愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




えー、ゆっきぃです。
24日と25日に、SFで第三回SFS大会がありました。
現在あるSFクラン16チームが出場し、どのクランが一番強いのか、を競うトーナメントです。
昨日で全ての工程を終了したということで、SOLの戦ったスコアと試合内容を発表しようと思います。
ちなみにSOLからはSOL1,SOL2,SOL3として3チーム出場していました。



大会開催直前のTS2(ボイチャソフト)。
総員の戦闘態勢は万全!
いざ、開戦。

※ 尚、スコア画像で見ると6Win設定になっておりますが、大会ルールで最初の1roundは
初弾バグ外しで全員自爆し1-1状態から開始するため、実質の戦闘結果は勝敗数からマイナス1ずつ引いて見ることになります。


第1回戦 vsSFS2 衛星MAP
SOL15-1SFS210-1
WIN!
SOL15-0SFS2
スコア画像 その1 その2
大会初戦です。
尚、後半戦は途中落ちにより勝ち点引継ぎのまま仕切りなおしたので、スコア画像その2の死亡数やkill数の数値は正確ではありません。(双方とも2戦分もっと多いはず)

試合内容としては、前半の1round目にさっそく屋上が破られ敵の突破を許し、守備隊は全滅し爆弾を設置されました。
この時生き残ったこちらの味方はpansaaのみで、敵は3人生き残っており爆弾も設置し、絶体絶命状態。
こりゃしょっぱなからラウンドとられたかなぁ~と思っていると、そこからpansaaが敵を1人、2人、3人と全滅させ爆弾も解除するというファインプレー。
pansaaはオフィス守備時にも1人倒してた為、このファーストラウンドだけで4killとったことになります。
その次のラウンドでも3人を倒したため、最初の2ラウンドで敵10人中7人を倒すという大活躍をしておりました。


一方俺は、屋上を守備してたけど、あるラウンドで敵がなかなか姿を見せない。
各所の守備要員に聞いても、どこにも敵発見報告や交戦報告が無し。
敵がどこにも攻めてこないまま、妙な静けさで膠着状態のまま時間だけが過ぎていきました。
こりゃ、どっかで集結して機会を伺っており、時間差でラッシュしてくるなぁ~と思って警戒して見回ってみると、
ビンゴ!
屋上の階段下を少し覗いてみると、敵の5人全員が固まってラッシュの機会を伺って座り込んでおり、
いままさに攻められんとするところでした。

俺に発見されたことに敵側も気づき、敵もすかさず5人全員が階段を上がってこようとし、一気に戦局が動き出した。
俺は
「屋上に敵全員!ラッシュ!」と味方に信号を送りながら手榴弾を階段に向けてぽいぽい投げまくりながら後退すると、
なんとその手榴弾で敵の3人が一気に爆死。 死亡ログが手榴弾マークで埋め尽くされて核バグみたいになる。
あとは生き残った敵2人が階段を上がってきたが、俺の報告により急行してきた味方援軍に殲滅され勝利となった。

大会の初戦はこんな感じでした。


第2回戦 vsDiamond Bear1 衛星MAP
SOL15-2DB110-2
WIN!
SOL15-0DB1
スコア画像 その1 その2
第2回戦目はこんな感じです。
第1回戦目もですが、全体的に味方の凡ミスが多かった。
ここは絶対に反省すべき点で、本当に信じられないぐらいミスが多かった。
1回戦目と2回戦目は24日に行い、準決勝と決勝戦が25日に行われたのですが、
この時の味方の気の抜けようを見て、
「明日もこんな感じだったら決勝戦で絶対に勝てない」
とメンバーみんなが互いに危機感を感じるほどでした。

尚、SOL3が手こき左手チームに1回戦目で惜しくも1点差で敗退。
SOL2のほうがこの時の2回戦目で優勝候補であるDsチームに対し10-1という大差で敗退しました。
これで残された友軍チームは我がSOL1のみとなった。
できれば決勝でSOL2かSOL3と当たりたかったものだけど・・・。
これで味方の期待を一身に受け、俺達が勝ち進むしか道はなくなった。


翌日、決戦の日。


準決勝戦 vsSFS1(CRAYST) デザートキャンプMAP
SOL15-0SFS110-1
WIN!
SOL15-1SFS1
スコア画像 その1 その2
準決勝戦にあがってきたのは、大会の主催クランでもあるSFSの主力チーム。
敵も手強いレベルだったこともあり、流石に今までよりも断然とハイレベルな試合内容となった。
試合が終わった後、相手チームのメンバーから
「決勝戦にあがったのはDsだ」「優勝してくれよ!」などの激励を受ける。
こりゃー負けられない!

