1/43カーモデル製作 ガレージt-98

模型が趣味で、特に1/43カーモデルを中心に製作しております。
~ 楽しく模型をつくりましょう ~

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.15

2016年02月29日 | 1/43 car


閏年ですね。
この日に更新して見たかった。

さて、内装です。
シートやレバーを取り付けただけです。

ボディーは、クリアー塗っていますが、それほど艶は有りません。
かなり薄いからかな?
もう一回中研ぎしてクリアー塗ってみても良いでしょね。

当時の車としてなら、これ位でも良いのですが。
コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.14

2016年02月27日 | 1/43 car


タイヤとホイールを塗装しています。
タイヤはメタルです。

ホイールキャップはメッキなのですが、塗料を新調するか、既存のシルバーにするかです。
やはり、メッキシルバー系が良いですね。
ちょっと考えます。

コメント

1液プラサフ

2016年02月26日 | ケミカル&ツール


久しぶりに購入。
かなり昔に買って使いましたが、量が多すぎて途中で固まってしまいました。
使い心地は忘れましたが、ある程度の強さはあると思います。

クレオスのサフが無くなった事や、プライマー改がイマイチなので、再購入のきっかけになりました。

小分けした少量を買いましたが、企画が違うので、メーカーの容量より少ない様です。
容器も、印刷したラベルを貼った物です。
内容は、勿論同じ物です。

さて、一度、実験して見たいと思います。
5年以上前に使ったきりで、塗り方など確認しないと行けませんし、他社塗料の相性も見ないと行けませんね。


コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.13

2016年02月23日 | 1/43 car


クリアーコートしました。
クリアー乗せると少しトーンが落ちたようです。

コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.12

2016年02月22日 | 1/43 car


ボディーの塗装を行いました。
かなり薄く吹いたので少しの事で下地が出ます。
クリアーの研ぎを失敗したら終わりだな。

乾燥したら、クリアーを塗ろう。
少し厚くても良いかな。
コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.11

2016年02月20日 | 1/43 car


ボディーの塗装ですが、オープン状態にもなるので、内装も綺麗に塗装しなければなりません。
先に、内側を塗り、マスキングゾルでコート。
これをしないと、表面の塗装時に、しぶきが返りザラザラになるのです。
また、窓のサイズも塗装の厚みでおかしくなるので、必ずコートをします。
マスキングテープでも良いのですが、曲面が多いので、楽な方をとりました。

あと、マスキングゾルの注意点で、厚く塗った部分と、薄く塗った部分とでは、薄い面に塗装の染みこみが出てくるようです。
今回は、全てボディー色なので、染みこんでも分かりません・・・

ゾルが乾燥したら、表の塗装を行います。
コメント

クレオス Mr.メタルプライマー改 瓶タイプ 3

2016年02月18日 | ケミカル&ツール
その後、いろいろテストを行いました。
実際に先ほどのブログにも書きました様に、パーツにも塗装しました。
その後、どのように変化するのか?全く分かりませんが、今のところ見た目でおかしい所はありません。

新しいプライマーで意識して塗装した内容は、
1)希釈する(やや濃い目にした)
2)薄く塗装
3)乾燥する前にサフを塗装
修正したあとも、同じ手順で下地を作ります。

これらの手順で特に大事な内容は、2)だと思います。
厚く塗装して垂れた所や、液溜まりの部分は、乾燥が非常に遅いので軟らかいままだったのでしょう。
旧タイプと比べて改良された改は、薄く塗ってもプライマー効果は高いので充分なのかも知れませんね。
しかしまだボディーの塗装するのは不安なので、支障の無いパーツに塗装をして切り替えて行きたいと思います。

クレオスのサフも底をついてきたので、プラサフに戻ろうか?と考えておりますが、そうなるとメーカーの異なる塗料を重ね塗りしていくことになりますので、これも不安要素になります。

基本、どこでも安定して入手できる塗料を使いたいので、頑張りたいと思います。
コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.10

2016年02月18日 | 1/43 car


塗装に入ります。
シャシーからですが、ボディ色と同じです。
なんら問題ありません。

このシャシーには、クレオスプライマー改を塗っています。
旧タイプは、ボディーだけです。

薄く塗装したので、見た目は問題無さそう。
あまり影響のないパーツで様子を見て、慣れていきたいと思います。
コメント

クレオス Mr.メタルプライマー改 瓶タイプ 2

2016年02月13日 | ケミカル&ツール


他のパーツも見てみた。
シートの表面は、乾燥して剥がれる事はなかったですが、塗料が溜まりやすい所は、ズルズルでした。

液溜めになる部分は乾燥が足らなくて、この様になる感じかします。
ボディもサイドの辺りが剥がれたので、液だれする部分ですから、乾燥不良かも?!

今までは、原液のまま垂れてもお構いなしで吹いていましたから、その癖でやってしまうと、こうなるのですね。

プライマー改は希釈する。
垂れるまで吹かない。
乾燥は、しっかり。
サフも薄く薄く。

これ位がトラブル回避になるかも知れませんが、また確信ではありません。


ついでに、酸化防止剤コートにも使えないかも。

コメント

クレオス Mr.メタルプライマー改 瓶タイプ

2016年02月13日 | ケミカル&ツール


新しいプライマー、なぜか?こうなりました。
サフも同じクレオス。
同じメーカー同士で拒否反応は無いのに、よく分かりません。

中研ぎする時に、サクサク感がなくて、ズルズルしていておかしいと思い、爪を立てると、サフがゴムの様に柔らかくなっていました。

サフは、ゆで卵の薄皮を剥がす様にめくれます。
もう、原因が分からず、あれこれ試す気力も無いので、旧式に戻します。

そう言えば、旧式は廃盤になりました。
幸いストックがあるので、一年位はもつと思うのですが、その先は、違うプライマーを探しましょう。

面倒くさいなぁ。
コメント