やんごともなく

日常・・あぁ日常。
ブログに書くこと何もなし。

ジギング蟹工船の次はドリカム夢工船?圧倒的振り幅と極上エンタテイメントとは如何に?

2018-12-14 08:11:58 | 日々の戯言
コンサートがいつからライブと言われる様になったのかは知らない。いやその前はリサイタルだったかな?
それはともかく私が最初に行ったコンサートは中学生か高校生のときの中野サンプラザでのRATT(海外ヘヴィメタル)だった。


メタルだけあって大爆音だったが実は余り印象に残っていない。


だからそれをナシとすれば大衝撃を受けたファーストインパクトとは武道館での安全地帯だった。


当時人気絶頂の彼らのチケットを入手するのは困難だったがあの頃は電話予約よりチケットぴあに発売日に並べばワンチャンあった。


そんなこんなでどうにか入手したチケットを握りしめ観に行ったもんであります。
席は超悪くもう武道館の天井近くでしたがそれでも凄い楽しかったと記憶してます。あー懐かしい。


それから大なり小なりの数多のコンサート(もうライブと書くね)に行ってきたがそのインパクトを超えたライブには出会えてないかもしれません。


っかコチラの感受性アンテナの問題なんでしょうがデスヨネ


ライブでも安定感が凄い


***


さて何の話かと言えば今週末にあの
DreamsComeTrueの横浜アリーナでのライブに行く予定である。

私的には大阪でのワンダーランド以来実に久しぶりでありますが去年発売したアルバムドリームクエストの追加ツアーと
来年にあるワンダーランドへの布石と言うポジションのアリーナツアーであるようです。


クオリティ高いよ


もちろん言うまでもなくムジナ立案企画からの連行。でもこれこそがツーマンセルなる幅。これで良いのだ。


えぇワラクシドリカムファンじゃないものキョウセイサンカジャ


とは言え行くからには勉強しているしそのドリクエもここんとこの外房までのロングドライブで聴き込んだ。
だからそれなりの知識や歌詞は入ってます。えぇ好きでも嫌でも何事も学習ですから。


でも別にファンじゃなくても吉田美和(マサさんもね!)の創るステージは凄いと思う。


もう30年近くもトップランナーを務める彼らのあのステージパワーには心底敬服するものだ。マヂ眼福っかいいもん観た!って気にさせるものホント。


だからムジナさんとは楽しみの主眼がズレているかもしれませんがこれはこれでドリライブは楽しみであります♪


まぁやんごとでは何度も同じ事を書いているが私はアーティスト自体には興味がほぼない。
その欅坂だって平手を知っているだけで彼女自体に興味がなくただただ楽曲だけが好きなのだ。


だからドリカムもマサさんや吉田自体には興味はなくその音が溢れる空間に佇む事が面白なだけであります。
とは言えその空気を形成しているのはまごうことなき2名なんで無視は出来ませんケドね。


因みにドリカムさんは長いキャリアの中で400曲近くこの世に発表している様です。あんな曲こんな曲あるでしょう。
今回はアルバムツアーなのでセットリストは限定されるのでしょうが私としては初期発掘系の楽曲が聴きたい・・・かな?どうじゃろね。


このレポートは来週にUPする予定。もしかしてもしかするとファーストインパクトを超えるライブになるかもしれませんネ!


そしてこのお出掛けに色々ネタ仕込みを考えているのでそれもお楽しみに。


萬平印のダネイホンじゃの
コメント

アホウと悲劇はいとも簡単に繰り返す?学習力と想像力の間にある馬鹿のカベとは如何に?

