F-4戦闘機はおろか、
さらに強力なF-15戦闘機ですら実用上昇限度20km足らずなので、
SM-2の射程範囲から逃れることはできない。
わざわざ真上まで接近する戦術的合理性がない。


色々突っ込んだけど、戦闘機パイロットとして論外のことも含まれてるので、
以上のことから空気を読まずに、この話題になってるスレ主は偽物と断定できるかな。
残念!

軍事記事目次へ



コメント ( 21 )  軍事ネタ / 2012-01-20 20:12:09




Skyrim日誌、前回からの続き。
前回分 → Skyrim日誌(4) 〜 召喚術 〜
全日誌一覧 → Skyrim日誌総目次





ホワイトランの雑貨屋で装備いじり。
なかなか良いローブとサークレットを売っていたので、購入して試着。
見た目はかっこ悪くなったが、主にマナ回復面で性能が上がった。
ほぼ全財産を払うことになったが。

さて、お城に行き首長バルグルーフに謁見し、
我が軍のリーダー、ウルフリックからの伝言を伝えなければ。
この戦争、どちら側につくかということだ。
帝国軍か反乱軍のStormcloaksか。




ホワイトランには一層高くなっている丘があり、この丘はドラゴンズリーチと呼ばれている。
そこにバルグルーフが居住する城があり、街と周囲を見渡せるようだ。
メッセージとなるウルフリックの斧を見せると、彼は自らの執政官と討論した結果、
我がStormcloaksと戦争になる可能性を認めつつも帝国側につくという。

うーむ、突き返されたウルフリックの斧を手に城を後にするも、
そうか、このホワイトランと戦争になるのか。
雑貨屋にはお世話になったし、今歩いててもここには子供が多い。
ホワイトランの周囲は広大な草原地帯で、農場が多く牧歌的だ。
戦う為に反乱軍入りしたが、一般市民が巻き添えに遭うのは悲劇だ。
ここが戦場になるかと思うと、流石に胸中いささか穏やかではない。

市場エリアを通りがかった時、誰かの会話を小耳に挟んだ。
「最近のSkyrimの問題について知ってるか?誰もが死に取り憑かれている。」
色々な立場からの見方があれど、みんな戦争で物事を解決したがっているのを見ると、
確かにそうかも知れない。
当事者が言うのもなんだけど。




夜更けになったので、宿屋で一泊していくことにする。
焚き火にあたりながら重装鎧を身に纏った屈強そうな戦士といささかの会話を交わし、
売り子の娘が声をかけてきたのでサーモンステーキと酒をもらう。
ホワイトランと開戦したときはこの戦士とも戦場で相まみえるだろうか。

吟遊詩人が楽器を片手に詩を詠う。
詩はStormcloaksを打ち負かす内容だ。
「ウルフリックに死を!王殺しの悪党!討ち破った日には飲み歌おう!〜♪」
まあ俺自身は別に何かの信念があって、このNord人たちの反乱、
Stormcloaksに参加しているわけではないので、どうでもいいことだけど、
当たり前だがやはりウィンドヘルムの外にはStormcloaksに対して色々思う者たちもいるようだ。


朝になり、ウィンドヘルムへと戻り、ウルフリックに斧を返す。
するとウルフリックは苦渋の決断を下した。
配下の兵を何人も死なせることになるかもしれない、それでも、ホワイトランに攻め込むという。
ホワイトランはSkyrimのちょうど中央に位置している。
確かにここを手に入れられれば帝国軍との戦争を有利に展開できるだろう。
しかし俺は使者として見てきたばかりなのでわかるが、ホワイトランは城壁に囲まれた城塞都市である。
攻め落とすのは容易ではなく、痛みを伴うことになるだろう。
俺もこの作戦に参加せよとのことなので、たくさん殺してくることを約束した。
指揮官のガルマルが吠える。
「激しく戦い、激しく死ぬべし。街を手に入れるぞ!」




再びホワイトランに。
前回は同盟の使者として、今回は侵略者として。
既に両軍がカタパルトで砲撃合戦を繰り広げており、その下で友軍兵士が集まり突撃準備をかけている。
立派な戦場だ。

実はホワイトランについてのガイドブックを宿屋で読んだことがある。
このホワイトランはSkyrimの中央に位置しているので商業が発達し、人々の往来が激しく市場エリアは栄えている。
そして女は気強く美人が多いとの評判で、声をかけてきた宿屋の売り子さんも確かになかなかの器量だった。
今からそれらを破壊しようとしている。
せめてかわいい女の子が巻き添えにならなければ良いのだが、
いずれにせよ誰もが無傷というわけにもいくまい、戦争なのだから。




