愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




前回分 からの続きです。
SF回想目次へ



ゆっきぃとの出会い、時を同じくして私はある一人のプレイヤーと出会う。
そのプレイヤーの名は"夜桜・jiro"である。

私は適当に入った部屋で団体戦をプレイしており、時間は午前4時を少し回ったところだった。
1戦毎に人は変わるものの、午前4時を過ぎてもその部屋は人で溢れていた。
次のマップは衛星、いつもと変わらない私の1人舞台が始まった・・・はずだった。

ゲームが開始され私は青側(守り側) だったので、今回はオフィスを守ろうと配置についていた。
(野良では爆弾設置場所のどちらかを守るようにしていた)


私は基本的に裏取りなどは行わず、片方の爆弾設置場所を完璧に守るように心がけていた。
オフィスの守りについたのは私を含めて3人、センター3人、屋上2人といった配置だった。
敵の到着を今か今かと待つものの、敵はオフィスに来る気配がなく静けさだけが漂っていた。

しかし、センターでは今まさに戦闘が始まろうとしており、
それは嵐の到来を予感させるに相応く試合は一気に動き出す。
センターの守りについていた3人の内2人が爆弾で倒され、残りの1人もAKで倒される。
センターを守っていた3人がやられる、まさに一瞬の出来事だった。

ただ、私はオフィスに来るなら迎撃出来る自信があったので、
カバーは考えずオフィスを守ることだけに集中していた。
センターを突破した敵はどうやら屋上に行ったらしく、
屋上を守っていた味方と相打ちになっていた。

味方4人が倒されるものの、そのラウンドは難なく勝利した。
1ラウンドに4人倒すというのは異質な光景に見られるが、
私自身はそれが当たり前だったので大して気にはならなかった。
むしろ"運が良かった"そういう類のものだろうと思っていた。


そして"いつも通りの2ラウンド目"が始まるはずだった。
しかし、この試合嵐が吹き止むことはなかった・・・
試合展開については1ラウンド目以降はあまり記憶にないので割愛します。

結果は5-0で青側の圧勝に終わるものの、敵の夜桜・jiroは20killというスコアだった。
負けたチームで20killというのは異常であり、その全てが自ら仕掛け奪いとったものであった。
私はこの試合が終わった時に確信した、この人は強いと。
突然の強者の出現により私は興奮していたと同時に、相手が悪かったな、
次の試合はその嵐を受け止めてみせよう、そう心の中で笑っていた。

しかし、昂る気持ちはアッサリ裏切られる。
気付いた時には夜桜・jiroはいなくなっていた。
こうして私と夜桜・jiroとの戦いはあっけなく幕を閉じた。

夜桜・jiroの見せたパフォーマンスはたった1戦とはいえ私にその印象を深く刻み込んでいた。
彼とはこの後野良部屋で再会することはなかったが、意外な場所で再会することになる。
そう思うと私はこの時既に嵐に巻き込まれていたのかもしれない。


新たな強者との出会いと別れ。
意外な場所での再会、彼の正体とは!?

次回 SF回想3 〜 SOL1次メンバー募集締切 〜



コメント ( 11 )  SF回想編 / 2010-02-27 17:54:57




前回分 からの続きです。
SF回想目次へ



私はSoldier of Fortune II(SoF2) というFPSを約5年プレイしていました。
SoF2が私の初めてのFPSであり長年プレイを楽しんでいましたが、
プレイ人口の減少によって日本鯖でプレイする機会がなくなりました。

丁度その頃ハンゲームから無料FPSのサービスが開始され、
行き場を失っていた私のFPSへの情熱はSpecial Force(SF) へ注がれることになりました。
(正確には逃避物としての捉え方が強く、熱中出来るものであれば何でも良かったのですが、案外面白かったので続けることになりました)

実際にプレイしてみるとゲームシステム自体に驚くことはありませんでしたが、
プレイ中に飛び交う日本語でのチャット等、ほのぼのとした雰囲気に驚きました。
普通FPSというと殺伐としていて黙々とプレイするというのがスタイルだと思っていたので、
そういった従来のスタイルからかけ離れたSFはすごく新鮮なものに感じられました。
この時期はSFというゲームを純粋に楽しんでいました。