2018-12-13 09:39:02 | 釣部
おぉこうやってまた更新出来るって事は雪峠の藻屑と化さなかった証拠。
しかしそんなソコソコ幸運なオサーンが海の藻屑と化したストーリーをUPするこの矛盾


結構降りました


***


山梨側は確かに雪だったが静岡側、そして神奈川湘南は当然雨。それも結構なドバドボ具合。
そんな悪天候にも関わらず早朝の浅八丸船宿に出現したチャレンジャーはエサ師2名とルアーマン3名(私を含む)の計5名。


世間ではこれを釣りバカと言うのだろうか?否、ただのバカだと思ふw


馬鹿は勝手に集う

ジギング奴隷船員


それはともかくここ最近集中チャレンジ中のオフショアジギングゲーム。どうもイマイチ納得いく展開にならない。
釣れない訳じゃないけど釣った気がしないのは本当。満足からはゼムゼム遠いのだ。


だから数かサイズかははたまた珍魚かは問わないがどこかで区切りをつけるビックゲームをしたい。
勿論今後ジギングを辞めるって意味じゃなくてあくまで一段落風でな。


そういった意味で一撃必殺な可能性のある外房には大いに期待していたのだがまさかの2戦2連敗にて財政大悪化w
なので今回はお茶を濁す(って訳でもないけど)かの如く低予算で釣行可能な湘南サイドに出現してみたのだ。


さぁ今期ラストかもしれんオフショア3戦目。



準備は万全!やったるぜ!ブッイカス!


・・・っと思ってましたヨ。


現代の蟹工船か

寒スギ


***






それではドーゾ水深92m



えっ?ナンデスト?



92m?



ちょまっ?!今92m言うたの?マヂ?


何を慌てているかを説明したいが何も湘南オフショアでジギングするのは初めてなんかじゃない。
過去に何度もあったし割と良いイメージなのだがその水深は確か40m前後だった気がする。


外房みたいに大きなウネリもなく強く複雑な潮の流れもないので(誤解だろうが)今までは60gのジグをメインとしていた。
それを40m落とすゲームがいつものノリだったのだがいきなり90mとは何事ぞや?


一応保険で80g100gのジグを幾つか用意はしているのだが主戦力かつ手持ちの大半である60gはいきなり封印?!
その少ない保険君達を武器に戦うハメとなりいきなり戦場(船上)暗雲モクモクでありますw


本当に暗雲だらけ

自作ラックがピッタリはまるのは良いのだが


実はもう1つ不安要素があるのだがそれは後述。


とにかくやるしかないので信頼するシーフラワー110gピンクちゃんを結び深海へ送り出す。
スルスルと出て行くラインを見送ると着底まで随分かかる。やっぱ水深100m近くあるんだ・・・


あの陸地なんか見えない程の沖でも40m前後だった外房なのに相模湾これ如何に?
着底してラインテンションを確認したらそこから4色(1色10m)くらい巻き上げて再度フォール。その繰り返し。


船中ファーストヒットは右前のルアーマン。ルアーはすげーちっちゃいジグなんだが聞けば80gあるそうなので
もしかして高級品であるタングステン材ジグなんだろうか?金満ジグマンには勝てないのでしょうかw


だがセカンドバイトはこの私。


見事シーフラワーピンクちゃんが深海で魚を魅了した模様で雇用主満足w
もう1名のルアーマンもこのタイミングで掛けてましてスタートは早い展開のジグ有利か?


とりあえずイナダ


だがルアーマンの出番は朝イチのほぼほぼここまで。
もたもたしていたエサ師だったがようやくコマセが効いて来たのかどうも魚がそちらに集まった様子。


呉越同舟大船団


こうなるとジグ追わない。


いや幾らコマセを撒こうとジグを追う展開の時も確かにある。恐らくだが魚の数が多くて何でも良いから喰いにくるのだろう。
だがこの日はエサ師でさえポチポチでありルアーに関してはもうスッカスカ追いやしない。


ポチポチが羨ましい

低体温で死ぬぞw


私も少ないジグをローテーションして探るのだが筋肉疲労が激しくなるだけで結果なぞ出ないw
ただヒントかどうかワカラヌがジグが横に泳ぐと割と触られる気がしている(←意味解る?)