やはり準決勝戦を制したのは、優勝候補のDsだったようだ。
手こき左手チーム相手に10-2という大差で勝利した模様。
さーて、次は我がSOLとDsの戦い・・・。

色々あったけども、この戦いの為に練習を重ねてきた。
いよいよ最終決戦!






決勝戦 vsDifferentSound デザートキャンプMAP










SOL15-3Ds
SOL15-3Ds





= 
10-6





勝ったあああああああ!!!






決勝戦 スコア画像 その1 その2
ということで、なんとかSOLの優勝となりました。
いやー、ラストの戦いは熱かった、燃え尽きた。

試合内容の展開としては、最初はこちらからの攻撃だったので、
押せ押せで決めてこー!と1round目のしょっぱなから左の設置ポイントに陽動隊を送った後に右の設置ポイントへ遅延ラッシュ。
撹乱したつもりが冷静に対応され、このラッシュは潰され失敗してファーストラウンドは奪取される。
新戦術だったんだけどね、当日編み出したものだし、
練習不足もあって効率も悪かったのでやはりDsには全く通じなかった。

2round目で、もはや小細工無用!SOLの一番得意で練習を重ねたサンデーアタック、左ラッシュを敢行。
真正面からぶつかり合い、そして勝負を制してやる!と突撃する。
被害は大きかったが爆弾を設置することに成功、味方が一人だけ生き残り死守しなんとか勝利。
ラウンドをげっつしこの時点では得点は1-1の勝負。

続く3round目では、次は敵が左の守りを固めてるだろうと予想し、
2分隊に分けてセンターと右の両方を同時に突破し右の設置ポイントを奪取する作戦。
被害は出たが設置ポイントを奪い爆弾を設置し、一見作戦は成功したかと思われたが
センターからの敵の圧力に屈し味方がどんどんと倒れていく。
最後の1人までも打ち倒され、解除されラウンドを取り返される。 得点は1-2。

4round目ではさらにもう一度、2round目で成功させた左ラッシュを敢行するも
敵のカウンターフラッシュバンを食らい大乱戦に陥り、そして全滅してしまう。
これにて得点は1-3・・・。

さすがにまずい、これは負けたか・・・と頭が熱くなり、どうしようかと思い指示に迷ってたとき
チームメンバーから
「もうラッシュはやめたほうがいい」とアドバイスを受け、冷静になる。
これにて、
「じゃあ、次は自由!バラバラに動いてそれぞれの個人スキルで勝負。」と指示。
ということで、一見Ds相手には無謀にも思える指示を出してしまった。
しかし、バラバラというのは指示無しに動くというだけのことであり、その場その場での連携にはチームとして自信がある。
これにて俺とpansaaがセンターを抜き、Mendohが右を抜き、whitelampとUV塗装が左を抑え
死者たった1名で敵を全滅させ、ラウンドを奪取する。 成功!

ここから前半戦の逆転が始まった。
とにかく敵の「Ds^遠距離」というスナイパーが厄介で、今まで見たことが無いぐらい強い。
Ds側としてもこの"遠距離"を軸にして作戦を組み立てている印象で、ようするに敵の要なわけだ。
なにをおいてもまず、SOLとしてはこの"遠距離"という名のニュータイプの配置・動向・移動先を報告し対応することにした。

センターにて"遠距離"を倒す、やった! 次は左の戦線で"遠距離"が倒れたとの報告、よし!
このスナイパーを倒せば称賛され、「ナイス!」「ぐっじょぶ!」などの声が上がり、味方の士気が上がる。
こちら側にとってどれだけ存在感が大きい敵だったか、わかると思う。

これにて前半戦は逆転することができ、5-3で終えることができた。


続く後半戦でも、やはり最優先されるべきは"遠距離"の配置報告と駆逐。
俺はセンターとベランダに配置されてたけど、なかなか青チームから見て右へのラッシュを止めることはできてたと思う。
右へのラッシュが成功しないと敵も感じたのか、途中からセンターに圧力をかける戦術に切り替えてきて、
これにだいぶ崩されてラウンドをとられていく。

これにも随時対応策を繰り出していくが敵もさらにそれに対し対応してくる。
あちらが攻め方を変えればこちらも対応し、それを見て敵もまた攻め方を変えて~と、非常にハイレベルな内容だった。
敵のスナイパーばかりに注視してはいられない、敵はアサルトもハイレベルにまとまっている。
このアサルトでアサルトを止める戦いも熾烈だった。



優勝後、しばらく祝勝会が開かれてました。
一部他クランの人たちもいるけど、てんやわんやと騒ぎ、
この祝勝会は何故か手こきクランの人の挨拶で締めくくられました。

参加者のみんな、おつかれー!!


第3回SFSトーナメントの公式サイト → 




コメント ( 35 )  SF・SA / 2007-02-26 21:21:56




ムンなゆっきぃです、こんばんは。
SFのほうで大会が迫ってきました。
24日と25日に渡って開催ということなんで、今日は大会前日となります。
いよいよ開戦が近いです。

ということで、我がSOLからは1stチーム、2ndチーム、3rdチームの3チームが出場するわけですが、
今日が練習最終日ということで、ラストスパート!
各員訓練に一層気合をいれ、頑張っていきましょう。
皇国の興廃この一戦に在り!


けっこうSOLはクラン戦などでは大差で勝つこともあるのですが、
それらは決して楽勝だからその結果になってるわけじゃありません。
いつでも全力で挑んでるからその結果になったのです。

今回は特に負けたらおしまいな大会。
全員が優勝を狙うものとして、巡り合わせによってはSOL軍同士で当たる時もあるでしょう。
その時は、お互いに全力で戦い栄光を奪い合いましょう。

一応、以下に出場チームとメンバーの一覧を掲載しときます。


SOL 1stチーム

1, ゆっきぃ
2, Mendoh
3, pansaa
4, UV塗装
5, whitelamp
SOL 2ndチーム
1, Peach_Water
2, かしゅとろ(エルネスト)
3, 白き雌鹿
4, aimar21
5, Demolition
6, Xerox
SOL 3rdチーム
1, ぜれ(NEOVA)
2, シーマ
3, dandelion
4, 榎(シノビー)
5, ハチ(EightStyle)
6, Carolina
7, まだ眠い春吉
8, A.K^1aych_8r

よーし、目指すは絶対優勝!



コメント ( 37 )  SF・SA / 2007-02-23 20:34:04




久々に軍事ネタです。
たまに書く程度の軍事ネタ記事も長い期間を経てけっこう数がたまってきたんで、
暇あったら今の色々カテゴリから軍事ネタカテゴリとして独立させようと思います。


【二次】軍隊までもが萌えの対象に…メカ娘シリーズ
http://guideline.livedoor.biz/archives/50833379.html

なんかこんなジャンルがあるそうです。
・・・あんまり理解できんなぁ。
だっておかしいじゃない、色々。
軍事萌えなら、普通に金髪碧眼の10代の美少女に黒いSS制服着せたほうがよっぽど萌えると思う。

あと個人的な意見を言わせてもらえば、クロムウェル戦車がなぜか無性に嫌い。
あの無骨というか、無骨なのはティーガーとかもだからいいんだけど、
なんか無駄にワニというかツブツブというか中途半端というか影が薄いって感じで、
どーしても昔っからイギリスのクロムウェル戦車だけは好きになれない。
無骨な割にかっこわるいし、やられ役だし。
それなのに上のアドレスのフィギュアの中にはよりにもよってクロムウェルがある。
あれを擬人化して萌えれる人がいるのか・・・すごく意外だ。

個人的にはチハがあるのは予想通りだし、T34もかわいくないとも言えない。
あと入れるべきなのはサド気質なティーガーおねえさんとなで肩なシャーマンっ子とかだろうか。
ツンデレというならパンター戦車って感じもするが、やはりビジュアル的にはティーガーといえなくもないだろう。
ただ日本の兵器の中でビジュアル的にかわいいのはやはり零戦だと思うので、
おてんばだけどか弱くデリケートで扱いにくい面もあるという、入っててほしかったなぁ。

あとアメリカ海軍航空隊には子猫ちゃんたちがたくさんいるわけだし、
むしろそれらが無かったことのほうがすごく意外。
猫耳娘キャラにできそうなのに。
ワイルドキャットとかヘルキャットとかタイガーキャットとかベアキャットとか・・・。


まぁ、女の子と兵器が融合したビジュアルってのはなんか最終兵器彼女を彷彿とさせるよね。
普通におにゃのこに軍服着せて銃持たせたほうがよっぽど萌えると思うのに。
世の中なにが需要あるかわからんもんです。



コメント ( 10 )  軍事ネタ / 2007-02-22 18:57:22




SFですゆっきぃです、こんばんは。
今日はけっこう楽しいことがあったので、報告です。

というのも、一部をチート疑惑で騒がしていた「帝國 キャバ嬢」。
この人ですね、俺も最初はうまいなーと思ったのですが、
どうもチーターと騒がれ始めて来て、いろいろ観察してました。

すると、12月にうちのクランからBANしたやつだと判明しました。
まぁ正確にはまだSOLというクラン名も決まってなかったし、
初期のクラン員が確定してただけでありクラン設立してたとは言えないかもしれないけど、
とにかく、いろいろあって追放した人だったのでした。
追放した当時の彼の名前をここでは「Goro」としておきます。


時は経ちまして2月、うちのクランでメンバー募集が始まったとき、
このGoroくんは自分が12月に別れたGoroということを隠して、
キャバ嬢としてSOLに入りたいと申し出てきました。
チーター疑惑があったんで断ったけど、この時の経緯で俺のメッセにはキャバ嬢が登録されてたんですね。

そして今日、入隊希望時以来になるのですが、再びキャバ嬢がメッセで話しかけてきました。
内容は、「Mendoh_AKにSOL部屋から無言でkickされた、リーダーとして説明しろ」。
実はとっくにキャバ嬢=Goroということはわかっていたんで、
メンバー全員にキャバ嬢=Goroはkickしてもいいよと通達を出していました。
何故かというと、キャバ嬢=Goroということが判明したことにより、チーター疑惑が深まってきたからです。

以下に、今までのGoroくんの単純な行いと共に、チーターだとする根拠を書いときます。
キャバ嬢=Goroがチーターかどうかは、以下を踏まえた上で各々の判断でどうぞ。


12月、俺とGoroくんがSOL結成寸前に決別した日。

決別はつまらないケンカが原因なので、決別の直接の要因はどうでもいいのです。
問題はその後の発言と行動です。
追放され馬鹿にされたことに腹を立てたのか、
彼は「俺はTC:Eでは悪名高いんだけど、しらねーのかw」みたいなこと言ってきました。
で該当スレを調べてみると、確かに、Ade-joというチーターとして有名でした。
彼はTC:Eではチーターだったと自白したわけです。
本人もその類のツールを作れることを自慢していました。

そして、彼は「ゆっきぃを潰す」の名目で、
ツールを用いてメッセのシェイクボタンを有り得ない速度で連打しだしました。
PCに負荷を与えて活動を阻害しようってことらしいです。
幸いそれであまり重くなるPCでもなかったし、シェイク機能を切ったら終わりました。
それでもまだ彼は連打し続けていました。

まだまだ諦めない。
その次に彼は、当時のSOLメンバーの1人に、(当時はSOLってクラン名が決定してなかったが)
「このファイルをゆっきぃに渡してくれ!」とウィルス入りのファイルを渡そうとしました。
当然そのSOLメンバーはこの件を俺に教えてくれ、事なきを得ました。

その後Goroくんは、「チート作っておまえらボコりにいくから待ってろ」と言い残し
ぼくらの前から去っていきました。



それと、彼は元々そんな強くないんですね。
まぁ一時的にでもクラン員として一緒に活動してたわけだし、
だいたいその後も別キャラを使って俺にからんできていたため、
彼の素の実力はだいぶ把握しているつもりです。
野良だと割と上手いほうだけど上級者に勝てるほどじゃない、って程度です。

それと、彼とクラン員として接していたときには、
彼は自分の年齢を14~15と言っていました。(どっちかは俺が忘れた)
まぁ12月の話だから今年高校生かもしれませんが、とりあえず中2~高1ぐらいの年齢を自称。

まとめると、


・TC:Eではチーターとして有名だった。自身もそのことを自慢。
・ある程度のツールを作る技術は保有。(自分のHPで自作ソフトを公開)
・メッセでの妨害とウィルス添付ファイルなど、幼稚な行動が目立つ。
 行動や言動、そして自称年齢からみても年齢はそう高くなさそう。
・元々そんなに腕があるやつじゃない。一緒に活動してた期間があるのでこれは確か。
 1月か2月を境にいきなり"AIMだけは"えらいことになった。
 しかしそれまでの経験に付随する立ち回りや判断などはほとんど感じられない。
・「チート作って倒しにいく!」宣言。



