さくさく

中居正広ナシでは1日が始まらない、終わらない。元気をくれるのは中居&SMAP。

スマスマもUTAGE!も無い夜・・・有効に過ごせずただスマロスがしみたわ~・・・

2014年09月30日 07時35分19秒 | SMAP

いや~・・「スマスマ」もないし、「UTAGE!」もないとくりゃ~・・HDDの編集でも出来たかっつーと

なんもせずただ、スマロス状態だっただけ(笑) 

HDD容量は増えてない(むしろ、無駄に毎週録画で勝手に録画してたウチのレコたん)

今夜は「図書館」で館長さんを見て、心を潤せるかな~・・・


昨日は中居君がヒロミさんとゴルフ に行ったらしい・・という情報がチラリ、当の本人のヒロミさんのブログで一言出ていて。

天気も良いし、楽しんだかな~

なんて、思いつつ。
まだまだ日差しも強いから焦げてないかしら?なんてお肌の心配したりして・・・あー、こんな時「いいとも」があれば近況チェックできたのになぁああ・・・と、「いいともロス」まで思い出したかのように感じた夜でした。 

 

さて。

来週の「スマスマ」の続報が

コチラ  フジテレビ公式「とれたてフジテレビ」

 

~引用~
「 日本を代表する女優であることは言うまでもなく、今年は自らプロデュースした映画「ふしぎな岬の物語」が第38回モントリオール世界映画祭 審査員特別賞グランプリ、エキュメニカル審査員賞ダブル受賞、という快挙を果たした吉永小百合がお台場フジテレビに初来訪、『SMAP×SMAP』に初出演することとなった。

 SMAP5人と共に共演するのも今回が初めて。吉永小百合がバラエテー番組に出演するのは『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』以来となる。グランドフィナーレでは「ふしぎな岬~」撮影中のためフジテレビのスタジオに来られず中継で出演した。つまりお台場フジテレビに足を踏み入れること自体今回が初めてとなる。

 今回、吉永小百合が出演したのは「ビストロSMAP」などの既存のコーナーではなく、吉永をお迎えするために用意されたスペシャル企画。SMAPは収録に先立つこと1週間前、吉永がゲスト出演されることを告げられた。『SMAP×SMAP』に初出演される吉永のために贈るプレゼントを一人一人が用意するという司令を受けた。

 今回のスペシャル企画は吉永のためにSMAPが用意したプレゼントを中心に展開されるトークコーナーとなる。

 吉永小百合がついにお台場フジテレビのスタジオセットに姿を現すと、待ち構えていた5人は緊張の面持ちの中、丁重に頭をさげてお迎えした。まずはSMAP5人と共に吉永小百合の輝かしい足取りを映像でたどる。「5人皆さんとお会いするのは初めてで緊張しています!」と語る吉永。さらに今回の初プロデュースの話に至る。

今までは演じるところまでが仕事だったが、「(収録が)終わってから、そこからが仕事。スタッフのみなさんは本当に大変なんだと初めてわかりました」と振り返った。「(映画には)みんな一人ではないんだ、大丈夫、手をつないで行こう、というようなメッセージが込められています。あ!そういう歌ありましたね、SMAPの皆さん」と終始、吉永からは聞いている側が喜ばずにはいられない発言が続く。

 さらに大先輩である吉永にこの千載一遇の機会を最大限に活かし聞いてみたいことをSMAPから質問していく。118もの映画作品に出演し、「あらためて女優人生を振りかえってみていかがですか」(中居正広)、草なぎ剛は「撮影中、演技に集中するためにはどうしていますか」と具体的な質問をぶつけていく。演技に集中するために吉永小百合がとっている行動を耳にすると「えっ!そうなんですか」と意外な大女優の素顔にSMAPは大いに驚く。

質問されるばかりの吉永がふいに「『武士の一分』(山田洋次監督作品)に出演した時はいかがでしたか」と逆に木村拓哉に質問する一幕も。一瞬木村拓哉も驚きながら、「いつか同じ画角の中で目を合わせることがあるだろうか、と思っていた吉永小百合さんに目線をあわされて個人的にすごくエキサイトしています!」と声を張る。稲垣吾郎にも「アイドルでいらっしゃるのに悪役が本当にすばらしいですね」と吉永は声をかける。大いに照れながら稲垣も「親と一緒に見てきましたが60年代と全く変わらないですね!」と驚きの感想を真正面からぶつけていた。香取慎吾には「CMでご一緒しましたね」と、緊張感あふれるSMAPとは対照的に吉永は気さくにSMAPに声をかけていく。

 いよいよプレゼントを吉永にプレゼンする瞬間が訪れた。緊張もピークを迎え、皆硬い表情のまま。「これしか思い浮かばなかった!」と語気を強める中居正広は「吉永さんにはエネルギッシュでパワフルでいてほしいと思って」と選んだ理由を語る。

また「週に2、3回は泳がれていると伺って用意しました!」としっかり裏付けがあった上でプレゼントを用意したと語る木村拓哉。

「目の奥の光、輝きが60年代から全く変わらない。それは健康に気をつけていらっしゃるからですよね」とメンバー5人中、健康と美を保つために必要なものを、と最大のプレゼントを用意した稲垣吾郎。

そして「緊張する!」と誰よりも緊張の面持ちである意外なプレゼントを贈った草なぎ剛。「人生で最初の作詞作曲です!緊張するなあ」と語りながら贈ったのは歌。生歌を吉永小百合の目の前で披露すると宣言。周りで見守る他のSMAPたちもまさかのこの草なぎの大胆さに目を丸くするばかり。果たして草なぎ剛の作った歌とは?

香取慎吾は“プロデューサーのお仕事をするために”プレゼントを選んだということで、あるものをご用意。吉永も興味津々でプレゼントをのぞき込み、香取の説明に聞き入っていた。まさに5人5様、個性があふれるプレゼントがそろった。吉永も「わ、なんですか!?」「本当にうれしいです。ありがとうございます!」と目をきらきらさせながらSMAPの心遣いに感激しきり。果たしてどのようなプレゼントが用意されたのか。ぜひ予想しながら番組をご覧いただきたい。

 草なぎ剛は吉永をお迎えしたことについて、「吉永小百合さんは雲の上にいらっしゃるような方。芸能界で今ぼくたちがこうしてお仕事ができるのも吉永さんが道を作ってくださったからこそ。大先輩と共演ができて本当に光栄でした。吉永さんは周りにいる人たちを包みこむようなオーラの持ち主で、想像以上に素敵な方でした」とまだ夢を見ているかのように感想を述べた。また必死の思いでプレゼントを贈ったことについては「とても緊張してしまって。でもこのような経験が今後の自分を育ててくれると信じています!」とゲストで来てくれたことにあらためて感謝していた。

中居正広は収録最後に吉永へ感謝の気持ちを表明すると同時にすかさず「またゆっくり今度はビストロSMAPにぜひお越しいただけたら」と次回の約束をとりつけた。今後また吉永小百合が『SMAP×SMAP』にご登場する日が来るかもしれない。この模様は10月6日(月)21時~23時18分放送の『SMAP×SMAP スペシャル』(仮)の中で放送される。

 このスペシャルでは吉永小百合をお迎えする他、ライブのゲストには宝塚歌劇団花組のトップスター、明日海りおをはじめ、花組トップ娘役、蘭乃はなさらに花組を彩る望海風斗芹香斗亜柚香光らが登場、花組5人がテレビ画面に揃うのはこれが最後となる貴重なライブをSMAPと共にお送りする。

