愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




いまから冬にかけて、買おうと思っているXBOX360ソフトの発売ラインナップ。


Brothers in Arms: Hell's highway(10月30日発売)
Far Cry 2(11月27日発売)
Fallout 3(12月4日発売)
Mirror's Edge(12月11日発売)
Fable 2(12月18日発売)



やばいじゃん。
ちょっとやばいじゃん。
出すぎじゃん。
良作っぽいの出すぎ。
なんていうか、XBOX360本気出しすぎじゃん。
年末商戦ってやつ?冬季大攻勢?
なんていうか、ラインの守りを仕掛けられた気分。
Nuts!!

いやまぁ、こんなに色々短期間に出されると、全部を一気に買うというわけにもいかなくなった。
発売日に全部入手しても、いくつかはプレイできずに積みゲーになるだけだとおもうし。
というわけで、いくらか優先順位を設けねば。

とりあえずもう、BiAとFarcry2までは一ヶ月ほどあいてるので、BiAは明日フラゲしてこようと思う。
問題はその後の4作であり、最優先すべきは自分的にはFarcry2とFabel2である。
Fallout3も惜しいが、まぁこれはいずれ落ち着いたときに買うとして・・・
Mirror'sEdgeはもう評判を見て買うことにしようかな。 おもしろそうなんだけどな。


俺だからこの5作で済んでるが、他のXBOX360ユーザーはもっと大変そうである。
なにせ、他にもまだまだ大作といえるソフトは群を成しこの時期に一気に放出されるのであり、
自分的に興味があるのがこの5作に絞られただけである。
RPG好きはラストレムナントを買うだろうし、戦争ゲーム好きはマーセナリーズ2を買うかもしれない。
俺はマーセナリーズシリーズはあまり合わないタイプなので買わないけど。

また、欠かせないのは、Grand Theft Auto IVと、Saints Row 2の日本語版もこの時期に出るということ。
両作とも大作であり、期待作であり、大部分のXBOX360ユーザーは目を見張っているはずである。
まぁ俺はこういった犯罪ゲームは好きではないので、やっぱり見送らせてもらうけども。

好きではないというのは、別に倫理的な問題じゃなく、なんていうか、"弱い"。
一応軍事好きで何年もやってるので、戦争の記録映像などでバラバラ死体などを見てもなんとも思わない。
けど、違法な犯罪動画などで人が撃たれたり殺されたりしてるのをみると、すごく弱い、気持ち悪くなる。
意外にも、戦争関連以外だと、グロ画像とかに弱い人なんだと思う。
ということで、GTA IVも知人にすすめられて英語版をXBOX360でプレイしたことがあったけども、
そんときもこの犯罪アクションゲームは受け入れられずに、しかもその日の夢に出たりして、
1日でプレイを終了していたりします。


まー、XBOX360はソフトラインナップがすごく充実してますね。
上で挙げた全てのゲームはシングルプレイを目的に購入予定であり、オンライン要素には一切の期待もかけていません。
現在XBOX360でプレイしているオンラインゲームは、Battlefield: Bad Companyのみ。
パンドラサーガのクラン員と2人でずっとプレイしてるのだけど、全然プレイ仲間が増えません。
XBOX360は楽しいのに、絶対に買って損しないハードなのに!

他ハード、スカイクロラが発売されたWiiにはもう、いまのところ俺にとっての注目作はないかな。
PSPにも特別、注目するようなソフトはいまのところはなし。
エースコンバット7はどのハードで出るんだろうか。
XBOX360だったらいいのだけど、もしPS3とかで発表されてしまったら、俺はPS3を迷うことなく買ってしまうでしょう。
まぁないだろうけど・・・。



コメント ( 8 )  日常の駄文 / 2008-10-29 04:31:53




パンドラサーガ。


前回の記事で書いた25人出撃の動画をアップしました。
この日も元CatsEye(現LittleGarden)と合同で出撃していました。
ニコニコに出撃動画をアップするのは一ヶ月半以上ぶり。
その間に三次職が実装され、ちょっと戦闘が派手になってると思います。


帝国・連合と謳われぬ戦争

クラン機能拡張が実装された翌日の撮影ということもあり、戦闘中にクランレベルが上昇しています。
戦闘の激しさでいえば一番の動画となったかもしれない。
タイトルの謳われぬ戦争というのは、ただの使用曲名。



