愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




胸が痛い。
ギュンギュンと締め付けられるような、息苦しさを伴う痛み。
なぜ胸が痛いかというと、病気であるとか恋をしているとかではなく、
昨日からあるアニメを鑑賞している為。

ある日彼女と本屋に行った時に、彼女がふと手に取っていた漫画のタイトル。
彼女はそれをすぐに棚に戻した為、それを読んだことがあるのかどうかは知らないが、
そのタイトルが印象的で覚えてしまったまま数日が過ぎ・・・。

昨日暇だったので、面白い映画とかないかなーとか、
ニコニコチャンネルで漁ってたらたまたまその同名タイトルのアニメを発見。
へー、アニメ化されてるってことはそこそこ人気あるのかーとか思い、
1話が無料で観れたので観てみたら・・・。




そのタイトルは私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 、通称ワタモテである。
プロットとしては、オタクでコミュ症で処女かつ喪女でぼっちの主人公、黒木智子こと通称もこっちの日常を描くもの。
女子高生になれば自然とモテるようになると考えてたのに、
現実はコミュ症の性格が災いして春のスタートアップに失敗し、
ぼっちで高校生活を送ってしまうという実際にありがちな物語。

この学校で孤立している描写がリアリティーありすぎて・・・。
どうも作者の実際の体験談を元にしているらしく、始めは面白いブラック・コメディアニメだなーと観れたが、
3話目ぐらいであまりの不憫さに精神的にキてしまい鑑賞を中断しようかと思うほどだった。

それでも5話、6話と見進めるうちになんとか持ち直したが、
8話目辺りで「もうやめてやれよ・・・」とか思うほど先の予想できる展開が不憫すぎて休憩を挟みながらも、
結局はニコニコチャンネルで12全話を購入してしまいほとんどジェットコースターで観てしまった。
なんかパック購入で3割引きキャンペーン中だったし。

正直、けっこう本気で目を背けたい、先の結果を予想して
一時停止したい欲求に駆られたいシーンが多いながらも、
妙な中毒性があって面白かった。




最後まで観れたのは、このアニメでは意図的にイジメ要素は除外されており、
基本的に智子の周りの人間が良い人ばかりなのでそこに救われたかな。
たまにハートフルな話もあって良かった。

そして智子がぼっちなのにも説得力があった。
基本的に智子は性格が悪く、プライドが高くて他人を見下しており、
唯一の友達に彼氏ができただけで「ビッチ」と内心呼び続けるぐらいの暗黒性格。
それはタイトルにも現れてる。
ただそれは僻み根性で、本人は男と絡みたがっているのだ。
そしてコミュ症なのであまり親しくない人と対面すると混乱して声が出せなくなる。

ただ性格の悪さは心の中だけで、基本的に他人に害なすことが無いので、(家庭内弁慶であることはともかく)
そして何故か無駄にポジティブで行動力がある点でまだ救いの道がある。
普通こういう境遇の人ってひねくれてネガティブになってどんどん深みにはまると思うけど、
まあいつでも前向きだから智子を応援したくなるようなアニメ。

心の動きが不思議というか読めないところがあるので、
前向きさを間違って空回ることも多いけど。



「バトル・ロワイアル法が成立してこのクラスが選ばれればいいのに・・・」

色んなパロディネタが多くてそれも見どころだが、
やっぱり学校生活に於けるぼっちのあるあるネタが面白いかつ視聴者の精神に負担がかかる。
授業ではーいグループ作ってーが怖かったりとか、高校に入って上手くなったのは寝たふりだけとか、
マクドナルドで一人で食べてるとクラスのリア充グループが来てしまい発見されるのを恐れるとか。

基本的に良いことがあったっぽい話のあとで落ちる構成が多いので、
なんか智子がせっかく喜んでる場面でほっこりしても「このあとどんなどんでん返しが・・・?」とこっちまで怖くなってしまう。
精神的に疲れるアニメだった・・・。


俺は正直、冒頭に書いたような偶然から視聴しただけだけど、
観終わった後に調べてみるとけっこう話題になった作品らしいので今更かも。
驚愕なのは、これは元々原作が海外で話題となって、その人気が日本に逆輸入されたらしいということ。
日本の高校生活ローカルっぽいネタが多いなと思ったもんだけど、
どうも学校生活におけるぼっちあるあるというのは全世界共通らしく、
日本で話題になるよりも先に海外で人気を誇ったらしい。