プレイを始めて2週間ぐらい経った頃には、ゲーム自体を楽しめても試合を楽しめない状況になり徐々にSFに飽きていました。
何か面白いことはないかなと何気なく2chのSFスレを見てみると、そこではある人物が話題になっていました。
それが"ゆっきぃ" でした。

話を要約すると、ゆっきぃは個人戦によく出没して、いつもぶっちぎりのスコアだということでした。
今までの経験上K/Dが高いプレイヤーは全て期待はずれだったので、
半信半疑ではありましたが少なからず期待はしていました。
(当時のゆっきぃはK/Dが4を越えており、私が見た中ではダントツの高さでした)


その日から検索を利用してゆっきぃを探すものの、タイミングが悪いのかなかなか見つけることが出来ませんでした。
2日後ぐらいにゆっきぃを見つけることが出来た時は、何かを達成したような喜びがありました。
さっそく部屋に入ってみると、ゆっきぃは何やら他のプレイヤーと会話をしていました。
ゆっきぃは粘着や質問を受けることが多いのはゆっきぃが書いた記事にありますが、
その当時私はそれを知らなかったので第一印象は"おしゃべりなやつ"でした。

案外会話が長く続いていたので、早く始まらないかなと少しイライラしていたのを覚えています。
そうこうしている内に会話が一段落し、ゆっきぃが次の試合をするためにマップを変えるとトレインになりました。
やっと始まると意気込んだのも束の間、ゆっきぃが言い放ちました。

ゆっきぃ 「わートレインだー」
ゆっきぃ 「トレインは得意マップ」


私はこの時確信しました、このおしゃべりはダメだ・・・と。
多少のがっかりはあったものの、後の活動に大きく影響を及ぼすことになったゆっきぃとの戦いが幕を開けました。
終盤まではお互い譲らず大接戦を演じていましたが、終盤私はリスポーンに恵まれ、何とか僅差で勝利を手にすることが出来ました。
とりあえず勝利したということで安堵はしましたが、ゆっきぃとはほとんど正面から撃ち合うことはなかったので、強いかどうかは良く分かりませんでした。
心にもやもやが残る中ロビー画面に戻るとゆっきぃは即座に言い放ちました。

ゆっきぃ 「今日初めて負けた」

他のプレイヤーもゆっきぃが負けた等と発言、少し落ち着かない様子でした。
ゆっきぃに敗北をプレゼントしたことで嬉しかったのですが、この時はよく喋るなーと思っていて少し笑っていました。
ゆっきぃは周りの雑音を気にする様子もなく、次の試合に備えて準備を呼び掛けていました。次のマップはキナバル。
キャンパーが好むマップであり、キナ8winなどの発言はSFプレイヤーにとって懐かしい響きでしょう。
一般的にはあまり好まれないキナバル、しかし、このキナバルでの個人戦こそが私の分岐点の一つであったことに間違いありません。
そうして波乱に満ちたキナバルでの個人戦がスタートした。

序盤はお互い順調にスコアを伸ばしていき、スコアが5,6辺りになった時にゆっきぃと正面から撃ち合う機会が訪れた。
詳しい状況は忘れたが、こちらが有利な状況には間違いなかった。
しかし、負けた、完全に撃ち負けた。
その瞬間私の中のゆっきぃのイメージが180度変化した。


強い、ただそれだけだった。


初めて自分と同等以上の力を持つプレイヤーの出現により私は震えていた。
一気に緊張が高まり、勝ちたい、勝たなければいけないと焦りが生まれ本当にガクガク震えていた。
勝ちたい気持ちとは裏腹に中盤以降はどんどん差が開き、終わってみれば10以上の差をつけられていた。
完璧な敗北だった。

その後も数戦やったがどのマップでも10近くスコアを離された。
私としてはまだまだ続けたかったが、ゆっきぃはクランでの活動があるらしくその日はそれでお開きとなった。


ゆっきぃが去ってからは最初に勝ったことは当に忘れ、ただただ敗戦のショックを引きずっていた。
しかし、同時に心の底から湧き上がる情熱に気付いた。
時間が経つにつれ情熱は膨れ上がり気付けば興奮し、一人ロビー画面を眺めながらニヤニヤしていた。
初めてSoF2をプレイした時は本当にボコボコに叩きのめされた。
FPS自体は初めてであるが、ゲーム自体は得意だったのでショックが大きかった。
ただ、その敗戦は私の負けず嫌いに火を付けてくれた。

今回のゆっきぃとの戦いもそれと同じ感覚だった。
私は忘れていた感情を思い出し、ゆっきぃに勝つためにSFに力を入れようと思った。
大多数の人にとっては単なる日常であったが、私にとっては大きな大きな1日となった。


ゆっきぃの存在を知り味わう敗北、湧き上がる情熱。
クランSOLへの憧れ、SOL1次メンバー募集が始まり迷いの中で下した決断。

次回 SF回想2 〜 SOL1次メンバー募集締切 〜
↑の予定だったが次回 pansaaのSF回想2 〜 もう1つの出会い 〜



コメント ( 11 )  SF回想編 / 2010-02-26 11:07:08




こんばんは、ゆっきぃです。
今回は元SFプレイヤー向けの記事です。
Special Force を引退して今年で3年目。

SFではクランSolitude [SOL] を設立し、数々の強豪クランと戦い、一時期はほぼ無敗に近い戦果を収め、
大会にも何度か優勝したりしたことは当時からこのブログを読んでくれてる方は覚えてくれてることでしょうか。
CSでの有名人KeNNy率いるDsを筆頭に、強敵に取り囲まれていた日々。
その中で身の丈以上ともいえる結果を残すことができたのは、当時の仲間たちのおかげです。


当時、SOLのレギュラーメンバーといえば誰でもある程度SFでは名前が売れてたと思いますが、
その中でも、特に実力派プレイヤーとして名を馳せていたメンバーがいました。
彼はpansaa

今回、当ブログのUO回想 の更新されなさに辟易した彼が、
「ゆっきぃの代わりに俺がSF回想を書いてやるよ!」
ということでSF時代を振り返って執筆してくれることになりました。
(UO回想はいつかまた更新するよ!)


SOL 第一期レギュラーメンバー
1, ゆっきぃ
2, Mendoh
3, UV塗装
4, pansaa
5, whitelamp



当ブログで他人の記事を連載するのは初めて。
あー、これでブログ更新少しサボれる。(検閲)
以下は全てpansaaの筆です。


────────────────────

はじめに


ブログという掲載の場を提供してくれたゆっきぃに感謝しています(はぁと)
今更SF回想かと思いの方もいらっしゃると思いますが、ゆっきぃ、SOLの内側等、
今まで語られることがなかったことを主観的な目線で書いていき、
ゆっきぃが見ていたSFとは別視点からのSFを描いていければと思っています。

最後に、ゆっきぃが刺身であるなら、私はたんぽぽでありたい。


目次

pansaaのSF回想1 〜 出会い 〜
pansaaのSF回想2 〜 もう1つの出会い 〜
pansaaのSF回想3 〜 SOL1次メンバー募集締切 〜
pansaaのSF回想4 〜 再会 〜
pansaaのSF回想5 〜 決着 〜




コメント ( 3 )  SF回想編 / 2010-02-26 11:05:37




ウワサ:『Call of Duty 7』冷戦が舞台。女スパイも。
http://www.kotaku.jp/2010/02/cod7_coldwar.html




シリーズ7作目となるCoD7は冷戦が舞台となる模様。
今年中に発売する予定だとし、開発はTreyarch が進行中。
CoDシリーズは2つの開発チームが交代で製作しており、Infinity Ward がCoD,CoD2,CoD4,MW2を、
TreyarchはCoD3とCoD:WaWを担当していました。

