愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




どうも、更新ネタが切れてることが丸分かり、ブログ主のゆっきぃです。
こんばんは。


4月から恐ろしく更新ペースが落ちてるのは、別に俺の怠け癖が出てるわけじゃないのです。
いや、それもあるのだけど、更新ネタが無いっていうほうが大きいわけで。
なぜ更新ネタがないのかというと、あまりゲームをしてないから。
ではなぜあまりゲームをしてないのかというと、今はちょっと新作で魅力あるタイトルがないだけです。

MMOもFPSもメインでプレイしてるものは無し。
こんな状況で、ゲームブログを更新しろと言われてもそりゃ無茶ってもんだぜ、HAHAHA!
しいていえば、PSPでFF7をプレイしてる程度です。

いまさらFF7プレイ日記とか書いてみるか!?とも考えたけど、どっちにせよたぶん、
ゴールドソーサーに辿り着いた辺りで更新が止まることも十分にあり得る。
当ブログにおいてそういう前例は、HoI2レポを途中で停止してカテゴリごと削除したり、
カテゴリは残してるがOblivion日記がたったの2記事更新で止まってたり、
UO回想カテゴリが1年以上放置されてるなど、枚挙にいとまが無い。
(HoI3が出たら本気出す・・・!)


ああ、でも最近は、Call of Duty: World at War(以下CoD:WaW)にちょっとはまってます。
最初はCoopを楽しんでたけど、気軽に対戦もなかなか楽しいことに気づいた。
周囲に布教しようと頑張ったけど、あんまりみんな乗り気じゃなく、一緒に遊ぶ相手がいない状況なんで、
もしよかったらブログ見てるどなたかでプレイヤーがいたら遊んでください。
宛て先はIRCかMSNメッセかスカイプまで。


話は変わって。
こないだ、SF時代のクラン員のMendohくんと、何かのゲームで新しいクランを設立することを話し合った。
俺としてはFPSにこだわらず、面白そうだったら別にMMOでもRTSとかでもいいのだけど、
しかしなんにしても、最近の状況じゃちょっとクランでやって面白そうなゲームがなさそうです。

彼の希望としては、BF3の登場を待って大規模クランを設立してみたい、というのがあり、
俺としてもそれはとても楽しそうだし、32人の固定メンツでクラン戦とかもやってみたいと思う。
そういう規模の戦いを指揮するのは軍ヲタの夢である。

しかしBF3自体、とんと新情報が見えてこないのであり、BFシリーズで最近出てる情報といえば、
BF1943とか、BF:Hereosとか、割とどうでもいいのばっかなわけです。
でもまぁ、BF3での大規模クラン設立というのは一番魅力的であり、現実的な線にも思えるので、
まずはBF3を待ちながら、今年はArmA2やOFP2、HoI3などの新作PCゲームをまったり遊んでいこうかな。



コメント ( 21 )  日常の駄文 / 2009-05-19 21:38:22




グランディア・オンライン - カウントダウンサイト
http://www.grandiaonline.jp/


いつの間にかこんなのができてた。
グランディアオンラインのカウントダウンサイトである。
5月20日になんらかの情報が公開されるらしい。


さて、当ブログでグランディアについて書いたことは一度もないし、
情報が小出しにされてたおかげで新作MMOの中でもいい感じにマイナーなので、
ここで唐突にグランディアオンラインについて報じても読者のみなさんには
「そもそもグランディアってなに?」ってところだと思います。

しかし、今回のMMOのモデルとなる「グランディア」という作品については、俺は個人的に浅からぬ思い入れがあるわけで。


そもそも「グランディア」とは、今から12年前にセガサターンでゲームアーツより発売された、RPGタイトル。
後にプレイステーションにも移植されたが、最初にセガサターンを選択してしまった悲運からか、
もしくは同年にプレイステーションで発売された「ファイナルファンタジーVII」が騒がれて陰に隠れてしまった為か、
いずれにせよこの初代グランディアの知名度はおそらくメジャーといえるほどのものではない。
でもそれは決して、このグランディアの完成度が低いということにはならないのだ。

12年も前のゲームのことを詳しくは説明しない。
興味ある人はググってくれればいいと思います。
でも、俺はこのグランディアこそが、俺のゲーム人生の中でもベストタイトルのひとつに数えられる。
思い入れの強さでいえば、MMORPGの始祖鳥であるウルティマオンラインと並ぶぐらいのタイトルだ。
(他にもOblivionやCivや初代BF1942などもそれなりの思い入れがあるが、グランディアはそれら全ての上位にくる)


グランディアはタイムリーなことに、つい先月の4月からPSアーカイブスでPSP・PS3向けに600円で配信されている。
興味をもってくれた人はプレイしてみるといいんじゃないかな!
配信が始まってからグランディアはずっとランキングインし続けており、Amazonレビューでの好評などをみても、
特別な思い入れを抱く人が多いタイトルであることは疑いようがない。
(古くからプレイしているからこそ、という人もいると思うけど)


まぁ、それだけ思い入れの強い作品が、このたびMMORPGとして開発されているわけです。
12年ぶりにグランディアの世界観が復活するのかと思うと、期待せずにはいられない。
まぁ・・・冷静に考えて、MMORPGにしたらこけるとはわかってるんだ。
しかしそれでも、俺は古くからのファンの一人として期待する!

どうだ、俺でも普通の人っぽいコンシューマー・タイトルをプレイするんだぞ!
参ったか!



