愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




ギルドPartiZan
昨夜の第三次ギルド集会は、ギルド活動として、
大規模人数でのPKとギルド内演習をしました。




本日の参加人数は30名
5人単位ずつで6個分隊を編成し、3個分隊ずつで第1小隊・第2小隊に分割した。

第1小隊長及び総指揮官は俺、yukky
第2小隊長はtoppoに委任。

敵対ギルドなどの脅威に備え、いつでも合流できるよう近場で密な連絡は取り合いつつも、
この日は小隊ごとにほぼ別行動で、多くの対象を捜索し殺すことを重視する作戦を採った。

では、状況開始。




まずはいつも通り、Lv42のID前を制圧。
第1小隊を1chに、第2小隊を2chに振り分け、複数のチャンネルを同時に制圧。
その後、さらに小隊内にいる3個分隊をそれぞれ分散させ、
このダンジョン内の他の場所にいる狩りPTを全て殺し回る。

合計6個分隊、30名が分散して1chと2chでダンジョン内をくまなく探して殺しまわるという、
完全なサーチアンドデストロイ作戦で、ダンジョン内からプレイヤーを完全に一掃する。
殲滅したところで次の狩場へ。




次はパンノニア領で、広大な範囲で一般狩りPTを捜索する。
ここも小隊ごとに1chと2chでそれぞれ活動し、第2小隊の行動はtoppoに完全に委任した。

我が第1小隊は、A,B,C分隊をさらに分散させ、A分隊とB分隊を北から左右のルートに、
C分隊を南から北上させ、広域を効率良く搜索し獲物を逃さない作戦を採る。
殺しながらそれぞれのルートを周り、MAP中央辺りで3分隊ともに合流。

その後はまとまってダゴンの神殿というダンジョンへ。
ここは人が多く、なかなかよく殺せた。
報告によると第2小隊のほうもそこそこ獲物を殺せたようで。
戦果は上々かな。


本日のPK活動は、前回 のような大規模PKギルドによる襲撃もなく。
そこそこVigorとか、他の大手ギルドも殺したんだけどね、捕捉されないように動いたのもあるけど、
たぶん追跡されてる気配もなかったので、反撃の脅威はなかったかな。




その後はコールドロックという雪原地方で、ギルド内演習。
第1小隊(15名)と第2小隊(15名)の編成のまま、小隊同士で交戦する。

今回の演習が特殊だったのは、グループ決闘を用いずに普通にPK印章を用いた点。
グループ決闘は参加人数が20名までだし、それに敵と味方の位置が近すぎて混戦状態での開始となる。

反して今回の方法は、コールドロック地方全域を使った演習で、
捜索から始まってPK宣言を行って交戦開始することにより、
行軍>捜索>PK宣言>戦闘開始
の実戦と全く同じ流れが全て練習できるという利点がある。
今回の演習は、指揮と小隊行動の良い経験値となるだろう。


てきとーに行軍し、陣形の練習とかをやるも、なかなか敵と遭遇しない。
そのうちに、戦域が広大な為、本隊は一箇所にとどまらせ、偵察員を3名繰り出しての捜索開始。
途中で偵察員から「敵の斥候を発見!」などの報告があるも、敵本隊は取り逃がしてしまう。
今回は範囲が広域すぎたのでもう少し絞っても良いかな。
お互いの本隊同士が接触したのは、演習開始から18分が経過した頃だった。




本隊同士が接触、交戦開始。
敵である第2小隊の本隊は常に高所に陣取っており、周囲を見渡せる配置にいた。
しかしこちらがあまりに麓から接近した為、敵は奇襲を受けたものと感じたようだ。
しかしこっちとしても丘を登った先にいきなり第2小隊がいるとは思っておらず、
お互いにとって予期せぬタイミングでの交戦開始となった。

そのせいもあってか、俺が指揮下分隊にPK宣言をしてしまうという致命的ミスを犯し、その上で敗北。
くそー、ポカした!
しかし今回のような実戦的な演習は、実戦で行われる全ての行程が練習でき、
ギルドメンバーからも「緊張感があってよかった。」などの声があり、
なかなか効果を実感できたのでこれからも機会を作っていきたい。
時間がかかるのがネックだけど、交戦域を絞るなどで今後は改善していけるかな。




