錫杖流

信州と越中富山の山々に出没の平日ハイカー
NikonD800Eを手持ちで撮り歩きしてます。

山のてっぺんで雲と遊ぶ

2016-09-28 | 日記

  昨日からの続きです。  影錫杖が伸びて来ていますね。 この影が見えてる山のトップ迄伸びる頃が一番絵になるのですが、そこまで山頂で粘ると

下山道は真っ暗になります。 このあたりが限界でしょう。 山頂で約30分少々雲の流れを仰ぎ見て至福の一時を過ごしました。

 このような夕暮れに遭遇すると、山続けていていて良かったな なんでも継続すればいつか花開くものなんだと。

目には見えないけど継続することの意味をこの山で感じる取るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ 下山しましょう。           今日から北の大地の山旅に出かけてきます。  歩いた事のない山域ばかりでワクワク感もあり ドキドキ感もあります。

                                 ヒグマには逢いたくないけど遠目には見てみたい気もします。

  

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

山のてっぺんで見る秋の空

2016-09-27 | 日記

               昨日からの続きです。 こちらは南方面。 自衛隊基地 青山高原のレーダーが見えてるのが確認できますね。

              





                             こちらは180度反転して、北側「鈴鹿山脈」方面

                北西から吹く風に乗ってきた湿気のある雲が、山(鈴鹿山脈)を超える際に湿気が取られて鰯雲になります。



                 

                 縦構図だと その広がりもまた違って見える物です。

                 昨日からこれで5分少々しか時が経っていません。山の上の景色は変化がはやいのです。


                  ちなみにこのような雲が出るのはこれからの季節が多く、11月10日から11月いっぱいが登山に最適です。

                  登山道は、主に3コースありますが、亀山市関町側の加太(かぶと)登山道をお勧めします。

                  西名阪酷道 加太インターで下車。200mほどで左にある柚木林道に入ってください。約1km詰めた場所に駐車場が

                  あります。 自販機・トイレはありませんので要注意です。

                  登山タイムは登り、ゆっくり2時間(ベンチが大小5個あります)。

                  20分を1本として、休憩を入れるといいと思います。

                  峠に上がると、涼しい風を感じる事が出来ます。

                  8合目からは雑木林になり、楢の木の紅葉トンネルを楽しみます。(結構な登りです)

                  9合目にはプチ鎖場も出てきますが危険はないと思います。

                  山頂はいきなりやってきます。 

                  登り付くと、一気にこの360度パノラマが広がり、大感動となること間違いなしです。

  

                            

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

山のてっぺんで空を見上げる

2016-09-26 | 日記

                    昨日9/25(日)、夕暮れの一時をいつもの山頂で過ごしました。自分なりに気に入った撮影が出来たので

                         しばらくこのシリーズをご紹介していきたいと思います。

                  この時間帯で午後の5時、急いで下山したらなんとか明るい林の中なので5時20分くらいまで粘ります。

                      予報では雨のち曇りだったのが、雲の流れや形を見ていたらこれは鰯雲が広がるかもと

                         一か八か、カメラ一式担いで山頂目指しましょう。と相成りました。

                            360度パノラマの大展望台で夕暮れの一時を過ごす事

                           わたしにはとっても贅沢な時間の使い方だと思っています。


                       伊勢平野の北部 鈴鹿市 四日市市 名古屋方面 伊勢湾も見えてますね

                    

                    16mmの超広角で捉えた世界。刻々と変化する雲の流れなど、しばらくご鑑賞ください。

                         

                             


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

職場の風景

2016-09-25 | 日記

                        職場の屋上からの景色です。西の空から乾いた空気が流れ込み青空が広がっていっています。

                 わたしのデスクの横には空が見れる窓があり、「おっいい感じだな」と思って屋上へぷらぷらと散歩。

                             右下に見えてるのは私がよく登る錫杖ヶ岳です。

                    

                      ベンチで座り、ブラックの缶コーヒーを飲みしばらく空を見上げるだけでも心和む一時。

                わたしの上司はちょうど20歳年上。父の様に慕い公私にわたりいろいろと相談に乗ってもらった思い出のベンチ。

                            先輩は退職され、今は20歳年下の部下が数名います。

                          休みの日は、家にこもりスマフォを一日見ていると・・・・・

                         たまにはこの景色を見に屋上へ上がってこいよと声をかけてます。

                                ニッコール28mm f3.5

                        