砲撃をかいくぐり城壁にとりつく。
城壁の上から弓兵が矢を射ってくるので、魔法で撃ち落とす。
この矢の雨を受け倒れていく友軍兵士たち。
敵兵の中には瀕死で命乞いする者もいたが、無慈悲に引導を渡してやった。
死んでも仕方ないだろう、兵士なのだから。
命を奪い合っているのはお互い様である。

敵の数が多いのでいちいち攻撃魔法を撃ってられない、すぐにガス欠だ。
火エレを召喚し、魔法剣を召喚し、肉弾戦重視で出来る限りマナを節約するが、それでも足りない。
しまいには剣を召喚することもやめ、敵兵の持っていた剣を鹵獲して使う始末。
さすが軍支給の剣、切れ味はなかなか悪くない。




城門を突破し、街の中に侵入する。
いくつもの建物が燃えており、平和だった頃が嘘のようだ。
ここから城があるドラゴンズリーチまでの丘を駆け登る。
ホワイトラン衛兵の苛烈な抵抗があるが、それだけ死体の山が築かれていく。




とうとう城まで到達し、中に突入すると最後の抵抗があったが、これも制圧。
玉座の前がホワイトラン衛兵たちの死体で埋め尽くされると、
とうとう首長バルグルーフが降伏に応じた。
ホワイトランは我々Stormcloaksの手に落ちたのだ。




もはやこの街に以前の面影はない。
破壊され死体が埋め尽くす死都となった。
果たしてこの瓦礫の山を手に入れたところで、
ここで倒れていった戦友たちは報われたのだろうか。
それはこの戦争の行く末を見ればわかることかもしれない。


前の日誌へSkyrim日誌総目次へ次の日誌へ







こんばんは、ゆっきぃです。
2012年に入り、我がブログも7年目。
今日は対空砲について。

対空砲とは、航空機などの空中目標に向けて撃つ砲のこと。
実はこの対空戦闘が史上初めて行われたのは1911年のイタリア・トルコ戦争と言われており、
この戦争中には飛行船による爆弾投下、つまり史上初の航空機による地上攻撃と、
翌年1912年にはこの飛行船に向けて砲を撃ち上げて迎撃する対空戦闘が行われた。
つまり今年の2012年は、飛来する航空機に向けての対空戦闘史を数えて100周年というニッチな記念年であるわけで。
(尚それ以前から弾着観測用の気球などを撃墜する戦術はあった。)

当初は通常の地上用の野砲を空中に向けて撃ち上げていただけであるが、
1914年に勃発した第一次世界大戦では布と木でできた複葉機が大々的に使用され、
とうとう戦争に於いて空軍というものの存在感が発揮されるにつれて、
やがては専用の照準器などを装備した対空砲が開発・配備されることとなった。

第一次世界大戦から航空機技術の急速な発展は目覚しく、1939年に勃発した第二次世界大戦では、
戦争に於ける空軍の役割を側面支援的なものから主力たるものへと変貌させた。
この時代の航空機は全金属製の単翼機が主流となり、高々度を飛行する爆撃機も本格的に開発され、
航空機の持つ破壊力を原始的に爆弾を投下するものから、絨毯爆撃によって一都市を焦土に変えるまでに進化させた。
空軍の重要性が飛躍的に向上するにつれて、それを迎撃する対空砲の役割も重要なものとなっていった。


アメリカ空母艦上の4連装40mm機関砲ドイツ軍のFlak18/36 8.8cm高射砲

この時代の対空砲は役割ごとに2種類ある。
12.7mmや20mm、30mmや40mmの小口径弾を連射して撃ち上げて弾幕を張る対空機関砲と、
75mmや88mm、大きいものでは120mmやそれ以上の大口径砲を撃ち上げる高射砲である。

機関砲は弾が軽いので高々度には届かないが、弾幕によって壁を作ることができる。
これは低高度から侵入する戦闘機や急降下爆撃機相手には有効な兵器だった。
高射砲は連射と小回りが効かないが口径が大きい分、砲弾の重量があり直進性もあるので高々度まで弾を届かせることができ、
また予めセットされた時限信管によって砲弾を空中炸裂させることによりその破片で広範囲の航空機に被害を与えることができた。
これは高々度を飛来する爆撃機などに有効な兵器だった。
(機関砲でも40mmなど比較的大口径のものは時限信管を備えたものもあった。)

第二次世界大戦ではこの機関砲と高射砲が併せて配備され、相互の弱点を補完し合った。
一部では実験的に対空ロケット弾なども開発・配備されたが、まだまだ実用的なものではなかった。