ただ毎回90mを巻き上げてキャストする事は不可能だ。どうしても途中からフォールするので常にバーチカルのみになってしまう。
それはそれでチャンスを逃している気もするがもう直前まで迫りくる肉体疲労には抗えないw


もちろん時々はルアーチェックの為に船上まで巻き上げるのだがここで悲劇が起こる。


多分なんだが船底のなんかしらの突起物に絡みつき信頼のピンクちゃんごとラインブレイクした!
しかも結構出ていたラインの途中をブツリとやられたので大ダメージである。


ーっ!!


でも大丈夫。こんな事もあろうかと予備リールあるもんね~ホラ外房でのトラブルも含めワラクシも学んでますヨ?
と、鼻高々でリールを交換しシステムを組み上げある意味ピンクちゃんの弔い合戦を開始したのだが~



ラインが足りねぇwww



そうだった!ここはまさかの水深90m。予備リールは余っていたラインを巻いただけでそれが100mしかなかったんだぁぁ!


と悲劇風を装ってみたけどチッチッチ落ち着けまだまだ慌てる時間じゃないw


ならばと先のリールに残ったラインと結合すれば良くね?とその100mを電車結び(←)して再度200m近く満タンにしてみた。
それでまたジギングを頑張っていたのだが好事魔多し。


今度は海底の根に引っかかり外そうとガシガシと引っ張っていたらなな何と先の電車結びからブレイク?!
つまり100m近く再びラインを持ってかれた模様。


さすがにショック!だがまだまだだw


まだ最後の100m分残ってるわ!と再三のチャレンジを開始するのだが2度あることはやはり3度ある。
再び正体不明の船底ブレイクをくらいこれにて全ライン終了www


予備のリールも空

メインもスッカラカン

オワタ


一応この後はベイトタックルでヒコヒコやっておりましたがもとより少なかったルアーを数個ロストしており
最後の手段としてだしたジグサビキも完全無視にて本日のゲームは終了致しました。


いやー反省点としてはそもそもこの水深が想定外でしたねぇw


40m前後なら何度ブレイクしても問題なかったのだろうが(本当にそうか?)まさか痛恨の一撃を3度喰らえば流石に死ぬw
ゲームにならなかった訳じゃないけど満足とは超程遠い結果となりまたしてもリベンジ墓場送りとなりました。


2本で終了

終わったら晴れた


しっかしこの最近の低調について考えてみたのだが運に年間定量があるとすれば今年は既に北海道イトウ編で使い切った希ガスw
だからその足で渡った九州雷魚編は散々の大惨敗だったしその後もツキがちっともありんせん。


でもね、さすがに年末なら~





年末調整分はまだですかね?ソロソロ…
※元来支払い過ぎた人に戻る制度です


***


ヲマケ


当たり前なんだがウチのヌコはヌコだけに鼻が利く。生魚を匂いを嗅ぎつけブツの捌き待ちを張り込んでます。


最前列で待機中

僕の年末調整分まだ?
コメント

雪やこんこん霰やこんこん今夜は止めてくれ!スリッピーな人生となまくらな生命とは如何に?

2018-12-11 10:15:21 | 日々の戯言
ここ山梨県富士吉田市でもいよいよ今夜から雪マークが出現しており本格的な冬の到来かもしれません。


オイオイマヂっすか?


こちらも急遽冬支度準備中で先程スタッドレスに交換したし雪掻き棒も車内に用意しました。
一応明日釣りに行く予定なんですけど雨男が昇格して雪男になるかもしれません。


もしかして山中湖籠坂峠の藻屑と化している可能性が否定出来ないです。数日の間にやんごと更新されなかったら死んだとお思い下さい


それでは遺稿スタート。


***


先日富士五湖ウルトラへの再出場を決めたと書いた。
だが身体がキレている!キレっキレ!なる状態語句があるがそれからすれば今の私はただただ錆びたであり
キレるの様式美でもある包丁の形すらしていませんボロボロのボロ。


これを4月までに錆びを落とし叩き直しそして刃を研ぎ澄ませなければなりません。
最終的には50km走ケロリくらいまでアゲていかないととても本番には挑めませぬ。


だがと決意表明っぽく書くのは簡単なのだが実際はそうもいかない。
ジムで身体を動かしてもただただ重く重く重いのでまずはこの重さを取り除かなければどうしようもない。


あぁもちろん体重が増えたって話じゃない。


マイ基本体重は58kgでレース時は55kg台まで落とす(勝手に落ちる)上も60kgまでは届かせない。これを既に20年は継続経過しているのであります。


だから物理的な重さではなくやはりフィールのお話。


っか前レースから調子をキープすりゃいんじゃね?って事かもしれませんが身体もゴムみたいなもんで伸びたままじゃただの紐。
縮んで力を蓄えないと次に伸びれないのであります。この潜伏期間が長すぎるのはアレですけどw


ホイミとかケアルとか初級回復呪文でも使えれば良いのだが皆マヂでどうしてるんだろうw
もしかしてワラクシの知らないトコで皆エリクサーとか飲んでるのかしら・・・


以前にサントリーから発売してましたねぇ


あとは日常の改善なんだろうけど大して仕事している訳でもなく寝ていない訳でもない。
食事も時間通りで(ムジナ飯は美味しいしトーゼン)お酒も先日は飲み過ぎたけど日々は缶ビール1本程度だ。


って愚痴をツラツラ書いても仕方がない。人間にはボルトオンターボもスーパーチャージャーも後付け出来ません。
パワーとトルクを取り戻す為に各部強化とグリスアップの小さな努力を積み重ねましょうミチハトオイ


***


上記ゼムゼム関係ない話。ある意味字数調整文。


去年くらいから事あるごとに欅坂46への愛?を書いてきたがその欅坂に第二期生が加入したと今朝ニュースが流れた。


そもそもこの手のグループアイドルは脱退と増員を繰り返し鮮度をキープしてゆく運命にあるのだろうが欅はそれが無かった。
だがここに来て数人の脱退者がありかつ絶対的センターの平手の不調もありどうしてもテコ入れが必要だったのかもしれない。


初期メンバーこそが完璧!と変化を嫌うのも理解出来るがこうやって新たな色が混じるのを受け入れなければとも思う。
なんでも最年少13歳の元気の良い子もいるらしく予感だが平手に代わってセンターとりそうな気がするよ。


これは古参のメンバーが平手不在を埋める様に押し上げられるより新メン大抜擢の方がキレイだもんね。多分。
内外の拒絶反応もそれなりだろうしこれにより更なる脱退者があるかもしれんけど母体が生き残る為の英断でしょう。


んで一周廻って色々やった挙句に平手神が再降臨するとw


でもワラクシの欅愛っても一部の楽曲が素晴らしい(秋元康を褒めるのは悔しいが神曲が多いのは事実)だけでメンバーはてちしか知らんw


その中でもズバ抜けて神曲であるスカを貼り逃げして興味があるような無い様なお話で本日は終了!


これがサイマジョにつながるのが神




コメント

もしかして第二次マイブーム到来?!森の住民がかつて夢見た街の海とは如何に?

2018-12-10 12:59:27 | 日々の戯言
先週金曜日に忘年会があったのだが少々飲み過ぎた様で未だに頭が痛くつまり三日酔いかもしれませんズキズキズキ
いやいやついついついついお酒が進んで気がついたらハイボールの海に沈んでおりましたw


それはともかくその中で誰かに刺激を与えられる存在とは?という話題となった(正確には少し違うがここではこれで)


皆そうだと思うがルーチンワークするだけの日常という流れの中で存在感なんて極モノなんてない。当たり前の毎日。
確かに人と違う道を歩いているワラクシも正直それほど日々面白ネタなんかある筈もない。


ちょっと平日フラフラ遊んでいるくらいで特別な体験をしている訳でもありんせん。


ユーチュバーはそれを昇華させてお金にするのかもしれませんがオサーンには無理ゲーw


それでも毒魚さんは凄いよ~と少々持ち上げてもらったのだが本人はゼムゼムピーね。


いや別に大勢に影響を与える様なインフルエンサーになりたい訳なんかじゃない。寧ろなりたくもない。
こちとら良く言っても社会経済機構(奇行?)の寄生虫・・・とてもとても明るい生命体ではないからさ。


そもそもマイブームだけが原動力ですから他人への影響とか承認欲求とかじゃなく自分が面白ければ良いだけ。
跳びたきゃ跳ぶし潜りたきゃ潜る。ただただそれだけであります。


限りある人生、限りある時間、そして認めざるを得ないが限りあるお金の中で何を見て何を感じるか?