さて、今回の開発のTreyarchといえば、CoD3が大不評のまま終わってしまったことでいまいち期待感がないとするユーザーもいたりして、
若干の不安を感じるユーザーもいるのではないでしょうか。
でもCoD:WaWはシリーズ唯一のキャンペーンモードでのCoopを搭載したタイトルであり、(MW2はCoop専用ミッションのみCoop可能だった。)
そのシステムはなかなか楽しめたり、またキャンペーン自体もそこそこ好評で汚名を返上したような感じもあります。


しかし、今度は冷戦が舞台かー。
CoDシリーズは第二次世界大戦と現代戦で進行してたけど、今作でその時代の間を埋める形となりました。
Treyarchにとっては初の第二次世界大戦以外の舞台。

恐らく史実ベースとなるのだろうけど、しかし一口に冷戦といっても、
1946年の鉄のカーテン演説から1991年のソ連崩壊まで、範囲が広いです。
まあ海外サイトなど各所を見る限りはキューバやベトナム戦争関連が登場したりはするのかな?
と予感させるけど、詳しい情報はまだ出てきていないので一切不明です。


まぁ冷戦と言われて真っ先に思い浮かぶワードといえばベトナム戦争とキューバ危機なので、
この2つのイベントはストーリーに必ずからんできそうな気はする。
特にキューバ危機なんて米ソの全面核戦争が勃発寸前までいった
まさに人類滅亡までの秒読み態勢に突入した事件なので、
物語のクライマックスになりえそうな感じだし。

キューバ危機に関連して、戦闘ミッションとしてCIAによるキューバ政府転覆作戦のピッグス湾事件とかの登場も想像してしまいます。
他には中東戦争などもからめて、MWのように世界各地で発生した事件を登場させる感じになるのかも。

あとはまぁ、冷戦といえば諜報戦・軍拡競争・宇宙開発レース。
なので諜報組織を登場させ、兵器開発者・科学者・政府要人などに対する暗殺・誘拐作戦や、
潜入による機密文書奪取、もしくは敵国内でのサボタージュ作戦など。
そういう類のスニーキング・ミッションも登場するんだろうなー。
スパイ物になりそうだ!


きっと、プロローグはチャーチルの鉄のカーテン演説の映像から始まり、
核開発や世界各地での代理戦争、そして様々な事件を通して米ソの関係が硬化していく様を描き、
とうとうU-2撃墜やキューバ危機で世界の緊張が最高潮に達し盛り上がったところで、
きっとエピローグにベルリンの壁崩壊シーンを流してハッピーエンドだ。
と勝手に妄想。

冷戦という時代背景をごく身近に感じられる世代の人が多いと思うけど、
やっぱり作品の舞台とするならこれだけ魅力的な背景もそうないと思います。


もしも米ソが全面戦争に突入していたならどちらが勝ったのか?
きっとその時はどちらもリングには立っていないでしょう。



コメント ( 8 )  新作情報 / 2010-02-23 19:53:10




HoI3AAR、前回分からの続き。
前回分 → ドイツプレイ(7) - ヴェーゼル演習
全記事一覧 → AAR目次



イギリス軍のマチルダII戦車は重装甲で知られており、ドイツ軍の3.7cm対戦車砲では貫徹することができなかった。
しかし機転を利かせたエルヴィン・ロンメル将軍は、8.8cm高射砲の水平射撃によってこれの撃破に成功した。

イギリス兵捕虜は漏らした。
「対空砲で戦車を撃つのは邪道ですな。」

ドイツ兵は言い返した。
「対空砲でしか撃破できない戦車のほうが邪道だ。」

──ロンメル将軍の副官、シュミット中尉の手記より



スペインが盟邦となったことにより、ジブラルタル海峡は枢軸軍によって閉じられた。
これにより地中海の戦いにおいての優位を確立した枢軸軍は、次なる手として、
連合軍によるアフリカからの南欧上陸作戦の脅威を取り除くべくアフリカ方面軍の創設を決定した。




こうして編成されたエルヴィン・ロンメル将軍を司令としたDAK(ドイツアフリカ軍団=Deutsches Afrikakorps)は、
2個装甲師団と5個歩兵師団から編成され、9月2日よりリビア-エジプトでの作戦行動を開始する。

