1/43カーモデル製作 ガレージt-98

模型が趣味で、特に1/43カーモデルを中心に製作しております。
~ 楽しく模型をつくりましょう ~

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 シート1

2018年06月20日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
シートも製作していきます。

見所は、シートベルト位です。
編み込みになっていますが、ちょっとインストを無視。
金具に、シートベルトが幅広すぎて、編み込めません。
長さ調節の金具は良かったのですが、キャッチピンがダメです。
通すと、ベルトの先が、ささくれになります。
無理に引っ張っても、裂ける。

なので、キャッチピンは接着ね。
予備の金具ないので・・・

あとは、雰囲気でシートにセットします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 パイピング1

2018年06月06日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
キットには再現されていない、冷却系類のパイピングを施します。

いかにも液体の入っているタンクのような物に、パイプをそれらしく施します。
これだけでも、少しはリアルに感じますね。
ほかのタンクにもパイピングの加工をしたいと思います。
できたら、電装系も・・・

無理にはしませんがね
資料がなくて、想像で行っても、五月蠅くなれば幻滅しますから。

少しづず進めましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 カーボン加工5

2018年05月26日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
一応、カーボンデカールの加工はすべて終わったと思います・・・たぶん

そして、シャシーを塗り分けしました。
これで、受け皿はできあがった訳ですね。
これに、具材を盛り付けていきます。
バランス良く盛り付けますが、手が滑らないように気をつけます。



まずは、外装のエアロ。
塗装の厚みとか、影響ないようです。
当たり前ですが・・・計算している範囲内です。

次は、エンジン乗せてみるか。
これでカウルと干渉するかどうかが問題ですね。
干渉しても、削りゃいいんだよ。
穴が開く手前で止めればね。


さて、梅雨までに、ボディー塗装したいもんです。
夏休み終わる頃には、完成できるかな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/24 SMC Birdcage Geneva M.S 2005 カーボン加工4

2018年05月17日 | Birdcage 75th Geneva M.S 2005
久々の更新となりました。

続きから再開です。
カーボンデカール部分をすべてクリヤーコートしました。
もちろん、ラッカークリヤーです。

メーカーの作例では、かなりテロテロですが、カーボンのイメージは半艶程度だと感じています。
なので、艶は無くなっても構わない。
ウレタンでコートする必要は無いわけです。
サイドのインテーク辺りのカーボンもウレタンコートすると、ボディーの艶と同じになりますからね。

この辺りは好みです。
自分の感性に任せて塗れば良いですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塗装用換気扇を改良

2018年05月11日 | 楽しい日々
塗装用の換気扇はもちろん取り付けてあるのですが、排気口はそのままの状態でした。
これでは、風の強い日に巻き込みが発生して、換気扇が止まり外気が吹き込んできます。

換気扇に付いている埃も一緒に吹き込み、塗装が汚れたり、最悪健康にも影響します。
そこで、風防を取り付けてみました。
結果、塗装環境は良好になりました。

少々の強風日でも、巻き込みはありません・・・
なぜ、今まで取り付けなかったのか?
と思うくらいの効果があります。

明らかな嵐の日以外でも、塗装が出来そうです。
一番は、健康第一ですからね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加