atakaの趣味悠久

ウォーキング、ウォーキング途中で出会う野鳥、草花の写真、その他、趣味について記載

電線のミヤマガラス

2020年11月20日 07時27分31秒 | 野鳥


BORG 89EDLンズ(600mm F6.7) Pentax KPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)


 毎年ミヤマガラスが来る田園地帯に行って見た。
 田んぼ近くの電線にカラスの群れが留まって居るのが見えた。
 ミヤマガラスの群れだった。
 田んぼで落穂を探しているようだ。
 人が通ると電線に飛び上がり、暫くするとまた田んぼに舞い降りる。


 ミヤマガラス
  ・カラス科カラス属ミヤマガラス種
  ・ユーラシア大陸中緯度地方に分布
  ・日本では全国に飛来する冬鳥
  ・森林や農耕地帯に生息
 ・大規模な群れを形成
    (Wikipedia)より
















FC2 ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村

植物・花ランキング



コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初冬の薔薇・Mme Butterfly | トップ | 初冬の薔薇・Emil Nolde »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
電線のミヤマカラスアゲハ (オグリ君)
2020-11-20 16:40:51
これだけ出揃うと凄まじい! というよりも「恐い!」という感じですね!
でも一度 見てみたいですね! Byオグリ君
電線のミヤマガラス (atakaの趣味悠久)
2020-11-22 23:29:00
いつもコメント有難うございます。
ミヤマガラスの中にコクマルガラスが居ないかと思って行って見ました。
まだ田んぼが沢山残って居る地帯で、毎年ミヤマガラスが沢山来て居ます。
カラスの仲間は日本のカラスもそうですが、警戒心が案外強く、レンズを向けるとすぐ飛び立ちます。
大部分はミヤマガラスでコクマルガラスは二羽しかいませんでした。
田んぼから飛び立ち、電線に留まると100mくらいに渡ってびっしりになって居ました。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事