よく言われるのが泉こなたのリアル版。
確かにそんな感じ。
俺もこんなブログタイトルで8年目に突入したので、智子が他人ごとではない。
もし2期が始まるならまた観たい。


コメント ( 1 )  リアル日記 / 2013-11-22 16:45:07






上海MAP中央の高層ビルはすげー高い。
エレベーターで最上階まで上がると、
このように眼下の戦車すらもミニカーサイズとなる。

ここは占領ポイントでもあるため、歩兵分隊が最上階で
エレベーターの前に銃口を据え置いて防衛している様をよく見る。
なので一度敵に取られると奪還は容易ではなく、そして屋上から
対戦車ミサイルなどを撃ち下ろされたりする難攻不落の要塞となる。




この要塞化された高層ビルを攻め落とすのに歩兵ではラチがあかないと思ったか、
敵軍の攻撃ヘリが襲来する。
確かに歩兵で上がるのが難しいのなら
航空機で攻撃するのが理にかなっている。

しかし、そんなヘリも無駄であった。




何故ならクラン員のImoutupFIM-92スティンガーを持ち込んで立て籠もっていた為。
携帯式の対空ミサイルでMANPADSと呼ばれる種類の兵器だ。
この毒針と名付けられたアメリカ生まれの兵器は、アフガン戦士がソ連軍相手に証明したようにとても命中率が高い。
しかし冷戦中にCIAがバラ撒いたおかげで、ソ連が解体した後はアメリカ軍自身がこの兵器の脅威に晒されたりも。

実際のところ、MAPのほぼ中央の高層ビルにこれを持って立て籠もっていれば
敵の航空戦力の大半はミサイルの脅威に晒されることになる。
Imoutupもヘリを2機3機と撃墜しており、航空優勢の確保に一役買ってたと言える。


そしてこれでこのゲームの勝利も安泰かと思った矢先、yukkyに激震走る!!
といってもこの場合の激震というのは別に衝撃的なことがあったとか、
とてつもなく好みの女性が目の前を通り過ぎたとかそういう比喩的な表現ではなくて、
ビルが倒壊し始めたのだ。

攻略を諦めた敵の苦し紛れか!




ゴゴゴゴゴ・・・ と轟音とともに崩落し始めるビル。
激しい揺れによろめきながら、Imoutupと「こっちだ急げ!!」と叫びながら屋上の端に辿り着き、そしてジャンプ!
ビルが崩れるのを尻目にパラシュートで脱出する、最高にテンションが上がる瞬間!
ヒャッホー映画みたいだぜ!!

瞬間、yukkyに衝撃走る!!
この場合の衝撃というのは別に空中で被弾したとか、
とてつもなく可愛い彼女にいきなり別れ話を切り出されたとかそういうことではなくて、
要するにゲームが不正終了したのだ。


そう、BF4はいくつかの大きな問題を抱えているが、そのひとつがこの上海ビル崩落テロである。
このビルを破壊すると何故か決まってサーバー内の半分ぐらいかそれ以上の人数が不正落ちするという、十分に致命的なバグがあり、
これによって長々順番待ちしているプレイヤーたちが一気に入れるという、サーバー内の顔ぶれの新陳代謝に一役買っている。
さっきまで負けていたチームも人口が半減することによって逆転勝利の大きなきっかけを掴むことができ、
ゲームメイクとしてもレイプ展開に対する予防措置的役割も果たしている。

が、当然さっきまで普通にプレイしていた人たちの大半は不正落ちすることとなり、
小さなメリットと引き換えに大きなデメリットを含有しているが、
とりあえず決まって落ちることがわかっているのに、何故かこのMAPが回ってくると
面白半分に中央ビルを倒壊させようとするプレイヤーが後を絶たない。

ただの悪ノリなのか逆転を目論む過激派かそれとも人類に粛清を下したいシャアイズムに魅了された者達の犯行か、
なんにせよ上海MAPが回ってくると毎回決まって不正落ちすることになる。