コメント ( 6 )  Pandora Saga / 2008-10-22 07:05:23




パンドラサーガ。


クラン機能拡張システムが実装されましたね。
クランLvとか、クラン名誉とか、クランポイントとか、色々ありますが、
個人的に一番嬉しかったのはクラン所属人数枠を拡張できること。
今までは32キャラまでしか1クランに所属できなかったのが、
クランLv2の状態でクランポイントを50K支払うことにより+2人が拡張できるようになったのだ。

所属人数・キャラが多いPartiZanにとって、これ以上重要な実装はなかった。
さっそく、昨夜のクラン活動で、25人の出撃部隊で連合や帝国本隊と当たりまくり、
激しい戦闘により名誉を荒稼ぎしてクランLv2に昇格(クラン名誉10000で昇格した)!
クランポイントも1000Kたまってたので、もはや準備は万端だった。
(ちなみに上の25人出撃は動画を撮影し、現在編集中なのでそのうちアップすると思います)


事前に、当クランで現状必要とする人数枠を計算していた。
その結果、当面の目標値として、12人分ぐらいの枠を広げることができればいいかな、とか計算していたのだけど、
それの達成の為に消費するクランポイントのコストについても考察をめぐらせていた。

50K支払うごとに+2人ずつ、なのだろうか?だったら想定どおり、最高だ。
しかしそう甘くは作られていないだろう。
もしかしたら初回だけ50Kで、2回目からは100K、3回目からは200Kとコストが倍加されてくのかもしれない。
うわぁありそう・・・。

とか考えながら、とうとう検証のときは迫った。
さあ、クラン担当NPCに話しかけ、クラン枠増大を取得!
するとどうだろう、目を疑った。
2回目のクラン枠増大の取得条件は、クランLv4への昇格と、クランポイントを1000K以上消費するという、
とてつもなく膨大なものへと変化していた。

うはーwwwwむりwwwwwwwwww
たとえこれを達成する機会がそのうち訪れたとしても、目標値であった+12人枠はもはや夢物語に近いだろう。
なんてこった・・・。
悪いケースがあることも考えにあったとはいえ、想定のはるか上をいかれすぎた。
もはや事前想定の最悪のケースと思われた状況がとてもなまやさしくおもえる。
どうしよう・・・。


── 我々は主導権を失った。
                                       by ウィリアム・F・ガリソン少将




コメント ( 3 )  Pandora Saga / 2008-10-19 12:22:36




パンドラサーガ。


こないだのクラン活動では、CatsEye クランと合同で出撃し、CatsEye側は6名が参加。
PartiZan側と合わせ、総兵力は26名。
この規模での出撃は久しぶり、4個分隊での出撃となりましたが、CatsEyeもPvP慣れしているためか、
人数が増えたことによる統制の乱れは意外となく、全体的にスムーズな作戦の運びとなりました。



戦闘前、出撃者全員集合。 分隊編成中。

しかし、案外敵が少ない日だったので退屈でもありました。
この活動の前日は帝国も連合も人数がとても多く、苦戦した日だったんで期待したのだけど、
この日に限って帝国はほとんど金策PTしか見なく、我々は連合とのみ戦っていました。
連合は本隊が4PTぐらいの規模でエルベドF-4柵を何度か襲撃していたので、
それを待ち伏せし撃退、防衛し、3度ぐらい壊滅させたかな。

特に最初の戦闘では限りなく楽勝に思え、被害は無しだと思っていたのだけど、
メンバーからの報告を統合すると全体で3名程度が戦死していたらしい。
まぁこの規模の戦闘になるとあり得ることだけども、大勢に影響を与えるものではなく、
それ以降の戦闘では、特に目立った死者もなく。
また連合にも雪猫 クランの姿が見えなかったので、この日は全体的に敵側に元気がなかった感じもする。


しかしこの日の出撃は、敵が少なく退屈なこと以上に、重要な意味合いがあった。
実は我がクラン、コンジュラーが一人もいないのですが、
この日は野良から勧誘したコンジュラーの人が一人参加してくれてたのです。

つまり、初めてのコンジュラー運用となったわけで。
集団ワープ魔法を担当してもらいましたが、もうこれが有ると無いとでは部隊の機動性が大違い。
我がクランはだいたい巡回ルートが決まっているので、そのルートに最適なポイントにあらかじめマークしてもらい、
必要に応じてゲートしてもらってみんなでワープ!という形なのですが・・・

ひとつ役立った例を言うと、F-4にいる王国が「連合が攻めてきました、救援求む!」というメッセージを出せば、
当然F-4という重要ポイントには直通でいけるようにマークを設置しているので、
そこにゲートを出しみんなでGoGo!と攻め込みバッチグーなタイミングで救援成功したこともあったわけで。
その他にも、やはり普通に獲物を探すときの巡回時にもワープの利便性は際立ってた。