さて明日は何処へ行こうか?(←普通にバイト一択)


***


ここから本日の本題だが突然唐突ですが私のボディボード歴はおおよそ20年。


ただしその20年は単なるスタートからの時間であって継続&頻繁と言えるのは初期数年間だ。
それはもうマヂで濃厚な時間でほぼほぼ毎週山梨の山奥から伊豆下田付近まで通ったものであります。


何故サーフィンじゃないの?と突っ込みもあるでしょうが丁度プチボディボブームが到来しておりそれに乗った形でそんじゃまとスタートしたのであります。


オサーン化した今では滅多にしないけれどそれでも常にやりたいとは思ふ。出来れば温暖なハワイとかでねw


さて何の話かと訝しくお思いでしょうがこのタイミングでちょっと面白い小ネタ発見。


今となっては古(いにしえ)の話だがかつてワイルドブルーなる巨大室内プールが川崎にあった。
そこは隣接する工場の熱源を利用した(多分ね)温水プールで大きな波の出るプールが特徴でした。


そこではボディボードが年中出来てボディボード初級者だったワラクシやイワゾー社長は冬こそこまめに通ったものであります。
それはもうただただ楽しかったけどスピンやエルロロのトリックを覚える事が出来て更に楽しくなった。


ただし波はショルダー程の大きさなのですがレギュラーサイドしかなくそればっか乗っていた為に
本当の海ではグーフィーでのライドやトリックがダメダメなボーダーとなり果てましたがねw


その我等が愛した施設もやがて閉鎖の憂いとなりついでにボディボードブームも下火となりました。
数年前に新島合宿の際にやったのが最後だったっけ?とにかく今年は一度も出番がなかったのは本当。


この後バイクの鍵を失くしました

これからテイクオフしそうな人が私だが新島の波大きすぎ!


ただやりきった感もなくモヤモヤしてましたがこの冬目前となってまさかのBBネタ到来?!


実は夏にはオープンしていたらしいのだが東京品川大井町にスポルなる運動複合施設に新たなウェーブプールが出現したらしい。


国内ウェイブプールで検索したらあったの

スプラッシュが本気モードだ


そこではサーフィンも可能な本格的な波(水深の確保やそれなりのパワー)が出来るらしいのだが
遅ればせながらボディボードも9月頃に解禁となったとか何とか。





待ってたぜ~!!

ワラクシの脳内イメージね


そのシステム詳細は調べて欲しいがザックリ書くと50分6000円の個人枠と50分貸し切りで6万円だとか。
だが貸し切りだと波の高さは好きに選べるらしい。朝は7時から夜は23時までで色々レンタルもある。


ただし2枚目の写真の通りプール自体は屋外でありこれからの時期はクソ寒いかもしれません。一応温水だけどさ。
んで多分なんだけどワイブルとは違う方式でドッカンで波を発生させるのではなく前後からの水流のぶっつけで波高を形成すると思われ。


すると波面が安定しズーっと乗り続ける事が可能になる・・・違ったらゴメン。


でもこれはソソるわ~特に貸し切り枠については決して高いとは思わん自分がいるのであります。


海でのライドは波を待つ事自体が楽しいけど実は早々乗れるもんでもない。
他人もいるし来る波と自分のポジションやパワーによっていつでも良い波に乗れる訳ではないのだ。


そして何より乗ったあとに沖へ戻るのがオサーンには疲れて仕方がないw
これは体力勝負ではなく大半はコツやタイミングの問題なのだがそれでも非常に疲れるのであります。


その手間を省きかついつでも優良な波を乗れるウェイブプールは凄く有り難い施設。だから大枚叩いても行こうと思えるのであります。


さてさてコレを知ってしまった今どうしべぇな?ウズウズ
コメント

本日完全休養日?!だらけたオフでのワンオフ製作と閉じ込められた二次とは如何に?