まあ、決まってクラッシュするというのはさすがに問題な気がするし、
そのうちFIXされるとは思うが、まさか上海ビルを破壊不可能な方向にとか、
そんなネガティブな修正はないことを祈りたい。



↑関係ないけどヘリ同士が空戦してた

BF4は発売して間もないので、他にも色々なバグがある。
例えばSound Blasterを使っていると音がいきなり消えるとか。(もしかしたらオンボードでも消えるのかも)
まあBF2から音響にはかなりこだわっているシリーズなので、
これはそう遠くない内にFIXされるだろうと不安はないが、
とりあえず雰囲気に関わる部分なので早めに直して欲しい。

あとこれは環境によって多少の差異があるようだが、上海じゃなくても不正落ちは常に多い。
上海はとりあえずビルさえ倒壊させなければ良いが、それに関わらず、
どのMAPに於いても何もしてないのに突如ゲームがクラッシュするのだ。

これは理不尽である。
俺の人生でこのレベルの理不尽さを味わったことはそうない。
せいぜい、彼女とデートの待ち合わせしてたらいきなりご機嫌悪そうだったので
どうしたのか聞いたら「あなたが浮気する夢を見た」とか言われたときぐらいである。

BF4のクラッシュにしても彼女の夢の内容にしても俺にはどうすることもできないので、
とりあえずこちらの方は早めに改善して欲しいところである。








前回記事 の最後のほうで、BF4に於いて誰も弾を配ってくれないということを書いたが、そこで気づいた。
誰も弾を配ってくれないなら、自分が配る役になれば良いと。(クラン員と行動してる時は別です。)

幸い自分のプレイスタイルはほとんど分隊長という指揮役で、前線に突っ込んで死ぬことに向いてはいない。
比較的安全な場所で待機しつつ味方のリスポン地点となり、状況を冷静に把握して指揮すれば良い。
そこで戦闘後の分隊員に弾も補給させてあげられるならこの上ないことではないか。

俺は対戦車戦闘も得意な方なので、対戦車ロケットを持てないのは痛いが、
しかし野良の人口比率で見た場合、弾を配る援護兵よりも工兵のほうが圧倒的に多いので、
なによりも対戦車攻撃は死亡率も高いので、分隊長としてはこの方がチームに貢献できる可能性もある。
歯がゆくなる場面もあると思うが、個人としての対戦車攻撃は捨て去ることにする。


さてそこで使用武器の問題だが、援護兵の持つLMG(軽機関銃)は俺には向いていない。
適切に扱った場合の制圧力には目を見張るものがあるが、
取り回しが悪く発砲すれば目立つので分隊長にも向いていない。
なのでLMGを装備するという選択肢はない。

幸いBF4には兵科ごとのメインカテゴリ武器の代わりに、共通カテゴリとして、
カービン・DMR・ショットガン の3種類の銃器から選択することができるのでここに目をつけた。

ショットガンという選択肢は始めからなしである。
敵から距離をとって後方で待機することが多い分隊長にとって、近接専用武器は論外。
なのでカービンかDMRということになるが・・・。




DMRというのはDesignated Marksman Rifle の略で、選抜射手・マークスマン用の銃を指す。
選抜射手・マークスマンというのはセミオート式の狙撃銃を持ち、最前線の歩兵分隊員として戦闘し、
敵の機関銃手やその他脅威を取り除くことを目的にする、まあいわば最前線の狙撃手だ。
スナイパーは独立した専門チームでの潜入任務が主なのに対し、マークスマンは一般歩兵分隊員として最前線で積極的に戦闘に従事するところが違う。
スナイパーは専門的な訓練を受けることが多いが、マークスマンは分隊の中で射撃に長けた人員が担当することが多い。
DMRという語が出始めたのは最近だが、マークスマンという用兵自体は第二次世界大戦からある、古くから必要とされてる役割だ。
プライベート・ライアンでいうジャクソン、ブラックホークダウンで言うシュガートである。

さて、最前線での積極的狙撃支援という任務自体は、俺が考える分隊長にある意味合致している。
何故ならやはり敵から少し距離をとって指揮をすることが多いので、
その場から攻撃援護をするならある程度の距離でも有効な銃となるので、
DMRはなかなか良い選択に思える。
セミオート式なので接近戦にもある程度対応できるし。

