愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




ほんと、クラン運営のために色々してくれるメンバーがいると
大人数を抱えるクランの主でもらくちんです。
ゆっきぃですこんにちは。


このブログのブックマークにコンテンツとして無理やり
入隊案内だの隊員名簿だののテキストをはっつけてることを不憫に思ったのか、
メンバーの
白き雌鹿さんが超スピードでSOLサイトを立ち上げてまとめてくれました。

Solitudeクランサイト
http://www3.plala.or.jp/mejika/index.html



嬉しい限りですねー、とうとう我がSOL軍にも公式サイトの誕生ですよ。
ゲッペルス並の宣伝相ですね。 雌鹿さんは鉄十字勲章ものです。

これも左の方のブックマークからリンクしとくので、
入隊希望者の条件やメンバー名簿の参照・試合結果参照などはサイトの方でお願いします。


そう、このサイトの一番の意義は試合結果参照にあるのです。
通常SOLが行った試合でも、このブログで発表されるのは俺が参加した試合のみなんですね。
だから全然試合結果がこのブログに挙がらないからめったに試合してなさそうなイメージありそうですが、
実は俺抜きで言うと1日2〜4戦ぐらいの対外クラン戦は毎日欠かさず行ってるようです。

それらの結果はmixiなどであくまでクラン内向けに発表されるにとどまってるので、
サイトに設けた試合結果フォームからできるだけSOLの行った試合を外部に発表していきたいですね。
まぁ1日に2〜4戦という試合量が本当に律儀に全部フォームに投稿されていったら、
すぐに膨大な数になるし更新量も半端じゃなくなるような気がするけど・・・。

メンバーが多いのと分隊長と指揮官候補生という指揮官クラスを複数もうけてるのが機能して、
どうしても1日にこなすクラン戦が多くなるようです。


まぁとにかく、入隊希望者などはこれからはこのブログだけじゃなく
サイトの方のチェックもよろしく!



コメント ( 13 )  SF・SA / 2007-03-31 15:07:23




入隊希望者が誰もメッセ登録してくれません。
メールでの入隊希望者が5人ぐらいいます。
何度言ってもメッセ登録してくれません。
ちょっぴり考えさせられる隊長のゆっきぃです、こんにちは。

もうめんどくさいから、入隊希望者への応対・面接・実力試験すらも
担当のメンを割り当てようとか考え始めたり。
だってメール嫌いだもん。


てことで、今回はSOL内でのマネージメントについてのお話です。

あれです、現在うちのクランには全てを統括するクラン長としてぼくがいますが、
その他にも、2軍を統括し活動を勝手に仕切ってくれる"2軍隊長"というポストがあります。
これは便利なもんで、"2軍隊長"という一見何をやるのか不透明で曖昧な役職を押し付けることによって、
彼が2軍全体の活動を仕切ってくれ、練習や訓練・戦闘時の指揮・クラン戦まで勝手にやってくれるのです。
彼に押し付けることによって、2軍に所属している35名の隊員はぼくが何もしなくてもクラン活動してくれるのです。
ほんと便利、クラン長のぼくはとてもめんどくさがりなんで、助かってます。

で、その2軍隊長とやらのかすとろくんですが、何から何まで勝手にやってくれる彼ですが、
最近クラン長のぼくと衝突が起こりました。
それは、新人の育成方針と割り振りについて。


ある日、我がSOL軍に非常に有望な新人さんが入ってきました。
彼の名前はAKなんとかって感じなので、ここでは仮名としてA隊員としましょう。
このA隊員は当初アサルターで入ってきたのですが、アサルターとしての実力は2軍の中でも図抜けている。
が、1軍のアサルト陣に届くほどじゃあない。 でもかなりの手練れ。
しかし彼が気まぐれにやったスナイパーは、ゆうに1軍級と評されるほどのものでした。

普段何もやってないSOL隊長もこのときばかりは、この新兵の扱いを考えさせられました。
そして結論を司令部にて幕僚達に発表しました。


ゆっきぃ司令
「よし、A隊員はスナイパーとして育成し1軍入りさせよう。
これによりスナイパー不足という我が軍の脆弱性を補填する存在となり、
SOL軍を更なる勢力へと望むことができるであろう。」