2018-12-06 15:37:22 | 日々の戯言
ワラクシお休み中です平日ですけど休日です。


ヌコ毛100%布団(骨付)暖かいけど股間には重い


多分だがこうゆうのがインスタ蠅なんだろうか・・・多分チガウけどw


***


閑話休題


とある用事で甲府に行きついでにタックルベリーに寄り道した際にビビッと来るバスロッドを見つけた。


今では年間数日だけどバスは格別奥深く未だに面白い釣り


正直バスロッドはもう十分あるんだけどその1本は触ったとたん俄然欲しくなってしましました。ちな価格は2万円強のスピニングロッド。
ただ手持ちもなくそこでは結構簡単に諦めたのですが帰宅したらどうしても欲しくて気になってますw


なんちゅーか長年求めている理想のアクションだったのよ。言葉じゃ伝わんないけど。


んで実は再来週にまた用事があり甲府に行くのだがそこで再会出来たら(売れ残っていたら)
この子とは縁があったと我がラインナップに迎い入れるつもりであります。


こう書くとまるで里親募集の子猫みたいだけど割とモノを擬人化したがるワラクシにはまさにこの心境なのです。
さて無事逢えるかな~それとももう逢えないかな~


この出会いは一期一会か?それともチャンスの神様の前髪は2本あるのでしょうか?こうご期待!


***


ヌコとゴロゴロしている隠居の身ですが暇なんで先日の続きをば。


えーと前に説明したかもしれんけど字数埋めの為にまた繰り返すがマイルールではランニングシューズは1年交代制である。
現在の交代契機はウルトラ本番を走ったらでつまり練習走を含め結構な距離を走った事によるソール消失だからだ。


それを外ラン用シューズとするが実はその準備は随分前からでジム内で散々履き倒した後にようやくロードに下がる。
※ジム内のトレッドミル如きではソールは減らないから


この子も当然ジム内で履いていて既に馴染んでいるのでフィッティングの問題はありんせん。


まぁそれはいつも通りの事なんだが前作からのマイブームでマジックで色を塗るのが流行っています。
ここ数年愛用しているナイキのフライニットレーサーは繊維を織り上げた様な構造なので非常に色が載り易いのであります。


んでグレーシルバーのフライニットさんを全身紫にしてしまいましたがどーもイマイチ足りない希ガス・・・とここまでが先日。、


これが原型

とりあえずこうなった


その何か足りなさに対し太陽がコレどうよ?と提示してくれたのが数日前のとても晴れた午前中でした。


ホレこれを閉じ込めてみろと挑戦を受ける


そんな訳でマジック追加で買って来た。


虹の色じゃない色があります

スマホカメラだと紫がキレイ


この一見無意味としか思えない努力とコストなんだが(我ながらそう思う)いつだってなんだって
他人と違うモノが欲しい人なのでこれこそ嬉々として行う無駄なのでありますw


ではヌリヌリヌリヌリ~


ヌリヌリヌリヌリ~


ヌリヌリヌリヌリ~






出来た

綺麗に見えるかな~


所要時間10分で虹がマイシューズに出現致しました!


名付けてRACER 


・・・それより僕のご飯はまだ?


因みにレインボーは一箇所だけにするつもり。シンメトリーにしてしまうと既製品っぽくなっちゃうので敢えて外す控える事も重要かと思うのだ。
後は靴紐のカラーを考えるだけだけど面倒だからシルバーのままでいーかも。


でもでもこれで魂入った!!あとは本番まで練習あるのみ!目指せロード1000km走!
コメント