コメント ( 11 )  新作情報 / 2009-05-15 23:37:50




ゴールデンウィークが明けました。
社会のみなさまは憂鬱になり始めてる頃でしょうか。
こんばんは、ゆっきぃです。


先週の日曜日にサバゲーいってきました。
ゴールデンウィーク最中ということで、フィールドはいつも以上の賑わいを見せており、
普段はめったに見ることのない若い女子もそこそこ程度にはちらほらいるようで、
カップルとか夫婦には興味がないとしても、女子同士の2人連れや、家族に連れらしき年頃の娘など(以下略

この日のサバゲーは、いつもと違い、決して婦女子を物色にきたわけではない。
もっと重要な任務を携えて来た。
この日は、俺の新しい相棒、Colt M4A1カービンのデビュー戦なのである。



サバゲーにはまり始めたのはつい最近のことなので、今までは拳銃やSMGだけでインドア戦を楽しんでた。
しかし遂に俺もアサルトライフルを所持するに踏み切り、選定の結果、
つい先月4月16日に東京マルイから発売されたばかりのM4A1カービンを調達した次第である。
そして本日、サバゲーフィールドへのそのお披露目式となったわけで。

M4A1カービンといえば、FPSゲームでは最もポピュラーな銃のひとつといっても過言ではなく、
たぶんFPSプレイヤーでM4の名前を知らない人はそう多くないと思われる。
今回の調達報告に触れた折、俺のゲーム仲間のCS:Sプレイヤーであるアメリカ人のダニエルは、
サバゲーでAWP持ってバニーホップしたいとかQSしたいだの、ノンスコープ撃ちを見せてやんよなど、
意味不明なことをのたまっていたが、そんなM4A1を入手してしまった俺である。
恐らく、移動中はおもむろにナイフに持ち替えて壁や角を無意味に切りながら走ってみたり、
狙撃されないようにジグザグに走ってみたり、空き缶を投げ入れる度にfire in the hole!などと叫びだす日もそう遠くないであろう。


射撃レンジで試射してみた感じでは、さすが長物。
今まで使っていたグロック17よりも、断然照準は安定している感じで、
金属標的に景気よくカキーンカキーンと連発で命中しまくりで、これは頼りになるぞと思った。

ゲームに実際に参加する直前、装備チェックをしているときに気づいたことがある。
サバゲーでは、参加にゴーグルの装着が義務付けられている。
弾が目などに当たると失明の可能性があるからで、歯などに当たっても危険なので口も覆い隠すことが理想だ。
なので今まではフルフェイス式のゴーグルを使用していたのだけど・・・
なんとこれを装着していると、ゴーグルの出っ張りが邪魔をして、M4のストックに頬付けができない!(=サイトが覗けない)
これは致命的にも程がある、狙えないじゃないか!
ってことで、急ぎでゴーグルもその場で買い替えたが、思わぬ落とし穴があったもんだ。


さて、この日のサバゲーもいつもどおり、インドア戦である。
ので、閉所戦闘においてのライフル系統の拳銃やSMGと比べての利点・不利点などといった、
現代戦闘学の重要な概念もある程度体感することができて、軍ヲタとしては興味深かった。

やっぱりアサルトライフルと拳銃は、それぞれ適材適所といった部分は確かにあった。(カービンといえど)
入り組んだ場所や、思いもしなかった方向から敵が現れたときなどは、ライフルよりも拳銃のほうが明らかに対応が早いし、
遮蔽物の陰から銃だけを出してめくら撃ちするような時でも、拳銃のほうが柔軟に変則的な構えに対応しやすい。
しかし、正面からの撃ち合いではライフルのパワーに分があるし、フルオート射撃の弾幕は大きな強みだ。
また20Mぐらい離れた敵との撃ち合いのときなどは、やはりライフルのほうが拳銃よりも断然頼りになる。
ここらへん、特に取り回しに関してはFPSではなかなかわからない部分なので、面白く感じたなー。

ということで、この日の装備はメインアームにM4A1、サイドアームにグロック17とはいっても、
結局は使い慣れていたグロック17の使用頻度もかなり高かったわけで、サイドアームというよりは、
別々のカテゴリのメインアームを2つ使い分けてたといった感じである。
M4のフルオート制圧射撃で敵を遮蔽物の陰に釘付けにし、30発撃ち終わる頃には回り込んで、グロックに持ち替え奇襲しトドメを刺すなど。
かなり頼りになったので、やっぱりライフルを装備していても拳銃は腰に巻いておくべきである。


しかしまぁ、アサルトライフルのデメリットに感じた部分は、単純に俺が長物の扱いに慣れていなかったという部分も大きいと思う。
今日だって、なかなか命中しなかった場面とかは、

「今のはストッピングが少し甘かったかな?」
「しゃがみながら撃てば集弾率あがるかも」
「近距離ではジャンプ撃ちしてみるか」

などと若干FPS脳に侵されつつも、鋭意工夫をこらしてなんとか上達しようと試みていたのである。
これからも扱い慣れていけば、デメリットと感じた部分もある程度潰せることと思うし、もうちょっと上手く戦えるようになるだろう。
この日のヒット数でいえば、M4A1よりもグロック17のほうが扱い慣れてるのもあって圧倒的に多くのスコアを稼いだわけだけど、
これからもM4A1を使って戦い慣れていけば、やがてメインアームたる活躍を期待できるでしょう!

精進しようと思う。



コメント ( 19 )  サバゲー / 2009-05-07 21:47:49