 ビストロSMAPは豪華2本立て。小栗旬はじめ向井理柴咲コウ山田孝之藤ヶ谷太輔高嶋政宏ら『信長協奏曲』の出演者が勢ぞろいする1本と、さらにもう1本、ドラマ『ファーストクラス』の第2弾放送を目前に控え、話題を集めている沢尻エリカを迎える。

 ぜひたっぷりと秋の夜長を『SMAP×SMAP スペシャル』(仮)と共にお過ごしいただきたい。 」 


今日は「スマスマ」がお休みですね~・・スマロスだよ~ん

2014年09月29日 08時27分16秒 | SMAP

“一週間の始まり”って感じのする月曜日。

そんな日に「スマスマ」が無いって寂しい~(>_<)

 

ライブもお休み期間

「HERO」も終わっちゃった

 

「スマスマ」が無い月曜日。

 

その分、日ごろ出来ていないことをしたり~

心身のメンテナンスに当てろよ~・・ってことなんでしょうか

 

でもSMAPに逢えることが一番元気になれるんだけどな~(笑)

 

はい。
いいコにして待ってます~・・

 

つよぽん、ギターマンになったんスか? 来週の「スマスマ」が待ち遠しいね。

【草なぎ“新曲”弾き語り!吉永小百合、SMAPプレゼントに感激】

コチラ  SANSPO.COM

~引用~
「 スーツ姿の小百合が、1997年にフジテレビがお台場に移転して以来、初“上陸”を果たした。15歳年上の夫が元同局社員だけに意外だが、今年3月に出演した「笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号」も中継だった。

 そんなプレミアムの中で、小百合のためにSMAPの5人が1週間をかけて、心温まるえりすぐりの品を贈るスペシャル企画を用意した。最も笑いが巻き起こったのは草なぎ。「人生で初めて作詞作曲した『小百合ちゃん』を歌って差し上げます」と生歌披露宣言した。

 驚く小百合とメンバーを尻目に、弾き始めて1年というフォークギターをかき鳴らし、♪みんなの初恋なんだよ~と「笑っていいとも!」で共演したサユリストで知られるタレント、タモリ(69)を思わせる歌詞を織り交ぜたコミカルな“新曲”を歌い上げた。

 小百合は両手を合わせ、「本当にありがとうございます」と大感激。草なぎも「とても緊張してしまって。この経験が今後の自分を育ててくれると信じています!」と感謝した。

また、中居正広(42)が「これしか思い浮かばなかった!」、木村拓哉(41)は「週に2、3回は泳がれていると聞いて」、稲垣吾郎(40)は「健康に気を付けていらっしゃるので」、香取慎吾(37)は「プロデューサーのお仕事をするために」と思い思いの品を贈呈。

 小百合もメンバーの温かいおもてなしに「前の晩、眠れないくらいワクワクドキドキしていましたが、始まったらとても楽しかった。みなさん、素敵で至福の時でした。SMAPファンの方に叱られちゃいますね」と声を弾ませた。

 草なぎ以外の4人が何をプレゼントしたかは、放送で明らかになる。 (紙面から)  


2014/9/27「サムガ」5人で居る時がおろそかになるならソロをセーブした方がいい

2014年09月28日 06時06分47秒 | サムガ オン&オンエア 中居正広

<9月がもう終わります。9月のライブは大変だったよスペシャルー>

 

 

中居 「 どぉもこんばんは中居です。『大学受験のための大手予備校。全国の7割の校舎での授業をやめると発表。』 7割の学校?塾が閉鎖になる・・。 ・・・かぁ~・・・ 『今から20年ぐらい前は一浪二浪して予備校に通い、大学に入るというのが割と普通のことでしたが、少子化の影響で浪人しなくても大学に入れるように。』 結局、競争率が・・・ねっ?競争しなくてもね、いいんだもんね? 倍率とかが無いってことだよね?」

 

「この間なんだっけ・・一芸とかで・・“中居君が今、大学に入りたいって言ったら変な話、すぐ入れるよ”って。 ・・・・・・・・ ほんなことあんのかよ・・つって。」

「一芸だから「紅白をやってました」とか・・だから「SMAPをやってました」とかそれも一芸になっちゃうよ、今だったらって。入れるよ。って言うの。 で、入って何するか分かんないんだけど。 ・・あ、そんなことあんの・・って。」

 

「 『どんどん、どんどん、生徒が少なくなってきて・・そこで困ったのが予備校。 今回のように大手予備校があちこちの校舎を失くしてしまいます、ということで』・・・ 困ったよ、競争なんだね~・・『塾には行ったことがある、という中居君ですが予備校の経験は』無いです!」

「あれ、塾じゃないもん、僕の行ってたの。」

「塾という名の・・なんだろなぁ~・・・四畳半一間の・・・ お風呂も無い、おうちに行って、なんか・・教えてもらうみたいな(笑)・・うん。 “きょーつけ~、礼っ!よろしくお願いしまーす”とかは、無い。うむ・・で、試験が終わったらその日は遊び。ファミコン大会。 フハハッ(笑)海行っちゃうとか・・うん。 え~・・野球浪人なんて言葉もありましたが、元木さんとか、菅野とか・・』・・あったねぇ~・・・  ミスター・サイトーとサイトーの男。」



曲:Mr.S - SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO - 




~CM明け~

中居 「 改めましてぇ SMAPはライブツアー中で・・ あの、感想のおハガキも沢山いただきまして、今も時間が無いので読み切れないので・・この後は「UTAGE!」の収録なのでぇ・・その・・あの・・車中で読みたいと思います。 今、パラパラ~っと見ましたけど。大体、東京ドームの5日間の話が多かったです。」

「9月の4日から8日までの5日間。 9月12日から15日までの4日間。 で、9月20、21・・北海道。・・今か・・先週・・ここまで終わってんだ。 半分来たのかな。  来てないのかな?」

「・・・うん・・半分ぐらい来たのかな?(スタッフの声)ジャスト半分、なんだ。・・マジかよ・・フッ(笑)」


 

ハガキ 「東京ドームの5連戦は辛かったですか?」

 

中居 「うーん・・ う~ん・・そぉねえ・・ ま、僕に限らずですけどぉ~・・・、ま・・痛いの痒いのは当たり前のようにありますよねぇー・・うん・・。 そうねえ・・一番・・ま・・よっか・・3日目、4日目かな~?3日目かな~・・・」

 

「もぉなんか・・・ なんかこの・・ これ・・どう痛いんだろう?みたいな。 フハハッ(笑) もう麻痺っていうかね、今もそうですけども、せな・・せなっ・・ 後ろが全部痛いかな。 腰とか、肩とか、背中とか。 ふくらはぎとか。

「・・うん・・でも・・よく野球選手がさ、ね?これ・・僕は“5連戦”とか言って、野球に例えてたりするじゃないですか、野球選手が・・あの「張りを訴えて欠場」みたいな。・・うん。 だから、こーゆーことを“張り”って言うのかなあ? これで“張り”なのかなぁ?みたいな感じ・・痛いのって分からないからね。」

 

「・・・・辛いよね・・・・ フッ ハハハッ(笑)」

 

「・・大阪の、初日が辛かったかな・・」

 

「・・・・たぶん、東京ドームの5連戦の、間・・2日間空いたのかな?・・3日間・・結局もう、痛いまま、疲れが取れないまんま、初日行って・・一回、ドームが・・東京が終わったから、ちょっと気持ちが切れた、つって そっから・・・こう・・なんか立て直す・・一回、気持ちが切れちゃうと・・それ作るのと・・ 体がもう・・ もぉ痛いんだよね~・・」

 

「・・・足の裏ね・・・ うーん・・・ つかれ・・(笑)カッカッカ・・・クク・・ でもぉ これホントに改めて思うのは、これ自分で言うと・・な・・自分でも分かんないんだけど、この5日間なり・・ねっ?大阪京セラの4日間なり・・ みっっちりお客さん入ってんのよ。」

 

「そんな何階・・ スタンド席があって・・その上にもあって・・その上にもなんかほっそ~い なんか・・何席か分かんないけど、ペンライト見えたりして・・(スンッ)・・・ あのぉ~・・楽しみに・・(笑)観に来てるのかなぁ?・・って。 凄く・・思いますねえ・・」

 

「また、20代に・・見てた感じとは多分違うような気がするんですけど・・ だって絶対付き合えないわけじゃないですか。 どっかでさ、付き合えたらいいな・・って、なんか・・夢見てるわけでしょ?俺なんか20代の時に、10代の女の子たちは。 いいよ、キスマイのこと そー思ってて。 恋人にしたい、とか思っていいかもしんないけど・・ 大変だよね・・たくさんホント入ってくれるな と思うな~・・」

「・・ホントにね・・アテテ・・シップ取るね・・ シップがこれベタついてんだ・・アタタタタ・・ そう!このハガキにもありましたけど、あの・・ソロが無いんですね。 わたくしの。」

 

「で、このソロ・・・って別になんだろ・・ ソロが・・あることが全てではないですし。 ねっ?無いことでそんなに・・あの・・ヤル気が無いわけでもないですし。」

「いろんな理由が・・まぁ、ね?・・ありますけど。 あの・・そうね・・あの・・なんつうんだろ・・。 無くても、僕は全然・・アテテテ・・いいような気がするんだよね。」

「もうだって・・ねっ?昔だったら当たり前のようにありましたけど、もうじゃあ今回・・また来年、再来年あるか分からないですけど・・に、やった時に・・・ ヨイショッ・・ね?やっぱり・・僕なんかもう・・ね?これ今1人でやってたら、その分、着替える時間 パッと着替えてパッとやって、またパッと着替えて、次行かなきゃいけないってあるじゃないですか。」

「ま、「27時間」を見て・・感じていただいたと思いますけども、あのぉ~・・「27時間」が終わって、レコーディングがあったんですけど、これまた1人(ソロ)でやって、5人で居る時に、ねっ? あの・・ぶっ倒れはしないですけども・・あの・・おろそかになってしまうんでしたらば、ちょっと1人をセーブした方がいいんじゃないかな、って見解ですかねッ。 うん。」

 

「ねっ? 1人でワァーッてやってて、5人の時にダラダラしてたらね・・もう・・そりゃペース配分を考えますと・・・うん、みんながやってる間に、すこーしでもゆっくり・・してた方が5人で居る時になんとかなるのかなぁ って。(すぅ~・・空気を吸い込み)・・体力あると思うんだけどなぁ~・・・・」

 

「だから、東京ドームのね・・前の日に一回やってたのかな? だから6連戦みたいな感じなんですよね。僕らにとっては。 前の日にゲネプロみたいな・・やっぱしフルでやらないと、あの全然想像がつかないので。」

 

「確かねえ・・ゲネプロやった日はねえ・・次の日、本番で初日ですよ、っていう日は4時ぐらいまでやってたかなぁ~・・うん。 4時ぐらいまでやってたかな・・で、次の日本番初日が開いた日も、もう4時半とか5時ぐらいまでやってたかな。  うん。」

「稲垣さん、終わったらもぉすぐ・・10時ぐらいに帰ってたけどね。稲垣さん早いんだよな~・・帰るの。」

 

「で、次の日もダメ出しみたいなのしよう、つって・・ 10時ぐらいに終わって「さあチョットやろっか・・」なんつって朝・・そうねえ、4時・・5時半・・だから初日の日は寝てない・・寝れずに帰ったのかな。 寝ずに、東京ドームの初日は僕、寝なかったですね。」

 

「一応・・・帰って、DVDのその・・僕、DVDをあのね、あそこの、スクリーンに映ってるのがDVDになってるんですよ。うん。」

「あともう一つ、引きの絵・・つって、あのぉ~・・・ずっと固定カメラなんですけど、その「引き絵」って、ルーズって言うんですけどそれを見てるとこう・・明かりってのかな 照明を見ることが出来るという。 全体を見渡すことが出来る。

「でもステージは・・うん、基本的には撮ってるんですけど、そうすれば照明のタイミングとか・・それを見てたら・・3時間・3時間で7時間かかるので。 でもこれは照明だけは見たいな・・と思って、3時間半は見なかったんですけど、でも3時間ぐらいは見てたかな。 そしたら朝、やっぱなんだかんだ8時・・9時とかになって・・「あ、これ寝てもしょうがないな~」って 初日は寝ずに行ったかな。

 

「一睡もしなかったなあ・・うん」(by中居君)

 

「んで、寝ないでやって・・その次の日、4時半ぐらいまでやってたんで・・何時間起きてるか分からないですね。」

「何時間起きてるか分からない。」

「・・起きてるか分かんないけども、結局 また次の日も家帰ったらビデオ見てるからね。 ・・・・ その日はさっすがにもぉ、7時半とか8時ぐらいには落ちたのかな・・うん・・

 

 

 

ハガキ 「中居君はライブの後に決まって食べる物ってありますか?教えて下さい。」

 

中居 「僕、あの・・ルーティンみたいのが・・もうリハーサルから本番までの時間ってのがすごく決められてまして。(スンッ) リハーサルの時にね、トレーニングっていうわけじゃないけど、とにかく・・汗が出るほどちょっと動いて、うん。ちょっと走ったりとか、柔軟とかちょっとやって、ほんで本番が5時半だったら、2時間半前に必ずご飯食べますね。」


「大体、会場着いたら リハの前におそばをね、一杯食べる。」

「おそば食べて、リハーサルやって。 で、2時間ぐらいちょっとトレーニングした後、えー・・2時間半前・・2時半までにご飯を食べます。それはね、“おかずとご飯”。 ご飯もだいたい、2杯ぐらい食べます。 それから2時間半の間に、ちょっとマッサージ・・というかやってもらうなぁ・・ やってぇ・・」

 

「えー・・何やってんだろなぁ~・・ アッという間なんだよね・・1時間前になったらもうシャワー・・シャワー浴びて、うーん・・だったりするかな。」

「でもね、1時間半ぐらい前にマッサージをしてもらうかな。」

 

「ほんで、もうホントにね、僕は・・前に言ったように触られるのすごくヤなんですけど・・ もう、ホントにこれはやってもらわないと、これダメなんだろな・・ってぐらい、しんどいので(笑) マッサージを30分ぐらいやってもらって・・20分ぐらいやってもらって・・ 本番の1時間前・・『終わりましたよ~』って言われて、そしたらその間に『すいません、このまま横にさせて下さい』って、そこでね、5分ぐらい寝るんですね。

 

「・・その昼寝が気持ちいいねぇ・・」

 

「・・5分寝て、シャワー浴びて、着替えて、スタ―ト!って感じかな。メイクとかして。 うん。」

「終わって食べる物って決まってないね。 だいたい、あの・・ホテルだったらホテルの部屋でお酒飲んでたりしますかね。 うん・・」

 

「・・う~・・ん・・・ しんどいね!」

 

「でも僕は、今リハーサルとかも・・でも面白いもんで、だいたい昼・・あの・・1時から3時まで、とか。 12時から2時までとか。開演時間によって違うんですけど。 で、リハつって大阪ん時そうだったんですけどぉ・・全然汗かかないのね。全然動かないから、「これ大丈夫かな~?こんなリハで」つって。」

「僕はもう、リハーサルつったらもぉ2時間! 1時間ぐらいで『じゃあもう今日これで全体おしまいにしま~す』って。 僕、その間・・ねっ?汗がもうシャワー浴びてるぐらい汗かかないと、不安になっちゃうので。」

 

なんせ朝起きても、カッチカチなの体が。 首もホントにね・・この・・なんつーんだろ、180度の・・ほんとに30度ぐらいしか動かないの痛くて。 これを柔らかくするのに最初ほんっとにもうね、ゆっくり。 ゆ~っくり歩いて・・で、かかとを伸ばして、アキレス伸ばして・・ゆ~っくり今度はちょっと歩く、みたいな。 そこからちょっと小走りして・・それを1時間半か2時間ぐらいかけて、一回体を全部柔らかくするのにずーっとなんか・・走ってるね。」

 

「1時間ぐらいもうずーっと走ってるんじゃないかな。 うん。 走って休んで走って休んで・・ダッシュして・・なんだ・・跳ねたり、曲げたり、回ったりみたいな・・・ うん・・」

 

「これはもうね なんとかしなけりゃいけない。 うん。」 「さあ、そんな中で、えー・・ちょうど半分が終わったんで、もう半分楽しみにして頂きたいと思います。 「Mr.S」から無我夢中なLIFE。」

 

 

 

曲:無我夢中なLIFE 

 

 

 

~エンディング~

ハガキ 「2年前のツアー初日の夕飯は「枝豆とかまぼこだけ」だと言ってましたが、今年の初日は何食べましたか?」

中居 「何食べたっけな~?・・・」

「ホッケかな!?」

「・・・・ホッケ焼いて食べたな。家帰って。うん。」

 

「・・お酒なんて抜くワケがないでしょ!   ・・だからぁ  帰ったら、飲むね。」

「でも!・・・初日開いた日の、4時半までやった時は3時ぐらいから・・「ちょっと焼酎一杯ちょうだい」つって(笑)カカカカ・・・「ある?焼酎」つったら、そしたらなんか・・持ってきてくれました。 飲みながらやってました。 そんなわけで楽しみにして下さい!サヨナラッ」

 

 

おまけハガキ 「中居君は5本指ソックス履きますか?私は苦手です。」

 

中居 「私も苦手です。 また来週。」

 

 

 

その状態でも飲みますか! 飲みますよね。「カカカ」って笑ってますもんね!

んもぉ~・・ホント怖いよ(T_T)

 

こんなん聞いてたら「ソロやって欲しい」なんて言えないっつーの・・

 

それで少しでも身体が楽だったり

5人=SMAPとしていいものを見せたい

 

と、君が選んだのなら解ったよ。うん。

でも、お願い。
もっと寝て!

死んじゃうから~(涙)


中居君の演出するライブが好き。
中居君が「間」を読んで決めるセトリが好き。
中居君がマッピーとして作るソロ曲が好き、ソロコーナーが好き。

 

でも今は、もっと大きな存在なのね。

演出は慎吾。

中居君は絶対的に信頼している。

そして他のスタッフのことも。

だけど何もしていないんじゃない。むしろ、もっと大きく慎吾やスタッフの精神的支柱とも言える存在じゃあないかな。

いつでも準備オッケー!にするために、今も変わらず徹夜で照明やスクリーン映像をチェックしている中居君のことを・・ファンは支えたいと思っています。

中居君はじめ、SMAP全員がツアーを無事に笑顔で乗り切れますように 会場を満員にしてみんなが待っています。

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


「僕らは絶対に妥協しない」by剛☆SMAPライブの舞台裏☆RESPECTしあう5つのハート

2014年09月27日 07時38分31秒 | SMAP

まずは、お知らせ~

SMAPNEW ALBUM「Mr.S」購入者特典

スペシャルメイキング映像 の配信期間があと少しで終了!です

配信期間:9/2~9/30(火)23:59まで

視聴URL http://ve-smap.jp/mr.s/

 

忘れていた!!! って方、まだ時間あるよね・・とのんびりしてた方、お忘れなく~



さて。



つよぽんの連載。「お気楽大好き!」

今回はライブの舞台裏などについて語ってくれていますね。 
―以下、「」部分月刊ザテレビジョン11月号連載「お気楽大好き!」より引用。―

 

つよぽんが言うには

「27時間テレビ以降の記憶がガッツリ消えてる・・・。毎日毎日踊って汗かいてギター弾いて、気が付けばコテッて寝てる。」

 

って。

「ライブ前はだいたいそんなもんです。」

 

レギュラーのお仕事こなしながら、ホントにスゴイよね。みんな。

そんなライブ前のエピソード。

 

「演出は全て慎吾がやってるんだけど、初日の3日前だったかな。 一日中踊り続けて、通しで何回かできた!となって、木村くんもダンサーも帰ったあと、中居くんと慎吾が2人で話し始めてね。」

 

「吾郎さんと僕は空気を察して残ってたんだけど。」

 

その後、3時間後の深夜に完成したあるブロックの曲がガラリと変わってたそう。

「そうすると、また一から振り起こしをしないといけないんだけど、そっちの方が確実にいいわけ。 そんなふうに最後まで変更の繰り返し。」

「僕らは絶対に妥協しない。」(byつよぽん)

 

 

つよぽんは、「才能豊かな慎吾がいて、さらに中居くんがいる。 SMAPは恵まれていると思う。」 と語っているけれど、SMAPは、つよぽん・吾郎ちゃん・木村くん・・・メンバー全員が慎吾や中居君の演出やマインドを最大限に輝かせる才能とハートと肉体の持ち主。

 

そんな5人の絆や愛情を感じられる瞬間がファンは大好き

それを慎吾や中居君はわかってくれてる

 

「今回のライブは5人が集まったときの絵が素晴らしいと思うのね。 ダンスにしてもバラードにしても、いわゆる5ショットの絵作りを慎吾はすごい気にして作ってる。


「“27時間テレビ”のノンストップライブで、5人の絆やパワーをSMAPはテレビから発信してきたので、それを生で体感して、SMAPに会えて楽しいな、良かったなと思ってくれる絵が至るところにある。」

 

うん、うん。

ライブを見て、ファンはみんなひしひし・・と感じていたんじゃないかなぁ

 

5人の笑顔がはじけて

わちゃ度がアップ

いたずらな無邪気な顔とか キラキラした目を見て

 

5人の距離が近い 一緒にいるシーンが象徴的だな・・って。

 

ただ、それを実現するには舞台裏は大変みたいで。そうするためには・・

「ステージの下で走り回ってる」と。

 

そして、つよぽんは大技!バク転もあるわけだけど・・

「今は正直キツいなって部分もあるけど、ここでバク転だ!と思うと、こういう世界に入ってきた僕の原点であり喜びでもあるんだなって、ふと思ったりして。」

 

ジン・・とくるね。

中居君が剛、行け~ ってやって

つよぽんは、どんなに大変でもそうやってバク転を続けてくれてる・・

 

歌があって

SMAPの今までがあって

つよぽんの「人生」があって

「ライブという空間にいるとリンクしてグッとくる・・」と。

 

そして、会場に来た私たちもそれを一緒に感じて欲しい、って。つよぽん。

 


「アルバム&ツアータイトルの『Mr.S』。初日まではひらすら寝たい「Mr.SLEEP」だったけど、今は「Mr.SMILE」。 笑顔がたくさんあふれ出すライブです。」 と。

 

 

ありがとう、つよぽん。

つよぽんの「お気楽大好き!」を読むとね・・・本当に豊かな感性の人。そして頭のいい人。っていつも思うよ。

テレビカメラの前とかだと、器用にまとめたり表現出来ない時もあるかもしれないけど・・・

思わず先週の「サムガ」の中居君の言葉を思い出した・・・

 

「スゴイ才能の持ち主だなと思うよね。 で、芝居やらしたらバカな芝居しないでしょ? ちゃんとしてっからさ。」(by中居君)

 

はい。そうなんだよね~・・・うん、メンバーはメンバーのこと本当によく分かっていて・・RESPECTしてる。

 

それがSMAP。

 

 

11月からまた、「Mr.S」ツアーが始まります・・・

SMAPの笑顔にたくさんの方が逢えますように・・・

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


もぐもぐひろちゃんの胸元☆麗しの吾郎様☆そしてやっぱりSMAPに逢いたい(≧▽≦)

2014年09月26日 08時04分18秒 | SMAP

やっとこさ、「仰天SP」見たよ~・・ いろいろ乗り遅れてるよぉ

時間差でアレコレと追っかけております。お仕事が今ホントに過酷なんでそれでも自分を誉めたい( 

 

我ながら、「あんたホントに好きね~」もぐもぐひろちゃんが。 

やっぱ、これ載せる?ちょっとタイミング逃してますが

 

「いやったぁ~い」 大喜び。

「仰天SP」で、ご褒美でカツカレー食べられるグループに残りました~

あ、べーさんもね

 

きたきた~ もぐもぐひろちゃん

うつむいた君の睫毛が好き マスカラいらず(小憎らしい)

 

「今まで食べてきたカツカレーの中で一番美味いワ」(by中居君)

作りにきていたシェフの笑顔が輝いたのは言う間でもありません。

べーさんも完食~

しかし

猫だよな~ これ。
 

カツカレー、ありがとう

思わずみんなお礼を言いたくなったエンディング。

 

これ。

おぉっ

シャツのボタン開けは1つまで・・・が基本の中居正広が

少なくとも2つは開いてるゾ

暑かったのかぃ

それとも美味かった&収録終わり でど~でもよくなったのかぃ?(笑)

こっから・・・の着崩れた感が・・いいよね(^m^)

にひひ

 

あ。

麗しの吾郎様もチラッ

昨夜の「キスマイBUSAIKU!?」の「MYフェチランキング」に吾郎ちゃん登場~。

キスマイのみんなを大人の余裕で辛口に批評したり

1位に選んでおきながら、それが誰のセリフか分かったとたん、「視聴者に千賀くんと同じくらいの感じだと思われるの・・」と不満げに言い出し、「やっぱ藤ヶ谷くんのが1位だね。」とかバッサリ。

 

じゃあ自分だったらどうするか?と質問されると

「ロマネコンティよりもおいしいワインがある店なんだ」

キスマイには批判した「お金でつる」方式の回答(笑)

ロマネコンティの倍の値段するワインがある店に誘う・・・という回答にキスマイみんな爆笑。

「金額でつってるじゃないですか!」(by二階堂くん)

 

さらり

「25年ぐらいSMAPやってるから ある程度、貯金もあるしね」

ああ~ なんて上品な声で諭すようにおっしゃるのかしらん(笑)

吾郎スタイルのこの座り方も素敵じゃーないですか
 

夜中にテンション上がっちゃったんで

さらに「いまさら」のビストロなんてチラリ

 

SMAPは~ 自分を動物にたとえると~  なんて答えるのか~ 

「ふくろう」 剛。
 

「イヌ科」 木村くん。
 

ん?

腰振り?

オーナーは「・・・・」。 
 

「ウサギは絶倫の象徴だよ」と木村くんの解説を聞いた吾郎ちゃん・・

「じゃあウサギで」 吾郎ちゃん。

「サル。」 慎吾。

 

ん?

オーナー 「それゴリラだよ」

 

で?

オーナーはどうなの?

「ゾウ!ゾウだよ!って言われたことがあります。」 中居君。

思いがけない動物にみんなから「へぇ~って声が・・・

すると、お題をなげかけたゲストの鈴木亮平くんが
「アフリカゾウの敵の倒し方がスゴいんです」と。

「アフリカゾウは2秒で、時速40kmまで達しますよ。」

「鼻で相手の動物をパーンと上に上げて、その動物の着地地点に時速40kmで駆けて行って落ちてきたところを踏むんです」

 

あははは

つぶらな瞳で優しそうな顔のゾウさんの怖いところ。

子リスやら、黒猫仔猫やら・・見た目可愛い中居君だけど

10人が突っかかってきても 俺 絶対SMAP守れるよですからね。

 

踏まれたら ホント怖い ひーっ

 

今日は「セブン」さんの一般枠の結果発表の日 なんだって。

SMAPを大好きな人たちが1人でも多くライブに行けますように~

  

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。 


まったくグダグダ・・だめだめな私をあざ笑うかのような脅威の美白力の中居館長・・どうなってるん

2014年09月24日 09時03分42秒 | 中居正広

うわ~ん・・・・また溜まった録画を見れない~

そして、今日も「仰天4時間半SP」!!! ・・・・ 放送時間内に帰宅ぎりぎりか?・・溜まってゆく録画ブツ・・・

ブログはぐだぐだ~・・ せっかく見に来て下さったみなさん、本当にすみません~(>_<)

 

せめて、本日発売のテレビ誌ぐらいはチェックしたいーーー
(※TOPの「SMAPスケジュール」ご参照ください コチラ )

 

 

だから

やり逃げ 

 

昨日の「図書館」の館長

 

色白美人

 

どうなってるん~ ぴかぴか

あの日焼けは・・・いったいどこいった・・?

脅威の美白力・・知っていたつもりでも 改めて驚くー


忙しいはずなのに、お肌ぺかぺかとかって・・マジで


「図書館」ではいつもテーマに合わせて指し棒の「先」のアイテムが変わるんだけど・・

今週は2世タレントの皆さんが出演・・だったせいか 「星」?「スター」?なのかなあ

 

これ。

魔法少女的なものに見えるよ、ひろちゃんが持つと てくまくまやこん的な(古ッ)

 

キラキラ って粉が出そう~ 

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


なんもかもやりかけだけど「SMAPのちゃんちゃんこ」とかなんの萌え~!?らぶらぶー(≧m≦)

2014年09月23日 08時36分57秒 | SMAP

ああ~・・「がんばった大賞」「HERO」も見れてなーーい 

帰宅したら、「UTAGE!」も終わってたよっ。
「スマスマ」と「UTAGE! 未公開」のみ頑張って視聴したら、夜中の3時過ぎた~ はははは(@▽@)

 

そして

忘れたころにやってくるるー セブンさんとコラボー!!! 

コチラ  セブンネット「ビストログルメフェア開催」


「スマスマ」でも予告が流れましたが~・・ライブに浮かれている間に着々と進んでいた、セブン×ビストロ2014!

~引用~
「10月7日(火)から期間限定販売開始!」 

いや~ ちょっと油断してた(笑)
すっかり、セブンさんのことなんて()頭から抜けてたワー・・・あちらは忘れてなかったね(笑)

詳細は10/6の「ビストロ」で・・・って もぐもぐ黒猫オーナー見れる
 

 

20年後は“ちゃんちゃんこ”!!

 

 おぅっ だね!だね~

同い年だもんね~。(≧m≦)きゃーきゃー

ちゃんちゃんこ萌えとかなんなのさー!意味不明っ

つか、つとぷだけじゃないでしょ。5分の4人が“ちゃんちゃんこ”じゃん!!(笑) 

朝から疲れてるけど今日も頑張って労働するわー まだ死ねない(スマのちゃんちゃんこ見なくちゃ(笑)

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


2014/9/22「ベビスマ」MIYAVI未公開トーク ~吾郎ちゃんは脚がべたーっと?~

2014年09月22日 07時57分16秒 | SMAP

おっと 札幌ライブに参加したお友達やネットの感想に浮かれてたら・・『ベビスマ』もあった(笑)

 

「MIYAVI未公開トーク」

吾郎ちゃんが・・

吾郎 「MIYAVIさんって明るいですよね?」

吾郎 「なんかミュージシャンの方って、ちょっと暗さもあったりするじゃないですか」

中居 「ちょっと風貌とね・・人間がちょっとアンバランス・・」

中居 「意外とちゃんとしてるんだよね。」 失礼

MIYAVI 「そうなんですよ!」

その反応にみんな笑い。

「よろしくお願いしまーす。 よろしくお願いしまーす。」 ペコペコ

本日の本番前のMIYAVIさんの様子を再現する中居君。

中居 「すっげぇー、ペコペコ ペコペコしてたからさ・・・」

MIYAVI 「基本、スポーツやってたんで・・」

MIYAVI 「逆に音楽家的な部分が自分に無いので・・」

「ギター弾いてても、どちらかというと運動している感覚?」

その発言にSMAP全員 「ああー!」と納得するような顔。

共演してみて思い当たるふしがある、という感じかな。

慎吾 「すげぇわかる。」

うなずく木村くん。

MIYAVI 「ジム行ってんのも好きだし、もっとなんかそういうフィジカルな感じで・・」

木村 「さっき、リハーサルの前に・・」

木村 「軽くストレッチしてたけど、メッチャ柔らかいよ」 と、指さす。

きらりん即答!

MIYAVI 「メッチャ柔らかいっすね!」

みんな「へぇ~」・・

慎吾 「身体が?」

木村 「びっくりした。」

MIYAVI 「たぶん、ミュージシャンの中で1、2を争う・・」と言いかけると・・

中居 「イヤイヤイヤイヤ!・・」

あ。

指さす その先には・・・

吾郎ちゃん・・

吾郎 「ダンスとかやってるんで・・まぁ・・」

中居 「ダンス何年やってると思ってるんですか」

慎吾 「もう、脚がべたーっ!だよ。」 と、たたみかける慎吾。

サタスマ・・・(笑)

吾郎ちゃん、心の中で「こいつら・・」と思ってるんでしょうか(笑)スッと立ち上がり・・

吾郎 「まぁ 前屈くらい・・」

中居 「(床に)頭ついちゃうよ、あたま。」 

MIYAVI 「ウソ!?」

せーのっ!ハイッ

「・・・・・・・」

イテテテテテ・・・・


MIYAVI 「(脚が)プルプルしてるじゃないですか」

スタジオ内、メンバー笑。

中居 「パタパタパタ・・・って」 嬉しそう。

「硬いんですよ。」(by吾郎ちゃん)

ありがとう~吾郎ちゃん。

負けず嫌いそうな?MIYAVIさんも納得されたご様子~。

 

さて。

今夜の「スマスマ」は・・ んっ?壁ドン?・・

こ、これは・・・もしや あのパターン?(笑)

そして

忘れてはならない本日「HERO」の最終回!! いよっ!久利生公平

あ、「がんばった大賞」もあった~

・・てか、「スマスマ」が終わるまでに帰れれば・・の自分ですが、今日もがんばりましょーーー

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


2014/9/20「サムガ」ひろちゃん呼び?/孤独は感じない/草なぎ君はスゴイ才能の持ち主(by中居君)

2014年09月21日 12時39分25秒 | サムガ オン&オンエア 中居正広

<え?札幌いんの?どゆこと?スペシャル~>

 

 

中居 「どぉもこんばんは、中居です。 『付き合い始めたカップル。お互いをどう呼ぶのでしょう。下の名前を呼び捨てで、というのが多そうですが意外に苗字を呼び合うカップルが多いそうです。 中居君はどうでしょう? 正広、まーくん、中居、ひろちゃん、(フフ)リーダー。 なんて呼ばれたい?』 」


「・・・落ち着く呼ばれ方・・なんだか気持ち悪い呼ばれ方・・・ あのねぇ  例えばねえ、あのぉ~・・彼女とかに・・今までですね “ひろちゃん”って呼ばれたことない。 呼ばせたことがない。

「あの・・家族みんな “ひろちゃん”なんです。 中居・・中居家。 チビも含めて、“ひろちゃん”なんですけど。」

「あの・・ここの域に入らないで、みたいな。プレッシャーをどっかで・・(笑)ククク・・」

「まあ、それするともぉ家族みたいな雰囲気が出ちゃうのがちょっと怖いので、僕はァ 基本的にはそうねえ・・ あんま呼び捨て・・っていうのは、あんま無いかなぁ。・・・うん。 呼び捨てで呼ぶ、っていうのとなんか「お前!」みたいのもあんま無いかなぁ うん。 なんか強くなっちゃう・・呼び捨てだと。 「おぉい!」みたいな。 「オイ!何々!」みたいな。・・・ってなるのがなんかヤなので・・・ま、「ちゃん」が多いかな・・うん。 「ちゃん」と呼ぶことがあるかなあ~・・」

 

「下の名前で呼び捨てにする・・ってタレントさんでも居ないんだよな~・・ホントに。 あの・・鈴木紗理奈の“紗理奈”だけじゃないかな。・・フッ フフフ(笑) 紗理奈だけじゃないかな、下の名前で・・バラエティをやってる人は苗字で呼び捨てで出来るんですね。 バラエティで一緒になった人は。 うん。女の子ね。」

「例えばAKBのコたちもからみとか、苗字で呼び捨て出来る。 下の名前で呼べないね。・・・・・下の名前で「何々ちゃん」って言うのがちょっと恥ずかしいのと、下の名前で呼び捨てにするのがあまりにも偉そう・・っていうか。 だから、上の苗字で呼び捨てにすることは意外と出来る。」

「もぉ でも、基本的には苗字で「さん」だね。年下の人でも。女優さんとかもそう。スタッフもそうだし。 女の人は基本的にはあの~苗字・さん。 「スズキさん」とか「サトウさん」とか。 まあ~・・でも・・居るよっ あの・・現場にさぁ 今、ライブのスタッフで、なんか映像やってる人で木村って人が居るんだけど「木村さん」って呼ぶよね。 フッフフフッ(笑)」

 

「木村の前でも、木村さん。っていうね。うん」

「あとはなんかあだ名みたいのが多い・・ダメなあだ名付けちゃうんだよな・・うん・・ 「スマスマ」のプロデューサーで“黒木”っていうんだけども、“クロキン”って呼んでるね。年上で。 “クロキン”って呼び出したら、俺のマネージャーさんも、メンバーもみんな“クロキン”って呼んでるね。・・・なんだろね? 上の人で、すごくなんかいい感じだから・・なんか「ん」付けてる感じのとこある。うん・・」


「俺はなんて呼ばれるのがいいんだろなぁ~・・」

「“まーくん”とかはちょっともぉ恥ずかしいね。 うん・・“ひろちゃん”は無い。 “中居君”なんじゃないのぉ? “中居君”が一番こう・・はまんじゃないのかな。 ・・サイテーなおとこ!」



曲: Mr.S - SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO - 




~CM明け~

中居 「ハガキいきましょう。」


ハガキ 「最近、一目惚れすることありましたか?」

 

中居 「ん・ん~・・ 一目惚れ 無いな~・・・ だから、女性をなんか そういう風にやっぱもう見なくなったっていうのかなぁ~」

「10代とかさ、20代・・ 特に10代なんかさ、他のクラスに可愛い子いるっていったら、ちょっとさ、見たりさ。 廊下ですれ違ったら「アッ!あのコだ」とかさ。 で、20代でもさ、例えばなんだろ、番組中でもさなんかそういうのちょっと見たりだとか・・「あのコ可愛いな~」とか。」

 

「今はやっぱ、可愛いなとかキレイだなって人、居るけども・・“惚れる”とか“いや~付き合いたい”とか、そーゆーの無いね。 俺、年取ったなぁー!(スタッフ 笑)

「・・・・うん・・・・ でもね、これねちょっと・・ 女の子への接し方っていうので・・僕はなんでこんなに女の子に・・ま、男性にも人見知りってとこあったりする・・無くはないな、って。 なーんで女性にちゃんとコミュニケーション取れないのかなあ?って色々考えてると、まあ・・基本的にはあんまし・・どういうに喋ればいいのか分かんないな、ってのと。 あと、もうひとつ思ったのが、こういう男になりたくないな、ってのがあって・・・と、言うのも・・」

 

「例えば、女の子が居ました、ねっ? この人の彼氏が嫌がるような接し方をする男にはなりたくないな、って。 例えば、自分に彼女が居ました・・って・・ね?変なハエがたかったらヤダな~・・とかさ。 見る事もないし、聞く事もないんだけど・・すっごいチャラ男が「オマエさ~」とか。セクハラはしなくてでも・・なんかスゲー接してくる男が居るとする。」

「でも、それ俺見たとしたら、気分は良くないじゃん? 自分の好きな人になんかこう・・仕掛けてくる・・常になんかイチャつこうとしてる男性がいる。・・・っていう男になりたくない。」

「・・・っていうのもちょっとあるな~・・って。うん。」

 

「自分の中では・・ う~ん・・現場とかでさ、彼女が居る、奥さんが居るにも関わらず・・例えば共演者とすっげー仲良くなってイチャイチャしてるとか。 「じゃ今度食べに行こうぜ。」「飲みに行こうぜ」つって・・・やってるのはイヤな気分じゃないかな・・見えないところの方が大事じゃないかな。ってちょっと考えた。」

「それと同じように・・それまた逆だよね・・逆で言うと・・そういう男がちょっかい出してくる男・・は自分にとってはヤだな! だから、あんまり女の子にこう・・イチャもん付けないのかな、っていう。」

「それをいつからか・・なんかね。・・うん、そんなこと考えてたりすんの・・なんでそんなこと考えてんだろね、俺。 ・・一目惚れね~・・や、でも綺麗な人はいっぱい居るけどねぇ~・・うん。 ふけたよねあのぉ 感情もふけるんだね。うん。 感情も年取ったよね。」

 

「人じゃない一目惚れ・・車とか、このテレビ欲しいとか、これ言ったらあれですけど・・番組であるね。一目惚れ。」

 

「例えば、テレビを見てて、(トン!テーブルを叩く音)「これ面白い!やりたかった~」とか (トン!)「このドラマ出たかったぁー」とか。 うん、そういうのはある。映画見てて「あ~・・この役なぁ 俺だったら出来たのかなー」とか・・「俺だったらこうするのにな」・・・っていうのはあるね。 番組でお仕事に対して。・・・・それはあるね。」


「だからこの間も、自分やろうと思わなかったけど、久しぶりにドラマを見てまして。 上戸彩さんのドラマ。不倫のやつ。 この間、上戸さんがビストロに来た時に・・あの・・見てたから・・なんで見てたのかな・・一回目はたまたま見てたのね。見ようと思ったんじゃなくて・・」

「でも、自分の中でちょっとあったのよ。“上戸彩さんが不倫の役をやる”っていう・・あ、これ面白そうだな・・ で、見たら しっかり出来てたドラマだったから。見てたね。」

「こう・・なんかね、やっぱ人・・ あの見えないやつが好きだね~・・ 上戸彩さんが不倫、ってさ・・ちょっとイメージつきにくいじゃん。なんか凄く爽やかでさ、この人が不倫をやる・・・って、そこそこの覚悟を決めないと。 やっぱり今、医療ものと刑事ものと?子供もの?・・このやっぱり3つは外せないじゃないですか・・」


「そこを行かないのって・・ あ、なんかあるんだろな、って思いながら。」

「ちょっと見えなかったから、ちょっと見よっかな・・って見てみたらやっぱり面白かったですよ。」


「番組・・そうだね、新しい番組でも 「あ!これ面白いじゃん」「何?こいつ、こんなのやりやがった」みたいのはあるね。 でも現場で会ったりしたら報告しちゃったりする。 「あれ、面白いよ~」って。」

「あれ面白かったんだよな。小雪の旦那さんなんだっけ・・松山ケンイチ!?・・やってた・・あのね、戦争のドラマなんですけど。なんかTBSの60周年記念特別番組みたいの、月曜日にやってたね。 それはね、ド頭からケツまで見たけど、それ見応えあったな~・・。 うん。」

 

「それやっぱ ロケとか大変だったな~と思いながら・・あのコ!宮崎あおいちゃん、が出てたのかな。良かったんだよなぁ~・・そのキスシーンとかラブな感じとかゆうんじゃなくて・・ま、戦争の話だった・・ それ良かったな。」

「・・一目惚れの話から逸れましたが続いて・・」(と次のハガキへ)

 

 

 

ハガキ 「家に帰ってきたらすぐメガネをしますか?それとも本やテレビを見る時だけメガネをしますか?」

 

中居 「家に帰って来たら、ずっとメガネかけてます。」

 

「家に帰ったら、まずお風呂入ります。 で、まず洋服を・・洋服の部屋に持ってって・・下着をカゴの中に入れて、お風呂入って、上がった時にメガネかけるかな。 テレビ見る時も・・でも、面白いもので、僕まぁ・・本とか読む時はメガネしてないです。 近いものは見れるんで。」

「だからメガネして・・本読む時はちょっと・・だから老眼みたいな・・遠くにしないと見えないの。メガネしてると。」

「だから本読む時は、メガネ取って普通に見れるから。遠くが見えないので。近いものが近すぎて見えないってことはないので。そうだね、テレビ見る時・・ 映画見る時・・ 車乗る時ぐらいかな・・。」

 

「家に居る時はずーっとメガネかけて・・メガネ野郎ですね。」(by中居君)

 

「ずーっとメガネかけてる。続いて・・」(と、次のハガキを読む)

 

 

 

ハガキ 「草なぎさんが中居さんの健康をよく心配してますが、中居さんが草なぎさんに心配してることってなんかありますか?」

 

中居 「・・・・・・う~・・・ん・・・・・・・」

「・・草なぎくんのぉ (低めの声で)そのねぇ・・なんつうんだろな・・スイッチはァ 僕なんかには無い・・種類のスイッチを持ってるので・・」

「例えば、ビストロSMAPとかね・・例えば・・歌番組・・エンディングとか・・基本、なんにも用意してないよね。 ・・・  ビッックリするぐらい。 ・・・  ま、それも「お前なんか考えてきたか?」っていうツッコミの中でまた・・色々生まれたりするんだけど。  ・・・・なんの準備も無いですよね。(スンッ)」

 

「でも、なんかのキッカケでなんかスイッチ入って、熱く語っちゃう!みたいな。それもう分かんないね!・・うん。 すげーよ、だから。やっぱり。

「やっぱり、才能だよね!」

「スゴイ才能の持ち主だなと思うよね。 で、芝居やらしたらバカな芝居しないでしょ? ちゃんとしてっからさ。」(by中居君)

 

 

 

ハガキ 「最近、私の周りの友達がどんどん彼氏が出来ていくので1人で勝手に孤独感を感じています。中居君は最近、日常生活で何か孤独感を感じた出来事はありますか?」

 

中居 「・・うーん・・まあ、そうだなぁ~・・ 僕はよくない事は“孤独感を感じない”からいけないんだろね。 寂しいな~・・俺、1人で何やってるんだろなぁ・・ってことを・・昔から感じたことないからねえ。・・・うん。 だから、楽屋で1人で居ることもこよなく・・ だってホントに打ち合わせやって 「じゃあ本番まであと40分ありますんで」つったら、マネージャーさんもナガタマもね、メイクさんも居なくなるし。 だーれも居ないもん。」

「だから俺、1人。ずっと。」

「・・うんっ。 で、メイクさんとかずっと廊下に・・でも他の人のタレントさんに挨拶に行く時は誰かしら居るもんね。 俺、よくあれ居られるな・・って思う。 「スマスマ」とかなんかもう、ホントに・・誰かが着替える時とか・・(の)時とぉ・・髪の毛セットしてもらう時以外は僕の楽屋には誰も居ない。」

 

「で、他の楽屋行くと、他の・・なんか・・スタイリストさんがこう・・アイロンかけたりとか、メイクさんが居たりとか、マネージャーさんが居て、なんかくっちゃべって雑談とかしてるね。 ・・・・・それがない・・でもそれが珍しいのかな・・ だから、ドラマとかやっててももう、ホントにお芝居以外は、楽屋で一人だよね。 うん。」

「でも、食堂も行かないから。 ・・・・・・・ “休憩入りました~”つったら、食堂行ってご飯食べるんですけど、ドラマとか。食堂の定食を楽屋に持ってきて、1人で食べる・・・   ダメだよね。」

 

「・・・だから孤独なんか感じたことないよね。 それが常時だから。 うん。」


「・・“1人寂しいな~”っていうのが無いね・・うん・・ じゃっ アルバムから1曲、聴いていただきたいと思います(ガサガサ)えー・・・え~・・“忙しすぎて” どうぞ・・」




曲: よわいとこ





~エンディング~

中居 「さ!“忙しすぎて” いかがだったでしょうか? じゃあまた・・次会った時は声が治ってると思う それじゃまた来週、さよなら。」


おまけハガキ 「中居君は幼い頃、ブリーフパンツを卒業されたのはいつ頃ですか?」


中居 「・・ブリーフ!? いつだろうねえ、僕、トランクスが嫌いだからねぇ。 今もだから、なんていうのボクサーズパンツみたいのね。 これいつぐらいからだろ。22~3ぐらいかな?23、4ぐらいからなんかこういうスパッツみたいなのはいてるかなっ。」

「じゃあねっ バイバイッ・・」

 




ぷふっ 

最後の「じゃあねっ バイバイっ」のばいばい・・の後のちょっと息がため息交じりに近い、吐いた呼吸がなんともけだるそうな・・お疲れな感じが、とってもキュートな。

必殺技で締める中居正広。


淡々と、黙々と、語っておりましたが。今週の「サムガ」は意外と盛りだくさん~な内容だったよねえ。

ま、最後のブリーフの話はさておき(笑)・・そもそもブリーフって「卒業」するもんなの?(笑)イメージ的なもんでしょ。

おっさんの白ブリーフ、お子ちゃまの白ブリーフのイメージで見るからじゃないの?そうじゃないのもあるし。ま、私も男のパンツについては詳しくないけどー。ボクサーパンツって昔は存在しなかったからね~。中居君が20歳過ぎてから・・ってのは年齢的にそうなるでしょうね。 しまった、パンツごときに語ってしまったじゃないか


そして

「感情もふける」とか「老眼みたいな」発言が。

ふふ

まあ、言葉のチョイスが「ふける」ってしちゃうと・・・ちょっとあれだけど

自然の摂理として・・人間も動物なので若い時と感覚は変わってくるよねえ・・・でも、それをマイナスイメージに捉えちゃうとそれこそ「ふけちゃう」から。そういう意味では自分の中での違いに気付き始めた中居君はまだ若いのかもしれないよね。

あと、近眼の人が老眼になってきた場合・・の見え方が分からんので中居君の言ってることはあんまり理解できなかったけど、どうですか?近眼の方・・(私は乱視なの←)

あ。
すみません、中居様・・ファンごときが勝手に「ひろちゃん」呼びしてますけど。
もちろん、表では「中居君」でやっております、はい。
 


「僕なんかには無い・・種類のスイッチを持ってる」

「スゴイ才能の持ち主だなと思うよね。 で、芝居やらしたらバカな芝居しないでしょ? ちゃんとしてっからさ。」 


うん。SMAPはそれぞれのメンバーをちゃんとリスペクトして、認め合ってるところが本当に素敵。

そうして、FIVE RESPECTが進化すると、CRAZY FIVEな男たちになるんだな(^m^)今夜も札幌を熱くしちゃってぇ~
 

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


9/21「ワイドナショー/ワイドナB面」に中居君、出まぁ~す

2014年09月21日 05時57分34秒 | 中居正広

みなさん、もうご存知とは思いますが

SMAPスケジュールにも載せています本日「ワイドナショー&ワイドナB面」中居君が出ま~す。

録画し忘れてた方はセットしましょ~

コチラ   ワイドナショー公式サイト


~引用~

「 ワイドナショー【松本人志&中居正広&武田鉄矢が激論】 【仲間由紀恵が結婚】

古くから知る中居&武田の裏話に松本唖然▽加熱するイスラム国問題にスタジオで熱き論争▽ストーカー…松本&中居が受けた過去の被害 」 

 

私は、今「サムガ」の文字起こし中です。「ワイドナ」までには終わらせますっ