演習中の一幕。
第2小隊のほうで斥候に出ていたらしいギルドメンバーのtatuくんが、
なんとSkypeでのギルドチャットのほうで偵察報告をしてしまった。

これが我々にとって、敵軍の位置予測に役立ったことは言うまでもない。
直接的な影響はなかったけども。
おちゃめなやつめ。


コメント ( 18 )  TERA / 2011-08-29 20:27:06




今年の2月からもう7ヶ月近くも続いている、リビア内戦について。
過去に書いたリビア内戦記事はこちら↓
リビアで戦争勃発
リビアの戦争、カダフィ軍の大反攻





リビア内戦でドイツ製のG36突撃銃を構えた反政府軍。
この他にもF2000やP90など、多種多様な銃器が散見され、
このような高級銃のほとんどはカダフィ軍からの鹵獲品だという。


リビア内戦では状況が大きく動いている。
当初、限定的空爆のみの介入とされていたNATO軍だが、
イギリス陸軍特殊部隊SASやフランス陸軍外人部隊、
そしてカタール軍などが投入されているのが確認されたとのこと。

国連決議を無視した地上戦力の派兵は物議をかもすことになるか、
それとも戦争の早期終結の為には致し方なしとみられるか。

北アフリカという砂漠の戦いでの特性上、砂漠というのは見晴らしが良いので、
NATO軍による空爆はカダフィ軍部隊の戦術的機動を著しく困難にし大きな成果を挙げていた。
しかしそれでも、空爆だけでは戦争は終わらないことは過去記事でも書いた。
肝心の反政府軍のほとんどが民兵で、組織も練度もまとまりもなかったので。


それが今回、とうとう先進各国軍の地上兵力が投入され、
またSASなどは現地民兵の指導にもあたっている模様。
これはカダフィ軍にとっての戦術的勝利を著しく困難にさせると思われたが、
しかしそれでも、戦闘が続く首都トリポリ市内などではカダフィ軍が一部反攻戦に出たりして、
激しい抵抗を示しており、反政府軍は首都全域を掌握できずにいる。


首都トリポリは包囲下にあり、また周辺都市からの援軍も阻止されている状況下で、
カダフィ軍は何を目指して抵抗を続けるのか。
勝利する目標があるのか、それとも文字通り決死隊の覚悟か。
いずれにせよまだまだ士気旺盛に思え、軍服を脱ぎ捨て民間人になりすましてのゲリラ戦などを展開している模様。
そのおかげで反政府軍も誰が敵かわからず、同士討ちが発生しているとのニュースもあり、
この泥沼の市街戦はまだ数日中にすぐとは収束しないのかもしれない。


そんな首都トリポリでの戦闘の様子がこちらの動画↓


リビア首都郊外で激しい戦闘



反政府軍がアパートを取り囲み、銃火を浴びせている。
テクニカルに載せた、ZU-23mm対空機関砲による制圧射撃から始まり、
車載した106mm無反動砲を上に向けて撃った為にバックブラストで車体後部が吹っ飛ぶシーン、
RPG-7やAK-47を撃ちまくるシーンなど。

見ての通り、一般人が武装しただけの民兵が多い。
陸戦協定上では、私服の戦闘員は正規戦闘員とみなされず、
よって私服の捕虜に対してはジュネーヴ協定などを適用せずに即射殺しても良いことになっている。
こんなに格好がバラバラでは、カダフィ軍に付け入られるのも納得といったところ。


トリポリの他の都市でも各地で戦闘が展開されているようで、
このままいくとリビア内戦は来年にもつれ込みそうである。
その場合、ただでさえ財政難から手を引くNATO加盟国が続出しているので、
特に力を入れているイギリスやフランスには不利な情勢となっていくだろう。
カダフィ軍はそれまで粘るつもりなのかもしれない。

それを阻止する為にも、英仏はこれから一層力を入れて特殊部隊以外にも大規模に派兵したりするかもしれないが、
世論が許すのかどうか、今後の展開はどうなることやら。
いずれにせよ戦争の早期終結を望むところである。
原油価格も上がりっぱなしだし。


コメント ( 5 )  軍事ネタ / 2011-08-27 20:53:54




またしても書くのが遅れた。
いや、忙しいんだよ!


