1/43カーモデル製作 ガレージt-98

模型が趣味で、特に1/43カーモデルを中心に製作しております。
~ 楽しく模型をつくりましょう ~

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.6

2016年01月29日 | 1/43 car
新しいバキュームフォーマーで絞ってみました。

容器がたわむので、エッジの所が甘いです。
塩ビを押さえつけても、容器が空気圧で逃げるのできっちりと吸い込んでくれない様です。
改良しないといけません。

それでも、よく絞れた物を合わせてみました。
透明なので不明瞭ですが、こんな雰囲気でしょうか。

型枠もそこそこに出来上がっているので、また何枚か絞ってさらに程度の良いものを採用することにします。
コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.5

2016年01月28日 | 1/43 car


キットのガイドに従って穴を開けシャフトを通し、タイヤを取り付けました。

最低これくらい腰高にしないとおかしいですね。
もう少しだけ高くしても良さそう。

コメント

バキュームフォマー完成

2016年01月27日 | ケミカル&ツール


底面を、くり抜いてパンチングメタルを貼りました。

ノズルの周りに、グルーガンで接着。
しかし、あまり強度は高くないようです。
容器の表面はツルツルしているので、食いつきが悪いのかも。

一回、バキューム。
容器が反ります。
補強したほうが良いか?

あまり堅い素材で作ると、くり抜く時に大変なので、これで何か絞ってみましょう。
コメント

バキュームフォマー自作

2016年01月25日 | ケミカル&ツール


壊れたので自作して行きます。

本体は、タッパーではなくて少し堅いストッカー見たいな容器を買いました。
蓋の部分は使わず、底面にバキュームの穴を開けます。
蓋は柔らかくて吸引の時にたわむので止めておきます。

掃除機に繋ぐノズルも隙間を埋めます。

寒いのでモデル製作は控えて、バキュームフォマーを作ることにします。
コメント

気圧差

2016年01月24日 | 楽しい日々
バキュームフォーマー。
そんな良いものではありませんが、簡易で作ったのですが、割れてしまいました。

型の端をきっちり絞りたかったので、かなり密閉して吸引いたところ、あっという間に割れました。
クリアーケース自体もろかったのでしょう。

でも危ないですね。
破片が飛び散らなくて良かった。

つぎは他の容器で自作してみます。
市販品は、高すぎて勿体ないです。
43には大きすぎたりとか・・・

自分の都合の良い大きさで作りたいと思います。
コメント

ミニ旋盤書籍

2016年01月23日 | 旋盤・フライス盤
イマイチ、旋盤技術が曖昧で、いつまでたっても安定しないので、なにか参考になる書籍でも読んで勉強しなそうかと思いました。

先に結果を言いますが、43の加工において専門書籍は最初の設定する部分だけまでで、ページが進むにつれやってみたい内容と掛け離れていきます。
使うことのない技術が出てきます。

何かのときに役に立つかもしれませんが、タイヤを作ったり、単純に筒を削るだけならもったいない内容です。
コメント

厳しい寒さ

2016年01月19日 | 楽しい日々
この冬いちばんの寒さでしょうか・・・

模型作りもはかどりません。

塗装は、うちの環境では無理。
ちょっとした軽作業のみ。

いさぎよく少し気温があがるまで、待機しよう。

といっても、春まで待つという意味ではありません!
コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.4-3

2016年01月18日 | 1/43 car
型が出来上がりました。
逆テーパーですが、内側からでもなんとか差し込む事が出来ました。

外側からはめ込む事も出来ます。
そちらの方が容易かも。

塗装の厚みでどうなるか分かりませんが、一度テストで一枚絞ってフィッティングを見てみます。
コメント

1/43 Make Up SUBARU 360 前期型 No.4-2

2016年01月16日 | 1/43 car
パテの硬化を確認して、整形しましたが、まだ寸法が足らないようです。

もう一度パテを盛って見ます。
一発で決めようと思っていましたが、そう簡単にはいきませんね。
曲面も難しいですね。

根気よくやろう。
コメント

あっと言う間に

2016年01月15日 | 楽しい日々
パテの硬化不良問題ですが、加熱したらあっという間に硬化が始まりました。

気温が低すぎ・・・
これも硬化不良の原因のひとつなのでしょう。
コメント