愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




本日3月13日は、Titanfallの発売日。
ってことでさっそくクラン員のtoppo,Imoutupと朝っぱらからプレイしてきました。

ゲーム内容についてはベータ版の記事があるのでそちらを参照!
→ Titanfallのβテストをプレイしてきた!




このゲームはフリーランニングにより走るだけでも楽しいし、
他にもFPS初心者であっても楽しめる工夫があるが、今回は製品版ということで、
武装やMAPのバリエーションが増えていっそう面白くなってきた。

さーて今日からプレイするぞと意気込んでプレイ。
始めはうまくずっと無敗のままだったので
プレイヤーカードを見ると勝率100%という輝かしい記録であったが、
10戦ぐらいしたところで初の敗北を喫してしまった。
しかしその後もしばらくはまた連勝し続けたので勝率97%とかそんな感じに。

くっそう、100戦100勝、勝率100%のプレイヤーカードが完成したらブログに上げようと思ったのに。
その野望は既にくじかれてます。
ずっと同じチームにいた外人に「yukkyはオールラウンダーだね、お前がこっちにいる限り勝てるぜ!」と誉められて
フレンド送ってもらったのが嬉しかった。




キャンペーンモードについては、シングルとマルチの境目がないようにするとか、
今までにはない形態をとるということでも話題だった本作だけども、
実際のところキャンペーンモードもマルチ対戦であった。

つまり帝国軍サイドと民兵サイドの両方のストーリーがあり、
プレイヤーはどちらかのサイドのストーリーを進め、
条件に合うチーム・ステージの人同士がマッチングして協力したり対戦したり。

ただこれについては本当にそれだけの話で、
うまく話が分岐したり勝敗で展開が変わったりすれば相当面白くなりそうだったが、
本作では基礎的な部分を作ったという感じなのかな。

もっとこの形態を拡張していけばあらゆる可能性が生まれるとみたが、
なんにせよ本作のキャンペーンモードはプレイしてる感じは普通の対戦とあまり変わりない。
セリフやストーリーはたくさん流れるけども戦闘に忙しくてほとんど見れないし。
雰囲気はあるけどね、今後の発展に期待かな。


ただ面白い対戦FPSに餓えてる人は買いだろう。
話題作だがそれだけの面白さがある。






今日、Titanfallをプレイしていると、ある名前を見かけた。




DustelBox、ってBFシリーズで有名な人じゃなかったっけ。
ニコニコ動画でBF4動画を見たことあるぞ。
これはこれは偶然。

偽物かとも思ったが、しばらく一緒に戦ってると上手い、本物であると断定。
ラウンド開始直後のスタートダッシュパルクールがめっちゃ速え。
誰よりも早く真ん中の拠点にいた!

フリーランニングで移動の自由度が高い本作は、
工夫次第でスピードに大きな差が出ることを学んだ。




まあ俺の方が上手いけどね!
ラウンド終了後のスコアで勝ってたことに満足。
この後クラン員のImoutupもスコアで彼を抜かし、
「俺のほうがうめえ!」とか同じようなこと言ってた。
本人も知らないうちに競われて良い迷惑だったことだろう。

せっかくなので敵として戦ってみたかったが、
ずっと味方のままだったので残念。




現在Titanfallには3つのゲームモードがあり、どれも楽しいと思ったが、
一番燃えるのはCoDシリーズでもお馴染みのドミネーションだね。
やはり占領戦は戦術的である。

それも強いチームを相手に戦うのが良い。
今日はフレンド同士で固定パーティ組んでる連中と当たり、始めは負けてたが
努力の末に100ポイント差を覆して逆転勝利といった局面があってアドレナリン出まくった!
ずっとドミネーションやってたCoD:MW2のときのクラン活動を思い出す。


テスト期間は20日までだっけ。
それから発売までプレイできないのは寂しく感じる!






Titanfallのベータに受かったのでプレイしてきた!
Call of DutyのMW1,2とか一番良い時期を作ってたチームが
会社で揉めて独立して開発したタイトルで、
CoDの生みの親が作り出すのはどういうゲームかと話題になっていた。




SFの世界観になったといえどやはりミリタリーテイストで、
宇宙船やロボットが出てくるがレーザー銃などは今のところなく、
実弾兵器と多少のシールド、光学迷彩といった感じの武装。

ベータテストでプレイしたマルチ対戦では、
ロボットと歩兵が入り混じる戦いを体験できた。


ロボットはタイタンと言い、装甲と火力に長ける戦車のようなもの。
歩兵はブースターによる二段ジャンプや壁走りと軽快な動きができ、
建物から建物へ飛び移ったり屋内に隠れたりして小回りが利く。

タイタンは強力だがうかつに単騎行動しては歩兵に狩られてしまう。
なので随伴歩兵と協力し、また歩兵もタイタンの火力と装甲を盾にして、
互いの短所を補い合って歩戦共同を心がけるべきなのも現実の戦車と同じである。

歩兵がビュンビュン飛び回るのでそこらのミリタリーFPSとはまた違った歩兵戦技術が要求される。
反応の早さやAIMの正確性だ。
立ち回りも壁を後ろにしたからといって安心できない。
フリーランニング的に乗り越えられる壁や建物が多いので、
脳内に描くルートはリアル系FPSとはまた違った発想が必要となる。




プレイしてみた感じ、個人的にはタイタンよりも歩兵のほうが適正あるようだ。
ただタイタンで活躍できないわけでもなく、たまに調子良いときは敵タイタンを2体、3体と連続撃破することもある。
「墜ちろ蚊とんぼ!」とか言って、気分的にはニュータイプ。