ただ一度使ってみたが、ある理由により断念する。
それは俺自身が狙撃銃がかなり苦手なこと。
DMRでも同じであった。
あ〜、M14は好きなのになあ・・・。




カービンというのは、突撃兵の持つアサルトライフルを短縮し取り回しを改善した銃だ。
元々はアサルトライフルという種別が生まれるよりも前に、
騎兵用の銃ということで歩兵用の銃よりも短縮したものが起源だが、
現代戦に於いては野戦よりも市街地戦が増えたことで需要が高まった。
わかりやすく言うとM1ガーランドに対してM1カービン、M16に対してM4、G36に対してG36Cである。

上の画像はカービンであるACR(ゲーム中ではACW-R)にホロサイトとフォアグリップ装備という、
かなり"分かってる"アクセサリーチョイス。
というよりも俺が個人的に好きな現代銃様式。
結局はここに落ち着いた。

このACRはかなりハイレートなので弾をすぐに撃ち尽くすが、自分が援護兵なら関係ないし。
そのハイレートさで遠距離射撃には正直向いていないが、フルオートによる制圧効果はそこそこあるし、
制御を上手くすればその距離でも十分にKILLを狙っていけるのだ。


余談だが、BF4ではHK416の扱いが気に入らない。
あれはカービンなのにアサルトライフル枠として扱われてるし、また入手できるランクが低すぎる。
もっともったいぶって良いはずの最先端ライフルのはずじゃないか。
まあ俺が個人的にHK416が一番好きで、本来のカービンに入れてもらって使いたかったというだけの話であるが。
ACRは2番目に好きなので現在使っているだけである。
本当はM4も好きだけど、このゲームに於いてはバースト射撃武器として扱われてるので、
ちょっとフルオートで撃てた方が良いなあということで選択肢からは外した。

まあ、色々な銃が出てるゲームだし、こういう風に好みの銃を使っていくのも悪くないんじゃないかな。
俺が様々なFPSゲームで決してブルバップ式銃を使わない理由も好みのせいである。
なので今後もFAMASやP90やXM8などを装備する機会はないだろう。




せっかくの機会なのでもう少し現代銃についてのうんちくを言えば、
アメリカ陸軍の一般歩兵の銃は既にM4カービンに取って代わられ、アサルトライフルのM16は姿を消しつつある。
しかしアメリカ海兵隊では依然としてM16が調達されており人気がある。
この同じアメリカ軍でも陸軍と海兵隊の銃チョイスの違いは、
陸軍が戦うときは正面戦闘であるので空軍や戦車、砲兵隊の支援を存分に受けることができ、
つまり長射程が必要な場面ではそれら重器が担当するし、歩兵は市街地などの細かい部分がメインだからである。

しかし海兵隊は誰よりも早く戦地に赴く殴りこみ隊であるので、
陸軍と違って他兵科の支援を十分に受けられるとは限らず、
それ故にどんな場面でも対応できるように長射程の銃を欲してるということだ。






最近は新しく発売したBF4をプレイしてる!
分隊が5人になり、司令官も復活し、オブジェクトの壊れ方も細かくなり、
BF3に比べればだいぶ楽しくなった。

初日からyukky ryuzaki toppo Motoko Imoutupの5人で分隊を組んでプレイ。
ゲーム中に[KDK]ってタグ付きのやつらがいたら俺たちです。




地下ガレージを5人だけで延々と守る場面も。
何倍もの敵が押し寄せてくるが、それをバッタバッタと薙ぎ倒し、
けっこう長い時間持たせたと思う。
連携が取れてれば何倍もの数の敵を相手にできる。

付き合いが長く色々な戦争ゲームを共にしてきたので、
誰がどう配置につけば良いかわかってるからこそだ。
5人揃ってスコアトップとか取ると気持ち良い。


やっぱり最近のBFシリーズの特色はオブジェクト破壊で、
あえて壁や建物を破壊することにより防衛側の遮蔽物を削ったり、
または壁に新たな侵入口を作ったりできる自由度があるが、
その要素が今回はまたパワーアップしたので、
瓦礫に隠れたりとかもしやすくなった。
とてもおもしろい。




