さくさく

中居正広ナシでは1日が始まらない、終わらない。元気をくれるのは中居&SMAP。

2014/8/30「サムガ」すっごい女のコといちゃいちゃしたい・・結局なかったですけど・・(by中居君)

2014年08月31日 10時09分33秒 | サムガ オン&オンエア 中居正広

<夏休み終わっちゃうね・・あと今日はプレゼントがあるみたいですけどね・・はい・・え・・スペシャル~>

 

 

中居 「どぉもこんばんは中居です。」

グググ・・グゥググ・・(謎の音)

「これ、お腹鳴ってんのって聞こえてるかな?・・・聞こえるの? すっごいお腹鳴ってる。 ・・ちょっとやっぱりね(笑)僕ね、「27時間テレビ」が終わって・・あのぉ~・・2週間ぐらいですね・・あの~・・もの凄い・・え~・・暴食・・“暴飲”はしないです。 暴食、暴食。」

「え~、カツカレー・・牛丼、チャーハン、天丼、カツ丼、えー・・ハンバーガー・・えー・・一日三食ね、全部そんな感じで食べてですね、えー・・2週間でですね、え~4kg増えまして・・え~・・(笑) エフフフフッ(笑)」

 

「えー・・ろく・・60kgジャスト!にまで・・えー・・体がおっきくなりました。」

「でっ、あの こんなこと言うのもあれなんですけど・・え~ライブが始まるという・・う~・・一か月前に・・ホントは8月の4日ぐらいから絞ろうかな・・と思ったんですけども・・えー・・それじゃあんまりちょっと・・僕の中で可哀相だなぁーと思ったので、えー・・一週間延ばしてですね、えー・・8月の10日ぐらいまでか・・ちょっと、元気に食べてました。」

「えー・・そこから絞ろうと思ったら、お腹がとにかく鳴る・・ここ何日かでございます。」

 

ぐぅうう~・・・(お腹の音?)ぐぅうーーうーぐぅー

「うはははは(笑)カカカ・・ お腹が鳴ってれば放送禁止にならないの?大丈夫なの?(笑)」(“放送事故”と言いたかったのか?)

 

 

中居 「 『すでに北海道などは学校が始まっていたりするのではないでしょうか。今年は9月の1日が月曜日だから大変ですね。丸々一週間、学校に行かないとけないんだ。 ま、金曜日まで行けばいいのか・・』 ・・もう、どこの学校も、どの小中も・・高も?分かんないけど。 土日は毎週休みなの? 隔週のとこもあんの?・・いいね!土曜日休みなんてね。」


「 『 “ゆとり教育” “ゆとり世代”なんて言われますが・・』 今、ゆとり教育なんですか? あの~・・この間ちょっと、ハタチぐらいの人と・・ずいぶん前かな・・「スマスマ」で対談した時に・・・ あの・・“ゆとり世代でしょ”とか “ゆとり教育だからね”って言われるのが凄く嫌だ、って言ってた。 本人たちにとっては凄くイヤだ・・ なんでかって言うと」


「ゆとり教育しか知らないから・・「お前、ゆとり教育だな・・って言われるのがもの凄くイヤで・・“ゆとり教育”じゃない教育を受けたことが無いから、これが普通の教育だと思ってるから・・そんなこと言われても困っちゃう・・って聞いたことある。」

「 『仕事の現場で若いコ・・こいつら“ユトラー”だな~・・って思ったことはありますでしょうか?』 ・・んん~・・・『飲みに誘っても来ないとか、言われたことしか出来ないとか、いつまでもお客様感覚とか』 あの・・ゆとり教育だから、とは思わないですけど・・・まあ、世代だな~・・とか・・あ、やっぱ時代がちょっと違うんだろうなぁ~・・って思うことはなくはないですよね・・。」


「例えば、宿題を忘れても・・忘れてないんだよ!宿題なんて忘れたことない。 ただやらないだけだから(笑)。 勘違いしちゃいけないね、分かってるから。 「あ!やべぇ 宿題忘れました」って言うじゃないですか。・・分かってるよ、宿題あることなんて。 ただやりたくねえだけだから。・・うん。 で、ぶっ飛ばされちゃうでしょ? 体罰ですよ、今で言うと。 それ、ダメだとは思う。そういう行動するのは良くないなと。」

「だから、今のコたち・・今の20代のコたち・・は多分そういう・・あれ誰だっけな・・あの・・「ワイドナショー」の時に、あの~・・女の子のコが「ぶたれたりとかされませんでした」って。もう想像とかそういう発想がない、と。 「え?先生にぶたれるんですか?」「え、そんなのは無いです。発想がないです。」・・「叩かれたら泣いちゃいます。」 」


「泣くだろうね、いきなりぶっ飛ばされたら。うん。 ・・その違いはあるかな~・・うん。 ちょっと話はズレましたけど、でも全体的に・・ま、“ユトラー”とは思わないけども、ま、なんか・・うん・・あ、ちょっと違う・・俺なんかの20代、10代とはちょっと違うかな~・・とは思う。」

「でも、変な話ですけど、僕らが10代20代の時は・・10代20代の時の・・え~・・40のオジサンとかオバチャンたちは、やっぱり僕らのことは甘いとは思ってたでしょうね。 「なんだコイツら」と。うん。 なんだ、これ気合いが入ってねえな~・・とか、甘いな~とか。脇が甘い、隙があるなって思いながら、僕なんかのこと見られてたんだろうな~と思いますよ。」

「“新人類”ね。 うん。 そうねえ~・・ゆとり世代・・ただだから、今の10代20代のコたちが、40とか僕なんかの世代になった時に下の事をどういう風に感じるかは知りたいですよね。うん。  アルバムが出るみたいですね!

 

「21枚目のアルバム『Mr.S』。 ・・・・Mistake!のアルバムバージョンってのがあるんですか? ・・・・・だって。」

 

 

 

曲:Mistake!(アルバム・ヴァージョン)

 

 

 

~CM明け~

中居 「ハガキをね、こまかくバァーっといきますね。」

 

ハガキ 「新曲の「Top Of The World」は雄を感じると語ってましたが、中居君が雄を感じる、または感じたと思う出来事は最近ありましたか?」

 

中居 「これはね・・なんだろな。 「27時間テレビ」が終わった時に、もぉ なんだろね、あのね・・ すっごい女のコといちゃいちゃしたい ・・こう・・出てきたんだね。 (笑)あれ俺だけかなあ? SMAPさんはどうなんですかねえ?」

 

「なんか、いっじょーに・・こう・・なんかね、女のコに・・優しくしてもらいたくなってる(笑)っていう・・」

 

「・・・・・・・結局、無かった ですけど。」

「・・・・・・・めんどくさがっちゃって。うん。」

 

「ちょっとなんか女のコとご飯でも食べに行こうかな~・・と思っても、たぶん「27時間」のこととかスゲー言われるんだな・・なんか多分、と「見たよ」とか言われるのもちょっとなんかヤダなんだろな・・とか。 嬉しいんですよ。見てくれて嬉しいんですけど・・なんかその対話が・・めんどくせえな・・・って。」

「でも、その女のコの友達にいちゃいちゃするわけにもいかないだろな(笑)と思いながら・・ なんだろね・・ 女のコと遊び・・遊びたいな・・って感じてたね。

 

 


ハガキ 「 「27時間テレビ」の放送が始まる7/26、愛知で森くんのトークショーがある、ということで18年ぶりにお姿を見てきました。 メンバーの出ているテレビをチェックしていますか?という質問に『もちろんしています。ベストフレンドですから。」

 