これに反論したのがかすとろ2軍隊長 ──

かすとろ2軍隊長
「お待ちください司令。1軍のそれに比べ、2軍の人材不足は深刻極まります。
2軍部隊は前線の肝である有力なアサルターが不足しているのです。
現状の2軍の人材問題を打破するために、ぜひともA隊員はアサルターとして2軍に欲しいのであります。
さすれば必ずや、次期SFS大会では我がSOL2部隊が司令の納得いただける戦果を残してごらんに入れましょう。
1軍部隊は現状の戦力でも十分に戦っていけるのではないですか。」

ゆっきぃ司令
「司令部では2軍の抱える問題点は十分に把握している。ご苦労なことだ。
そして隊長、貴官はSOL軍の状況を知っている。しかし、外の動向をご存知ではない。
現在他の軍勢力が力をつけつつあり、Dsや手こき、SFSにOCTと敵勢力を挙げるのにいとまがない情勢だ。
この情況に対応する為には、我がSOL軍の精鋭部隊も補強し脅威に対抗していかねばならん。
外圧に屈してはいけないのだ。
貴官の力ならば、些細な障壁を苦にしないと司令部では認識している。
これは試練だ。期待しているぞ。」

かすとろ2軍隊長
「ははっ。 ではこれにて、ジーク・SOL!!」



みたいなやりとりがありました。(記憶が不鮮明な為、若干脚色あり)

どうしても2軍としては、有望なアサルターが欲しい状況らしい。
しかしまぁ本当にA隊員はスナイパーとしてのほうが輝いてると思うので、
うちには有力なスナイパーが少ないし、ここは頑張って欲しいところ。

一応2軍の有望なアサルターとしては、最も新人のR隊員(仮名)が入ったことで彼に期待がかけられています。
クランに所属したことはないそうだが、最初からなかなか団体としての動きができてるし、
野良に行けば素でK/D3越えはできてるそうだからここは頑張って成長してほしいところ。


まるで第二次世界大戦時の日本陸軍と海軍の兵器開発争いみたいな、1軍と2軍の関係。
はてさて、果たして2軍隊長の苦悩が解決される日はくるのか!?
また気が向いたらSOL内部のことを書こうと思います。


今後の予定ラインナップとしては、

・どきっ分隊長だらけの新人争奪戦!配属先はSOL2,3,4のどこに!?
・1軍スナイパーの座は渡さない!whitelampのプライド、執念!
・大会に出るのは俺だ!候補者たちの壮絶な足の引っ張り合い。誇りをかけた椅子とりゲーム 〜

以上をお送りしたいと思います。
でわでわ。



コメント ( 24 )  SF・SA / 2007-03-30 09:54:29




第5回目のSFS大会は2チームしか出れないみたいです。
まぁ4チームは出しすぎたね、元々俺は反対派だったけど。
しかし前大会で一番好成績を残したのがその4チーム目というのも皮肉な結果。

ゆっきぃです、こんにちは。


ってことで、次回は2チームしか出れないってことで、
1チーム目はいつもどおり1軍チームSOL1が出ます。
2チーム目は、前回までのSOL2とSOL3とSOL4を完全に解体して2軍全体から選抜して編成しなおします。

選抜方法は、2軍の中でも図抜けてるメンバーを出場確定者として扱い、
残った参加枠は実力順に候補者を選び、候補者たちに対して実力試験を実施し選抜していこうと思います。
とりあえず会議を重ねた結果、出場確定者と候補者は


SOL2確定者

かすとろ - 分隊長・指揮官
AK君 - スナイパー
ももたん

SOL2候補者(選抜試験受験者)
白き雌鹿
kei
月桂
シーマ
しのびー
ジョン
kapathi
Relg

といった感じになりました。
出場確定者は3名で、選抜試験を受ける予定の出場候補者は8名です。
5人チーム編成なので、8名のうち2名が出場権を獲得するということです。
既にスナイパーはAK君で確定しているんで、候補者たちは全員アサルトとしての参加になります。

尚、前大会時のSOL1の敗例があるんで、(リアル事情で出場できないメンが一人出て棄権した)
今回は試験に落ちた人でもSOL1とSOL2両方に1,2名ずつ緊急時の補欠として登録する考えがあります。


