武産通信

東山三十六峰 月を賞で 雪を楽しみ 花に酔う

MUSASHI 宮本武蔵

2022年06月12日 | Weblog

                                  MUSASHI 宮本武蔵

 

                      Your mind should be like water, itadopts the shape of its container,
                      and can be a modest trickle or as vast as the deep blue sea.
                                                                     Musashi Miyamoto

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

                 水を本として心を水になる也、水は方円の器物に随ひ、一滴と也、滄海となる、水に碧潭の色あり                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
                                                       宮本武蔵

 水を手本とし、心を水のようにするのである。水というものは、固定することなく、四角な容器でも丸い容器でもそれに従って形を変え、あるいは一滴となり、あるいは大海ともなる。水には深い淵の青緑の色がある。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宮家の庭

2022年06月03日 | Weblog

                                  桂宮邸の庭園の遺構

 旧桂宮邸

 桂宮は、伏見宮、有栖川宮、閑院宮と並ぶ四親王家のひとつである。江戸時代後期、嘉永の大火の内裏炎上による孝明天皇の仮住まいや、孝明天皇の妹の和宮(15歳)が江戸に下向する前の仮住まいとなった桂宮邸跡は今出川御門の近くにある。その桂宮邸の庭園の遺構が整備され一般に公開された。

 孝明天皇や和宮も御座の御間から眺めたであろうその庭は、水を導き入れて流れるようにした遣水(やりみず)が曲水となってたおやかに流れ、庭石にはいろいろな岩が配されて、海辺の景色を表す小石を敷き詰めた州浜や、燈籠などがあり、小規模ながら気品ある趣きの宮家の庭である。  

 桂宮邸の御殿は、明治の中頃に二条城へ移築され、二条城本丸御殿として現存している。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

四十、五十は洟垂れ小僧

2022年05月18日 | Weblog

                                     渋沢栄一

 

                                 四十、五十は洟垂れ小僧
                                 六十、七十は働き盛り
                                 九十になって迎えが来たら
                                 百まで待てと追い返せ   
                                         渋沢栄一

 

                             Be an apprentice in your 40's and 50's.
                             Be in prime in your 60's and 70's. 
                             When the heavers think you're ready to go in your 90.
                             Tell them No until you're 100.    
                                             Eiichi Shibusawa


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木刀考(2) 岩間流木刀

2022年04月17日 | Weblog

                                 岩間流木刀と斉藤守弘師範

 木刀考(2) 岩間流木刀

 最初の頃の剣の稽古は大先生がただ『打ってこい』と言うだけ。 私は子供の頃剣道をやったのでなんとか格好はついたけどね。 そのうち先生が鍛練打ちの台を作れと言うので自然木でYの形をしているのを2本地面に立てた。木の枝を束ねて乗せるためだった。 これを見た大先生は「こんな細いの役にたたん』 と言うなり、木剣でY形の自然木を真っ二つに割ってしまった。そこで考えた末、今度は丸太を2本組み合わせて地面に打ち込み針金でしっかり固定して木の枝を束ねて乗せた。今度はこれを見て『よし』と褒めてくれた。それでも1週間ももたない、ボロボロになってしまう。だからこっち叩いたりあっち叩いたり毎日打ち込む場所を変えてね。1週間経つと新しいのを作った。その頃は山にいくらでも木はあったので問題はなかった。稽古が進んでくると、「一の太刀」を教えてもらった。これだけで3年くらい、ほかには何も教えない。ふらふらになるまで打っていくだけ。 動けなくなると『よし』と勘弁してくれた。毎朝の稽古はこれだけ。しまいには、ほとんど先生と二人っきりの稽古になった。(斉藤守弘著「武産合気道」第一巻)

 京都市武道センターの近くにある武道具屋さんです。
岩間流合気道木刀です。
通常の木刀と違い切先が切り落とされた形になっていますので安全です。
十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。
堅さ・粘り・重量共に優れておりますので、打ち合い・素振りと万能型の木刀です。
 