こんなばかでっかいダムも頑張れば破壊できる。
特に意味は無いんだけど、みんなで根気よく長時間かけて壊してた。
とてもテンション上がって楽しかった。


前作よりもMAPの作り方が良くなったかな。
高層ビルの登場は賛否両論あるかもしれないが、
とにかくBF3に比べれば広く感じられ、
MAP自体が面白くなったなあと思う。

あとゲームの進行具合によって天候とか環境が変わるシステム、これもとても良い味が出てると思う。
諸島MAPではさっきまでは波が穏やかだったのに、いつしか嵐が到来し波が高くなり、
ボートでの移動も苦労するようになり視界も悪くなる。
今後のBFシリーズではこれが基本になりそうだね。




嵐に紛れ、ある小島に上陸し潜入する我が分隊。
水際作戦とかシールズみたいでかっこいいだろ!


今作で一番大きいのはやはり司令官システムの実装だな。
司令官が実装されたのでチーム全体としても、
司令官を中心として各分隊にまとまりがあり、
チーム全体の行動にビッと一本筋が通ったような。
全体での一体感という楽しさがある。

まあそれもちゃんと指揮できる司令官と、
それを聞いて行動できる分隊が揃ったらの話だけど、
上級者が増えてくれば今後熱い試合は増えてくるだろう。

指揮マニアの俺から言わせてもらえばBF4の司令官システムは満足いくものではないが、
それでも司令官システム自体が存在しなかったBF3よりはかなりマシである。
楽しくなった。


あとはもっと野良の人たちで援護兵が増えて弾薬をバラまいてくれるとなあ。
なかなか弾薬をくれる人がいなくて、クラン員とプレイしてない時は常時弾不足。
自殺すれば良いのだけどそれも美しくないし。

ということで援護兵のみなさんは、分隊内に弾薬を安定供給することにより、分隊員が気兼ねなく火力を発揮できる為、
自らはチーム全体の火力を底上げする存在ということにプライドを持って欲しい。
もし俺に満足に弾薬をくれれば、戦車も歩兵もいくらでも薙ぎ払えるよ!!






さて、前回から プレイ開始したDarkfall
入団させてくれたSeiten Knights小夜という人がおり、
どうやらクラン内の生産関連を統括する人らしく、
新人の俺たちに色々と援助してくれる。

それはお手製の装備であったりとか、騎乗動物であったりとか。
すぐにアイテムをロストしてしまうこのゲームに於いては大変ありがたい存在で、
もしかしてこの女、俺に惚れてんのか?
って思うぐらいの尽くしっぷりである。

しかしそれをあからさまに態度に出すのはやめておこう。
あちらもさりげなさを演出してるし、また万が一惚れてない場合、入団早々勘違いしてる痛いやつの烙印を押されてしまう。
俺は常々Imoutupからも「yukkyは思い込みが激しい」「そのポジティブシンキングが羨ましい」と揶揄されたりもするし。
まあその可能性は限りなく薄いが。


そのうちにクランマスターから集合がかかる。
なんだなんだと思うと、「今から新人さんの歓迎会で釣りツアーはじめまーす!」とのこと。

うへぇ、出た・・・。
この不必要なアットホームイベント。
俺らがそんな社交的な人間に見えんのかよ!
俺はそれよりも戦いてぇんだよ、血が見てぇんだよ、戦闘スキル上げたいんだよ!!
歓迎会とか、釣りなんて・・・めんどくさい。

始めは不参加を決め込もうと思ったが、しかし新人の歓迎会なのに、
俺ら2人がいきなり参加しないってのも感じ悪いかなと思い、
今後の付き合いもあるし、Imoutupからも諌められてしぶしぶ参加することに。
ちくしょーUOやPandora Sagaでは大規模PKギルドを率いた俺がなんでこんなアットホームなことを・・・。




集団で移動するさまはかっこいい。
騎乗動物でドカドカと地面を揺らす集団。
もうこのまま戦争にでも行きたい気分だぜ。
でも行き先は釣りツアーなんだよなあ・・・。

しばらく走ると流氷地帯に着き、足場が悪く何人かが海に落ちたりする。
なんだよーこんな離れた僻地に連れてきて。
わざわざこんな遠くて寒いとこで釣りするってのかよー、ったく。
と思ってると、




うおおおおおおお!!
ふ、ふねだーーーー!!!