対空戦闘の参考動画。

0:50〜より。米艦隊に体当りする神風特攻隊。米艦隊より撃ち上げられる多数の弾幕の軌跡と、空中炸裂する黒煙が確認できる。


対空砲は運搬・設置に時間がかかるのが弱点であったが、
各国軍はトラックの荷台や戦車の車体に対空砲を載せて自走させることにより、
戦車部隊に随伴させて空からの脅威に対抗しようとした。
またアメリカ軍は近接信管を開発し、砲弾の空中炸裂を手動での時限信管頼りではなく、
敵機の接近を砲弾が感知して自動で炸裂するようにした為に命中率が大幅に向上した。


歩兵携行対空ミサイル、FIM-92「スティンガー」艦載される20mm対空システム、CIWS「ファランクス」

第二次世界大戦から70年経った今日では、対空兵器はさらに飛躍的な進化を遂げている。
対空機関砲はレーダーに連動しての自動追尾が当たり前で、接近するミサイルや航空機に対して自動で弾幕を張り迎撃する。
高々度に対する高射砲は廃れた代わりに対空ミサイルが登場し、敵機に対して誘導することで撃墜率は飛躍的に向上した。

現代の対空機関砲と対空ミサイルも、昔の機関砲と高射砲のように相互補完関係にある。
それについては以前に別の記事で詳しく書いたのでそちらを参照。
→ 現代の対空砲について

対空ミサイルは小型のものは歩兵携行型もあるがこれは自衛用程度で、大型のものはさらに高々度・遠距離までをも正確に狙える。
艦載型の対空ミサイルなら短距離用のもので射程30km程度、長距離用のものでは150kmにも達する。
さらにアメリカ海軍や海上自衛隊が配備するイージス艦は対空戦闘に特化した艦であり、
最大で12-24個の目標へ同時にミサイルを誘導することができ、
一度に多数のミサイルや航空機が襲来しても迎撃可能となっている。

現代の対空兵器は航空機を狙うだけではない。
艦載される対空機関砲は、艦に接近する巡航ミサイルや対艦ミサイルを感知して自動で迎撃する。(こういったシステムをCIWSという。)
さらには大型の対空ミサイルで、何百kmも先から降り注ぐ弾道弾を迎撃するMDシステムまでもが完全ではないにせよ開発されている。

CIWS参考動画。



現在も開発中の新兵器、レーザーだのレールガンだのといったものが実用段階に入ろうとしており、
これからも対空兵器は進化していくだろう。

軍事記事目次へ



コメント ( 14 )  軍事ネタ / 2012-01-10 21:03:37




Skyrim日誌、前回からの続き。
前回分 → Skyrim日誌(3) 〜 初陣 〜
全日誌一覧 → Skyrim日誌総目次





ウルフリックの城には、死せる者-ウーンファースという魔術師がいた。
巷の噂ではどうやら死霊魔術師(ネクロマンサー)らしいということであまり明るい噂はなかったが、
こいつは魔法に関しては熟達していて、同じStormcloaksの一員として破壊魔法スキルを訓練させてもらえたのと、
色々な分野の魔法書を売ってくれた。

前回の日記 では死体を蘇らせて使役するというエセネクロマンシーを行ったが、そのことで気づいたのが、
盾となる存在がいる便利さと、やはり俺のようなメイジタイプは1人で戦い抜くのは厳しいということ。
1on1なら相手の攻撃を躱せるかもしれないが、囲まれると必ず被弾し、
魔法の為に布しか着てない紙装甲では強い敵に殴られると一発で致命傷となってしまう。
傭兵を雇って引き連れるという手段もあるが、死んでしまえば金がかかるし自身の根本的な解決ではない。

ということで新しい分野の魔法として、召喚術系統の魔法を伸ばすことに決定。
死霊術を扱うかはともかくとして、使い魔を召喚して戦えば身の危険は減るはずである。
このウーンファースには金と引き換えにいくつかの召喚魔法を教えてもらった。
この出会いが、今後のキャラ成長の方向性において決定的な変化をもたらすだろう。

やはり軍に所属している以上、軍の人間を最大限に利用して強くしてもらわねば。
その分俺も敵を多く殺せるようになるわけだし、あちら側にとっても悪い取引ではあるまい。




ということで新しい魔法系統のスキルを特訓開始。
使い魔として火の精霊、ファイア・エレメンタルと、右手には魔力の剣も召喚し、自らの精霊を斬りつける。
召喚魔法同士のぶつかり合いなのでなかなか効率の良い訓練法だった。
これを反復することで一気に召喚スキルを15から35までと、
そこそこの使い手となるまで成長させることができ、
もうすっかり召喚術師見習いといったところか。
ついでに剣術スキルも多少上がってた。