この間の日曜日、我がギルドPartiZan初のPK集会を行いました。
ギルドとして初の軍事行動。
ってことでギルメンに集合をかける。




集合場所、またもアーマンのダンスユニット、アマザイルがいた。
毎回思うけど、これは一体誰が音頭をとって始まるんだろうか・・・。

ちなみにこのアマザイル、主には、

"モンゴル帰りの男(実話)" Jakigann
"モンゴル人の嫁を持つ男(実話)" AkAina
"モンゴルに行ってみたい男(真偽不明)" TOTO
"南アフリカ生まれの男(実話)" imoutup


らで構成されているようです。
すごいメンバーだ・・・。
Zisasiとか日本人もいるようだけど。
いや、彼も素性を詳しく知れば普通の日本人ではないのかもしれない。




出撃開始。
人数が多いので馬の数がすごいことになってる。
この日の出撃人数は34名

人数が多い為、1分隊4~5名構成で7個分隊に分け、
それぞれをA,B,C,D,E,F,G分隊と呼称する。
また必要あれば部隊を分割し、第1小隊・第2小隊として別行動する場面もあり。

パンドラサーガの時は分隊の呼称は第1,2,3,4分隊と数字式だったけども、
今回からアルファベットに変えたのは、小隊のほうも数字なので指揮時に混同を防ぐ為。
ギルド規模が大きくなったので、小隊行動場面も増えることを見越しての措置。

あとボイスチャット指揮をすることになった場合は、
Alfa, Bravo, Charlie, Delta, Echo, Fox, Golfと単語で発音することにより、
聞き間違えを防げるという、現実のフォネティックコードそのままの意味もある。


またギルドカラーを統一。
全員の装備を赤色に染色しての出撃。
ゲーム開始前は黒を想定していて、ギルドエンブレムもそのつもりで制定したのだけど、
このゲームでは黒への染色ができなかった。
これからは我がPartiZanはこの赤色を制服としてやっていきます。
UO時代も赤色が制服だったので、原点回帰。




Lv42辺りのID(インスタンス・ダンジョン)の死霊研究所前へ。
この辺りの狩場は人が多く、ID入りの人たちがたくさん溜まっている。
34人もの人数で攻撃し、たちまちに制圧完了。

さすがにいきなりのPKの群れ、30人以上の赤い波に晒されては一溜りもないかな。
あっという間に殲滅といった具合。




34名が一箇所に留まっても非効率的との判断から、途中からは部隊を2個小隊に分割し、
A,B,C,G分隊で第1小隊(19名)、D,E,F分隊で第2小隊(15名)とし、
この2個の小隊で別行動を取って1chと2ch両方を制圧したりと、しばらく殺し回る。

途中で第2小隊F分隊長の実験ちゃんから「F分隊壊滅。隣の部屋の制圧願う。」との要請があり、我が第1小隊も応援に向かったりと。
どうやら追撃しすぎて小隊から孤立してしまい、敵の逆襲に遭ったようで。
この時のF分隊の救出は達成されたものの、別の機会にかなりの規模の敵の反撃に遭い一度壊滅したりもした。

小隊を分けての2部隊行動は、索敵範囲が広がる為にたくさん人を殺すだけなら効率的だが、
単純に戦力を2分割する為に、一定規模の反撃に遭うと部隊の抗堪性に欠けるという欠点が浮き彫りに。
サーチ・アンド・デストロイ偏重の型といえるだろう。

時と場合を見て行わなければなるまい。
遊撃やゲリラ作戦を行う場合はともかく、今回のような一箇所に留まって制圧し続けるような作戦では、
これからは部隊の分割は避けなければ。




途中でVigorギルドの幾夫というランサーが現れる。
Vigorは300人という大規模さで有名なギルドで、廃人具合にも定評があるらしく、
この幾夫もカンストしていて既にLv58だ。

この時点で我がPartiZanにカンストメンバーはいなく、
PK出撃しているメンバーの大半が45以下だったことを考えると、
彼らのレベリング速度は常軌を逸しているといえるだろう。

