さくさく

中居正広ナシでは1日が始まらない、終わらない。元気をくれるのは中居&SMAP。

レポ★中居in宮崎キャンプ2

2005年11月19日 15時32分40秒 | レポ@中居
レポ1のあと、内海投手とのやりとりあり~中略~

**インタビュー**
な「僕見てる限りですけども、選手の皆さんが非常に明るい表情で声が出てるなと感じました」
原「そうですか、まあ何たって現実としてはネ、決して強いチームじゃないですから。これから強いチームにするためには、かなりの階段をのぼらないと」
な「原さんにとって、監督にとって、まずここから改革していこうかな、という所はございますか?」
原「本当ににギリギリの場面でチーム単位でベンチワークの中で、ベンチ主導の野球が出来る。徹底したフォーメーションであったり、作戦であったり、それを説明して選手はある意味、自分を殺しながらいかに、こうチームに犠牲的な精神でプレー出来るか…」

ナレーション(さらに原監督は分かりやすい例えをしてくれた)

な「難しいですね、やっぱりネ、皆さんネ個人個人、実績もありますし、実力もありますし」
原「それはさ、SMAPだってさ、皆でやる時はやるでしょ?」BGM♪世界に一つだけの花♪ 「でも個人でねこうやってね、生きてくことも大変なこと、大切なことでしょ?」「同じなのよ、同じ」
な「ハハハ」
原「まとまりがなきゃダメなのよ」「それでもそれぞれの個性がなきゃダメでしょ、だからSMAPは長く君臨してるわけですよ」「世の中の先頭に立てるわけですよ」
な「ありがとうございます」※恐縮しきりの困ったチャンの笑顔
原「今の説明、よくわかったでしょ?」
な「(頷きながら)非常によく分かりました、伝わりました」
原「歌はあまり上手くなくても、個性があるわけですよ」
な「そーゆーのも知って頂いて凄く光栄です」
原「僕は今パッと言っただけだから、中居君のこと言ってるわけじゃない」
な「ハハハ」
********
な「ちなみに何時くらいに起きられるんですか?」
原「僕はね、6時半前くらい」
な「あぁ…早いですね」
原「散歩はあるよ、来る?」
な「いや、もうモチロン。原さんが6時20分でしたら、僕も6時20分なんで」


~ 翌朝6時45分 ~

※中居君、原監督ふたり並んで海岸沿いの道を歩く

な「これは気持ちいいですね」「色んなこと考えて、寝れなくなる時とかございませんか?」
原「シーズン中はそうゆう時あるんだけど“大したこと考えてないな”と自分に気付くわけ」
な「寝れないほど大きな問題ではないなと?」
原「あぁ~、何をオレは考えていたんだ?寝よう!と」
※ふたり、朝日に向かって歩く後ろ姿

ナレーション(…と原監督と夢のような時間を過ごした中居君でした)

~ 次週予告 ~
********
(^-^) どーやら来週もあるらしい☆すっごい嬉しそーな中居君。スタジオの中でなく、自然な太陽光の下のナチュラルな感じが可愛い。肌の質感、目尻のしわまで分かって、ますます素敵♪

コメント (2)

レポ★中居in宮崎キャンプ1

2005年11月19日 12時37分26秒 | レポ@中居
新しいモデムは来週来るらしい(涙)またまた携帯から更新~。

(な→中居 原→原監督 アナ→上重アナ)※中居君は紺色のジャイアンツキャップ&白の長袖シャツ&ベージュパンツ


な「どーも、こんにちは」
原「はい、こんにちは、ようこそ宮崎へ」
な「はるばるやって参りました」「朝、今日ちなみに何食べられたんですか 」
原「朝はねー僕は決まって…玉ねぎ。玉ねぎスライス。これはまず僕は必需品ね」
な「ああ、そうなんですか!」
原「あと焼き魚、今日はシャケだったかな、納豆…卵で食べないんだ。今日は切り干し大根みたいのあったな。ごはん、発芽玄米入り」※腰を折って笑う中居君
ナレーション(そんなわけで中居君、初めての宮崎キャンプ取材)※子供のように嬉しそ~に球場に駆けてく中居君
ナレーション(実は中居君、球場に向かう車内でこんなことを…)
な「(掛布のマネで)上重ぇ~お前噛むなよ~」
アナ「ははは、やっぱりテンション上がりますね、中居さん。ミヤザカ(?)に来ると」
な「(掛布のマネ)ひじょう~に上がりますね~」
********
な「原さん好きですねェ…本当に好きなんだもんな、参っちゃうよなぁ」「何でこんなに好きなんだろ」「原さんだったら、オレ別に構わない」※クリクリお目々でアナを見つめる
アナ「構わないというのは?」
な「聞きたい?」
アナ「はい」
な「オレ、凄い女の子好きだけど」※と小指を立てる(この小指がまた細くてスラリと長い) 「すっごく女の子好きなんだよ、オレ」
アナ「はい」
な「原さんだったら…」
アナ「もしかして?」
な「オレ、イイと思う(はぁと)」※いつもの甘えん坊の100万ドル笑顔

ナレーション(抱かれたい程、好きな原監督に逢うためスタジアムに到着。ウォーミングUPのため選手がグランドに。いくら中居君といえども取材陣がグランドに出る事は厳禁!取材エリアから静かに見守る中居君…と、そこへ原監督が登場!!)

中居&アナ「おはようございます」
原「あ、おいでよ」※と手招き
な「どうもご無沙汰してます」※会釈しながら差し出された手を握り握手する中居君→そのまま、グランドにひっぱる監督
原「大丈夫、大丈夫」※困ったちゃんの顔でズルズル引きずられ、グランドへ
な「カンベンして下さい」(笑)
ナレーション(なんとグランドに引っ張り出された!)
********

な「どこに居ればいいのか、全然わかんない」
原「一緒に走ろうか?」
な「いや~、いい~いいデス!」
原「中居君、いくつになったんだっけ?」
な「33です」
原「あ~そう、スゴイねェ、もう何年?SMAPは?」
な「17年、18年くらいです」
原「ハァ~」

ナレーション(肩を並べ)て話す二人。その話題は? 

原「5位くらいになってるよね、数字とかいろんな意味でね。やっぱり戦力補強しないと」
な「○○○○獲るんですか?」
原「○○○○獲るし」
な「あっ、獲るんですか?」
原「獲らないとダメだ」
********
取材エリアに戻りベストを脱ぎながら…
な「もう、ダメだぁ~、ちょっとオレもう、汗かいたよーホントに。何だろ変なね…あんまりかいたこと無い…露みたいの出てきた」※お決まりの“人指し指で唇をぬぐう”ポーズ
な「来年のジャイアンツは強ぇぇって、言ってた」「強い…って言うんだから強いよ」「(原監督のマネ?)来年は強いよ!結果だすから…って」

ここでいったん、送信~(^-^) 2もあくまで中居中心レポで(笑)
コメント (2)