1/43カーモデル製作 ガレージt-98

模型が趣味で、特に1/43カーモデルを中心に製作しております。
~ 楽しく模型をつくりましょう ~

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 完成

2018年09月10日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
かなりの時間がかかってしまいましたが、ようやく完成です。
途中、カウルの合わせが微妙で、無かったことにしようかと思いましたが、何とか乗り越えました。
オープン状態もテストを行いましたので、完成後も当たり前ですがスムーズです。



真横から
これくらいの角度が普通でしょうか・・・
角度はどうにでもなるので、気分で変えれば良いでしょう。
ただ、長時間このままで放置すると、カウルの反りが心配ですね。
多少の補強は入れてあるので、簡単には変形しないと思いますが・・・



コクピット
普通だね。
フルキットなので、すべてお膳立てされていて、そのまま素直に組み立てるだけ。
これで充分。





斜め上から
パール感が見えやすいかな。
今回は、ウレタンオンリー。
いつまでもこの質感が保てれば良いですね。



後方
別に・・・感想ない。



正面
カウルのはめ込みが甘かった。
もう少し建て付けは良いのですよ。

デザイン優先で、見所が少ない車です。
やはり、オープン状態が映えますね。


こんなキット作るのは、今後もうないでしょう。
無事に完成できて良かったです。

コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 エッチングNo.3

2018年09月09日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005

もう一回だけ更新します。
ピニンファリーナのエッチングを塗り分けて貼り付けました。
これで、終了。

記号程度になりましたね。
悪くはないです。
完璧をこだわる方には、デカールしか方法ないかと思います。

これで納得出来るので、このままにしておきます。

次こそ完成画像となります。
コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 エッチングNo.2

2018年09月08日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005

ほぼ、9割のエッチングを付け終わりました。
残すは、サイドに貼る、ピニンファリーナのロゴだけですが、ご丁寧にエッチングで再現されております。
そして、塗り分けでしか表現できません。

デカールを入れて置いて欲しかったな。
とてもじゃないが、塗り分け出来ない。
米粒に般若心経でも書ける方なら可能だろうか?!

私には無理だな。
視力が良くても筆が無い。

と言うわけで思案中。
記号程度で貼るか?
デカールを用意するか?

まぁ、貼るだけ貼って気に入らないなら、デカール用意してもいいですね。


この段階で、開閉テスト。
末広がり、八の字型に開きます。
角度によっては、とてもダサい。
画像の角度は良くありませんね。

前後、どちらかを角度違いで開けた方が格好いいかも。
まぁ、この角度はどうにでもなります。
好きな角度を決めてみます。

それでは次回、完成になるかも知れません。

コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 エッチングNo.1

2018年09月07日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
ボディー関連は終了したので、エッチング小物を根気よく取り付けていきます。

まずは、切り出して、プライマーを吹き付けております。
そのまま金属地を生かすときは、このまま使いますし、塗装が必要な物は、指示色にとそうします。
本日は、プライマーを乾燥させて終了。

エッチング
細かくて切り出しにくい・・・
良い刃物やツールって無いのかな?
切断時、刃先の圧で歪むとき有りますが、下手にニッパー使うと刃こぼれするし・・・
せめて2枚組に分けて、間隔を広げて欲しいと思いますが、何か問題あるんでしょうね。



タイヤも、このタイミングで固定。
4点接地するように、ちょっとインチキをして取り付け・・・

では、余裕もって今週中に仕上げたいでものす。

コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 カウル取り付け

2018年09月05日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
さていよいよ、全体の組み立てに入ります。

まずはこのモデルの見せ場であるオープンにしたときの状態を保つヒンジを取り付けました。
少し手こずってしまって、一回分解を行いました。
接着しないで良かったと思う瞬間です。
もし接着していたら、カウルが取り付けられなかったかも・・・

このモデルを製作される方は少ないと思いますが、普通に組んだら問題ないと思います。
私の手順がよろしくなかったのです。

無事に完了したので良かったです。
安定しており破損の危険もなさそうです。
さすがに、組み直したので、そのあたりは万全です。
ツラの合わせも、ヒンジを付けたからと言って狂いもありませんでした。



リアは、テールランプまで取り付けました。
こちらも将来取り外し可能としています。
まぁ、意味ないですが・・・

さて、ここまで来れば完成が見えてきました。
一気に進めようと思います。

コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 キャノピーNo.2

2018年09月04日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
キャノピーを無事に固定できましたので、内側の塗り分けを行います。
黒縁ならぬ、青縁の様です。

変化の無いキャノピーにメリハリが出ます。
残念なのは、閉じた状態では、まったく判別がし辛いです。
もともとスモークなので・・・

これでカウル類は終了です。
コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 キャノピーNo.1

2018年09月03日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
続いて、組み立ての方に進めます。
まずは、キャノピーをカウルに取り付けます。
カウルの裏は、ブラックアウト。

もちろん、前後のパネルラインに隙間が出ないか?
キャノピー同士もきっちり閉じるか?
すべてを確認のうえ固定します。
接着剤は見苦しいので、目立たないように黒色で塗りつぶします。

キャノピーは内側に塗装が必要となりますので、後日に塗り分けます。
コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 ボディー塗装No.6

2018年08月31日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
最後のクリヤーを塗装しました。
キラキラ感が増しますね。

ただし、クリヤーの塗装は少し手こずりました。
広範囲に、それも2枚塗装するとなると、どうしても忙しくなります。
無色透明なのは当たり前ですが、それがどこまで塗装しているのかの見極めもしないと行けません。
塗装ブースに照明が無いので、これが災いします。
これからは、明るい照明を追加工事したいです。
手元の明かりは大事ですね。



ウレタンの硬化も早いので、その日のうちに中研ぎを行いました。
エッジに偏った塗料を落とします。
そして磨きだしが不要なくらいフラット感を出しながらオーバーコートを行います。
なんとか終了。

そして最後のカウルの合わせを行います。
修正を行って、元の状態まで持って行きました。
レジンは、塗料の厚み以外にも、いろいろありますね。

これで一連の塗装は終了。
コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 ボディー塗装No.5

2018年08月30日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
連日、同じ様な画像ばかりで、作業しているにも関わらず、変化が伝わりにくいですね。

本日は、パール塗装。
キラキラした質感が分かると思います。
このパールは、5年以上も前から使っていますが、とても気に入っております。
200gのボトルで購入したので、おそらく個人的な使用では一生保つかも。

ウレタンのクリヤーにパールを混ぜてコート。
硬化したら、最後の仕上げクリヤーで終わります。
都度、3コートですね。
塗装の厚みも、侮れなくなって来ております。

クリヤー塗装後に、最後の合わせを行います。
ペーパーで面を少し削れば良いかと思います。
コメント

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 ボディー塗装No.4

2018年08月29日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
本日は、ホワイト塗装です。
ウレタンカラーです。
ちょっと失敗です。

カラー用のシンナーに夏用がなくて、通常のシンナーで希釈したのですが、気温が高かったのか、普通に希釈しても、ザラつきました。
それを潰すために、すこし多い目に吹き付け・・・
少し塗装面が厚くなってしまいました。



その影響で、カウルがギリギリ。
このあとまだ2コートしないと行けないのに、絶対閉まらなくなるね。

すこしの事でこうなります。
サフ用のシンナーなら夏用あるけど、カラーのシンナーは別物になります。
でも、代用した方が良かったかな?
カラーにペーパーは当てられないので、コンパウンドでポリッシュしましょうか・・・


あと少しなのに。
夏場のウレタンは難しい!
コメント