候補者に選ばれた人と選ばれなかった人の違いは、
・ボイチャが使えるか
・単純な実力
・アクティブ率や練習へのやる気
・性格

などの要因があります。
個人的にはaimarやFebel、SLyなども候補者として数えたかったんだけど、
3人ともPCが壊れているという・・・。

実力試験は3月31日土曜日の23時以降に行う予定、試験官と候補者のみなさんよろしく。


あとついでに言うと、SOL1のwhitelampとSOL2のAK君の立場を交代させるという考えもあります。
だからもしかするとAK君がSOL1にいってSOL2にwhitelampがくる可能性があります。
まぁwhitelampのサボり具合からクランとしての実力主義にのっとった順当な判断を下したいと思います。
ただまぁ基本的にスナイパーはこの両名で確定ということで。



コメント ( 21 )  SF・SA / 2007-03-28 18:38:33




大会が終わりました。
残念ながら主力チームSOL1は棄権による不戦敗ということになりましたが、
SOL2,SOL3,SOL4は健闘してくれたようで。
とりあえずSOL1も1回戦目と2回戦目は戦ったので、レポートします。

ちなみに棄権理由は出場メンバーのリアル都合です。
どうしても外せない急用ができたみたいで、出場不能となってしまい、それは仕方ない。
リアルあってのゲームなわけで、リアルよりゲーム優先なのは俺だけでいいです。
以下報告。

※ 初弾バグ外しの為、最初のラウンド1回ずつは双方のチームで自殺して勝利しています。
よってスコア画像からは勝利数1ずつ引いて計算します。



一回戦目はMasterクランと当たりました。

第1回戦 vsMasterClan2 衛星MAP
SOL15-0master10-1
WIN!
SOL15-1master
スコア画像 その1 その2
最初はこちらが守備側だったわけですが、順当に守れた感じかな。
後半の攻撃側のときも今までとは全く違う攻めパターンを開発し、柔軟性を出すのに成功してたと思う。
最大のライバルである対Ds戦を意識して戦術スタイルを大幅に変更したのですが、
これが初の実戦使用ということになります。 試行成果は上々。

相手は見た感じオフィス3人・センター1人・屋上1人の守備状況だったんで、(途中からオフィス人員がセンターにシフトしたかな?)
途中で屋上攻め主体に切り替えてみると何故か失敗して1roundとられる。
うちのクランではSOL1,2,3,4チーム関わらず屋上攻めはあまり推奨されてないのですが、まさにそんなかんじ。

防御のときは主に屋上・センター守備の俺とMendohが活躍。
敵が屋上ラッシュに来たときは早期発見により、俺1人で敵を4人倒してラッシュを止めれたのが一番大きい活躍でした。


二回戦目は突撃プロレス野郎クランと。

第2回戦 vs突撃プロレス野郎 衛星MAP
SOL15-1突撃10-2
WIN!
SOL15-1突撃
スコア画像 その1 その2
こんなかんじ。
ここでも攻めパターンは前回と同じく、ほとんど新戦術。
やはり以前までに比べて柔軟性・汎用性・確実性があり、メンバーのスキルに大きく左右されること以外はなかなかいいかんじ。
ただ相手の防御スタイルと噛み合った場合、以前までのスタイルのほうが迅速にかつ確実に勝利を奪っていける場面もあり。
ここらへんは適時指揮官の俺が判断を下すようにし、両方を織り交ぜていくべきか。
てことで、SOL1のみなさん以前までのスタイルを捨てないでください。
(戦術の詳細を公開するわけにはいかず、「以前の」とか「新しいの」とか抽象的表現で、
第三者にはわかりにくいことはゆるしてください。)

戦闘模様としては、やはり防御側時は俺とMendohが主に活躍。
というのも、前回も今回の試合もpansaa,UV,Jaraの3人が要所を"デフェンス"し、
俺とMendohの2人が"オフェンス"に回ってた感じです。
最適な点を選び穴を突き、出撃しブレイクスルーして殲滅してました。
相手に比べ機動性があり、突撃したり引いたりシフトしたり包囲したり、ちょこまか動き回ってだいぶ撹乱できたと思います。
UVとpansaaで壁を作りその壁に敵が入り込んだら、後ろから俺達が突くような挟撃も何度も見られた。

