がんばれ!yotti(よっち)の 日記

走りきった後の達成感、ゴール後にくる感動を味わうため、マイペースで楽しく走りたいと思います。

千歳JALマラソン2015

2015年06月07日 | 完走記

記録 3時間39分01秒(フル自己ベスト)

LAP(5kmごと) 26:59~25:29~25:55~25:39~25:27~25:29~26:28~12:04(最後2km)

 

北海道マラソン前の練習として42km走るために申し込んだ千歳。札幌に転勤して8年。いつも出たくても出れなかった洞爺湖と千歳。例年6月の運動会が5月になったおかげで初めて出場できました。

今日はネガティブランと決めてスタート。作戦は30km以降の上りがきついから、余力残すように。いきなりスタート直後に尿意をもよおす(・_・;)我慢しようか迷ったけど、タイム狙ってないんだからとあきらめ2kmでピットイン。流れに任せて付いていくけど、鼻っからアップダウンがちょこちょこ。でも気温が低く涼しいからか、林道だからか気持ちよく走れてる。最初の5kmも約27分だし飛ばしてないはず。ところが中間まで上りのはずなのに、LAPが5分10あたりで推移。飛ばしすぎ?いや苦しくないし。でも北広島30kmこれでつぶれたし・・・って迷いながら。とりあえず暑くないから、このまま。

22kmあたりで折り返し。走ってるときは気づかなかったけど、やっぱり上ってたんだ、結構な勾配。にしてもパンフにもあったけど、本当に下りがすごい。ペース上げたくなるけど、後半きついから我慢。と思ったら急に股関節に痛みがずきずきやべえ・・・せっかくいいペースなのに。とりあえず、我慢我慢。

下り切って問題の30km以降、いつ地獄坂が待ってるんだって思いながら走ってたら、いつの間にか終わってましたもっときつい坂があると思い込んでたおかげで、普通の起伏をクリアできたようです。ただ噂通りパンフの高低差にそんな坂あったか?ていうような勾配が40km手前に1個ありました。もう無いと思ってた時のこの坂はダメージでかいです。自己ベストを確信した瞬間にちょい気が抜けましたが、ほとんどイーブンでゴール。会心の笑顔でゴールしたので久しぶりに写真買っちゃいました

 その後、股関節の炎症が気になり整骨院で針と電気治療。前回痛めた時は1ヶ月近くランオフになったけど、何とか1週間のランオフで済みました。早めに治療に行ったのが良かったみたい。

コメント