英軍は最低限の防備兵力しかおらず、3日間の攻防戦の末に10月6日、エジプトの重要都市アレキサンドリアを攻略。
アレキサンドリアには北アフリカでも随一の港湾施設と空港があり、
海軍と空軍の支援を厚くする上でこの拠点を奪えた意味は大きい。
地中海では英海軍空母艦隊の活動が活発であり、その艦載機によって頭上を押さえられた状態だったからだ。
今後はクレタ島に加えてアレキサンドリアの空港からも戦闘機を発進できるようになり、航空優勢をものにすることができるだろう。


ロンメル将軍は砂漠での戦いをよく理解していた。
砂漠は大海と同じで、遮蔽物もなく見晴らしが良く、空からの襲撃に対して脆弱である。
軍港以外の拠点を取ることに意味はなく、いくら防備されていても簡単に迂回することができた。
そして砂の大地を占領してもなんの戦術的アドバンテージも存在しない。
このような戦いの中では、拠点を占領することよりも敵部隊の殲滅に重きをおくことである。

このような考えから、10月13日、ロンメル将軍は機動戦力による迅速な迂回・包囲作戦、ピラミッデ作戦 を実行する。




機動戦力による迂回でナイル川流域に篭る英軍部隊を拘束・包囲下に置きながら、
そのまま迂回部隊はスエズ運河を渡ってシナイ半島へ雪崩れ込む。
これにより戦争は中東へも飛び火していくことになる。

ナイル川流域での戦闘は沖合からの英空母より発艦した艦載機による空襲が激しく、
一時は攻撃部隊が足止めを食うも、クレタ島より発進したスツーカ攻撃隊が空母艦隊を攻撃。
これにより艦載機を引きつけた上で、英軍2個師団の一斉降伏を以て、10月20日に完全にナイル川流域は制圧された。




エジプト北部のイギリス軍が殲滅されたことにより、ロンメル将軍率いるDAKはシナイ半島・中東攻略作戦を本格化させる。
アフリカでの戦いは、リビア-エジプトから、パレスチナ-ヨルダン-シリア-イラクへと舞台を移していく。
またこの一連の戦いでの功績から、10月25日付でロンメル将軍は上級大将へ昇進され、
その驚異的な戦功から英独両軍から「砂漠の狐」とあだ名された。


DAKが北アフリカ-中東で快進撃を続けている頃、北欧の戦いでは・・・




10月8日に第二次ノルウェー上陸作戦が開始される。
前回は「クイーン・エリザベス」艦隊に妨害され、敵戦艦を撃沈するも上陸部隊が海に沈められるという痛み分けに終わったが、
今回も作戦実施を嗅ぎつけた英艦隊が迎撃に出てきたのだ。

戦艦「ウォースパイト」を中心とした艦隊であり、空母「アドラー」やビスマルク級戦艦2隻により敵の重巡2隻と駆逐艦3個戦隊を撃沈せしめるも、
またもや護衛されていた輸送艦が撃沈され第3海軍歩兵師団 が海の藻屑と消えた。
しかも戦艦「ウォースパイト」には逃げられ・・・
第一次世界大戦に従軍した「ウォースパイト」は「オールド・レディ」の異名を持つ老朽艦だが、
高速戦艦として設計されたその速力はまだまだ健在らしい。


輸送艦1個が沈められたとはいえ、他の上陸部隊が生き残っており、第一段階で1個師団が、
その後の輸送により合計5個師団がノルウェーへの上陸を果たした。

しかし・・・これで創設された上陸戦専門部隊である海軍歩兵師団3個の内2個が消滅させられ、
また度重なる消耗により、輸送艦部隊もわずかにしか残っていない。
これらの上陸戦力でブリテン島上陸作戦であるあしか作戦 を決行するのは自殺行為だ。

時間はかかるが、やむをえない。
十分に再編成と補充が完了するまであしか作戦は延期せざるを得ない。
これにより、ヒトラー総統は10月14日付の総統指令の中で、当面のあしか作戦の断念と延期を全軍に発表した。


前のレポートへAAR目次へ次のレポートへ




コメント ( 0 )  HoI3 / 2010-02-22 14:36:13


« 前ページ