このへんの機動力は完全に経験から来る判断の素早さと勘の良さ、味方の報告の正確性だなー。
防御時のスタイルも最近かわりつつあると思う。
この試合でも前回と同じく、俺が4人抜いた場面あり、必然的に俺とMendoh2人のスコアが伸びる布陣内容でした。
シフト・突破・包囲・挟撃、全ての作戦要素の水準が高まりつつある手ごたえを感じました。
特にこのへんに絞って練習はしていないので、単純にメンバーそれぞれの経験が蓄積されてることを実感したかなぁ。
チームとしての上達が見えてきたので、これからもっと楽しくなりそう。


以上の2戦で、俺達の今大会は終わり。
1回戦も2回戦も躓くことなく勝利してるだけに、棄権というのは残念な結果だけど、仕方ない。
毎月ある大会での1度や2度の優勝なんて、有り難味が大してないもんだ。
次回また出ればいいのです。


今回の大会であった小エピソード。
2回戦目の突撃クランとの試合前に、相手選手の素性がある程度判明した。
それは、相手の選手にUTやCSなどの別FPSでの有名人がいたようで。記事も書いてるような。
それを試合開始寸前に聞いたSOL1のメンバーたちは、

「ほお・・・UTとはな」
「UTプレイヤーってAIMよさそうなイメージあるよなぁ」
「あのゲーム動き早いからねぇ」

とほのぼの少し緊張感を高めながらも他FPSプレイヤーについて色々考察してたのですが、
あるメンバーだけは様子が違っていた。
彼だけは・・・。

UV塗装
「やばい、私その人知ってるかも・・・ちょっと待って、確かめてきますわ。」
「やっぱり!この人アレです、マウスのレビュー記事書いてた人ですよ!やばい、私緊張してきた。」
「やばいな〜・・・。私もマウス選ぶのにこの人のマウスのレビュー記事参考にしたことある。ほんと緊張してきた。」

ゆっきぃ 「まぁ誰が相手でもやるしかないんだし。勝てばいいんだよ。」

UV塗装 「いややばいって!マウスのレビュー記事書いてるほどの人だよ!?有名人なんだよ!?」

ゆっきぃ 「うるさい、臆病者め。Dsだって有名人だろ。」

UV塗装 「いやだからやばいんだってば!だってそのマウスのレビュー記事が4gamerに載ったほどの人なんだよ!4gamerだよ!?」

・・・と、試合始まるまでずっとこんな調子でした。
とにかく試合開始までずっとうわ言のようにUVナントカさんは
「マウスのレビュー・・・マウスのレビュー・・・」って呟いてました。
最初のほうはpansaaもUVに同調して
「まぁゆっきぃ、油断は禁物だよ。もしかしたらDs並の戦力かもしれない。」
とか言っていたのですが、このUVのあまりのチキンっぷりに呆れ果ててました。

この後マウスのレビュー星人が本気でうざくなりはじめた頃、試合開始ということになったのですが、
UVさん普段周囲に気を使って小声でボイチャしてるくせに、一番うるさかったような気がしました。
UV塗装ですUV塗装です。



コメント ( 31 )  SF・SA / 2007-03-26 17:02:21




なんと前回の記事のコメント欄で、SOL1のスナイパーAK君が引越しのためSOL脱退ということになりました。
大会まであと何日もないのに、ほんと直前なんで、これは焦った。
SOL1出場停止かも、とまで話し合ってたのですが、
とりあえず代理のスナイパーを見つけたため、出場するということになりました。
お騒がせしました。

ということで、下の記事はSOL1のUVナントカ改めUV塗装が書きました。



曰く「ゆっきぃさん風に書いてみた」らしいです。

まぁ、元々AK君自体がwhitelampの代理なのに、そのまた代理にJaralaccs(ルシ君)とは・・・。
SOL1名簿のスナイパーの名前がめまぐるしくかわりますが、
さてさて、大会はどうなることやら・・・。


UV塗装です。
UV塗装です。



コメント ( 40 )  SF・SA / 2007-03-22 03:41:20


« 前ページ