隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

テレビ Vol.401 『大河ドラマ 「黄金の日日」』

2021年06月20日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第401回は、『大河ドラマ 「黄金の日日」』をお送りします。

 


「大河ドラマ」は、NHKで、1963年から始まった、日曜夜に1年間かけて放送されている、ドラマシリーズです。第1作の『花の生涯』から、今年の最新作『青天を衝け』まで、60作品が放送されています。


1978年1月から12月まで放送された第16作が、『黄金の日日』。今年の4月4日より、NHK-BSプレミアムで「大河ドラマアンコール」として、毎週日曜の6:45~7:30に、デジタルリマスター版で、再放送 されています。早朝なので、録画して観ています。


尚、「隊長のブログ」では、大河ドラマを、これで八作品紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc501e7ad7805ca5760ca7ed0bbb7c12

 

原作は、城山三郎の同名小説。


このドラマは、戦国時代、自治都市・堺と呂宋(ルソン=フィリピン)の交易を開いた商人、呂宋助左衛門(納屋助左衛門)の物語。自由で活気に満ちた堺に生まれ、南蛮交易を夢見た青年が大海に乗り出し、やがて豪商となり権力に立ち向かう姿を描きながら、庶民の視点で戦乱の世を捉えた作品です。


脚本:市川森一 (いちかわ しんいち)、長坂秀佳(ながさか しゅうけい)。


音楽:池辺晋一郎。


主演は、六代目市川染五郎(現・二代目松本白鸚)。

 


共演者:栗原小巻、川谷拓三、根津甚八、竹下景子、李麗仙、鶴田浩二、丹波哲郎、林隆三、名取裕子、緒形拳、津川雅彦、高橋幸治、ほか。

 

第一話のあらすじ:永禄11年(1568)、堺の町は織田信長(高橋幸治)に二万貫の矢銭(軍用金)を要求されますが、堺の自治組織・会合(えごう)衆がこれを拒んだため、六万の軍勢に町を包囲されます。堺の豪商・今井宗久(丹波哲郎)と、千宗易(鶴田浩二)は、名物の茶壺を献上して、町を救おうと画策します。


そして、宗久に同行して壺を届けるため、五右衛門(根津甚八)、善住坊(川谷拓三)、助左(後の納屋助左衛門)(市川染五郎)が選ばれるのでした。

 

6月20日放送・第12話までの感想:小説のジャンルとしては、経済小説が多かった城山三郎の原作。経済都市、堺の街の一青年が、商人として成功するサクセスストーリーで、面白いドラマになっています。


大河ドラマは、教科書にも載るような、歴史上の偉人・有名人が主人公の物語が多いのですが、それほど著名ではない納屋助左衛門を取り上げているのは、異色です。


経済がテーマの大河は、今年度の『青天を衝け』もそうなのですが、『黄金の日日』は、日本だけでなく東南アジアも舞台になっていて、よりスケールの大きさを感じます。


主役の市川染五郎だけでなく、川谷拓三、根津甚八と、当時は若手の俳優が、体当たりの演技を見せてくれています。


彼らを支える、鶴田浩二、丹波哲郎、津川雅彦、高橋幸治、などの大物俳優の演技も、さすがと思わせるものがあります。


第13話以降の展開にも、目を離せません。


時代考証もしっかりしていて、セット・大道具・小道具・衣装などにも気を使っているのでしょうが、一箇所だけ気になる点があります。それは、鬘(かつら)です。現在、映画・ドラマで使用される鬘は、精巧に造られていて、地毛との区別がつきませんが、この当時の鬘の質はいまいちで、明らかに鬘だと画面でも分かります。まあ、これもご愛敬なのでしょうが。

 

最後になりますが、『黄金の日日』初回放送から33年。出演していた多くの方が、鬼籍に入られています; 


川谷拓三、根津甚八、鶴田浩二、丹波哲郎、林隆三、緒形拳、津川雅彦、夏目雅子、宇野重吉、志村喬、花沢徳衛、児玉清、ほか。(敬称略)


亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。

 

尚、『黄金の日日』次回、第13話「戦国哀史」は、6月27日(日)午前6時45分から、NHK-BSプレミアムにて放送予定です。
 

 

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~385 省略。

Vol.386 2021/5/2  『朝ドラ「あぐり」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49c3d8489d6f27f5daf15b9e26091e18

Vol.387 2021/5/4  『ドラマ「ネメシス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db

Vol.388 2021/5/8  『にっぽん縦断 こころ旅「2021年春の旅」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27b8e45fb48477fcd20765c929f79da9

Vol.389 2021/5/10 『ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5727c50492d4fa5678fb3a1c1078459a

Vol.390 2021/5/12 『ドラマ「恋はDeepに」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74fd4e671ad9454b2beefa970040d4a3

Vol.391 2021/5/14 『ドラマ「リコカツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b221da31b1342850d047ae331b3f5f3a

Vol.392 2021/5/18 『ドラマ「着飾る恋には理由があって」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8446c63faf36dbe9d5cd548ee72c53ec

Vol.393 2021/5/20 『ドラマ「ソロ活女子のススメ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b206da671086e53699bc8bf75e6b49ba

Vol.394 2021/5/26 『ファミリーヒストーリー「福山雅治」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bd141d149fed992dd1f854d4388d521

Vol.395 2021/5/28 『ドラマ「コントが始まる」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0cafc81bec0bc129062e5bba96f8d7bc

Vol.396 2021/5/30 『ドラマ「ドラゴン桜」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/90a6befdb4149f2a111f24982b7bb1ad

Vol.397 2021/6/1  『今夜の旅はドラマチック「台湾、君を追いかけて」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23bed229141d6c750ed8819a965a41af

Vol.398 2021/6/3  『2021年春の連ドラ 総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d4248680e13ded989bb3e13c1a9182c

Vol.399 2021/6/7  『ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a7e5d8cb6315e31bcb54c4e3aa76f9ba

Vol.400 2021/6/10 『ドラマ「半径5メートル」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0474836ce6d217dc346ee8bbbc1769b4

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする