たまにはマニュアルレンズ

2017-01-16 | 日記

一昨日からこちらでも大雪となりました。

皆様お元気でしょうか

わたしは、この三日間、会社の雪かきに汗を流しました。

同じ体勢での作業。

慣れない筋肉へのストレスで

全身筋肉痛にプラスして

寒さで肌焼けして頬を真っ赤にしています。

寒い国の少年の頬を連想ください。

そんな雪かきの朝の一時。

珍しくオールドレンズで遊んでみました。

これ何ミリで撮影してるかお判りでしょうか

連想ください。





カラスも銀世界の中では美しく浮かび上がりますね。




モノクロでもどうぞ


カメラ:NikonD800E 

レンズ:単焦点Ai ニッコール300mm f4.5-22

撮影条件:手持ち撮影

撮影場所:会社の裏山



連勤は続いてます。(・・)/


この記事をはてなブックマークに追加

じっと我慢の子。(・ー・)

2017-01-14 | 日記

脚は完全復活したものの仕事に追われる日々が続いてます。

山に登りたくてしょうがないのですが、その気力さえ弱まっていくような気がします。

クリスマスに登った時にシグマ150-500mmを持参した時のストックがありました。

お蔵入りは勿体ないのでアップしておきます。














忙しくとも時間を作って休まないとこの景色には出逢えませんね

分かってはいるけど休めない。気力が落ちて行く一方といったマイナスのスパイラル




5

滋賀県の名峰「綿向山、樹氷の森」遠望




6

鈴鹿山脈の奥座敷「雨乞岳」も真っ白




7

母の最新作「近江八幡の景」

今日は1番上の姉の命日

生まれて1週間で天国に召されました。

当然、わたしは姉さんの事は知らないけど

毎年、母はこの日を迎える度に深い想いになっているのだろう。

たまには優しい言葉をかけてあげようと思います。












この記事をはてなブックマークに追加

ボチボチやってます。

2017-01-11 | 日記

元旦に足を痛めてしまい山から離れてましたが、

ここ数日、大幅な改善が見られいつもの山に通ってます。

相も変わらず連勤はずっと続いてますが、我慢すればいいこともあるだろうと開き直ってます。

どんなにストレスが溜まっていてもこの山に来てこの景色を眺めていると

心穏やかなになり、

様々なことに対して柔軟に考えられる自分がいます。

山ってありがたいですね。

 

 

 

 

 

 

ボチボチやってますので(^ー^)

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

母さんの心

2017-01-05 | 日記

以前から家に飾ってあるちぎり絵です。

わたしの母親が創ったものです。

痴呆症になってはいけんと言う事で数年前から始めたとの事ですが

なかなか構図がいいじゃないとカメラを向けました。

福井県三国の水仙の丘ですね。

なんとも温かな仕上がりになっています。

幼少期に終戦を迎えた母さん。

戦時中に焼夷弾投下で家を焼かれてしまい昭和30年代までバラック小屋で

極貧生活を強いられた母さん一家

母は三女ですが全員がものすごい努力家です。

昔の事は一切子供たちに言わず

過去は過去。私達は今があって未来に生き続けていくんだからが専らの口癖。

唯一話してくれたのは

中学校の修学旅行に行くお金がない時に学校の先生が全て自費で出してくれたんだよ

先生に今でも感謝してると涙ながらに話してくれます。

編み物が好きだった母は、将来編み物の先生になりたかったそうですが

中学卒業後、通信制の高校に通い近くの製糸工場の女工となりました。

蚕さんの繭を熱湯で茹でて紡ぐ工程の作業をずっとしていたことでした。

当時は週休1日、毎日10時間を超える重労働。

女性には過酷な仕事だったでしょう。

母さんのDNAを引継いだのか

わたしもハード仕事をこなし、いつもの山に通い続けてます。



 

 

 

 

 

 

 

伊勢型紙も面白いよとの事でした。

 

 

 

この歳になってやっと

少し母さんの心が伝わってきたバカ息子なのでした。


追記 昨日読者の方からメールを頂きました。

内容の中に「Kiroroの未来へ」という曲が紹介されていました。

ありがとうございました。



 長く見てくださった皆様

錫杖流ブログしばらくの間、お休みさせていただきます。

今迄、たくさんたくさんのご訪問、コメントありがとうございました。



コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

いつもの森で

2017-01-02 | 日記

今年も後363日となりました。

1年は1日1日の積み重ね、この感覚が段々薄れて行くのですが、

新年の始まりは1日1日を大事にしようと思います。

1枚目の画像は昨年の冬の一こま

いつもの山頂からの景色です。



この友達も雪化粧します。

それはそれは美しい銀の翼を広げます。




彼らの雪化粧も見た瞬間に「とても美しい」と感動します。





4

この森の樹氷もそう




5

森から冬のオーケストラが聴こえてくる

雪降りが待ちどうしい錫杖です。




追伸 先般いただいたコメントに

錫杖さんの若い時の写真はないのとお便りを頂きました。

アルバムに懐かしい思い出の写真がありましたのでアップします。

見てやってください。

 

妙高山山頂にて(1992年秋)

元気でした。

現在では、鶏ガラになっています。

 

 





 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

初日の出 元旦登山

2017-01-01 | 日記

願いを込めに元旦も初日の出で始まりました。

今年も未だ見ぬ美しい自然に出逢いたい。


さっそく登ってきました。

今年はここ10年来でもっとも穏やかな朝を迎えました。

初日の出を拝み

世界中の人々がみな幸せになって欲しいと祈念してきました。

コンデジなんで画質はご容赦ください。



伊勢湾に浮かぶ「神島」です。


 

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

佳い年をお迎えください。

2016-12-31 | 日記

12/28日、錫杖ヶ岳にも季節外れの雪が降りました。

天気図は、猛烈な西高東低。これは北風が強いと覚悟して山頂へ向いました。



2







山頂に立つと伊勢方面はスカッと晴れてます。

これが三重県の気候なんです。


ムムム

何やら見えるではないか

ちょうど300mmを持参してきていたので

覗いて見ると

 

 

北には左から 乗鞍岳 そして大きく御嶽山




5

南には、潮騒の島「神島」




6

名古屋市の上空には、中央アルプス




7

名古屋港の上空には、南アルプス 荒川三山





そして

やっと捉えましたよ

日本一の山 富士山3776m

当山頂から243kmの距離があります。


では、佳い年を迎えてくださいませ

今年一年ありがとうございました。


錫杖

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 顧みて 錦秋〜初冬編 ありがとうございました。

2016-12-30 | 日記

6日間に渡り今年1年を振り返ってきました。

まずは皆様今年1年、拙いブログに訪問くださりありがとうございました。

来年の錫杖流ブログは多忙な事を理由にどうなることか

私自身もどうしていこうか結論が出ておりません。

ただ当初の目標だった1000日までは頑張ってみようと思います。


さてこの11月・12月は大きくは2つに分けて綴ることになります。

まずは、初冠雪の上高地「岳沢」へ

1年半ぶりの訪問でしたが、やっぱり穂高は絵になるなあと思いました。


2

この日も天気図をじっくり見て間違いなく晴れると信じハイクアップ




穂高の岩稜には美しい樹氷の花が咲いてました。



4

また来年も必ず来ますよ




穂高の帰りに大好きな乗鞍高原の秋を楽しむ




6

何気ない風景だけど、わたしには沢山の感動と思い出が詰まってます。

これからも毎年通いますよ




そして、始めてtakayanさんとの信州&立山の旅に出かけたのでした。 11月中旬の事です。



7

旅は白馬村「青鬼」に始まりました。




8


小谷村・宇奈月と雨降る中、撮影を楽しみましたね


予想以上に天候の回復早く、立山の夕暮れに出合う事が出来ました。



10





11






12

ミクリガ池温泉も6回入りました。




13

残照に浮かぶ立山





14

月光に照らされる奥大日




15

立ち待ち月を待つ一時、星空を楽しむ




16

 






17

月光浴をしながら2時間も撮影を楽しむ

takayanさんご夫妻とは永遠の一時を過ごさせて頂きました。




18

 

 

 

 

19





20

翌朝は快晴 劔が茜色に染まります。



21






22





23

数えきれないくらいの枚数を撮影しました。

自分で綴りながら思い出しては熱い感情が込みあがってくる想いです。






24

そして今年の12月は、ブログで知り合いになりました沢山の方々は

わたしのいつも登ってる錫杖ヶ岳に訪問いただきました。

改めてご訪問ありがとうございました。

 


1年はあっという間に過ぎていきました。

明日は大晦日

少しラッキーな出来事があったので

その写真をアップを締めくくります。



2016 顧みて 






 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 顧みて 秋編

2016-12-29 | 日記

9月に入ると日没の早さと平行するように大気が乾燥してくるのが分かりました。

これは旅のサイン

夜行日帰りでしたが、舞鶴・京丹後・かやぶきの里「美山」へドライブしてきました。

それから、また怒濤の連勤が始まりました。

上司に直訴して五連休を取得

我が生涯の目標でもある「日本300名山踏破の旅」に出発。

9月下旬のことでした。

 

旅は、北の大地「北海道」雄冬の海で始まりました。

低気圧が通過したばかりで、これからどんどん北から乾いた高気圧が流れてくる天気図でした。

本州はちょうど秋雨前線下にあり、連日雨の様でした。

4日間通じて連日快晴に恵まれるとは本当ラッキーな山旅となりました。




 

まずは、200名山「暑寒別岳」へ 

いい雲が迎えてくれたなあ

熊に逢えるかな 逢いたくないな いやちと見てみたいなんて好奇心満々




9月下旬で山頂は草紅葉

遠くに旭岳が見えていました。

そうそう北キツネに出合いました。





下山後、増毛村にて 

今年で廃線となった留萌線を見学

1時間程、村を散策し綿雲流れる空に出会いました。

 

 

 

5

その日のうちに美瑛の丘へ向かいます。

夕暮れ前に到着。初冠雪の大雪山が雲間に見えました。明日はあの山へ




6

夕暮れ迄粘り、旭川で宿泊。

翌2日目 朝4時起床




大雪山ロープウェイで姿見池駅へ




8

そこはもう冬待ちの世界




9





10

北海道最高峰 旭岳に登りました。




11

池糖群が素敵でした。




12

 

大雪山の創る日本屈指のダケカンバ帯紅葉




13

堪能しましたね。





14

余市の海にて「島牧」に向う途中でしたね

その日の宿、島牧ユースホステルも貸し切りで温かい歓迎を受けました。

 

 




15

旅の3日ハイライトは300名山「狩場山」

ヒグマには逢えませんでしたが、絶景に逢えました。




16

北海道の道南日本海側を延々ドライブし

江差の町並みや奥尻島を望遠

長閑な漁村・干物の天日干し・チャリダー・セイコーマートが印象深い

松前城、千代の山、千代の富士の博物館も見学



17

津軽海峡の夕暮れ

翌日、300名山「大千軒岳」に登り、

計画どうり大満足の5日間を過ごす事ができたのでした。


この旅の充足感が大きく

その後、またも始まった連勤地獄も軽くこなせるのでした。

 

旅の力は大きいものです。

 

明日は晩秋編を綴り締めたいと思います。

 


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 顧みて 盛夏編

2016-12-28 | 日記

7月に入ると、仕事柄休みが取れないと「ぼやき」をよく書いてました。

これでは、いかんと無理して2連休を取りました。

7月中旬、中央アルプスの空木岳に向いました。

目的は、駒峰フュッテに泊まりたかったからです。

天気には恵まれませんでしたが、

時には仕事から離れる事の大切さを感じました。

 

雨に濡れたゴゼンタチバナ 活き活きしてますね。





駒石に立つ


7月はこの山行が1回のみ。皆さんの山旅ブログを拝見しつつ

8月の山行計画を天気図見ながらじっくり吟味していましたね。

8月初旬。高気圧がはり出してきた事を確認し、連休を取りました。

行き先は北アルプス「後立山連峰:唐松岳〜五竜岳縦走」

八方尾根から上がり半時計廻りに唐松・五竜を縦走しました。

唐松山荘に泊まり、夕暮れ・星空と楽しみました。

2日目は、暗い内に出発し雲海に浮かぶ五竜岳、立山、劔を臨む事ができました。

 

3

 

 

 

 

 

唐松岳山頂より雲海・毛勝三山



5

五竜の上空に現れた龍神様が雲を押してくれてる様に見ました。

山神様・龍神様は必ずいらっしゃると確信しました。





太陽が沈むと白馬岳にかかるガスが取れました。

 

 

 













10

五竜山頂より鹿島槍ケ岳 立山 劔岳

来年は鹿島槍ヶ岳を計画してます。



11

 

ライブカメラでは、毎日グリデンルワルドの様子をチェックしていました。  8/31

 

明日は、秋編へと季節は進みます。

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 顧みて 初夏編

2016-12-27 | 日記

新緑から深緑に変わる5月から6月

この頃の記録を辿って見ると

いつもの山で汗かきトレーニングをせっせとこなし

残雪の北アルプスに2度遠征していました。

学生時代に登った懐かしの蝶ヶ岳

その際、蝶ヶ岳から見上げた残雪の槍ヶ岳に登りたいという衝動が起こったのでした。

アルプスの夏山シーズンは7月に始まります。

5月.6月は残雪がある為、山肌がくっきりと浮かび上がり

とても感動的な山岳風景を楽しむ事が出来たのでした。

このシーズンに山小屋が開いてるいう環境があってこそ重たい機材背負って行く気にもなれます。

またこのシーズンだからこそ混雑しないゆったり山小屋ライフもいいもです。

槍ケ岳山荘では、個室で景色の良い部屋を配慮いただきました。

もう来年も槍に登る気満々になっています。


 

スタートは、大好きな乗鞍高原の春で始まりました。

この記事がブログ編集長の目に叶い1日に5千名以上の訪問が1週間続きました。

その節は、ありがとうございました。




ニリンソウロードを行く





 




御嶽と乗鞍




安曇野盆地、黄金色に輝く水田




6

この景色を眺めている内に、槍ケ岳に登りたくなったのでした。




7

2週間後、槍を目指しました。山頂小屋まで出合った方は無し。





8







飛騨乗越




10

夕陽に




11

星空に





12

山頂からの絶景を楽しみました。




13

北鎌尾根




14

来年は裏銀座へ





15

北穂小屋も呼んでる気がしてならない。



そして本格的な夏シーズンに突入していくのでした。

 

明日は盛夏編です。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 顧みて 春編

2016-12-26 | 日記

2016年の春は、カメラの師匠takayanさんご夫妻との出会いの地「滋賀県土山町。龍樹神社のユキワリイチゲ」の撮影で始まりました。

ちょうど遡る事1年2015年の早春にこの地でお会いした際に、takayanさんから声をかけていただいたのがお付き合いの始まりでした。

あれから毎日の様にブログを通じ、コメントのやりとりを行い

今年11月に立山みくりが池温泉に宿泊しての撮影旅行を夫婦でするまでの仲良しに至りました。

また来春もこの地での撮影を楽しみにしています。




ちょうどその頃、お世話になった山の恩師の具合が芳しくないとの一報をいただき

毎週の様にお見舞いに向かいました。

季節は信州の春と重なり、乗鞍高原を中心とた信州の名所を廻り撮影を行いました。

撮影した春の風景を大きく引き伸ばし、

お見舞いの度に恩師に見て頂きました。

お花が好きだった恩師

お花の写真になるとにっこり笑われて

心の会話をさせていただきました。

桜の花が満開になった頃、

師は天へ召されました。

この春は、思い出がいっぱいに凝縮されたシーズンとなりました。



 
















5





6





7





8





9





10





11





12





13




14





15






16

また山で森でお会いしましょう。



あっという間に駆け抜けて行った春でした。

 

 

明日は初夏編です。



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 顧みて 冬編

2016-12-25 | 日記

今年もあと6日。

休めないといいながらも今年もいろいろとお出かけしました。

今日から6回に分けて今年を振り返ってみたくなりました。

枚数は、少なめで自分が気に入ってるこれぞという1枚を何枚か貼っておきます。


今年は正月明けの3連休で、南国へ行きましたね

仕事終わってひたすら中国道を西へ西へ、仮眠して九州へ上陸、

初日は阿蘇界隈を旅して鹿児島は錦江湾から夕方のフェリーに乗船

2日目朝5時に奄美大島着〜レンタカー借りてカケロマ島へと1日で旅しました。

またその日のフェリーに乗船し、3日目の朝錦江湾に戻りました。

朝焼けの桜島が印象的でした。

宮崎に転勤中の友人と合流し、樹氷の韓国岳(100名山)へ

夕方宮崎港からのフェリーに乗船

5日目の朝6時頃、神戸港に着岸。そのまま会社へ滑り込みセーフという荒技をコンプリートしました。

寝てる間に次の目的地に運んでくれる旅をコンセプトに楽しくもゆっくりした旅でした。



1月の後半に琵琶湖の沖島に遊びました。


2月に入り、夜行日帰りで富士山の撮影(河口湖)&駒ヶ根ロープウェイで千畳敷カールへとまたも荒技でした。


2月中旬は、何を思い立ったか、冬の八ヶ岳に登りました。

初日は、雪降りの一日でしたが、天気図を見て必ず翌日は晴れると確信し実行に移しました。

 
























すこぶる快晴で北アルプスも全山くっきりと見渡せました。

下山時にアイゼンが折れるというアクシデントにあいました。

来年もぜひチャレンジしたいと思っています。


明日は、春編をお届けします。


 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

hirokoさんとの「二人展」2016

2016-12-24 | 日記

メリークリスマス

あっという間に1年が経ちましたね。

昨年もイヴの日に、絵手紙・絵画日記のhirokoさんとの二人展を開催させていただいております。

今年もたくさん私の野山で撮って来た写真を描いていただきました。

毎回一筆一筆丁寧に愛情を込めて描いていただき感謝感謝です。

ブログの世界は、ただ何でも好きな事を自由気ままに書けるという側面もありますが、

ブログを通じて何かしらの共通の価値観を見いだして喜びを共にする。

この方の文章は素敵だな

この方の写真はとっても求心力があるな

どんな方が描いているのだろうと想像する我が気持ち

思わずコメントをして始まる

ブログ仲間の心理

ブログが無ければ、知り合う事もなかったと思うと

ブログを始めて良かったなあとしみじみ思うのです。

 

 

 

早春の信州にて撮影したキクザキイチゲとカタクリを描いていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

白山で出合った黒百合を描いていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

蝶ヶ岳登山にてミヤマキンバイを描いていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

槍ケ岳登山で出合ったキヌガサソウを描いていただきました。

 

 

 

 

 

 

錫杖ヶ岳山頂上空を雄大に飛ぶサシバを描いていただきました。






 


里山で出合った柿を描いていただきました。



hirokoお母さん メリークリスマス

今年も素敵なプレゼントを沢山いただきました。


皆様

素敵なイヴをお過ごし下さい。


コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

山から聴こえる「歓喜の歌」

2016-12-23 | 日記

ここ数日(4日間)、山に行けてないので脚が鈍って来ています。

不思議なもので、常に筋肉に張りが無いと危機感が沸いてきます。

ずっと通い続けて筋肉量は維持してるつもり、でも段々と肩廻りや背中の脂肪が削ぎ落とされていって

風呂場で自分の身体を見ると、軍鶏のような肉体になってます。

こりゃあ太らなあかんと必至で食べても太らない

昨日体脂肪計で計ってみたら14%

来年はもう少し計画的に健康的に体調管理をする。これが目標となりそうです。

 

お題とは、全く関係ない話でスタートしましたが、今年も段々と大晦日が近づいてきました。

立山紀行が終わってしばらくどこにも遠征出来てないのですが

そんな中でもいつもの山には足しげく通い

森で沢山の会話が出来たかなと思ってます。

彼らからも「第九」を歌ってるような表情を伺う事ができました。

木々が歌ってるように皆さんは見えますか

私自身が、もしかしたら心身症にかかっていて

幻聴してるにすぎないのかもしれません。 

それでもいいんです。

わたしは森の仲間達にすごく感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れたる青空 ただよう雲よ 小鳥は歌えり 林に森に

心はほがらか よろこびみちて 見交わす われらの明るき笑顔

 

花咲く丘べに いこえる友よ 吹く風さわやか みなぎる日ざし

心は楽しく しあわせあふれ 響くは われらのよろこびの歌

 

 夜明けの空には わきたつ声が 夕べの窓には やわらぐ声が

あふれる喜び ひとしく歌い きらめく天地に ひびきを返す

 

花咲く春には 希望をこめて みのりの秋には 祈りをこめて

あふれる喜び ものみな歌い かがやく天地に ひびきを返す


わたしはこの歌の意味を錫杖の森で実感しています。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加