って感じです。
動画も見てみたけど、俺はチート動画はCSのしか見たことないため動画による判断はできない。

あと、この記事を書いている現在進行形の話になるけど、
彼は本日のメッセでの会話を「2chに晒していい?」と聞いてきました。
ダメって言っても晒すんだろうからいいよって答えておくと、本当に書き込んでました。
しかしみると、そこに挙げられていた会話ログは俺の所持するものと内容が違います。
自分の都合で加工されていました。
信用の関係は各自の判断に任すとして、必要があるならあとでこのブログのほうで生ログ上げときますね。


とりあえず彼は他のクランにも所属してるし、チート使用疑惑者として、
判明してるコードネームを全てここに公開しときます。

帝國 キャバ嬢
ブラザートム
アデージョ(ade-jo)
ade!goro!
Ns:Tom
Vasily

など。
細かい表記の間違いなどはあるかもしれないけど、概ねこんな感じです。
アカウントによっては、Nsっていうクランと帝國クランのタグをつけているようです。



コメント ( 73 )  SF・SA / 2007-02-20 18:12:42




今日は2記事更新。 久々のUO記事です。
~ 前置きへ ~



ウルティマオンラインの世界、ブリタニア。

いくつかの平行世界が存在し、人々が営みを続ける。

その中の一つの世界であるSakuraシャード(サーバー)では、

その創生期において大きな戦争が勃発した。

2003年のことである。

いくつもの団体がそれぞれの主義・思想を掲げ対立し合い、

利害の一致と思惑の下でギルド同士は寄り集まり、やがて大きな集合体となった。


~ 武力による独裁体制を敷き自らの利益を追求した者達 ~

~ 進行する独裁化を止めようと各ギルドに呼びかけ結託し戦った者達 ~

~ 大戦によって暗黒化したSakuraシャードの世界を正常化しようと、

一般市民や他シャードの住民たちから有志を募りレジスタンス団体を組織し抵抗した者達 ~


止め処なく拡大していく戦火は否応なく一般市民をも巻き込み、

やがてその暗黒はSakuraシャード全体を包み込むほどになっていった。

この大戦のことを、人々は"サクラ大戦"と呼んだ。


今日この日、4年前に勃発し終結した大戦の傷跡も癒え、

人々からはかつての戦争の記憶が薄まっていた。

暗黒の悲劇を思い出さぬようにしているかのように・・・。


そんな中、かつての大戦にギルド KoDoKu [KDK]を率い"組合"陣営として従軍し、

"PS連合"陣営に対し徹底抗戦を誓っていた男は、ユーの村に家を構えひっそりとした隠居生活を送っていた。

この田舎で、彼は世間と隔絶され、戦いとは全く無縁な日々を過ごしていた。

世間の人々と同じように、彼もまた忌まわしい戦争の記憶を忘れ去ろうとしているかのように・・・。





以上、本編とはあまり関係ないプロローグ終了。
ということでですね、この度、ちょいとUOプレイを再開しはじめただんちょさんです。
このブログ実は元々UOブログだったんでね。 新編スタートです。
ちなみにSF記事はSF記事として同時に更新していきます。

ギルド Partizan [PrtZ]を率いてた時が最後に本格的にプレイしてた時期だとすれば、
休止して解散したのが去年の3月だから、丸々1年近く開いたんですね。
メインPCが逝って自宅でのSFが当分休止になったことと知人に誘われたことをきっかけに、
再インストールしてこの度の復活となったわけです。



久々にログインしたらユーにある我が家。
ギルドを率いてた時に使っていたが、今は誰もいるはずもないミーティング室で独り佇んでいた。
昔はここで大勢が詰めて作戦会議を行っていたんだ。

さて、なにをしようかなーといろいろ自分の家の物を漁る。
こんなもん集めてたなぁ、これはあの時の戦利品だなー、みたいな。
けっこうなつかしい。

今回はなにしてプレイしよーかなー。
俺といえば、昔はPKやPKKなどの対人戦ばっかしてて、ギルドで戦争もよくしてて、
PITを荒らしたり人々を騙したりな、どっちかというとチョイ悪系な人として記憶されてると思います。
しかし今回は、そこまでの熱意もないためそういうのはちょっと控えめというか、
PKとかPKKとかPSとかはたぶんほっとんど行いません。


とりあえず何をするにもまずは資金ということで、自分の所持金を確認してみる。
家の金庫には70万gpの小切手があり、さらに銀行には現金で20万2249gpが預けられていた。
統合すると、今の俺の所持金は90万ちょいってことになります。
PSで儲けたり詐欺ったりしたりでもっと持ってたはずなんだけど、今ははした金しか持たない貧乏人だね。
ふーむ。