そのレベル差の為か、さらに相手はランサーで硬さをウリにしているクラスな為か、とにかく硬い硬い。
「全火力を集中しろ!」と麾下部隊に通達し、第1小隊19人全員でかかって数分がかりでやっと殺せる有様で、
その硬さといったら、まるでボスキャラと戦っているかのような具合だった。
例えるならKV-1やマチルダII戦車のような規格外の重装甲さである。
結局数の暴力で押し切ったけども。


しかしその後、怒ったのかVigorが4,5人ぐらいかな、とにかく1PT規模で出現。
その内のほとんどが、あるいは全員が、Lv58という廃人部隊であったらしく、
その性能差たるや、ほとんど豆戦車で現代MBTに立ち向かうようなものである。
その戦いっぷりといったら、ティーガー戦車1輌に27輌もの英機甲師団の戦闘車輌がやられたヴィレル・ボカージュや、
ガンダム擁するホワイトベース隊に3分間で12機のリック・ドムが殲滅されたコンスコン隊を想起させるものであった。

「もっと弾幕を張れ、薄いぞ!」と号令をかけるも、実は味方へのPK宣言の誤射が多く、
この時も相互に味方同士で攻撃が当たる状態であったので、
思うように全火力を集中することもできなかった。
その中にVigor部隊がつっこんできたわけである。




こんな有様!
Lv58のVigorメンバーの攻撃の一振りで、2,3人が薙ぎ倒されていくというkillログ。
それだけ、このゲームにおけるレベル差は絶対ということだ。
もはや数の話ではない、レベルが10離れると別次元の性能となってしまうのだ。

ハンター×ハンターでウヴォーギンを相手にしたマフィアたちの気持ちが味わえた。
人間を紙くずみたいにちぎってやがる・・・。
メンバーの誰かが、三国無双に於ける雑兵の気持ちと表現していたが、的確だった。

我が第1小隊が壊滅した時点で、第2小隊はVigorとはまだ接触していなかったので、
第2小隊に対して完全撤退の命令を出す。
今作戦は終了である。


とりあえず今日の教訓として、想像以上にレベルは絶対的な差となるので上げることが必要不可欠ということと、
あと味方への誤射が多すぎてまだまだ話にならない。
Vigor戦だって、全部隊員が遠慮なしに火力をぶっぱなせたなら、数の暴力で話はまた違っていたかもしれない。
いや、それでも何ともならなさそうな絶望的なキャラ性能差ではあったけども。

とりあえず今回、味方へのPK宣言を行った、もしくは味方と気づかずに殺害するまで至ってしまったメンバー、
他にもいるかもしれないが、俺が確認しただけでyukky moja 鷹 Tomatonらは今後一層気を付けなければいけない。
自分の名前が入っているのはご愛嬌。


コメント ( 8 )  TERA / 2011-08-24 20:29:11




更新が遅れたけど、
この間の日曜日、我がPartiZanで、
第一次集会なるものを実施しました。

メンバー同士の顔合わせ、集団模擬戦の実施、
ほか様々な話し合いや確認など。

あと一番下にギルメン向け発表があります。




帰省シーズンとかぶっており、事実、
事前から帰省なので出席できないという連絡が相次いでいたので、
まあ20人ほど集まれば良い方かなーと思っていたのだけど、
なんと当日は最初は35人、後に38人もの人数が集まってくれた。

意外と集合してくれたなー、ありがたい。




なんか対面したギルメンの種族アーマン部隊が、
3人縦に並んでくるくる回っていた。
何かと聞くと、「アマザイル」というユニットを結成したんだという。
アーマントレインなのだという。