この日の出撃の検証結果は、やはり一度コンジュラー運用を試してみると、
コンジュラー無しでの多人数行動は非効率極まりなく感じる。
なんとしてでもコンジュラーの入隊希望者を確保したいと思った日なのでした。
この日参加してくれたコンジュラーさんは初めての割に我がクランの動きによく合わせてくれてたし、
どこのクランにも所属していないようなら、次みかけたときは一応勧誘してみるつもりである。

参加してくれたCatsEyeのみなさんもありがとう。
また今度一緒に出撃しよう。
ちなみにCatsEyeクランはマスターが飛んだ為、有志で新クランを立ち上げ、LittleGarden という名前で新スタートを切ったようである。
応援したい。


三次職実装後の戦闘はだいぶ変わっているので、また出撃動画も撮って改めてアップしないとなぁ~。



コメント ( 11 )  Pandora Saga / 2008-10-15 11:59:06




ゴンゾロッソ新作MMORPG「アルカディアサーガ」が発表。
オンラインゲーム黎明期を知る読者の琴線に触れそうな本作の開発/運営インタビューを掲載

http://www.4gamer.net/games/074/G007406/20081007037/

パンドラサーガを開発・運営しているヘッドロックとゴンゾロッソタッグが、新作MMOを発表しました。
タイトルはアルカディアサーガで、来年夏ごろからのサービス開始を予定しているらしい。
最初はふーんって感じだったけども、4gamerのインタビュー記事を読んで多少興味を惹かれたり。


まずポイントとしては、ハウジングがある部分。
ハウジングシステムはウルティマオンライン(以下UO)で有名だけども、
アルカディアサーガでも似たようなシステムが実装されるようだ。
記事の随所でも古くからのオンラインゲームであるUOやディアブロのような面白さを強調しており、
俺自身古くからのUOプレイヤーであるので、やはりまったく興味を惹かれないといえば嘘になる。

しかし、ハウジングか~。
UOでも、プレイヤーが集中的に家を建てたコミュニティは「○○村」などと呼ばれることはあった。
また俺のUO時代でも、KDKというギルドである島の土地を独占して家を建てた為に、サーバー内では「KDK島」と呼ばれてたりもしてた。
記事内でもこういう集落の発生が示唆されているけども、やはりこういう楽しみ方ができるのはいいことだと思う。

ギルドハウスという響きがなつかしい。
ギルドメンバーみんなで集まれる場所があるってのは重要なことだし、
みんなでギルドハウスを建築・確保するために協力し合うのも楽しい作業だと思うので、
ハウジング関連のシステムには期待していきたい。


アルカディアサーガでは、対人戦システムは最初からは実装されないようだけど、
ゆくゆくは勢力間抗争(RvR)的なシステムが実装されることが記事中で示唆されている。
またRvRかー。パンドラサーガと同じ。
個人的な好みを言わせていただけば、RvRはあまり好きではなく、
せっかくの高い自由度をうかがわせているのだからRvRシステムを取っ払うか、もしくは無所属を選択できるようにしてほしい。

まぁよーするに、自分のクランやギルドのメンバーと同盟組織のみが味方で、
他は全て敵勢力という状況を選択できるようにしてほしかったり。
それこそUOのような。

あとUOを何度も引き合いに出して申し訳ないが、UOのように、
正式に宣戦布告を行った敵対ギルドとは全てのフィールドで戦闘可能だったりもいいな。
というのも、UOでのギルド間戦争において、うちのギルドは敵のギルドハウスを攻め立てる作戦をよく好んだ。
こういうのはやはりフィールド全てが戦場という概念があるからこそ活きるのだと思うし、
ギルドハウスがあるフィールドが非PvPフィールド指定だったら元も子もないからね。
まぁPvPで敵対勢力の家を取り壊せる可能性もインタビューで言ってるし、そのへんは心配ないのかもしれない。


しかしまー、インタビュー記事では色々期待が膨らむようなこと言ってるけども、
それがどこまで実現できるかはまた別の話であるし、まったくの別物が出てくるかもしれない。
しかしやはり多少の期待感は抱かざるを得ないし、もしもアルカディアサーガがパンドラサーガよりも面白そうと感じたなら迷わずクランごとの移住を検討もしちゃいます。

しかし、俺の求めているMMOってのはつまるところポストUOであったりするので、
浮かんでくる希望仕様が何から何までUOと似通ったものになるのは仕方ないかな。



コメント ( 10 )  日常の駄文 / 2008-10-11 22:31:26


« 前ページ