実は、現役時代に当時のギルドメンバーから、ぼくかなりの資金援助を受けてたんですね。
現金にしてちょうど2000万gp(20000K)ほど。 ちょっと桁が違う、今の財産の20倍以上。
まぁ休止直前にこの借金の返済を求める催促がたくさんきてたんですが、
無視して休止しちゃって1年を経て今に至るわけです。

よーし、どうせひまでやることないし。
ってことで、今回のプレイの目標は、この2000万の借金を全額返済すること!にします。
ただしルールとしては、自分の現役時代の資産(家や装備など)を売却しないこと。
つまり今ある90万を元手にどうにか頑張って稼いで増やして、2000万を揃えてやるってことになります。
とりあえず目標はあったほうがいいしね。
よーしがんばるぞー。


今のブリタニアの状況はどうなのか、現役時代に数年来に渡ってよく手を貸してくれていた
美人諜報員(エージェント)に久しぶりに会い聞いてみる。
情報を制する者は世界を制すってね。

約束の場所で落ち合い、尾行を警戒しダミーの拠点を何箇所か経由した後、
ようやくある建物に入り腰を落ち着けた。
そこで彼女は言った。

美人エージェント
「お久しぶり。 まさかまた君に会える日がくるとはね。
昔のことを覚えてる? 4年前にあの連合を相手に私が
検閲により以下数十行削除








事情を話すと、彼女は小切手5枚をぼくに差し出した。
一枚100万gpの小切手、全部で500万gpにもなる。
稼ぐのにも元手が必要とのことで、貸してくれるという。
感謝したい。
ただし、帰ろうとしたその時ぼくの後ろで、

美人エージェント 「倍返しでよろしく」

と彼女は静かに言い放ち、背中越しに小さな笑みを浮かべた。


懐かしい顔にも会えたし、なにはともあれ、これで資金は590万gpとなった。
ただし返さなきゃいけないお金が1000万増えちゃったので、目標額は3000万gpになっちゃったけど。
まぁ2000万も3000万もかわらないさ!



アジトに帰り、590万は小切手にし金庫にしまい、今後の作戦を練る。
今までずっと、ブリタニアの世界では戦って過ごしてきたので、
敵から財産の略奪はあれど、元手から稼ぐという財テクのノウハウには欠けるのだ。

まず土地関連は本当の苦手分野なんで不動産はむりだしぃ、
だいたいああいうのはけっこう手下というか駒を必要とする。
独りで活動していく予定の俺には元々不向きだろう。
それとまともな生産キャラも持ってないので、材料から何かを生み出し販売するのも無理。
まぁ俺自身商店を経営できるほどマメでもないと思うし職人からは程遠いので、まずこれも選択肢から除外。

前と同じで誰かを殺して奪うもしくはモンスターをハントして稼ぐ・・・ってのは
プロローグで戦闘から離れてひっそり暮らしてるという設定付けを行ったために除外。
まぁだいたいモンスターを狩って得れる金なんてたかが知れてる。
やはり商売においても対人じゃないと大して儲からないのだ。
まぁ戦闘が必要な局面になったらやらざるを得ないだろうってぐらいだ。


う~む・・・
考えれば考えるほどむずかしそうだ。
ただ、俺のようにずっとずっと人殺しだけを数年間行ってプレイしてる人よりも、
財テクを身につけて商売人として稼いでる人口のほうがUOでは圧倒的に多いはずではある。
その中で、俺が勝ち抜き生き残り成り上がっていくことは容易なことではないと思うが、
過去の活動で築いた情報網を駆使して俺流を信じて頑張ればあるいは・・・。
なかなか楽しそうである。

とりあえず最近の物品の相場すらもほとんど知らないし、
どのブランドが主流でどんな有名な商売人がいるのかすらもまだ全く把握できてない。
勉強していかないとなー。
昔ちょっと市場に流したKoDoKuブランドの製品はまだどこかで流通しているのだろうか・・・。
とっくに消えてそうだが、まぁいろいろ勉強するのは明日からとして、



とりあえず心機一転ということで、マイハウスを少し改装。
何も考えずに屋上を藁敷き屋根にしてみた。
屋根を作るってのは意外と難しいみたいで、深夜友達に聞きながら小一時間かけました。

よーし、明日からがんばるぞー。


現在の資金 590万gp
返済目標額 3000万gp




コメント ( 9 )  UO(新) / 2007-02-19 18:33:01


« 前ページ