気ままに撮り歩き

季節の花や風景など撮り歩きしています

おにゅう峠の秋 5

2018年11月19日 | 紅葉

昨日に続き、おにゅう峠の焼尾地蔵尊付近の風景です。

俄雨にたたられましたが、雨ならではの色濃い紅葉も楽しむことが出来ました。

峠からの景色も素晴らしいですが、途中の道路沿いの景色も見ごたえがありました。

 

 

峠への道端には昔の鯖街道が残っています。

 

右側の山道が鯖街道です。

 

ヤドリギが幾つか見えます

 

 

 

 

カエデのようにきれいには染まりませんが、こんな色合いも好きです。

 

 

10

 

11

 

12

 

13

雨に濡れてより以上に色濃く見えますね。

 

14

 

15

 

16

 

 

17

 

18

 

19

 

20

 

撮影日 11月2日

撮影地 おにゅう峠(滋賀県高島市朽木小入谷)

機 材 Nikon D4S

    AFS VR Zoom-NIKKOR ED 70-200mm F2.8G (IF)

コメント

おにゅう峠の秋 4

2018年11月18日 | 紅葉

おにゅう峠の定番撮影ポイントから少し下った所にあるお堂(焼尾地蔵尊)で、休憩しようと車を停めると急に雨が降ってきました。

上ってきた時には青空が見えていたのに、やはり山沿いの天気は変わりやすいですね。

雨の中で2台のボディは無理なので、D4SにAFS VR Zoom-NIKKOR ED 70-200mm F2.8G (IF)のみで撮影。

この後葛川方面への帰り道、針畑辺りまでにわか雨が続き、撮影するのに傘が必要なくらいの雨になりました。

今日は焼尾地蔵尊付近の風景です。

 

焼尾地蔵尊の小さなお堂。

峠の頂上にもおにゅう峠地蔵尊があります。

 

突然のにわか雨

 

 

 

雨の紅葉も良い感じです。

 

 

 

 

 

10

 

11

 

12

 

13

 

14

 

15

 

16

 

17

 

18

 

19

 

20

続きます

 

撮影日 11月2日

撮影地 おにゅう峠(滋賀県高島市朽木小入谷)

機 材 Nikon D4S

    AFS VR Zoom-NIKKOR ED 70-200mm F2.8G (IF)

コメント (6)

おにゅう峠の秋 3

2018年11月17日 | 紅葉

 

おにゅう峠の三回目、今回はおにゅう峠定番の撮影ポイントから。

ここは頂上から少し下りてきた地点、道路上からの撮影になります。

早朝には雲海を目当てのカメラマンで、この場所は三脚が並ぶのでしょうね。

ネットで探してみると、雲海と、道路を走る車のヘッドライトが光の帯になった写真をよく見かけます。

takayanはここへは何度も来ていますが、雲海の出る時間帯には一度も来ていません。

こんな寂しい山中で車中泊なんて到底無理です(笑)ましてや夜中の闇の中、この峠道を登ってくるのも無理な話。

鹿や猪、熊にも遭遇するかも知れませんからね。

 

 

 

よく似た写真ばかりですが・・・

 

 

同じWBの設定でも、カメラとレンズの違いで色味が違います。

 

 

 

ここは少し下った所、カメラを少し右に振るとこの景色が見えます。

 

10

 

11

この日は遠くで林業関係の作業中でした。その現場からは煙が上がっています。

 

12

1台の車が下っていきます。

 

13

 

14

先程まで一緒に撮影していた、伊勢からだと仰ったご夫婦の車です。

ご主人は80歳だと仰ってました。奥様も元気な方で家内とずっと話されてました。

5年に一度個展をやっているとのことで、撮影で車中泊もするとのこと。

takayanは10年先も、ここまで撮影に来られるだろうか?

ただ長生きするだけではなく、少しでも長く撮影にも出掛けられるように元気で居たいものです。

 

15

 

16

ほとんど葉が落ちた木々も、秋は絵になりますね。

 

17

 

18

ここの撮影ポイントには、道路の反対側に数台の車を駐車できるスペースがあります。

撮影しているのは右側の道路端からです。

 

撮影日 11月2日

撮影地 おにゅう峠(滋賀県高島市朽木小入谷)

機 材 Nikon D4S

    Nikon D810

    AFS NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

    AFS VR Zoom-NIKKOR ED 70-200mm F2.8G (IF)

コメント (10)

おにゅう峠の秋 2

2018年11月15日 | 紅葉

 

 今日は秋晴れの良い天気で、暖かな一日でした。

朝に近くに住む義弟(妹の旦那)が、天気が良いので撮影の予定がないならグランドゴルフに出かけませんんか?とやってきました。

今日は特段の予定もないので、10時ころから草津市の矢橋(やばせ)人工島へ4人ででかけました。

朝は案外冷えていたので厚着をして出かけましたが、お昼前には暑いくらいに気温も上昇。

ウインドブレーカーも全く要らない程の暖かな日となり、3時ころまで楽しんできました。

1日遊んで500円、8000歩から1万歩くらいは歩くことが出来良い運動になります。

夕方のNHK大津放送今日の情報では、永源寺の紅葉が見頃を迎えているとのことで、境内の紅葉風景が流れてました。

そろそろ県内の紅葉の名所も見頃を迎えます。

県内の紅葉の名所、湖東三山や永源寺もこれからしばらくは多くの人で賑わうことでしょう。

 

おにゅう峠の秋の続きです。

おにゅう峠の特徴の一つは、日本列島を横断する中央分水界の峠であることです。

峠の頂上付近にはブナの林も広がります。

 

日本海が見えます。

 

 

 

ブナはほぼ落葉してました。

 

 

 

 

 

大阪から木の葉拾いに来たご夫婦に出会い、家内が話してました。

木の葉を腐葉土にするためだそうです。

この日の峠は寒くて、ダウンを着ています

買って行ったお弁当は、寒すぎて外では食べられず車の中で食べました。

 

10

中央分水嶺

右は安曇川を通じ琵琶湖から太平洋へ、左側は小浜湾から日本海へ

ちょうどこの尾根が分水嶺ですね。ここは高島トレイルのルートでもあります。

 

11

 

12

 

13

 

14

 

15

 

16

 

17

 

18

 

19

 

20

 

21

 

 

22

 


撮影日 11月2日

撮影地 おにゅう峠(滋賀県高島市朽木小入谷)

機 材 Nikon D4S

    Nikon D810

    AFS NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

    AFS NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

    AFS VR Zoom-NIKKOR ED 70-200mm F2.8G (IF)

コメント (2)

おにゅう峠の秋 1

2018年11月12日 | 紅葉

今年も11月1日におにゅう峠へ行ってきました。

台風による道路の損壊で通行止めとなっていて、今年は無理かな?と思ってました。

ネットで道路状況を調べると10月22日から仮復旧により通行できると情報があり、1日に出かけました。

今の季節、おにゅう峠では雲海が見られることで知られていますが、takayanには前夜もしくは早朝からというのは無理です。

この日も帰りにワゴン車の方に道を聞かれましたが、多分時間的に見ると峠で朝を待つような気配でした。

他にも何台かの車が、takayanの帰る頃に峠に登っていきました。

確実に雲海が見られるというものでもないので、何度も通わなければ素晴らしい光景に巡り合うことは出来ないのでしょうね。

長い間通行止めでしたので、峠近くの路上には落石による多くの小石が散乱しているのでは?と予想してましたが、

道路はきれいに清掃されていて、落石もなく走りやすい状況でした。

今日からおにゅう峠、帰りの針畑地区の秋風景などを綴って行きます。

 

先ずおにゅう峠と言えばこの景色。

ここは峠の手前で、道路からの撮影です。いちばん有名な撮影スポットです。

後日にここからの風景もまとめて紹介しますが、先に1枚アップしておきます。

 

 

峠の手前のお地蔵様で少し休憩し、付近を撮影。

一番上に見えるガードレールの所が、定番の撮影ポイントです。

 

 

黄葉もきれいです。

 

 

目のさめるような赤

 

この辺りはブナも多いです。

 

 

 

10

 

11

 

12

 

13

よく似た写真ですね

 

14

峠の頂上に到着

 

15

小浜の海がよく見えます。



16

頂上付近のブナ林はすでに落葉です

 

次回に続きます。


撮影日 11月2日

撮影地 おにゅう峠(滋賀県高島市朽木小入谷)

機 材 Nikon D4S

    Nikon D810

    AFS NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

    AFS VR Zoom-NIKKOR ED 70-200mm F2.8G (IF)

コメント (8)