・・・うん、良かったね。




大人数が入り乱れての集団戦を行うことにより、
ヴェリカ近郊にある高地の上は、さながら合戦場のように。

まあやっぱり、実際にやってみて、
難しいことや上手くいかないことが感触としてわかったので、
まだまだこういう定期的な実践訓練というのは必要だろうね。




あとは焚き火を囲んで、高地から景色でも眺めつつ、
深夜までそれぞれのテクニックやスキルについて語り合ったり、
1on1したり。

クラン員の中ではimoutup実験ちゃんAkainaの3人が一番注目を浴びてたかな。
それぞれ突出していた。

imoutupはランサーなのでその硬さが集団戦の脅威であり、
Akainaはスレイヤーなのに装備で物凄く硬く、攻撃力もあり、
戦術的に特火点として機能していたような。
そして実験ちゃんはエレメンタリストでテクニシャンであり、
特に紋章併用によるテレポート連打の機動力は圧倒的で、
集団で追いかけても捕まえ切れない為、生残性はピカイチだった。




あとギルメン向け発表。
我がギルドにはかねてより同盟ギルドが存在しましたが、
此度、同盟ギルドのほうで内紛が勃発し、
一部メンバーが(7~10名単位)当ギルドに移籍するという結果に帰着しました。

この件を以て当該ギルドとの同盟関係は解消、
現在のところ、協力関係にあるギルドは皆無ということで、
PK活動などをするときは文字通り一切の無制限に行うものとします。


コメント ( 3 )  TERA / 2011-08-18 09:33:54







ある日、一人でレベルを上げていると、ギルドメンバーのnipateaが通りがかる。
彼はリアル系戦争FPSのRed Orchestraからついてきたメンバーで、
あっちの世界では主に対戦車手への装填手として活躍していた。
要するに地味役である。

俺は彼を呼び止め、
「ちょいちょい。nipaくん。」
「はい?」
「男の戦い方を教えてやるから、見てろ。」


と言いながらmobを5,6体トレインし、華麗なるフットワークと範囲魔法で殲滅してみせる。
範囲魔法で複数に対する火力があるソーサラー特有の戦い方かもしれない。
それを見てnipaはお世辞じみた「お~」と感嘆の声を上げる。

「次、キミの番。」
「えっ。」




「やれ。」

「イエッサー!」

上官の命令は絶対である。
どんな理不尽なものであっても。
軍事系FPSから来た彼にはそれが染み付いている。

まあ普段はM4戦車やクロムウェル戦車相手に戦っている対戦車手への装填手という、
地味役ながらも重要な役割を担っている彼だ。
戦車に比べればこんなファンタジー世界のmobぐらい、どうってことはない。
やつらの人間を血霧と霧散させる76.2mm砲に比べれば、大した威力を持たないはずなのだ。


nipaはアーチャーなので、後退しながら射撃するフットワークが大事だ。
やつらを撃ち、引き、撃ち、引きと・・・。
敵の数が多いので、そのうち、1匹を撃っている間に別のやつに追いつかれ、殴られ始めた。
しかもそれが続くと、とうとうこかされ、囲まれ始める。
捕まったか・・・。




まぁ、ここの景色はどことなくドイツ南部に似ている。
彼もこの新緑の大地で眠れれば満足だろう。
勇敢に戦い切った兵士はヴァルハラに行ける。




街に帰ったら、ギルメンのimoutupと1on1で戦う。
imoutupはランサーで、Lvも高く、恐らく1on1ならギルド内で最強に近い男じゃないだろうか。

実際に戦ってみると、やはり大きい魔法は全て盾で弾かれる。
小さい魔法をコツコツと、相手が攻撃に転じる際に上手くタイミングを合わせてカウンターで入れたりして、それでも削りきれず。
彼に捕まればランサーといえど一撃が重く、俺が秒殺される展開もあったが、
逆にフットワークでかき乱せばそこそこ良い勝負で長期戦にもつれ込むこともあった。

盾での防御は前面だけという特徴から、テレポートで相手の後ろに瞬時に回り込み魔法を撃つ技も開発したが、
それでも防御力の高さから削り切れることはなかった。




ギルメン向け告知。
8月14日の日曜日22時より、我がPartiZanの第一次集会を行います。
目的はメンバー同士の顔合わせと交流、そして集団の模擬戦を行い、
PvPにおける各クラスの役割の策定と、またPvPの感覚を掴む訓練的意図もあり、
その他今後についての話し合いもしたいと思います。

参加できるメンバーは全員参加で、よろしく!


コメント ( 11 )  TERA / 2011-08-11 22:06:15


« 前ページ