しかも2隻!!
な、なるほど、もしかして船釣りに行こうってんだな!?
ヒャッホオーーーーー!!

もうテンションダダ上がり。
まさか航海に連れてってもらえるとは!!

いやあ、そりゃテンションも上がりますよ。
俺自身けっこうジョニー・デップに似てるって言われるし、
実はカナヅチなとこも悪魔の実の能力者と共通してると言っても良い。
自室も北欧風インテリアで固めてるし好きな酒はマリブーで口癖は未だに「だっちゅーの」である。
ここまで揃ったら誰も俺を海賊だと疑わないわけで!!




途中、沿岸で宝箱を見つけたので一部人員が上陸して回収、その折のショット。
うん、木陰から見てもとても雰囲気が良い。

話を聞くとどうやらこれは一番小さい船らしく、
まあそれでも製造にはそれなりの資材を投じているらしいが、
大型の船になると大砲なども搭載できて敵船を破壊できるらしい。

なんだそれ、すっげーテンションあがるな!!
1隻が遠距離から砲撃して、もう1隻で接舷して切り込み隊を送り込んだりしたい!
海賊となって、海の支配者プレイも良いよなあ。
是非とも大型船を造船して大砲をたくさんつけて、ドレッドノート号とか名づけたい。




やがて流氷地帯を抜け、海がノーザングレーから爽やかなカリビアンブルーへと変わり、(色名は雰囲気である)
陸地も見えなくなった大洋のどまんなかでフィッシング許可が出たので釣り竿を投下!!
なんかこの人数で、しかも2隻で海を帆走しながら釣りをしていると、漁船団みたいである。
漁業クランも良いな。

しかし釣りをしている間もずっと船は航行しているので、
見ての通り柵もない狭い船で人がギュウギュウ詰め。
その上にはしゃいで動きまわったので何度か誤って海に落ちてしまった。
その度にメンバーが「誰か落ちたぞ!」と叫んで船を停め、引き上げてくれる。
いやー申し訳ない。




そのうち、あるタイミングで洋上で停泊して休憩タイム、
リーダーが「泳いできても良いよ」とのことなのでダイビングを楽しむことに。
ひゃっほおおおおう!!

海ふっけえええええ!!!
沿岸と違って海底が見えない!!
広くて気持ちいい!

みんなでしばしの海水浴。
もちろん溺れないようにとの注意の上で。
また初心者の何名かはこの時間で「操舵体験」なるものをやらせてもらっていた。
俺はダイビングに夢中で操舵できてないが。




甲板で雑談したり船尾に腰掛けたりダイビングしたり、
みんな思い思いの過ごし方で休憩時間を過ごしている。




その後再度出発。
また釣りをしながら航行していると、メンバーの何人かが海上に何かを発見した模様。
どうやら韓国人が漂流しているらしい。
なぜこんなとこに!?

しかしそれを見逃す我々ではない。
魔法使いとアーチャー隊による遠距離砲戦を開始する。
この後もちょくちょくとこういった感じで韓国人に遭遇し、その度に撃破。

近接戦士であるImoutupが「やることねー」とぶつくさ言ってるが、
マスターに「敵に乗り込まれた時の秘密兵器」とうまくなだめられていた。
まるで万年ベンチの野球少年のような。




途中、なんか白いドラゴンが空を飛んでて美しかった。
俺としては戦ってみたかったが、みんながやばいやばいと言いながら一斉に船を転舵して逃げ出したので、
きっととんでもなく強いんだろう。
上級者も混じった20人近い人数でも勝てないものなのか試してみたかったが、
船を沈められても嫌だろうしね!


そんなこんなで、今日の釣りツアーはやたら楽しかった。
ずっとテンション上がりっきりだった。
そして意外と釣りはスキル効率も良く、なかなかキャラ成長にも貢献してくれた。
釣果はいまいちだったが。

新人歓迎会・・・バカにしてたけど、なかなかいいじゃないか!




« 前ページ