                          景色はかわり、これもわたしのデスクから見える風景の一つ。  

            職場には管理のおじさんが3名見えます。3名とも70歳を越える大先輩。とにかくよ汗をかき働いていただいてます。

                    この秋の始まりにこのおじさんの方の1名と慰安旅行のバスの中で話をしました。

                      先輩は、土手の草刈りの際、彼岸花の目が出てるのが分かればそれは残す。

                  いや、切ったら可哀想な気になって切れないんですよとニコニコ笑顔でおっしゃってました。

                      ふと目に入った風景。先輩の気持ちが伝わってくる温かい心を感じました。

                          わたしの職場には、素晴らしい先輩がいらっしゃいます。


                               シグマ 500mm f5.6

               

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅 顧みて またいつか

2016-09-21 | 日記

                 

 

 

 

 

 

                       

                                                  ニッコールAi 300mm f4.5 ED にて

                                                  「小さな旅」いかがだったでしょうか。 

                               京都府を北は伊根の舟屋から京丹後半島の海をぐるっと廻り、茅葺きの里「美山」に広がる日本の心の故郷でまったりの1日

                                           わたしには、久しぶりの休日でとても有意義な24時間となりました。

                                           なにより遊び心が戻ってきたことがとてもよかったなと感じています。

                                              そして今夜からまた夜行日帰り旅に出ようと思ってます。

                                               もう一枚 美山で最後に撮影した彼岸花です。

                                             「また遊びに来てね」と声をかけられた気がしました。

                                                 いや 「いつでも帰って来いよ」かな

                                               里山には不思議なパワーがあるように思われます。

                                                  ニッコールAi 300mm f4.5 ED 

                                            今日という日はもう来ない。だから一生懸命に楽しみましょう

                                  

                                              ブログ更新は2〜3日おやすみさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

                

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅 かやぶきの里の風景

2016-09-20 | 日記

                           美山のかやぶき集落は、見た目で50軒ほどでしょうか 平日にも限らず観光客が200名ほど見えました。

                                   当然、この地で生活されて見える方がたくさんいらっしゃいます。

                                          撮影には細心の注意が必要となります。

                              村の高台にあるお寺の近くで、地元のおばあちゃんから「こんにちわ」と挨拶をいただきました。

                                   地元の方からこういった挨拶をいただくのは本当にありがたいものです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         村内をゆっくり1時間 散策させていただきました。  

                                     レンズはニッコール28-300mm f3.5-5.6 ED VR 1本のみでした。    

                                         田んぼに戻って風景写真を楽しむことにしました。 

 

                                                                        

コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅 かやぶきの里 美山

2016-09-19 | 日記

                   

                               日本昔話に出てくるような風景でした。四季を通じて通ってみたいものです。





                           蕎麦食べて自分なりのアングルを探しに散策開始です。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅 旅情 [日本海]

2016-09-18 | 日記

                           伊根の舟屋を後にして京丹後半島の最北岬「経ヶ岬」に向かいました。途中の高台から臨む日本海。

                        海は広いなあ 大きいなあ

                          「旅っていいなあ」



                    袖志の棚田の撮影を楽しみしていましたが、稲刈りは終わり、彼岸花にも早くでした。

                           間人(たいざ)から峰山・宮津とドライブして高速で京丹波和知インターまで一気にワープ

                              道の駅 「和知」で丹波栗を購入 鯖寿司や栗おこわなどが沢山店頭にありました。

                                    そして かやぶきの里「美山」に向うのでした。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅 伊根の海凪

2016-09-17 | 日記

                             朝6時過ぎだったでしょうか  伊根湾を一望出来る高台からです。シグマ500mmにて








 

 

 

 

 

 

                         

                                                伊根湾 全容

 

 

 

                                            港へ降りてみましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      朝も早い時間 舟屋の町歩きは失礼かなと止めておきました。

                                        朝散歩のおばちゃんから声をかけていただきました。

                                            先に声をかけられ一本取られました。

                                      何気ない朝の 「おはようさん」 の言葉は嬉しいものです。

                                                岬に向かいましょう

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅 はじまり

2016-09-16 | 日記

                                        旅は京都府は宮津湾で始まりました。

                         昨日は夜7時頃に宮津市に到着し、海の駅で車中泊をしました。

                   海の幸いっぱいの夕食後、公園のベンチに座り海を眺めながら潮風にあたっていました。

                          すると会社帰りであろう2人の男性が釣りに現れたました。

                             何を釣るの?と声を掛けると「イカですよ」と

                       何を話したか覚えてないが、人間関係のない彼らとは一気に打ち解けて

                              あっという間に2時間が過ぎていきました。

                            ふと気づく こんなに笑ったのはいつ以来だろう。 

                                   これだから旅はいい。

                       私が山の話をすると、彼らは「わたしにはこの海が山みたいなもんです」と

                     若い男の子は、「ボクは葬儀屋なんですよ。毎日の仕事でいろんな事を学んでいます」

                     「そして毎日この海に来て竿を出すんです。雨の日も雪の日も気がつけば海に来てる。」

                              わたしも同じ、気がつけば山を歩いている。

                           彼らと話してる内に自分の小さな世界感に気づいてくる。

                          実は「 小さな旅」とは、この時に感じた自分の小ささなんですよ

                               

                         それにしても魚の話をする彼らの会話はとても活き活きしていました。

                                 年齢差は20歳はあるだろうか


                              山も同じだが、釣にも年齢差なんてないんだな 

                           旅の出だしは彼らとの会話でとても感慨深いものになった。

                     

                     

                     

                             また ここでお会いしましょうと笑顔で別れました。

                                   

                           一期一会の出会いとは、実に楽しいもので実に寂しいものです。

                 この後、宮津の路地裏を散策。栄えた港らしく、スナックやパブや想像どうりのお店がたくさんありました。

                           朝5時頃起床。公設市場を拝見した後、伊根の舟屋に向けて出発。







                      



        







                         今日の晴れ間は、天気予報どうりこの時間帯のみのようです。

                           朝凪の宮津湾は、とっても穏やかな朝を迎えました。



                       

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅

2016-09-15 | 日記

                   

                          昨日15時30分に出発してから、ちょうど24時間で帰ってきました。睡眠時間は少なかったので少々疲れはあるものの

                            前からこの季節に訪問してみたかった 京都府の「美山村」への訪問が出来てとても有意義な旅になりました。

                           天気図を見ながらまずは一気に日本海は宮津市まで北上。車中泊で夜明け伊根の舟屋あたりで明るくなりました。

                             丹後半島を一周して、峰山 天橋立 丹波篠山 美山 京北 と600kmのロングドライブ。へろへろです。

                                  明日からボチボチと 巡った場所での1枚1枚をご紹介していこうと思います。

                                     忙しくもチープな放浪旅ですので「小さな旅」と題しました。

 

                                      まずは、蕎麦の花咲く美山の里にて

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな秋みつけた。その4

2016-09-14 | 日記

                               今朝、車窓から目に映った風景です。

               

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

今日も空を見上げてみました。

2016-09-14 | 日記

                 

                           一昨日の夕暮れ時。この日は天気がよくないと思っていたのでカメラは助手席に乗せずでした。

                         すると、雨雲の切れ間からどんどん景色が変化してきました。

                        いつも車に乗せてる コンデジ フジファインピクス24mmでパシャ

                                 画質は少々荒いですね  

                            今日社長から「明日 明後日は休みなさい」といきなりのお言葉

                         え どうしたの と思っていたら、わたしの部下が直接社長に進言したようで

                     こりゃいかんとなったようです。大事な仕事があるので気持ちはありがたいけど休めるかな

                             気持ちはありがたい。その気持ちに沿うことも一つかな

                                ロングドライブにでも行ってこようか


                    

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな秋見つけた。その3

2016-09-13 | 日記

                      

                                彼岸花を撮影した後、空を見上げてみたらいい感じの鰯雲が広がってきました。

                                     思わず秋だなあとにんまり(^0^)/


                                    いろんな所に秋を見つけることができますね



               

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな秋見つけた。 その2

2016-09-12 | 日記

                               柿の撮影の後、棚田に向かいました。 早咲きの彼岸花が紅一点目に映りました。 

                        ことしも何人かの知人が天に召されてました。ふと個人を思い出す寂しさも感じる不思議なお花です。

                            


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加