(と、突然)
あっ!森、優勝したの知ってる? こないだ。 うん! ・・ごめんなさい(笑) エッへへへッ」


(嬉しそうな余韻を声に残したまま、ハガキに戻る)
(ハガキ)「27時間テレビ」 は家で見ます、ともおっしゃっていました。この時は森くんはどんな気持ちだったんでしょうか。最後の森くんからの手紙は番組からのサプライズだったのでしょうか?」




ハガキ 「「27時間テレビ」お疲れ様でした。 最後まで感動でした。ライブはどうなることかとハラハラしましたが、登場してきたところから涙が出てきてしまって、衣裳も素敵でした。 ちょこちょこ居なくなりながら最後まで感動のライブでした。曲順も良かったです。 最後の森くんからの手紙も、ただステージで・・という形ではなく歩きながら、というのがSMAP5人で歩く、6人という錯覚に陥りそうになりながら、6人の絆がしっかりと見えてSMAPについてきて本当に良かったなと。

「27時間テレビ」が始まった時から、中居君の肩や首、腰のシップ、ちらちら見えました。大丈夫かしら?と思ってました。 そして、そして『音楽の日』のSMAPの「Amazing Discovery」は途中で迷子になってましたね。 メンバーが顔を合わせ、アイコンタクトを取っているのがなんともよかったです。」

 


(ハガキを嬉しそうな声で読み終え)
中居 「だからねホントにね、 あのぉ~・・入んないんですよ。 あの・・立ち位置とかが(笑) クク・・ 前の日のリハーサルとかがもう・・なんとも・・だからもう、「27時間テレビ」の後遺症ですよね。」

それからまだ、5日、6日なんですけど。 ・・・・ま、あの・・体の後ろ全部が痛いですね。 背中と腰とふくらはぎと・・あとなんか知らないけど、親指の・・足の親指の下の・・なんかボールみたいのがあるじゃないですか、あそこがもうね、異常に痛いんだよね。」

 

「それとやっぱね~・・なんだっけ、本番入る前に 「あ、あの曲やべえな」とか(笑) 「あれっ?何の曲だっけな?」とか。 そんなんでスタートした「音楽の日」。  ま~・・前半・・眠さとか・・睡魔はぜんぜん無いですね。 睡眠不足は睡眠不足でしたけど。 睡魔に襲われることは・・ずーーっと頭回転してるんで、「あ・・眠いな~」ってのは無いんですけど・・・まあ、でもやっぱりね、足が痛いんですよ!!(笑)」

 

 

「・・2時に始まって・・最初やっぱり・・1部・・1部・・f台本がね、「1部の一部・二部」・・「2部の一部・二部」・・で、3部って5冊あるんですよ。 で、1部2時から6時までがだいたい1部までの一部・二部なんですよ。  で、6時から9時ごろまでが2部の一部。 で・・9時から12時までが、2部の二部。 で、3部はね12時・・1時ぐらいから5時までのが3部一冊かな。」

 

「・・・だいたい・・これ良くないんですけども、散々「27時間テレビ」でメンバーに「舐めんなよ。こういうの絶対、舐めちゃいけないからな。ライブの時は舐めんなよ。」・・・」

「あのずーっと司会をやっていきなりボンと歌になっても振りとか入んないからちゃんとやれよ・・とちょっと鼓舞しながら「舐めちゃダメ」「ほんと疲れる。炎天下だから」って。「絶対、水分補給」!・・って自分が倒れてしまったわけじゃないですか・・」


「今回はあれですよね・・「舐めるなよ」って思うんだけど、もうやっぱり・・先週の今週なのでもう・・メンバーには何も言えないっていうね。 フッフフフ(笑)」

 

「なんか・・リハん時もなんか分かんないけど、みんな穏やかにやろうね・・と思いながら。口にはしないですよ。 ・・みんな楽しく出来たらいいね・・みたいな・。」

「やっぱ、歌を・・が、自分たちの歌が終わって次がやっぱりしんどいですよね。うん・・ 一回、フワァ~ってなるね。でもすぐ着替えて行かなきゃいけないから・・そっからがね、やっぱね。 うーん・・・だるくなってくるんですよね。うん。 だからちょっと、声張っ・・いつもより張んなきゃいけないなって、思いながら・・」

「そんな感じだったから・・安住さんにも・・俺、途中で大きい湿布も2枚ね、このふくらはぎと・・うん・・ふくらはぎの下の方に貼った方がいいな~・・と思いながら、それがね・・なんか1時ぐらいかな。 あと4時間ある~・・なんて言った時・・」

 

「足がなんせもう・・ない?なんか足がなんかずっと立ってて痛ぇーの。 フッハハ(笑)」



「なんかさ、足がこうしたいの・・足がさ、足をこうペタって着けんじゃなくて、両方のさ小指の・・親指の方が完全に立っちゃってさ・・なんかこうしたいんだよね・・・これ説明難しいなぁ~・・」

「え・・なんていうんだろな・・あの・・ えー・・玄関にある・・家出てさ、玄関出てさ、「あ!忘れ物した!」って靴脱ぐのめんどくさいから・・・つって、あの・・靴の裏をつけないように忘れ物を取りに行く足。・・みたいに  そういう状態にしたい、っていうかな。 フッフフ(笑)・・分かんないか・・」

 

 

「や~・・・ やれやれ、でしたね。」

 

「 「27時間テレビ」の次の日はさすがに休みましたけど、15時間はもうフツーでしたね、次の日も普通になんか・・エー・・・何やってたっけ? ・・・・・・PVやってたんですかね。」

「・・PVの撮影やってましたね・・・ PVの撮影やって、その後なんか・・あれ・・取材みたいのやってたかな・・んでね、大阪のチビがメールくれて・・」

 


「 「ひろちゃん、なんか音楽の日見てたで~」「めっちゃ笑ってるや~ん」「なんかおもろいことでもあったんか?」みたいな。」

「 「ええことあった?ひろちゃん」みたいな。」

「 「めっちゃニコニコしてるや~ん」みたいな。」

 

 

「・・よく分かってなくて歌ってたんですねー。・・1週間前にあんなだったんで、ちょっとなんか(笑)ニコニコして歌おうかな・・なんて(笑)ハハハ・・・」

「ニコニコして歌った方がいいんじゃないかな・・と思いながら。 ・・歌?・・Top Of The World」。」

 

 

 

曲:Top Of The World 

 

 

 

~エンディング~

中居 「お別れの時間です。 プレゼントの告知。 SMAPのシングル「Top Of The World」の発売を記念して作られたモバイルチャージャー・・・バッテリー・・携帯の・・を5名に。 アルバムが・・出ました。 え・・ボックスティッシュ、10名。プレゼントします。 欲しいっていう方、住所氏名年齢電話番号、どっちのプレゼントが欲しいか。〒1008439 ニッポン放送「中居正広のサムガールスマップ・お腹が鳴ったら放送は大丈夫なのか?」係まで。 9/10到着分のハガキまで有効。 当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。 また来週ぅ~」

 

「・・コバヤシくんが遅刻して、今来ました・・」

 

おまけハガキ 「今、中居君がガチで欲しいもんを教えてください。」

 

中居 「ガチ!で欲しいのは 土地っ!! また来週~」

 

 

 

いや~・・2週間で4kg

・・ま、それでも60kgってのもビックリだけどさ

・・またまたの無茶ぶりも今回は怒る気がしなかったよ・・

だってさ

「女の子といちゃいちゃ」だよ。

 

よっぽどお疲れだったのね

ホントにぎりぎりだったんだよね

危なかったのね・・

 

それでの本能的な反応というか 体が欲したのよね食欲とかせ・・(ゴホッ・・)

 

でも、またライブに向けてメンバーは無茶しちゃってるんだろうなあ・・

はー・・

ま、私たちもSMAPには足元にも及びませんが・・彼らについていっている分・・かなりハードな生活をしてますけどね・・。はははは

SMAPのスケジュールを一般芸能人はそうそうこなせない・・でしょうけど

ファンのこのスケジュールもそうそう・・だと思うよ・・・

 

あははは・・・って薄く笑いながら今日もお仕事行ってきまーーーす!(ねむ・・)

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


SMAPライブカウントダウン・・「1日10時間踊ってる」「誰もストレッチしない」「壊れる」(by木村くん)

2014年08月30日 06時45分06秒 | SMAP

うわぉ~ もうこの週末で8月終わりじゃん!・・てか、スマコンだよーー

 

札幌公演の当落も確認できるようになったようで~・・いよいよ始まるよ~

SMAPの皆さん、準備はどうなんだろう~・・

 

「ライブのリハ、やりまくって。 この間ですね 気付いたら一日で10時間踊ってることに気付いて・・ これダメだろ!っていうふうに思ったんですけど」(by木村くん)

 

え。10時間?

昨日の「ワッツ」で木村くんがサラッ と言ってたけど・・マジか。

 

木村 「やー・・・やっぱ、普段踊ってないじゃん? ま、チラっと「スマスマ」のね、歌のゲストが来てくれる時に踊るぐらいで。」

「ま、とにかくビックリするのが歌前に ウチのメンバー誰もストレッチしないんですよ。 で、終わった後、誰もストレッチしてないんですよ。 そういうメンバーが急に踊るとね、壊れる。 フッハハハッ(笑)」

「やっぱ!きますね!うん。 俺、だから珍しく まぁあの・・あれッスよ・・家でとか、あとリハーサルの現場行った時、ストレッチしてますよ。 うん、これ当たり前なんですけどね。ホントは。」 「この間「27時間テレビ」の・・だからその45分ノンストップライブってやったけど・・・うん・・キテるね。今回のナンバーも。マジで。」

 

“壊れる” って。

いやー・・怖い、コワイ。言わないで。

で、ストレッチ・・・きっとみんなこっそりやってるでしょ?「してないアピール」だけでしょ?

 

ほらほら・・

これこれ。

見ぃちゃった
 

 

木村くんが言うには、いろんな振り付けの方が参加されてて・・それぞれが自分のパートは120%でくるから

「パンクしねえ?」(by木村くん)

 

って。気付いたらスゴイことになっているらしい。

でも熱い木村くんは、「やる側も120でいきたいと思います(笑)」と明るい声で宣言してくれました!(どこかの誰かさんとは大違い?(笑)

 

公開リハ(違)・・もとい、初日を待つこの感じ・・ やっと実感わいてきた~・・って感じだよ~(え、今頃?)

だってさ、「27時間テレビ」の中でのバタバタの発表で、なんかしんないけど今回はノンストップライブを見てFC新規の申し込みした方たちも、抽選の資格があったりして・・

当落が出たあとのチケット助け合いも今までとはまた違う感じだったから・・

 

でも やっと

“もうすぐ SMAPに逢えるよ” だね。

 

「来ちゃった~って、マコちゃんばりにやりたい気分だぜぃ

あっ・・
 

「なんだ “来ちゃった” ってよ」(by中居君)

 

なーんて、言わないもんね。スマコンの中居君は、にっこにこでお手手ぶんぶん、振ってくれるもん。

こっちも ぶんぶん振っちゃうよ~ 

 

そのためにはこっちも体力つけとかなきゃねー(笑)
東京地方は、この数日間 急に涼しいんだけどライブが始まる頃はもう少し暑さ戻ってるはず。 
みなさん調整してきましょうね 

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ


SMAP最新アルバム『Mr.S』初回限定盤特典、MVをビクターHPで公開

2014年08月29日 05時54分18秒 | SMAP

SMAP 最新ALBUM 『Mr.S』の初回限定盤・スペシャル限定盤の特典DVDに収録されている「Mr.S -SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO- 」のミュージックビデオが公開されています。


コチラ  VICTOR公式ホームページ


続きが見たくなりますね~(^m^)このこのォ~!


SMAPが5人一緒の楽屋になったら~?・・「次、拓哉だよ」(by中居君)・・(^m^)

2014年08月28日 09時02分56秒 | 中居正広

SMAPが5人一緒の楽屋だったら~・・・

 

「つぎ、次、拓哉だよ」(by中居君)

客席、きゃぁあーーー  


「拓哉!」(by中居君)  客席の反応みて追加?(笑)

 

アラフォーの男たちが「仲良しさん」?

「それはそれで問題です!」と若林くんに言われる中居君。
 

その場もみんな爆笑~ して

中居君もこんなお顔で笑って ちゃんちゃんですが・・
 

あんたら、やりかねない

まあ、楽屋でわちゃわちゃ仲良しこよし・・はしないとしても

何かキッカケがあって テンション上がったらその「問題」は起こりうる。

カメラまわしとくか

てか

ライブではなんかしばしば見受けられますがねえ~・・わちゃ ってるとこ。

今年はメンバー愛も高まってることだし・・むふふ ですかねえ?・・

 

にしても、あなたたちも仲良しよね。

べーさん&ひろちゃん。
 

見つめあっちゃったりしてさ
 

もう秋衣裳ですかい?中居君・・

お袖が長いとつい、萌え袖・・に無意識になってて
 

「いかん、いかん」・・と、気にして直してるように見えた。

実際、40過ぎた男性が萌え袖・・じゃーねえだろう・・と思うものの

中居君がやったら似合っちゃうし、板についてる(笑)もんでどうしましょ。

なんで可愛いのよ

困ったコ

 

・・・って、「仰天」で一日の疲れを癒した気分になったら、夜中の2時半過ぎてた

なので

「ナカイの窓」はまだちゃんと見てないよ~

「TVぴあ」も「ガイド」も「TVstation」も見てないよ~ん

 

でもチケットが無事到着したから すべてがオッケー

 

相思相愛の「幸せ」が満ち溢れた空間

まめップの急こう配の席でも

スタッフやメンバーがごそごそ出入りしてるとこが見える「真横」の席でも

「審査員席」でも(笑)

 

どこでもハッピー 本当に楽しいのがSMAPライブ

 

最後部のみなさんの様子まで私たちに報告してくれる驚異の視力?の木村くんとか

上の方~ 下の方~ ぶんぶん、手を振って 笑顔を届けようとしてくれるメンバーたち

 

ホントに一緒に「今」この時を楽しんでる


この想い出を作ってる

 

と、感じさせてくれるのがSMAP。

 

今回のツアーは、どんなふうになるのかな~。

メンバー、今頃きっと大変だよね・・体調とか心配だけど・・・届けてくれるGIFTを楽しみにして今日もがんばるよ~。

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


上下チェック柄の館長さん「各局のレギュラーで言うからね!」(by中居君)

2014年08月27日 08時59分57秒 | 中居正広

今日は、8月27日。

おっと!「27時間テレビ」からちょうど一カ月!経つんですねえ~・・・思えば、ライブ発表もあり、バタバタとSMAPスピードに振り落とされないよう、みんな必死・・・東京公演のチケットも届き始めました!!!

まったく落ち着きませんっ

バタバタ続きですっ

 

がっ

館長さんは今週も可愛いです!!!

指し棒は、今週は「おうち」です(^m^)
 

そう、今週は「不動産業界のウラ側」なのです。

不動産屋さん、弁護士さん、建築士さん、はたまた欠陥住宅い住んでる人・・が集まってるスタジオ。

すると館長、冒頭で

「あの・・皆さん“いいもん”ですか? そこだけちゃんとして欲しいんですよね。悪い事、企んでないですよね?」

「やっぱ不動産の人って怖いイメージもなくはないんですよ。お金の取引が大きいから・・なんかちょっと“怖い人”がやってるんじゃないか・・・」
 

・・・と、ゲストで呼ばれているある不動産屋さんに目をつけ・・・「人相悪いな」失礼)

 

そして、その方をおうちの指し棒で指して(失礼)「聞くよ!」

「いい人?」
 

不動産屋さん 「いい人です。」

中居 「俺、ダマされたら・・」
 

「各局のレギュラーで言うからね!」(by中居君)

脅しております。

可愛い顔で、スタジオ内は笑いに包まれておりましたが・・・どっちが怖いね~ん!(笑) 

 

でも、かわゆいのね~ 42ちゃい。 チェックのベストにネクタイ・・だけでも可愛いけど、上下ともに「チェック柄」なのよ。
しかも似合ってるってなんなの~
 

だけど、この「不動産」ばなし。

事故物件(事件やら、人が亡くなってるとか)とか・・欠陥住宅とか・・おいおいおい・・本当にコワイやないか~い

ほん怖じゃん!!

 

なので

館長の可愛さを愛でることで気を紛らわせてみる(笑)

すっかり、白くなってきたね~ うふふ

耳にかけていたサイドの髪の毛、このカットの仕方も可愛いんだから~
 

しかし、ひろちゃん・・

この15年ぐらい毎年・・

“今年は買い時”って言われることあんのかい? それって一般向けの営業言葉じゃなくて・・中居君だからじゃない?(笑)

用心深そうだけどね~、中居君。

警戒心は強いけど・・あれっ て感じで失敗しそうにも思うけど。気を付けてよ~。

 

って、館長さんを堪能したあとは・・なんと、遅れて月曜日の「ビストロ」を見ました!!

 

唐沢さん、面白い(≧▽≦)

「ちっちゃいやつ」!!!

いじける中居オーナー(笑)

喜ぶ慎吾。

しかし、慎吾の配役は「太ったやつ」 ガクッ


 

ぷぷぷ(≧m≦)サタスマ~

唐沢さん、ぜひ企画をお願いしまっす。問屋さんで出演も(笑)

 

そして伝説の映像・・ふたたび・・ (中居君はちっちゃいやつ・・じゃなかったね

 

私としては・・バードマン・・鳥男のその後・・も見てみたいけどな~ 

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


「僕の手紙で感動してくれたので嬉しかった」(by森くん)★27時間テレビのSMAPメンバーを見ていた

2014年08月26日 19時54分30秒 | SMAP

【森且行、SMAPと共演の可能性に言及】

2014/8/26 17:58:51配信 ~モデルプレス~

コチラ  「model pless ニュース」


~引用~
「元SMAPのメンバーで人気オートレーサーの森且行が、SMAPと共演の可能性について語った。

森は26日、千葉県・船橋オートレース場でBSフジのバラエティ『たけしの等々力ベース』の収録に参加し、取材に応じた。

◆27時間テレビを振り返る

先月26日と27日に放送されたフジテレビ系生特番『武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ』で、総合司会を無事終えたSMAPメンバーに、森からの感謝の思いが綴られた手紙が読み上げられたことも話題に。

その場面をリアルタイムで観ていたという森は「(メンバーたちが)僕の手紙で感動してくれたので嬉しかった」と振り返るも“夢の共演”の可能性について聞かれると「それは(オートレースで)日本一になると約束したので、日本一になれるまでは考えていません」と芸能界引退時にメンバーに誓った約束をあくまで守る姿勢だった。

◆久しぶりのバラエティ番組出演

同番組は、ビートたけしらが毎回「~道」と称しその道を究めていくBSフジで放送中のバラエティ。10月9日、23日放送回では船橋オートレース場でオートレーサーの森選手をゲストに、ビートたけしをはじめとするたけし軍団がオートレース道を極めようとする。

バラエティ出演は「相当久しぶり」という森は「オートレース業界も低迷しているので、少しでも盛り上がるようにと出演させてもらいました。本当に面白かった」と、SMAPとしてゲスト出演した『TVジョッキー』以来となるビートたけしとの対面に嬉しそう。

今後のテレビ番組出演の可能性については「オート業界が盛り上がるのであればやっていきます」と意欲を見せ「オートレースの魅力は音と臭いと迫力。オートレースはライブで見ないと伝わらないので、今日はたけしさんたちにライブで見てもらって嬉しい」と収録の手応えを明かした。」 

 

たけしさんの番組は、BSフジで放送されています。

コチラ  「たけしの等々力ベース」

森くんゲスト出演の放送予定は、★10/9(再放送10/16) ★10/23(再放送10/30) 23:00~23:55

コチラ   「オートちゃんねる分室」アカウント 

 


2014/8/25「ベビスマ」大塚愛★未公開トーク 『中居君、怒だ!』(>_<)

2014年08月25日 08時11分26秒 | SMAP

今週の「ベビスマ」は~

先日、歌ゲストで来てくれた大塚愛ちゃんとの「未公開トーク」

 

あ、その前に。今日の「スマスマ」は唐沢さん~・・
後ろのボードに『もしSMAPで映画を』って見えてる(笑)

そして、歌コーナーは、キスマイと

あっ、舞祭組はまたまたポンコツトリオのみなさんの出番(^m^)

 

はいはい。

未公開トークね

中居 「ゲストご紹介しましょ~、大塚愛さんです。よろしくお願いしま~す」

中居 「歌、初めてなんですか?」

大塚 「はい。」

中居 「ビストロは来たことあるのに・・ないの?」

大塚 「そうなんですよね・・」

中居 「歌、無いんですね!?初めて?」 なんか来たことあるような気がしてたよね。わかる、わかる。

 

慎吾 「ビストロ来てるのに・・(歌が初めて)ってのは更に珍しい。」

「今までいないと思いますね・・」

愛ちゃんも「聞いた事ないですね・・」と。

木村 「ま、メシはOKだけど・・「歌はちょっとゴメンなさい」・・って」

大塚 「まだ私レベルは、やっぱ「スマスマ」の歌は出られない・・」

中居 「まぁた~!!」

と、ほぼ同時に「またぁー!!」と木村くんが。

同じ反応をする2TOP。

そして、その木村くんの横で唇をかわゆく尖がらせてる吾郎ちゃん・・が(笑)

改めて・・

「どうでした?」と歌コーナーの感想を聞く中居君。すると・・

大塚 「リハの時の中居君が怖くて・・」

・・と、なぜか笑い出す愛ちゃん(笑)


中居 「こんなに優しい僕がですか?」

笑ってる愛ちゃん(笑)

中居 「こんなに優しい僕が怖いんですか?」

木村 「(中居君の言葉を遮るように)正直に話して下さっていいですよ。」

愛ちゃんが言うには・・

「よろしくお願いします・・」と挨拶をしたら


あ゛!?」 

大塚 「・・みたいな感じで・・・」

中居 「(笑)そんな顔・・・」

中居 「そんな顔するわけねぇーだろぉお~」

大塚 (それを見て)中居君、“(おこ)”だ!と思って。」


慎吾 「うわぁ~・・ なぜか嬉しそう(笑)

剛 「優しくするべきだなぁ」 こちらもなぜかニヤり。

愛ちゃん、緊張してるとこすみませんでした~ 

こんな感じでした?

 

ちゃっちゃら~ん

ふふふふふ


「スマスマ」にはまたエンディングトークや歌ゲストとのトークを復活させてもらうようにお願いしよ~っと

さ、今日から東京公演のチケットが発送になりますね~

きゃーーーーーー

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


2014/8/23 サムガ「『音楽の日』の早朝に中居君が経験したマンションでの出来事とは・・」

2014年08月24日 01時11分55秒 | サムガ オン&オンエア 中居正広

<42歳なっちゃったよぉ~ぉ・・(泣)スペシャルっ>

 


中居 「どぉもこんばんは、中居です。 『先日、無事に42歳になりました。』 無事に42歳?・・・えー・・『せっかくですから42歳の抱負を述べておきますか・・あんなことする、こんなことする。』・・ 後厄っていつまでだっけ?(と、スタッフに確認) え・・今年いっぱいか?来年3月だっけ?2月まで?・・なんもねぇんだよな・・ ホントに、前厄も本厄もなんにもない。 厄払いをしてないのに何にもない。」


「・・・・い・・いぃんだろね、多分ね。 気にしない人はね。・・・え~・・42歳はですね・・ あ、ライブがあるみたいですけど・・・ え・・ゆっくりしたいですね。」

「(笑)え・・たぶん、27時間と15時間テレビみたいのが連チャンであってね、なんかいまだになんかこうね・・何もやる気しない、と。

 

「ありますよねえ?たとえば・・お腹空いてる時にコンビニ行ったら、やっぱり買っちゃうんですよ。 お腹空いてる時にスーパー行ったら、なんか頼んじゃうみたいな・・あ・・いっぱい買い込んでしまう。 お腹空いてる時に・・なんかファミレスとか行ったら、なんか知らないけど2人前頼んじゃうみたいな・・・ うん・・。」

「だから今、すっごいなんかもう・・ 今日、僕はじめて声出しました!これ。」

 

「“SMAP中居正広のサムガールスマップ”っていうのが・・今日、起きてから初めて・・あ、その前に「お手洗い行ってくる」って言ったか・・ハハハハ(笑)クク・・ そんな中で今週は・・フリートークします。その前に、この曲から・・9月の3日!リリース・・・21枚目のアルバム『Mr.S』からSMAPでミスター・エス!」

「・・さいていでさいこうのおとこっ・・ だって(笑)どうぞ!」

 

 

曲:Mr.S ― SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO ー



 

 ~CM明け~

中居 「27時間テレビの次の週末の8月の2日の午後2時から・・翌朝、8月3日の朝5時まで。・・『音楽の日』という番組やりました。」


「前の日もね、結局前の日なんだっけな・・金曜日か・・金曜日の日 何やってたんだっけ・・・「ナカイの窓」・・なんか撮ってたのかな・・「ナカイの窓」の収録があって、「ナカイの窓」が終わって、え~・・なんかあったなぁ・・なんか合間にあったなあ・・これじゃないねえ・・なんかあってぇ・・あのぉ・・TBSでその「音楽の日」の、次の日が本番だったから、えー・・リハーサルつってねぇ・・2時ぐらいまでやったのかなあ・・

「振り入れと、あと・・なんか・・みんなでやるコーナーのやつとかぁ・・で、SMAP・・みんなで22~23分やってたんだねえ。 “45分メドレーやってるから半分で大丈夫でしょう” “27時間テレビやってるから13時間大丈夫でしょう、半分で”って。」


「あの、“半分”も多いからね。 22分つったって。」


「これ、なっかなか憶えるのが・・ 曲がいつ決まったのか分からないし、いつ振り・・ なんか憶えてねえなあ・・ どうやってやってたのかなあ?

 


「んで、前の日の昼ぐらいに台本もらったんですよ。」

「これ入れないといけないな~・・なんて思いながら、入れなければいけない・・「ナカイの窓」やって・・リハやったら結局、ま、9時ぐらいからやったら11時ぐらいに終わるかなーと思ったら、(夜中)1~2時ぐらいになってたっけ?あれ。 1時ぐらいだっけ? いつ帰してくれるのかな~・・と思って・・」


「家帰って、これ入れないとヤバイと思って。」

「・・ほんでぇ おうちでゆ・・なんか台本入れてたのかな・・なんか補足入れたりしながら・・・たらさぁ!(少し甘えた口調になって)前の日結局ぅ、11時~12時ぐらいに来て下さいって。2時からの本番で。 ・・・ ま、4時とかには寝なきゃいけないな、4時~5時には寝なきゃいけないなと思ってて・・・朝ね。」

「4時半ぐらいに布団に入ったんですよ。  ほんでぇ あ、もう落ちるな~・・と思いながら、寝返り打ちながら落ちるな~・・つったら・・」

 

 

「ぅアア~ ァアア~ ゥアア~ッ・・」何かの音をマネしている)

 

「今のなんだ?・・(再びマネを始める) ゥオアア~・・なんだこれ?」

「 「火事です、火事です。すみやかにこのマンションから退出してください。ぅアア~ッ ァアア~」 このマンションから何々は出てってください、ぅアア~、アア~ッ・・20分ぐらいずっと!結構おっきいボリュームで!」

「 「地下一階から火が・・」ってもう具体的に出て・・「地下一階から火が出ました」。 え、ウソだろ~・・?って、一応マンションの・・廊下出て、パジャマのまんまですよ。 一応、携帯と鍵と財布だけ持って(笑)  で、半信半疑じゃないですか・・4時半でしょ?朝!」

 

「・・・したら、やっぱり隣りの・・そこの僕のマンションのおう・・マンションのフロアの玄関、みんな開けてんのよ。 ・・・あっ、これは・・・って。」

「そしたら、お母さん方・・ね。 お母さん方が出てくんのね、ああいう時って。 お父さん出てこないね。お母さんが出てきて・・ お母さんとかは、あの 顔見知りなんですよ。お隣りの人(笑)フハッ・・クックッ・・ なんか知らないけど顔見知り・・顔見知りつったって、別にあの「すいません、醤油貸していただけませんか」っていう距離じゃないですけど。」

 

「で、僕に聞いてくんの。 僕が一番若かったんですね、うん。 で、みんなワッて集まってきたんじゃなくて なんとなーく フワァッて来て、「どうですか?」 みたいな。・・・・」

 

中居君 「いやっ 僕もちょっと分からないですけでも・・警戒はした方がいいかもしれないですね。誤報かもしれませんが誤報じゃなかったら怖いんでね。」

マンションの方 「そうですよねえ・・」

 

 

中居 「で、隣りのまたお母さんが・・『いかがですか?』。 「ちょっと落ち着きましょうか」って・・そしたらそこの2回目、3回目のおばちゃんとちょっと遠い・・ちょっと遠くから話してんのね、おっきな声で。 「落ち着きましょうか~」みたいな。」

「そしたら、あんちゃんが出てきたのよ。服を着たあんちゃんが。 たぶん着替えてきたのか・・ま、4時半だからたぶん服着たんだろうね。 そのお兄ちゃんとも顔合わせることあるじゃないですか・・「あ、どうもおはようございます」って。「とりあえずさ」って、俺んとこワッって歩いてきたの」

 

お兄ちゃん 「とりあえずさ、落ち着いた方がいいかもしんないけども・・」

中居君 「あの・・君は・・もしよければ携帯は持ってる? エレベーターで下行って、もしなんかあったら僕・・お母さんたち、こっちの方は俺がやるから・・管理人さんの方に行って、確認してきて。」

 

 

中居 「そしたら、また(警報がなって)「ゥアア・・火事です、火事です、」って、ずっと連呼されてんのよ。 そしたら、消防車の「カーン、カーン・・カーン、カーン・・」って近づいてくんの。 「これ、マズイね」って。 とりあえず、確認だけして来ようか・・って。 そしたら、カーン、カーンって(音でみんな)廊下に出てくるわけよ。 「落ち着きましょう、落ち着きましょう」みたいな。」

「一応、階段で行く準備はしておきましょう・・、みたいな。」

「 「じゃあ君、エレベーターで下の方降りてて」・・って言ってて・・ 『あっ!』・・」

 

 『俺、この時間でも仕切ってる』・・・・ハハハハッ(笑)」

 

あ・・・何、俺仕切ってんの?って。(スンッ)・・もう、やんなっちゃうね。・・・なんかさぁ、頭が回転してんのよ。あきらかに。・・そのなんか分かんないけど、モードが・・「あ、俺 仕切ってる」って思った・・「ホントにちゃんとしなきゃいけないな」と仕切ってるな、と思った瞬間の仕切りの思考が、仕事のね仕切ってる感じと似てたのよ。」

「こうした方がいいな、ああした方がいいな・・誰々さん来るな・・(笑)いろんな事・・考えてんの・・。」


「そしたら、エレベーターであんちゃんが行って・・ なんか俺の周りのお母さん方とか、犬とかが・・隣りのおうちの犬とかがワッと来て・・(犬に)「あー大丈夫だよ、大丈夫だよ」つって。 でも、ワンちゃんに走られちゃ・・「カゴかなんかにお入れした方がよろしいんじゃないでしょうか」つって。 で、なんかみんな着替え始めてきてんの。 俺だけパジャマなのね。 それが恥ずかしくてずっと。」

「パジャマで、帽子もかぶってないし、もちろんメガネもしてないのよ。」

 

オレ、廊下に帽子もメガネもかけないで・・あの、出たの初めてね。 カカカッ(笑)恥ずかしい!っていうかさ」

 

「そしたら・・そこで20分ぐらい経ったのかな・・なんか「恐れ入ります」「誤報です、誤報です」みたいな・・・のが、流れて。 家に戻ろうか・・ そしたら、「すいません、お騒がせしました」って・・別に俺が騒がせたわけじゃないんだけども、「あの・・大丈夫みたいですよ~」みたいな、おっきな声でおばちゃんたちの方に・・お母さん。 とりあえず、このお兄ちゃんも待たないといけないな・・って「行って」つって・・ 「あ、もうなんでもなかったんだ」と思いながら、もしかしてこれも「誤報でした」ってアナウンスも誤報かもしれないから、とりあえず、皆さん落ち着きましょう・・・みたいな。」

「誤報の誤報・・ってあるかもしれない。うん。 「まだ予断を許さないのでちょっと待って下さいね」なんつってて。 あんちゃんを待とう、と。 で、あんちゃんが来て・・「あ、お兄さんどうでした?」つったら・・「ホントに誤報らしいです。」・・」

 

 

中居君 「あ、ホント。それ確認取れたの?」

お兄ちゃん 「なんか地下から「火事です」つってる、その地下のところにも行って確認してみたら、それも無かったですし、火は出てないようなんで。」

中居君 「あ、ホント~・・「という事です、みなさんーん。ホントに火は出てないみたいなんで、ごゆっくりお休みくださーい」「お兄ちゃん、ありがとね、なんか」

お兄ちゃん 「いいえ、とんでもないです、とんでもないです。 よかったです。」

中居君 「・・じゃあ・・おやすみね・・」



中居 「・・・それがもう・・5時ぐらいかな。 ・・・・・・・・寝れるわけないよね。 フハッ(笑)ククッ・・」

「寝れるわけがない! ・・・あれね、一回も寝てなかったら・・あの あれだけど・・ちょっと一回ね、4時半に寝てる時にちょっと落ちてるんだよね。落ちてるから、ちょっと一回睡眠取って起きた感じだから、寝不足みたいな感じなんだよね。


「寝れない」


「結局寝たの・・けっきょくね、6時半ぐらい・・6時半ぐらい7時ぐらいに寝たのかな・・うん・・ でもやっぱり、あの・・ビックリするよね。」

「あの・・いや別に自分が云々ってわけじゃないんですけど・・ “あ、俺 ちゃんとしてたな” って。 フハハハッ(笑) 俺、ちゃんと冷静にしてたかな~・・あの対応で良かったのかな~・・とか、ちょっと振り返っちゃってるんだよね。うん。」


「 「お母さん方」って言ったけど、あの中にはお母さんじゃなくて、フツーのお姉さんも居たんじゃねーかな・・うん。」

「俺、髪モッサモサだったけど、大丈夫だったかな~? ・・ねっ。」

 

 

「そして、その次の日。・・・・・・・長かったなぁ・・これは。 長かった!・・うん・・あのねっ、ほんっとにあれなんですけど、「王様のブランチ」っていう番組がその前にありまして。 それに最後のエンディングで『すぐ後です』って。 そのスタンバイがあるから、ってあったんですけども、「王様のブランチ」に出て良かったんですよ。

「それまで!・・もう前の日からもだったんですけども、ま、分かりやすく言いますとスイッチが入らない、ってやつですね。」


「まー・・ホントに失礼な話ですけども、ホント、たまにあるんですよね。 どーも朝、起きてからスイッチが入らない・・。

「病気してるわけじゃない、ケガしてるわけじゃない。 体がなんせだるい、とか・・ なんせ、体が痛い、とか・・」


「でも、この「王様のブランチ」に出てね・・「ヤバイ! ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ!!」って思って。 「よしっ!行け!行けっ!!」って思いながらでも・・「行け、行け」って声にも出してないし、顔にも出してないんですけど・・」

 「入れろ、入れろ、入れろ、入れろ!」って思いながらも、入んない・・んですよ。・・うん・・ 入んないな~・・と思いながらも、一応、原稿みたいなの・・こんなふうな質問をされますんで~って、本番前に一応、どんなパターンで行こうかなってシュミレーションした・・ほんの何分なんですけど。」


「で、パッと質問・・谷原くんか・・谷原くんが、「この後13時間あるんですよね~」って。 で、パッと出たのが「27時間テレビの半分なんで大丈夫です」みたいの言って、なんかちょっとウケたのかな・・フッハハハッ(笑)」

 

「 「全然大丈夫ですよ!27時間テレビの半分でしょ?」みたいのが、ファッと出て、パッとウケたら、ちょっとスイッチ入ったんだよね。」

「そしたら(谷原さんが)「今回は中居さんももちろん歌われるんですよね?」って。 「はい、今回ちょっと鼻歌で歌うんですけどね」みたいな。 「今回はウィスパーで歌います」みたいなこと話したの。 「ちょっと声の調子が悪いんで、今日はウィスパーで!」って。 そしたらまたちょっとウケたのかな。」

 

「それでもうスイッチ入ったのかな。 ハハハッ(笑)」

 

「・・・自分でもコントロールできないから参っちゃうね・・」

「行こう!と思っても行けないから・・ちょっと・・で、「王様のブランチ」でちょっとウケた感じが、あの・・なんか・・あの、テレビに出る顔になってゆく・・みたいな感じなのかな・・。 うん・・。Top Of The World。」

 

 


曲: Top Of The World 

 

 

 

~エンディング~

中居 「・・ライブ。 なんにもやってません。 ・・・・ これ、大丈夫なのかな?・・あと2週間・・いつからやるの? 9月? 4日?・・あ、木曜日なんだ。」

「・・・・1週間、2週間後・・・」

 

「・・俺、知らねえよ・・ホンットに。」

「来週の放送を聴いていただきますと、プレゼントが当たるチャンスがあります。 応募のためにキーワードを言いますのでお聞き逃しなく。 ・・まっ、別に大丈夫だけど(笑)また来週ぅ!」

 

 

おまけハガキ 「中居君は「27時間テレビ」と「音楽の日」の自分の司会に点数をつけるとしたら、何点をつけますか?」

 

中居 「・・んん~・・ んー(笑)目がテン!! また来週ぅ」

 

 

んむむむ・・・「スイッチが入らない」。 「自分でもコントロールできない」。 

これさ

前も言ってたけど

ホントに気になってたの

 

あなたの体のことばかり、健康のことばかり、「医者行け」だの(笑) 「人間ドック行け」だの(笑)・・散々言ってきたけどさ・・なんか、そういうの越して・・

 

心身のバランス が心配だよ。

 

気力でどうにかなってるうちはあれだけど・・あなたの心や身体は「信号」を発してるんじゃない?

口うるさい外野ですいません。

でもね、若い時と違って「気力」もだんだん違ってくるんだよね。自然の摂理でさ。無理させちゃうと、壊れちゃうよ。みんな。

 

ジャニーズ事務所はさ、SMAP以前は若さに身を任せて無理がきくタレントしかいなかったから・・それで良かったのかもだけど。そろそろ考え直してほしいわー。

ブラックすぎる・・・・

ブランチでスイッチ入った・・って笑ってくれて・・最後「目がてん!」なんてウマイこと言って、ラジオを聴いてる私たちを明るい気分にさせてくれて・・なんか切ないわー。

みんなあなたが大好きなんです。大事なの。

 

こりゃ、本気でどうにかしてもらいたいぞ、と。うむ。・・・ライブ・・・目前ですけどね・・・( ̄▽ ̄)

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


27時間テレビひとり反省会「ありがとうございました」そして「鳥肌立った」(by木村くん)~ワッツより~

2014年08月23日 06時31分45秒 | SMAP

昨日は、木村くんが「ワッツ」にて「27時間テレビ」のことを話してくれました。

“約一カ月経ったから色々話せる「27時間テレビ」ひとり反省会” という、お題(?)に

 

木村 「反省?(笑) “反省”かぁ・・」

「まぁ ホント、早いスよね~・・うん、あれから・・もう そんな経ったんだ・・へぇ~・・」

 

という、木村くん。

 

 「あの・・なんだろ・・ よく分かんなくなる感じのパワーを・・きっと使ったな~・・使ったんだろうな・・ま、でも・・」

「それ以上に、俺ホントにあの終わった後に思ったんですけどぉ みんなさぁ あの・・言ってくれるわけですよ色々・・『27時間テレビ、ホントに大変だったね。お疲れ様。』みたいな感じで言ってくれるんですけど・・たぶん、ていうか、間違えなくウチら以外のその・・色々の・・話をつなげてくれたスタッフだったり、全国27局のその・・FNS系列の・・ね?皆さんだったり・・うん・・またそういうバックヤードの人たちの労力って言ったら、これもきっとハンパなかったんだろうな・・っていう・・ そこを考えると余計ゾォ~っとしますね。」

 

「うん。 自分らは、ぶっ通しで生放送をやった、っていう事実はあるけど・・なんかこう・・うん、実際にその成功させてくれた人たち・・の労力はもうハンパなかったんじゃないかなっていうのは、改めて「ありがとうございました」っていう気持ちになりますね。うん・・」(by木村くん)

 

木村くんらしい言葉・・

表舞台に出ている自分だけではなく、一緒に創り上げているスタッフなどすべての人々とのチームワークや信頼関係を大切に日頃からやっている彼らしい言葉。

 

表で目立っている自分たちより、スタッフの方がもっともっと大変だった・・と、感謝の気持ちを述べているわけで。

そして

そのスタッフ以外の「ウチら」はもちろん、SMAP5人なわけですが・・・

ふと思ったね

 

中居君は、そのスタッフ側でもあったなあ と。

もちろん、彼はSMAPで。タレントであるから。

本物の制作側ではないけど。

でも、27時間テレビで「テーマ」的に繰り返し掲げられていた・・『最後まで汗をかきます』・・は、まさしく中居君が日頃から使っているキーワードであり、中居イズムでもあり・・

 

例年の「27時間テレビ」と比べて、要所、要所で中居イズムだったよなあ~と

 

一緒に創り上げてくれた本物の「制作側」の人たちは、ホントに“SMAP”で行こう、としてくれたよな~・・と改めて。

それって・・スゴイこと 

“SMAPに丸投げ”して・・みたいなこと言う人もいるけど

いやいや・・任せてくれた感じ・・改めてスゴイ「信頼」だよな、って。

 

そして

木村くんの「ワッツ」と比べて、中居君の・・3週間にわたる「サムガ」・・27時間テレビの2日後!の「サムガ」は

表に出る側・・というより、作り手目線が多い「直後」の反省会だったな~ と(笑)

 

 

もちろん、木村くんはそれより「時間」が経過してお話ししている・・という違いもあり(笑)

そして、木村くんらしい優しさや気遣いのある「ワッツ」でしたねー。

 

「めちゃイケ」の三中くんへの気遣いや

タモスマの時のタモさんへのナチュラルな感謝が声にあらわれてた

メンバーのこともよく見てて

「なんか「笑っていいとも」をずっとやっていた、中居、香取、草なぎはやっぱタモさんっていう存在が居てくれると・・ひじょうにグッとくる・・というか、メンタルがすごく刺激されるみたいで・・なんか独特な時間が流れてましたね。うん。」と。

 

きっと、木村くんや吾郎ちゃんは、そうやって3人のことを思いやってもいたんだろうな~・・。

「まあ、でも俺はすごくリラックスさせてもらえたな~、ありがとうございました、タモリさん。」(by木村くん)

 


そして

ペンギンすまっぷ。・・・“ペンスマ”のコーナーについては・・

木村 「いや・・ホントにぶっ倒れるかと思った、あれ。 ・・あれ、着ぐるみヤバイね。 炎天下の着ぐるみ。」

 

それでも、さんまさんに“違うスイッチを入れてもらえた”。 フフフ・・さすが木村くん。負けないね~。

 


ノンストップライブについて。

ライブに参加された方からのメールで『「世界にひとつだけの花」で中居君が歌えなくなってしまった時に、自然と客席から声が出た時にはすごく感動しました。 メンバーの皆さんにオーディエンスの声は届いてましたか?』と。

 

木村 「客席の歌声っていうのは、僕はその時イヤモニしてたんですけど・・イヤモニに返ってくる情報って・・要は僕らの持っているマイクが入口なんですよ。 そのマイクを通じての情報が耳に飛び込んでくるんですけど・・・凄かったよ。


「オーディエンスのみんながバァーっと歌い出してくれた・・中居のかわりに歌ってくれたその歌声が、俺らの持ってるマイク・・で、拾われて、イヤモニの耳にボーンと飛び込んだ時・・」

「俺もね!すっげぇー鳥肌立ったの憶えてる。」(by木村くん)

 

「その瞬間、ズゥオォ~っとなって。 んで、次 俺のパートじゃん。 も、すっげぇ気持ちいい状態で入れたのは憶えてますね。うん。」


「ま、でも やり終わって・・うん、なんかこう・・なんていうんだろな・・自然と膝が笑って、なんかカクカクカク・・みたいな感じになりましたけどぉ。 でも目の前には沢山のオーディエンスのみんなが居てくれてるし、で、爆笑問題のピーは一番前で見てくれてるし、なんかそういう実際の存在が目の前に居てくれると・・うん、なんだろぉなー・・「倒れてらんねえな」っていう。 で、そこに森脇健児さんが居てくれたり、森口博子さんが居てくれたり、キャイ~ンの2人が居てくれたり、っていうのが目に飛び込んでくるんですよ。うん。」

 

「で、なんかその実際の存在が、なんかこう・・凄く自分らを支えてくれたような気がしますね。うん。 それは間違えないと思う。

 

“実際の存在”・・・もし、無人だったらあのパワーは出なかったのかもしれないね・・

木村くんが言うには天候によっては、「3パターン」のステージを考え、リハもそれぞれやった・・と。

実際に達成できた、あのステージ。Aパターン。

そして、観客を入れられなかった時は、あのステージだけど「客無し」で。Bパターン。

もっとも最悪は・・オープニングを放送したあのスタジオでのライブ。Cパターン。

 


天候は・・神様も味方してくれたんだよね~。 ペンスマをやってる時に「雷雲が全部、離れていって・・」(by木村くん)・・。

 

木村 「あれはラッキーですね。ただの。はい。」

 

いや、いや。
神様もSMAPが見たかったのよ~。(^m^) 

 

 

打ち上げでは、冷しゃぶサラダを3回ぐらいおかわりした、という木村くん(笑)
その後、 帰宅しても

木村 「変なやっぱり・・アドレナリンスイッチが、ライブで入ったんだと思うんですけど・・なかなか寝れないんですよね。うん。体は疲れてるはずなのになんか寝れなくて。 結局、その夜の「すぽると」とかフツーに見てましたね(笑)」


翌日も「HERO」の撮影もあって、フツーに9時半に起きて、フツーの生活をしてた・・と。 ははは・・“アドレナリンパーティ”というライブだったもんねえ。

うん、うん、木村くんだけじゃなくてSMAPは翌日から、“超多忙”なSMAPでした・・ ホント、SMAPスケジュールハンパないね・・

 

「えー・・「コンサートの進行状況はどうですか?」っていう質問はナシでお願いしまーす!はいっ。 間に合うかどうかも分かんないっていう状況なので・・」

だそうでーーーーす!!!!!

 

ははは

やっぱあれですか

4日はFC会員向けの公開リハですかぃ?( ̄▽ ̄)

 

ありがとう、木村くん。

元気の出る「ワッツ」だった。

 

実は昨夜は「金スマSP」もあって。

X JAPNNTOSHIさんの出版した本に沿って、“洗脳”されてゆく彼との過去から現在までの放送だったのね。

 

見ていてとても・・辛くて

 

いろんな意味で。


その中でひとりの変化が、一緒に活動しているメンバー・・そして、応援しているファン・・・の人生をも変え、悲しませる・・ということがVTRを通して伝わってきて・・これを見ている中居君は何を思っているのかなあ・・と。

スターだからこその「孤独」や「悩み」も理解できることがあるだろうし・・

 

TOSHIさんがバンドを脱退する、とメンバーに告げた時に、HIDEさんが

「俺たちの人生どうなるんだよ? XはTOSHIくんだけの人生じゃなくて、みんなの人生でもあるんだよ」と、言った・・という再現VTR。

 


そして、皆さんもご存知のように、数年後のHIDEさんの死。

「当然、そこで自分が(Xを)辞めてなかったら、みんな違う人生がそこにありますので、そうはなってなかっただろうな、という気持ちはあります。」

と、語るTOSHIさんの姿が印象的。

 

そうだよなあ チームは運命共同体。

よくも悪くも ONE FOR ALL,  ALL FOR ONE なんだよなあ・・


 

 

これまでも そして今現在も・・SMAPであり続けてくれることに感謝

「間に合うかどうかも分からない」

SMAPスピードは速すぎて・・・私たちもこの暑さと重なって・・ひーこらいっておりますが・・5人の健康もやっぱ気になりますよ。うん。

 

これからも「SMAPであり続ける」彼らを応援したいからね

 

・・・・チケット、来週には届きますね。わわわわ~・・こっからまた色々大変なのよ~。みなさん、がんばりましょうね

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


“SMAPは誰も群れない”・・「群れなかったことによってここまで来れたのかな」(by中居君)

2014年08月21日 06時45分15秒 | 中居正広

さてさて。 SMAPを愛する皆様、日常取り戻せてますか~?

まだまだ それどころじゃない・・ 疲労感たっぷり・・の方も多いのではないでしょうか~ でも

メイキング映像視聴配信期間終了がせまってまーす

「Top Of Thw World/Amazing Discovery」購入者限定メイキング映像視聴間

8月24日(日)23時59分まで!

 

お忘れなく~(まだまだ時間ある・・・と思ってると忘れがちよねん)

 

 

さて。

 

チケット問題(苦笑)でお疲れでレギュラー枠の放送を観てない方も多いと思いますが・・

 

「SMAPは誰も群れないの」(by中居君)


ん?なになに・・ 『ナカイの窓』は、“軍団SP”。 

今回は、ジュニア軍団 VS 女芸人軍団のみなさん。・・まあ、軍団作って行動する人は「群れ」るのが好きな人なんだよね。

その人たちが集まってるわけで

 

その群れることについて・・そもそも「楽しい?」と中居君(笑)

中居 「俺にはまったく無いの。」

ジュニアさんたちもすぐに「楽しい!」と答えませんが(笑)
 

中居 「軍団もないし、後輩もいないし」
 

え?俺、オレ・・・と自分を指す北山くん(笑) あ、今回のゲストMCはジャニーズ初、キスマイの北山くん。

中居 「(笑)いるけど・・」

北山 「ホントに中居さんは何回誘っても断るんです・・・聞いてくださいよ!俺の話を・・」


日頃の不満?を熱く訴える北山くん・・

すると、女芸人たちから「(北山くんの)軍団を作ればいいんじゃない?」と。

 

中居君も、「北山軍団できても、もう全然いいよね?」と。

するとなぜか「中居さん、一緒に作りましょうよ」と誘う北山くんであった(笑)

 

中居 「なんで“一緒”なんだよ」

北山 「俺はどうにかして中居さんを・・」

中居 「いや、結局 俺も27・・26年やって・・結局『中居軍団』みたいな群れなかったことによって、ここまで来れたのかな・・とちょっとある。」
 

 

おぉ・・

 

一同も「ああ~」 「おぉ~」と。

中居 「SMAP 誰も群れないの。」

それを聞いて女芸人から 「仕事でクヨクヨしたり・・なんか喋りたくなった時ってどうします?」


「ホントに 誰にも喋らない」

 

うむ。

ホントにこれは大きいかも。

「誰にも喋らない」

 

これは色んな意味で危険回避できるし

一時の感情や、ストレスで群れに助けを求めると 「冷静な個人」の判断 がぶれてしまう。

 

SMAP が SMAPであるゆえん・・こんなとこにも一端あるかもしれんね。

 

北山 「親にも? 親にも?」(笑)
 

中居 「やんないよ!」(笑) 42ちゃいですよ。(^m^)
 

 

さらに。

アラフォーが多かった今回の出演陣。 独身も多かったので・・このメンバーでの“結婚運ランキング”~~~!

 

じゃん

ん。真ん中、3位:ひろちゃん。

ゲッターズさんによると・・

『職場関係者と縁あり。共演者・スタッフなど「一緒に居ると楽だなぁ」と感じる人。』


「結婚の時期は2年後?」 と。

眉間にしわを寄せ ずっと渋めの表情の中居君は・・・いったい何を思う(^m^) 

 

無駄に男前
 


「アシスタントは好きだよ」(by中居君)

ふふふ

メインのメイクさんとか・・じゃないくて「そのアシスタントさん」が好き、と。

メインのメイクさんとかと違って、自分とは話を気軽にしてはいけない立場・・でもくもくとお仕事をしてる姿にひかれるらしい・・・前もこんなこと言ってたよね~。

一生懸命やっているアシスタントさんを見ると・・

「悪くないね」 (by中居君)

だってさ~

まあ、ゲッターズさんのどこかでかき集めてきた情報から算出したようないつもの答えに・・・何を思ってるのかな

 

「誰にも群れないSMAP」

 

「そう誰にも従わずに 突き進んだ証」

 

大変な道のりを 独自の道を切り開いてきた彼ら 今だから改めて・・ グッときます。

 

「くじけそうでも拳をあげろ 皆が迷わぬように」

 

うん、うん。
でも、ホントに「一人じゃない」 よ、中居君。 沢山の人、メンバーが応援してる・・そして私たちファンもそうしたあなたたちをいつも微力ですがバックアップしてるよ。

 

あなたの笑顔がこれからも変わらぬように・・
 

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。