 充実したウェブサイトが魅力の武道具屋さんです。
国産の厳選された高品質な木材を使い、宮崎県都城市の伝統ある工房で丹精込めて作り上げられた岩間流大刀です。
岩間流大刀は、齋藤守弘先生の岩間流合気道の稽古で使用され、
通常の木刀より重量があり、手の内、素振の練習にも最適です。
切先まで太く、バランスが普及型木刀とは大きく異なります。 
また、切先が切り落とされた形のため、万が一、相手を突いてしまっても大きなケガになりません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木刀考 赤樫と白樫

2022年04月15日 | Weblog

                                   岩間流木刀

 

 木刀考 赤樫と白樫 

 一般に赤樫と呼ばれるイチイ樫は価格も手頃であるが強く打ち合うと折れやすいといわれている。白樫は堅い木材のため繊維が荒く、ささくれやすいのが難点だが、重量も強度もある。本赤樫は希少価値が高く、樫の中では一番重硬で強靭である。

   価格 ①本赤樫 ②白樫 ③赤樫

   重量 ①本赤樫 ②白樫 ③赤樫

   硬度 ①本赤樫 ②白樫 ③赤樫

   粘度 ①本赤樫 ②白樫 ③赤樫

 稽古には樫の木刀が最適である。初心者は重量、強度など総合的に判断して手頃な価格の赤樫(イチイ樫)を選ぶこと。一般に赤樫は強く打ち合うと折れやすいといわれているが、それは手の内がよくないからで、修練を重ねると決して折れることはない。また赤樫の軽さは木刀の重さに頼らずに振ることができるので形が崩れることなく型を学ぶことができる。より実戦的な稽古で強く打ち合うことがある場合には、強度がある本赤樫や白樫を選ぶことである。尚、組太刀の稽古では相手と同じ材質、重量の木刀を使用することに留意しなければならない。そして、有段者は岩間流木刀である。
 木刀は武道具店に足を運んで購入するのがよい。曲がっておらず、節がなく、目の詰んだ木刀を選ぶこと。それから手に取ってバランスを確かめる。木刀は一本、一本、バランスが微妙に違うものだから、自分に合った木刀を探すこと。

 木刀は、力を抜き身体の動きに合わせるようにして使わなければならない。身体に力が入るのは未熟の証である。
 無理に力を入れると衝撃が相手に伝わらないのだ。木刀で相手を斬った際に無駄に力が入っていれば、己が身体で重さや衝撃を支えてしまう。結果、叩き斬れるはずの木刀が跳ね返され、逆に振った側の腕を痛めてしまうことになる。無駄な力を使わず身体の動きで木刀を振ってはじめて威力のすべてが伝わり、相手を両断する。
 重厚な木刀であればあるほど、熟練の士が使えば破邪顕正の剣となり、また凶暴な刃ともなる。これを刃筋が立つという。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

武産新聞 令和4年4月1日号

2022年04月11日 | Weblog

 武産新聞 令和4年4月1日号  newspaper3.pdf (interq.or.jp)

 合気道団体として国内初のNPO法人格を取得した合気道武産会の「武産新聞」が発刊された。合気道修業者の願いとして、会派・流派の垣根を越え、合気道を正しい意味において理解し、更に深く掘り下げて忠実に道に遵じ、真の合気道を求めることは必要欠くべからざるものである。この機関紙が合気道修業者の良き心の糧として成長し、合気道発展の一助にならんことを心から祈るものである。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旧武徳殿の桜

2022年04月03日 | Weblog

                               京都市武道センター「旧武徳殿」


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

合気道市民講座

2022年03月01日 | Weblog

 合気道市民講座

 春の合気道市民講座は新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止します。

                   特定非営利活動法人 合気道武産会


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鞍馬寺 虎石

2022年01月13日 | Weblog
                                鞍馬寺『虎石』信樂香雲師筆
 
 虎石は、黄色のチャート質と真黒の粘板岩質が交互に重なり、虎柄に見えることからそう呼ばれている。石の特徴は、黄色部分の方が硬く、侵蝕に弱い黒い部分が削られて凹凸になるのだという。
 台座は、鞍馬石である。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鞍馬寺 初寅

2022年01月01日 | Weblog

                           鞍馬寺『阿吽の虎/阿形』八十翁 淡哉作(花押)

 

                               蒲団撥ね鞍馬の山に詣でけり


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする