43マイクロワールド

1/43スケールのカーモデルキットの製作を中心に、模型の話・レースの話・クルマの話・なぜかサッカーや映画の話題など。

日本の空を守れ! パトリオットPAC-3

2017-04-24 | 1/72AFV

半島情勢がきな臭くなってきてますね。

あのだらしなく肥大したカリアゲ君のやりたい放題をいい加減誰かが懲らしめてやらなきゃ、と単純に思うのですが、実際の北問題っていうのはそんな簡単なものじゃないでしょうね。
あの世界最貧国を後ろで支えている二つの超大国が政策を転換しなければ解決しないでしょうし、実際はどうにかしようにもどの国も動きようがないと言うのが実情だと思います。

結局、緊張状態を続けていくしかないのでしょうかね。日本としては万が一の暴挙が行われた際に被害をゼロにする準備をしておくしかないと思います。

そんな情勢のなかで日本に飛来するかも知れない弾道ミサイルに対して最後の盾となるのが、航空自衛隊のパトリオットPAC-3ミサイル防衛システム。
現在、個別の目標に対して100%の命中率を誇る地対空ミサイル発射システムです。

もちろん、実戦に際してはさまざまな状況があるし対応できる数にも限界があるのでこのシステムがあれば100%安全というわけではないですが、現在もっとも頼りにされている日本の防衛力と言っても過言ではないでしょう。

 

とりあえず、トレーラーヘッド部分はほぼ完成。
ライトやミラーなど小物類はまだ付けてませんけどね。
1/72ですが、ちょうど1/43の乗用車と同じぐらいのサイズになります。

タイヤ付けてみたらフレームに歪みがあったのか、浮くタイヤがあったのでチカラ技でひねって修正。普通のカーモデルじゃ出来ない荒業ですw


続いて発射台部分の製作。ほぼ素組ですが、気になってた油圧シリンダーだけ金属に置き換えることにしました。

さかつうのステンレスパイプを通販でゲット。まあ、安くはないけどどうしてもこのサイズのパイプが欲しかった。
今回使う寸法なら10本ぐらい取れるので、また使える機会があるでしょう。

プラパーツのシャフト部分を細く削ってパイプに差し込み接着しただけ。ジョイント部分はオモチャっぽいC型だけど、無理なチカラが加わった時に壊れずに外れてくれるので良いのだ。
ちなみに、1.2mmでシリンダーケース内でスムーズにストロークしてくれることを確認してこのパイプを注文したのだが、微妙な誤差のせいでまったく穴に入ってくれず、1.3mmのドリルでケース内径を拡張してようやくスムーズにストロークしてくれました。

やっぱり置き換えて正解だわ。

発射台もほぼ完成してますが、肝心のキャニスター(ミサイルの納まるポッド)と、アウトリガー(発射台を地面に立たせる足)のパーツがいずれも問題ありで、ちょっと手を掛けてやらないとダメっぽいのです。

まああまり追い込んでも、それほど完成度高くはなりそうに無いのは見えてきたのでそこそこのところで妥協することにしますが。

 

平和を祈りつつ、続く

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

43モデラー、AFVを作るの巻

2017-04-09 | 1/72AFV

春うらら。
福井の桜は満開です。


(足羽川堤防の桜並木)

 

桜を横目に、私は映画館へ。

電撃引退された清水富美加さんの遺作、「暗黒女子」を観てきました。

お嬢様学校の文芸部を舞台にしたドロドロの愛憎劇。一人ひとりの視点から順番に語らせることによって最初は上品で優しいと思われた女の子たちの陰惨な本性があらわになっていく様が面白い。
ちょっと盛り込み過ぎで最後はお腹いっぱいだったけどねw  最近、一般向け映画ばっかり観てたのでたまにはこういうマニアックな映画もいいね。

 

最近じつは1/72AFVに興味が移っちゃってるんですけど、中学生の頃にタミヤのMMシリーズを数点作っただけで全くノウハウの蓄積が無いので、キットを買うばかりでなかなか作れない。

素組で作ってダークイエロー一色で塗ってみても、ここから迷彩塗装だのウォシングだのに進めない・・・自分の中ではドイツ物と言えばダークイエロー+レッドブラウン+ダークグリーンの三色迷彩なんだけどな。このサイズにエアブラシで迷彩ぼかし塗装する自信がない・・・
このまま北アフリカ戦線仕様になりそうです。

最近はAFVミニスケも組立キットは価格高騰しちゃって気楽に作れないのも痛い。

そんな中、日本メーカーが発売している自衛隊アイテムだけはまだ常識の範囲内の価格なのに気づいて、今まであまり興味が無かった我が国の防衛力に目を向けてみたわけです。

 

ま、あれこれ作りたいと思ってますが前回チョイ見せしちゃったのをちゃんと書かないとね。

前回見せたのは牽引用トレーラーで、あくまで脇役です。で、牽引される主役はコチラ

地対空ミサイル発射台です。最近、北が撃つぞ撃つぞと脅しをかけてくると首都防衛などに出動してくるアレです。

発射台は仰角も付く可動ギミック。
すべてプラパーツですけど、うーむダンパーのシリンダー部分は金属に置き換えたいな。さかつうのステンパイプを注文しました。

とは言え、もともとがカーモデラー。単なる構造物にしか見えない発射台よりも牽引用のトレーラーのほうにチカラが入りますw

1/72スケールでもダッシュボードはどうにかモールドされてます。メーターのデカールもあります。見習って、43・・・

広々とした室内。ふだん狭っ苦しいスポーツカーに乗ってる身には羨ましす。

そんな広いコクピットも、車台に乗せるとこんなちっさいw トレーラーのデカさが分かりますねー

ボディー色は航空自衛隊の独特のグリーン、プラの成型色もいちおうグリーンなんですが、AFVの塗り方はいわゆる「黒立ち上げ」というのが主流らしく、効果のほどは良く分からないままとりあえず全て黒に塗ってみます。

黒下地の効能としては、プラの透けを抑える、窪んだ部分の奥行き感を出す、色に重量感を持たせるなどがあるみたいですが、上に塗る色の塗り方が重要なんでしょうね。

普通に塗ると普通に塗れてしまって、なんの効果があったんだか無かったんだか・・・w

でも、色を吹き付けてる時は金属に色を塗っているような気分になって、まあ気分だけは理解出来るかな・・・

インストでは窓枠の黒塗りの指定は無いけれど、これはやらないと絶対ダメですね。このあたりはカーモデラーの意地です。

プラ製の窓は厚みもすごい上に内側にタブも付いてて、外から見えちゃうのでタブの目立つ足元の窓と後ろの窓は内側から黒フチを筆塗り。画像で見ると汚いなあ・・・
フロント窓は外ハメ式でタブは無いものの、黒フチも無いので少量の透明エポキシで慎重に貼りました。多少の擦り合わせが必要です。

このキットはアオシマ製。今の日本では一番面白いメーカーなんですが、バンダイとかと比べるとパーツはシャープさに欠けパーティングラインも目立つしズレも多少あります。とにかくパーツひとつひとつ丁寧に削って仕上げてあげないと後から後悔しそうです。気を付けないとパーツの付け間違えもやっちゃいそうです。

でも、昔は当たり前だったそんな模型作りの作業をちゃんと残しといてくれるのは逆に嬉しかったりします。作る人の腕と努力で仕上がりが変わってくるんです。

だから模型は面白いのだ。

 

(アオシマ1/72 航空自衛隊パトリオットPAC-3発射機)

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最近観た映画とか、最近作り始めた模型とか

2017-04-05 | 1/72AFV

昨年の秋からいろいろと事情があって、休日にのんびり映画鑑賞・・・というわけにも行かなくて映画館とはご無沙汰でしたが、ちょっと落ち着いたら反動で2月3月はいっぱい映画観ましたね。


「ローグ・ワン」は滑り込みで観れました。旧作のメカがたくさん見れて良かったです。
ストーリー的にはどうと言うことは無かったけど、ラストが救われないのはちょっとね・・・
スターウォーズのアナザーストーリーってことで後腐れなく片付けちゃったかな、って感じです。



季節柄なのか、邦画はスイーツなのが多かったですが気楽に見れそうなのでそういうのも観てます。


「チアダン」は地元の実話を元にした話なので悪く言いたくないですが残念な出来。ダンスは良かったし役者の演技も頑張ってたしストーリーも悪くないんだが、演出が雑過ぎて映画を台無しにしてます。広瀬すずと中条あやみは可愛かったけどねw


「ハルチカ」はアニメにもなったライトノベルですが部活ものとしてはなかなかの良作の映画にまとまってました。


「僕は明日、昨日の君とデートする」は、不思議な関係のカップルの切ないストーリー。非常に良く出来た映画で、二回観に行きました。二回目のが絶対に味わい深い映画です。


「君と100回目の恋」


「一週間フレンズ」

この二本は、正直金返せ的な出来でした。


 


あと、アカデミー賞最多ノミネートとかで評価の高かった「ラ・ラ・ランド」ですが、予想してたような完成度の高い映画でなく、一歩間違えば単館公開程度の地味な作品だったな。何がそんな評価されたのか、自分には分かりませんでした。

直近に観たのはこの映画。

「パッセンジャー」

スイーツ映画に飽きたので、ハードSFも見てみたいなと思って観たのですが、結果的にはこれもスイーツ映画でしたとさ。

でも最近観た映画の中では一番面白かったな。ちょっとご都合主義的過ぎてSF作品としては隙があり過ぎだけど、やはりハリウッド映画って娯楽作品作ったらレベルが違うねえ。

これはまだしばらく上映してそうなので、よろしかったらオススメです。

 

 

ちょっとだけ模型ネタ

今作ってる模型です。ラダー・フレームに6輪駆動のパワートレイン

巨大なエンジン、インタークーラー付きターボですかね?

正体は次に・・・。

ではまた。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

1/144スケールのF-14トムキャット 3機製作

2017-03-31 | 1/144飛行機模型

 

色々作ってはいるんですが、写真撮ったりブログアップするのがすっかり面倒になっちゃって。

トムキャット3機同時製作してたのはもう一年前からで、去年の暮れには終わってたんですが、ちょこっと撮った画像も放置したままだったので、備忘録代わりにブログに載せときます。

備忘録といっても、もう細かいこと覚えてないので意味ないですがw

マイクロエースのF-14A。エルエス金型のキットですがデカールとノズルパーツをほかに使ってしまったので訳アリ品状態。
積んでおいても気になるので作ってしまおうということで。

レベルのF-14Aにはデカールが2機分付いているのでそれを流用します。ついでにレベルのキットも作ってしまおう。

実は、そのレベルのキットも欠品パーツありの訳アリ品。オクで買ったものですけどコクピットとシートのパーツが一式無くなっていた。まあ騙されたみたいなもんですけど、オクでは文句も言えない。

黒いほうがレベル。手前白いほうがエルエス。エルエスのほうはもともとコクピットもシートもオミットされてる昔ながらのキットなので、プラバンで適当に作って行きます。レベルも同じように作ります。

そうだ、ついでにトランぺッターのF-14Dも作ろうと思い立つ。
F-14の1/144プラモはレベルのキットが秀逸で決定版と言われてたけど考えてみると2000年頃の発売なので、もうそろそろ古い設計になりつつありますね。
トランぺッターのキットは2014年頃の発売なのでより今日的な技術が反映されてるはずなので、そのへんを確かめてみたい。

トランぺッターはグレーの成形色。

なるほど、モールドは精密だし面倒くさい前輪脚庫のカバーも一体成型されてて作りやすくなってます。こういう進化は好感が持てます。飛行状態では作れないけど。
画像はありませんが、コクピット内部もそれなりに精密だしA型とD型で射出シートの形状違いもちゃんと再現してます。
ちなみに上の画像のパーツも、A型とD型で違うパーツが用意されてます。
箱には両方のパーツが入っているので、のちのち流用とかも出来るかもです。

ノーズコーンにはホワイトメタルの錘を入れておきます。いつもこの作業忘れて作っちゃって、後から穴を開けて半田線押し込んだりとかマヌケなことやってるんだよねーw

シートもプラバンを貼り合わせたり削ったりして作る。手前のグレーのはトラペのパーツだけど、コレを見る前に適当に自作シート作ってたので似ても似つかぬものに。まあどうせ完成したらほとんど分かんないよ。

トラペのキャノピー。スライド金型でΩ型断面を頑張って再現してます。
ただ、この抜き方だとキャノピー中心線にパーティングラインが出来ちゃうのね。これを削って磨いて消すにはそれなりのスキルが必要。
しかし、よく見るとキャノピー頭頂部から後方に向けてパーティングラインとは思えない太いモールドがあります。
資料を見ると実機にも何やら黒いラインがあるのがあって、調べてみたらこれは避雷針の導線らしいです。
ただし、この導線はキャノピー内側に貼り付けてあるようなので外側にモールドがあるのは変ですよね。
ということで、パーティングラインと一緒に削り落としておきました。

コクピット部分と機体後半部との接続。トラペのキットはさすがに新しいだけあって、ほぼガタも無くピッタリ合います。

レベルのキットは少し隙間が出来ます。すり合わせて強引に接着すれば大丈夫。

3機とも頭が付きました。
比べてみるとコクピット部分の横幅がそれぞれ違います。レベルのは幅広で、トラペは細身。どれが正解なんでしょうね?


エンジン前方のインテーク部分を比べてみた。さすがトラペは薄くていい感じですが、エルエスの古いのもかなり薄いです。レベルのはメチャメチャ分厚い。このあと薄々しときました。

画像も無いまま塗装・デカール貼り終了。
3機並べて何だかニヤニヤしてましたw
この画像まではまだウェザリングは施してません。

 

では、完成画像。

まず、トランぺッターのF-14D、いわゆる「スーパートムキャット」

トラペのD型は現在まで採用されているグレーの制空迷彩。上面・横面・下面と微妙に濃度が違うグレーなのです。

VF-31 "トムキャッターズ" 、部隊マークのフィリックス君が良いですねー。

 

マイクロエース/エルエスのF-14A

エルエスのにはレベルのデカールでVF-142 "ゴーストライダーズ" に。
70年代までのガルグレー/ホワイトのカラーリングです。ごく初期のF-14Aにはノーズコーン先端のピトー管が無いのです。

個人的には空母艦載機はガルグレーが似合うと思います。

 

レベルのF-14Aは、通称「ブラック・トムキャット」

このキットは設計ミスか、可変翼がやたら開く
ベルクートみたいな前進翼に見えるけど、ほぼ横一直線です、実機もこんなに開くのかな?

そして閉じようとすると、明らかに完全に閉じない・・・どう考えても連動ギアがひとコマ間違ってると思うんだけど。
前にも作ったことあるのに今回もそのまま作ってしまった。まだいくつか同じキット積んでるので、次作る時は直したい。

プレイボーイ誌のマスコット、バニーちゃんが尾翼に描かれてます。
VX-1 "バンディ・ワン" は、マグー基地の飛行実験部隊。第一線を退いた機体がさまざまな塗装を施されて第二の人生で頑張ってます。模型的には面白い部隊ですよね。

 

というわけで、F-14はこれで5機目まで作りました。でもまだまだキット積んでます・・・
オオタキ、エルエス、レベル、トラペと各メーカー作りましたがあとドラゴンのキット作ってないな。
あまり評判は良くないドラゴンのF-14だけど、ここまで来たら作ってみなきゃね。

次はまた、違うジャンルの模型作りの報告になるかもー

ではでは。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新たなる希望 Y-ウイング完成

2017-02-13 | 1/144 STAR WARS

先週、父の葬儀を済ませました。

もう長く患っていたし、昨年の秋ぐらいに入院してからは意識も不明確でいつそうなっても仕方がない状態だったので特に動揺するわけでも無かったですが、少し時間が経ってみると色々と考えることはありますね。
父が生きてきた人生とか、自分の人生観とか、とりとめもない事ですが。

もう少し、出来ることがあったんじゃないかなとか、まあ親孝行なんて何も出来なかったな。

 

父の事と、模型から少し離れてたことは関係は無いんですが、まあ少し落ち着いたのでまた模型を作って行こうと思ってます。

とりあえず、正月に作ってたY-ウイングの完成画像集です。

 

 

 

最近のスタンスとして、考証にこだわらない、与えられた情報と自分の中のイメージだけで作り上げるって感じにしてます。

残された人生はそんな長くない、出来れば作りたいと思っている模型は全部作ってやりたい、考証でつまづいて止まっているのはもったいないと思うわけです。

ああでも、あと50年は作り続けたいな。50年後も作れてたらいいな。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加