ウルフリックの使いで、ホワイトランに赴く道中、郊外で深夜に出歩く傭兵と出会う。
「何やら事件が起きたと聞いて、調査に向かうところだ。」
なるほど、面白そうだ。
聞き出そうとすると、会話に威圧コマンドがあった。
これはこれで気になるな、好奇心に負けて選んでみると、
「痛い目に遭うのはどっちかな!」
と叫びながら攻撃してきてケンカになった。
びっくりしたが、色々な魔法を覚えて、今の俺は強い。

距離をとりつつ魔法で防御鎧を展開し敵の攻撃を遮断、
敵は大剣と重装鎧で見るからに戦士タイプなので、
氷の釘、アイススパイクで串刺しにして冷気でスタミナを削る。
へばったところで魔法剣を召喚し駆け寄り、




グサリ。
魔法剣で腹を貫いてやり、氷の釘も刺さっているので穴だらけだ。

うーん、本来こんなはずではなかったのだけど、
まあ人同士なのでこういう諍いもあるもんだ。
相手も傭兵というからにはいつでも死ぬ覚悟ができていたことだろう。
なかなか高価そうなネックレスを持っていたので頂いておく。
彼女の向かっていた事件というのが気になるが、今となっては知る術もない。




一応さっきの女傭兵の向かっていたであろう方向へ向かってみると、
なかなか美しい洞窟があった。
ただここは山賊のアジトとなっているようで、山賊連中がたくさんいた。
忍び足で潜入し、ひとりひとりを魔法で吹き飛ばしていく。




一撃必死。
俺の気配に気づき駆け寄ってきた山賊はみな一撃で倒れていく。
フハハ、圧倒的な火力ではないか!

味方がバタバタと薙ぎ払われるのを見て、一人の女山賊が怯んだか、
「もうやめて!殺すことはないでしょう!?」
と叫びながら奥へと逃げていく。
それを追いかけ、後ろから魔法で吹き飛ばす。

もはやどっちが賊かわかりはしない。
彼らは彼らで善良な市民相手に恐喝・強盗・殺人を行なってきたのだろうが、
しかしだからといって因果応報というつもりもない。
これは別に正義の手によるものではないのだ。




最奥には地下室へと伸びる階段があり、降りるとそこに山賊長がいた。
リーダーだけあって強そうだったので、ここでは火エレを召喚。
火エレに戦ってもらい、その後ろからアイススパイクで援護しスタミナと体力を削る。
さすがに多少固かったがまもなく倒れ、これでこのアジトは殲滅完了である。

結局このアジトは、殺した女傭兵が向かっていた事件と関係があったのだろうか。
まあ多分無いんだろうな。
魔法の消費MPが低減するネックレスや、炎耐性のついたブーツなど、
なかなか魅力的な装備品を入手できたので収穫はあった。
また山賊たちの身につけていた装備なども街で売ればそこそこの収入になるだろう。




落ちてた物で、これがなんか気になった。
これはさっき殺した山賊長が装備していたメイスだけど、見ての通り俺の撃ったアイススパイクが刺さっている。
それでなんか(冷気)って属性がついてるんだけど・・・。
たぶんだけどこのメイス、元々はこんな属性ついてなかった気がする。
戦闘の最中に偶然、俺のアイススパイクがメイスに刺さったから属性がついたのかな?
詳細を見てもちゃんと冷気ダメージで相手のスタミナにダメージを与えるって書いてた。

うーむ、こんなエンチャントの仕方があるのかな。
ただこれが本当に俺のアイススパイクが刺さったせいで属性がついたとして、
戦闘の最中に相手が振り回す武器に魔法を当てるなんて、なかなか狙っても難しそうである。




山賊の洞窟から出るとすっかり夜が明けており、
昼近くまで歩いてるとだんだんと天気が雨模様に変化し始めた。
その頃にようやく、目的地であるホワイトランが見える。
あの小高い丘の上に見える城、あれが目印だ。

ホワイトランの首長に我がStormcloaksのリーダー、ウルフリックから預かった手斧を渡し、
なんでもこの手斧自体がメッセージであるらしい。
つまりこの帝国との戦争、どちら側につくかということだ。
さて、ホワイトランの首長はこの使者の訪問を歓迎してくれると良いが。


前の日誌へSkyrim日誌総目次へ次の日誌へ