歩兵の視点からタイタン同士の戦いを眺めるとド迫力!
怪獣同士が戦ってるようで、支援しようとうかつに近づくと轢き殺されたりも。


プレイは6on6で、それに大量のAI兵士が入り混じる感じ。
なので対戦人数以上に戦場は賑やかな様相だが、
6on6が通常ということは恐らくクラン戦のバランスを第一に考えてるのかな。
開発者としては対戦人数の多さが楽しさには直結しないという発想らしく、BFシリーズの対極にある。
でもプレイしてみた感じ確かに面白い。




さりとて、やはり大人数で遊んでみたいという気持ちもある。
もっと多くの兵士が入り乱れ、そしてタイタンと共に進軍し、
広大な平野で合戦してみたいのは・・・単なるガンダムファンの発想か。

ただ現状プレイしてみても小難しいこともなく面白いし、
製品版になればたくさんの武装などカスタマイズ要素が実装されると考えれば、
今後にも期待できる。
フリーランニングで爽快感があるおかげか、動き回るほうが楽しいので、
他のFPSよりもキャンパーが少なく感じるのも良い点かな。
FPS初心者にもおすすめできるタイトルだと思う。

PC版の発売日は3月13日である。






BF4で初の拡張パック、チャイナ・ライジングが出たのでプレイ。
4つのMAPと兵器を追加するもので、その名の通り、
MAPは中国が舞台となっている。




今回追加されたMAPはどれも広大だ。
1つは歩兵戦が主体だが、その他3MAPではどれもその広大さから機動戦力が重要となっており、
特にシルクロードはBF1942のアバディーンを彷彿とさせる戦車戦MAPとなっている。

どのMAPも基本的には面白い良作で、まだまだみんなの動きは洗練されてないが、
もっとこなれればさらに面白さが引き出されるに違いない。




チャイナ・ライジングで爆撃機が追加され、
米軍側にはB-1が、中国軍側にはH-6が登場する。
うーむ、B-1じゃなくB-52だったら面白かったのに。
今現在の防空識別圏問題でタイムリーだったのにね!

俺自身はまだ爆撃機を試してないが、想像したような絨毯爆撃をするようなものではなく、
見た感じはスマート爆弾か対地ミサイルを発射する感じの武装に見えた。
うーむ、残念。

BF1942に登場したB-17のように絨毯爆撃ができれば、
建物破壊システムと併せて絶対にドハデで楽しくなったろうに、
まあゲームバランスを優先したということか。




雄大な自然が残る桂林MAPの景色は見応えがある。
世界遺産となっている山々の眺めも良いし、
また自然が鬱蒼としてるので場面によってはベトナム戦争のような雰囲気がある。




この桂林である小集落を攻撃するとき、「横に広がって囲んで攻撃しろ!」とか指示しながら近づく。
すると集落内の建物に敵兵が立て篭もり応戦してきたので、「建物内に敵兵!」と短く合図すると、
クラン員のImoutup「了解、あの建物か!よーしふっ飛ばしてやるぜ!!」と対戦車ミサイルをぶっ放した。

当然建物の壁は崩れ、中にいる敵兵もその衝撃で死に、その成功に気をよくしたのかImoutupは・・・
「よっしゃ!あそこにある建物を全部ぶっ壊してやるぜ!ここには死体しか残らねえ!!」とノリノリでミサイルを撃ちまくる。

次第に敵を一掃し制圧完了、そして次はこの集落奪還を目論む敵軍の反攻作戦に対応しなければならないが・・・
案の定、隣の拠点から敵軍が迫ってきたので防衛戦闘の指示を出すと、
Imoutupが「やべえ、建物が無くて隠れるとこがねえ!」とか言い出した。
いやいや、遮蔽物になるはずだったものは君がついさっき全て破壊したのだよ。

これだから脳筋は!!






いやあ、ナチュラルに自分がブログやってること忘れてた。
更新滞ってましたゆっきぃです。
ただいま。

この間BF4をプレイしてて、移動するときにクラン員のImoutup
「俺いまヘリ乗ってるから迎えにいくよー」
と、頭上まで来てくれたので見上げたところ・・・




うおお、超かっけえ!
ヘリの下部にって文字が!!
BF4ではオリジナルエンブレムを作成することができ、
それは銃や兵器にも投影されることになるので、
彼はこれをエンブレムに設定しているのでヘリにも表示されてた。

しかもこのエンブレム、決まった形や記号しかないので、
それらを組み合わせてこの漢字を作り上げたということになり、
ただ文字を書くだけならともかく、この漢字の上手さはタダゴトではない。
2時間かけたんだそうな・・・。


ただこれだけ漢字が達筆なので間違ってしまうが、過去にも何度か書いた通り、
実は彼は南アフリカ共和国生まれのれっきとしたアフリカ人なのだ。
参照記事 → その男、危険につき

なので暗闇に溶け込まれたら見分けがつきにくいし、
当然日本語が不自由なときもあり・・・
この間なんて、ImoutupがBF4を先にプレイしていたのでそれに合流しようとしたところ、

ゆっきぃ 「おー、俺も今から妹さんのサーバーに入るよ。」
Imoutup 「ん?俺サーバーなんて立ててないけど?」
ゆっきぃ 「あー・・・ごめん、正確には"妹さんが今入ってるサーバーに"入るよ。」
Imoutup 「ああ、おk」
ゆっきぃ (めんどくせーなー・・・)


なんていう一幕も。(実話)
正しい日本語を使わないと細かいニュアンスが伝わらなかったりもするのだ。
もしくはわかっててただの嫌味だったりとかね!




こんなかんじで[KDK]メンバーで分隊組んで遊んでる時もあります。
見かけたらよろしく!




« 前ページ