さくさく

中居正広ナシでは1日が始まらない、終わらない。元気をくれるのは中居&SMAP。

公開1週間

2008年11月30日 03時46分39秒 | 中居正広

おわっ!! もう、12月やないか~い。

うーん・・・ 今年もう終わりかぁ。 実感なし。

ついこの間まで、ライブがあるとか無いとか言ってた思ったけどな。
特に、9月以降はホントに忙しかったぁ~
SMAPのことは、モチロン。
プライベートでも 本当に色々とあって・・・ マジでよく無事だったなあ、自分(苦笑)

オーラスも間近。

ライブに参加する皆さん、気をつけていってらっしゃ~い。

はじけて 楽しんで来てね

私は、急遽行けなくなったので。その日は、映画館でじっくり役者・中居に浸ります。
あ。まだ、ライブDVDの予約してなかった。
オーラスの様子って ・・・DVDに入るかな??? 無理?

今夜の「サムガ」にて。
野球の話をするので、おやすみください って(笑) 
あはは。 聴いてる私達の立場は(笑)

おまけハガキの「野球関係の仕事に就きたいと思ったことあるか?」に・・・

「僕の夢は プロ野球の監督になることです。」(by中居君)

あはは あはははは

そうね~。 野球が大好きな中居君が、だいすきでぇーす。←甘やかし。

映画って、どれくらいの数のお客さんが入ったら「沢山入った」ことになるのか、分らない・・・という中居君。
多分、業界的には具体的に「ある」と思うけど。 

ブランチの映画ランキングで見たら、堂々の2位でしたね。

ジャイさんが、石坂浩二さんが、言うとおり。この手の映画は当たらない・・ のが通例だとしたら・・・ 
だからこそ、この作品の担っているものは大きい。

色々な意味で・・・ 本当に「貝」はみんなの“情熱”と“願い”が詰まった作品なんだね。


大人め・・な中居君。

2008年11月29日 08時25分23秒 | 中居正広

やっぱ、気になる人多いのね。

昨夜の「NEWS23」。
キャスターの後藤さんと中居君との対談。

後藤 「映画で、あの清水さんが裸一貫で作った床屋さんが・・あの仲間由紀恵さんのお母さんが、どう立て直したのか?・・って 続編を見たい、って気も凄くする」

そう、あの後。 清水家がどうなったのか。
やっぱ、気になるよ。

「仲間由紀恵の美貌なら、大丈夫。 ぜったい客入るだろう。」(by中居君)

 ぶは。 

後藤さんは「けんじ」だから、子供の頃「けん坊」と呼ばれてたこと。
娘さんは「なおこ」という名前であること、その登場人物の設定だけで、涙腺がやばかった・・って(笑) 実際に、お父さんが赤紙で戦争に行ったせいで、戦前はまあまあの商売をやっていたのに家が落ち込んでいった・・と。

物静かな雰囲気の後藤さんと話す中居君。
インタビューに答えている内容は、ほぼ既出の話でありながら、落ち着いた口調とトーン。
ところどころ、今までの取材では言わなかった言い方も。

鶴瓶さんの「チェンジブロック」の演技。
リハ、2回の本番。
それぞれ、違う演技、セリフもアドリブが。
鶴瓶さんワールドに引き込まれたこと。

「この映画を見て、自分が心に残っている・・ 胸を熱くしたシーンが鶴瓶さんとの“さよなら”のシーン。」(by中居君)

この人にグッと来るのが、もったいない(笑)・・ と言いつつね。

相変わらず、芝居が苦手・・・ という中居君に。後藤さんは・・

後藤 「そぉかなぁ~←笑。

中居 「それぐらい、全身全霊でやらさせてもらってる ってことなんですけど」

広島に献花に訪れた、中居君。
すんげ~、きゃーきゃー言われてたね(笑)
私が録画した「2時っチャオ!」とかでは、そーゆーギャラリーの「声」とか入り込んでなかったから。

変な髪形なのに、きゃーきゃー、ぎゃぁぎゃぁ、悲鳴にも似た声に包まれる中居君。 うふ。

まだまだ頑張ってます、サブローさん(笑)

そろそろ、怒涛の「貝」祭りもゆったり、としてきましたね。
いや~・・・ 雑誌とか、新聞とか 着いてゆけていないものも沢山。
残すは、楽しみにしている「情熱大陸」 と 「家族に乾杯」か。

でも。 まだまだ、映画館には行きますよぉ。
この手の作品が興行として成功することが、大事。 ・・・ 石坂浩二さんの言うとおり。 実際、「見たいから、見る」。

豊松に。
清水家のみんなに。
また、逢いたいので、12月も映画館に通います。

映画が公開されるまで、封印していた「オフィシャルブック」も安心して、見てます
ここでも、やはり仲間さんの中居君に対するコメントが「高評価」
語られる言葉が、かなり核心をついていて・・・ 仲間さんも私達の「仲間」?とも(笑)

コメント (2)

NEWS23

2008年11月28日 11時04分51秒 | 中居正広
あっ!

今夜は、NEWS23に出るんだった!

忘れてたぁ~ 危ない、危ない

23:30‐24:35(東京地方)だって☆☆☆☆

ちなみに中居さん、最近の胃の調子はいかがですか?

2008年11月28日 03時57分46秒 | 中居正広


あはは~  

おもしろぉーい TOKIOの「5LDK」に出てる中居君ってば。
やっぱ、男同士のトークが気楽で楽しいんだろーねえ。
ノリノリじゃん(笑)

「オレ、さんまさんじゃないからね」(by中居君)

ふははは 名言、名言。
太一くんから見れば、ほぼ「さんまさん」みたいなもんかもね(笑)
バリバリ、のりのり、すっかりナカイマサヒロの世界だもん。
この人は、落ち込んだりするのだろーか??・・・ってね。

さんまさんが、“お笑いサイボーグ”・・だとしたら。

中居君は何?

でもね。
さすが、茂くん(笑)
元ルームメイトだけある。
ちゃーんと、中居の本質、中居の素顔・・・をさりげなく、フォロー。

若かりし頃、コツコツとネタ帳を書いていた中居君。
ワーワーやっているようなイメージの裏で、全部、計算して一生懸命考えてやっていたことを話してくれた。

中居君も、気負わずにその当時の『何も出来なかった自分』について、話してくれた。 考えすぎるぐらい、考えちゃうタイプ。 いつも「胃が痛い、胃が痛い」と言っていたイメージがある・・ と茂くん。

「何回か、倒れたもん」(by中居君)

さらっと言った。
他の番組では、 他の人たちの前ではこんな風に本当のことを言わないのにね。

「ゼッタイ、人にはそーゆー姿を見せない。」(by城島くん)

大昔の中居君のイメージは、おちゃらけて、うるさくて、軽くて・・・ 一般ピーポーだった私はなんとな~く、そんな男の子だと思ってたなあ。
・・・いまだに、それと大差ないイメージを抱いている人も多いようですが(汗)

『無理をするな、また吐くぞ』(♪「FIVE TRUE LOVE」)

そうそう。
慎吾もそう、歌ってるじゃーん(笑)

中居君は、笑って。
おちゃらけて見せて、いつも無理しちゃうから心配だよ。
それは、大人になった今も・・・ あんまり変わってないねえ。

うたばん」は先週に引き続き、またもやサラッと見ただけ。ひーっ・・・未見の番組が溜まってく。・・・消化できん・・・

Goro's bar」は見たよ~。
吾郎ちゃん、マジメに「夜空」を歌ってた。 ハズしてみせた中居君の歌を挽回しよーとしたのかなあ?(苦笑)
私は、そのハズして見せた中居君の歌に笑って大喜びしてましたが・・ぷぷ・・


そーいや。
ライブ、名古屋も終わっちゃたねえ。
働きモンの中居君は、名古屋でも「貝」の舞台挨拶をやったみたいだけど。
明日の芸能ニュースを録画予約するほど、HDDに余裕がありません(苦笑)

コメント (2)

2回目3回目。

2008年11月27日 11時14分56秒 | 中居正広
みなさん、いかがお過ごしでしょうか(^_^)

またまた、通勤途中から携帯にて更新です☆☆☆
最近、このパターンが増えてきて、なんとももどかしい~~…

さて。
昨日、公休日に行って来ました。「貝」。
連続で2回見ました☆

1回目に見た時と、全然違うところで、アレっ?て感じで泣けてきたり…

前回、泣けたところは、もっと泣けてきて(苦笑)

いつもは、映画であまり泣く人じゃないんだけどなぁ(笑)


“こんな辛い内容、何回も見ること出来ない”… と言う人もいます。 うん、確かにそーゆー方も居るでしょう★

私は。

見終わると、なぜか気になる。

また、会いに行きたくなる。

あの人たちは、どうしただろうか?

あのあと、どんなふうに生活したかな?

豊松の手紙は、どんなふうに家族に渡され、どんなふうに読み取ったのだろう…
映画を見ても、“その後”は描かれているわけじゃない。 でも。

見えてくる気がする。

房江のあの、芯の強さに…けん坊のあの生命力あふれる柔軟さに…

彼らが、一番辛くて、悲劇とも言えるあの日々を見ることで、あの人たちの未来も見える気がする。


処刑に直面している、豊松にとっては救いようがなく、絶望だけだとしても…

この世は終わりではなく。
彼の家族は、きっと強く生きて、豊松の命を未来へつないでいってくれたはず。… そう信じたい。

そして。

そう信じたい… と願う、人の想いこそ、残された「希望」。
可能性なんではないか。

いつまで経っても、戦争がなくならない。
どーしよーもない、人間だけど。


… でも。
今、確かにこの映画を通して、考えることが出来ている。

あの60年前には、考えられないこと、だよね。

亀の歩みより、遅い進歩?かもしれないけど。

あの家族は、豊松のぶんも強く生きていったのではないか?…

そう、感じさせる作品になっていると思う。
ジャイさんの見せ方は、いつも温かいね。

人に
私達に
残された、唯一の希望。可能性… それに託したのではないかな~…

メッセージをしっかり受け止めたい。

… もっと沢山の人に見てもらいたいなあ~

また、来月に入ったら見に行きます。☆☆☆

なんか、気になるんだよ(笑) スクリーンの中のあの人たちが(^_^;
コメント (6)

「無垢」 中居を映し出す色。

2008年11月26日 07時49分38秒 | 中居正広


「実に “無垢”だね。」(byピン子さん)

「白だった。 色で言ったら。 染まってなかった。」

「そこが、豊松だな、って思った。」

役者としての「素直さに学んだと言う、泉ピン子さん。
そう、素直に言えるピン子さんも、これまたスゴイ。

「このひとは、スゴイなって思ったね。 “役者・中居さん”ってのを凄い買ったね。」

「(自信)持っていい!!」(byピン子さん)

太鼓判を押してくれた、ピン子さん。 ありがとう。
中居君は、何年経っても苦手意識はなくならない・・・と言うんですよ、はい。
少しでも、お芝居を好きになってくれたらなあ。

・・・まあ。
自分の発信している作品が「与える影響」というものが「人の心を動かす」可能性を秘めていることを知っている(@徹子の部屋)中居君だから・・・・ きっとまた、役者・中居の姿を見せてくれると思うけど。

こうして。

役者として、認められている大先輩の「心」を感じる言葉であることが、なにより嬉しい。

そうなの。

スター・中居正広は居ないの。

そこに居るのは、豊松そのものなの。
だから、中居ファンの私も作品そのものに、のめり込めた。

「無垢」という表現は、自身も演技をする者だから、出てきた言葉でしょう。
そこには、演技をする上でやってしまうことや、考えてしまうもの、余分なものが感じられなかった・・・ のかもしれない。

今日は、2回目に行きます。 
出来たら、連続で鑑賞してきまーーーす。 なかなか、行ける日も限られているので、頑張るゾォ(笑)

今日は、久々にテレビの録画予約が少なめ。 ふうぅ~(笑)

みなさん、今日は編集&鑑賞のチャーンス! だぜぃ。

コメント (6)

すぺしゃる・ぼうい

2008年11月25日 03時16分53秒 | 中居正広
新聞のテレビ欄に 異常あり(笑)。

「いいとも」と「きらきらアフロ」の番組名の後に“SP”が(笑)

すごいぜ、中居正広☆☆☆普段、レギュラーの「いいとも」でさえ、特別枠の扱い…

「きらきらアフロ」にいたっては、通常ゲストを招かない番組なのに… 監獄セットまで作り上げてお出迎え(笑)

いや~…

こーゆー時、君がどれだけスター☆なのか(笑)
いまさらながら、再確認。
そして、私は今日も順調に(汗)録画した番組を全部消化できず( ̄○ ̄;)

いつもよりは、早目に仕事を終わらせて帰宅したものの…徹子の部屋も スマスマも…まだよく見れていないっす!

ひぃ~…

ひろちゃん、どんだけ働いたんだよお

そして、ついに。今夜は眠すぎて、PCからの更新を断念 (T_T)

うーん… だから、ひろちゃん… どれだけ働いたんだよぉ~

ね… 眠い★★★
だ、ダメだ…ちっとも進まないので(T_T)

また明日。
コメント (4)

中居正広=愛される人。

2008年11月24日 03時35分58秒 | 中居正広


びくぅっ!!  ってなってたね(笑)

いや、「黒バラ」の奇襲攻撃、パーーンと大きな音。
キラキラテープが出てきて。

怯えた不安な顔。
この瞬間、中居正広の小さな頭の中はすげー、沢山のことを考えている。
きゅるきゅるぅー・・と回転してる。

でも、何もできないの(笑)

「うざい」(by中居君)

・・・ と言いつつ。 結局、用意された「ウザイ」企画に乗ってしまうのであった(笑)
せっかくの大作も「黒バラ」スタッフにかかりゃ~・・・ こんな感じよ(笑)
これが、この人たちの愛情表現なのよ(笑)

「映画の話はしないで!」(by中居君)

あはは・・ がんばれ~い、中居。
こんな貝・・・ じゃない、こんな回に呼ばれた「ひげ男爵」にも同情するわ・・・

今日は、中居ファンの間で話題になっていた「日刊スポーツ」を日付が変わるチョイと前にギリギリ、コンビニで購入。
すげーな、特集ページの見出しといい・・・ どーやら、この取材記者さんは、すっかり中居の虜に。

きっと、まだ免疫がなかった方のようで・・・

いまさらながら、いちいち新鮮だったんでしょうねえ・・(^m^)

「第一印象から イメージとは違う印象だった。」
「数語交わし、物腰を見て、すぐに、どんな人なのだろうという興味をそそられた。」

中居君の話す内容がきっと、すべて新鮮で興味深かったらしく・・・

「うちで飲むのが楽しみ、と言える気さくさ」
「メッキがはがれるのが怖い、と言える勇気」
「真面目さゆえに 外でも内でも 自分を求める」
「まだ発展途上・・ と言える向上心」

そして 「私は中居正広になりたい」 (笑) というこれらの見出しを見ただけで本気で惚れこんだ様子が伝わる。
なんだか、身内をべた褒めされて、嬉しいけど照れくさいような(笑)

ジャイさんのコメントも嬉しい。

「大俳優としての素質があると思います。 同じ世代の俳優はビビると思いますよ。」(by福沢監督)

ジャイさんは、監督なのに。
いつも中居君をバリバリ援護射撃してくれる。
おっきな身体で全国一緒にまわってくれた。

嬉しいね。
・・・ 実は、この人も 中居に惚れ込んでいるひとり・・なんだよね。(^m^)

そして、中居君の嬉しいコメント。

「軸足はSMAPです。」(by中居君)

そう。
SMAPの中居。 それが、私の愛する中居正広、でもある。


感想言えるほど・・自分、「器用」じゃなかった。

2008年11月23日 01時59分41秒 | 中居正広


まるで、椅子に囚われたみたいに体が重たくて。

でも、それは不快な感じではなく。

エンドロールが流れても、立ち上がる気がしない

ただ、ただ、シンプルなエンドロールが延々と流れる中、おそらく場内に居る他のお客さんも同じ気持ち? みんな静かに座っている。
暗いうちから、ゴソゴソ帰る人がよくあるけど・・ 今日、私が出掛けた映画館ではほとんど居なかった。


もちろん、長く座ってたから身体が凝り固まったのもあるけど(笑)
でも、それぐらい「集中」して見てたのも事実。
あっ と言う間だったもん、2時間19分。

フツーさ、たいていの映画は途中で「我にかえって」ゴソゴソしたり、身体の向きを変えてみたりするじゃない?
それがなかったんだよね、だからますます 椅子と一体化(笑)しちゃったのかも。

それぐらい、入り込んじゃった。

今夜の「スマステーション」で。 

「どっぶり、と。でした。」(by慎吾)

と慎吾と石坂さんの言っていた“どっぷり”入り込める作品でした。
実は、まだ自分の中で「感想」と言えるほど 簡単に言葉が出ない。

気持ちが整理できてない・・・というか、なんか、もっと深い、奥のところに染みこんできたものが何なのか・・・

また、見にいきたい。 見に行って、確かめたい。

不思議なことに、中居君の演技がどーのこーの・・・ ということはあんまり気にならず。作品そのものに入り込めました。
うん、つまり作品そのものがハイクオリティなんだよね、きっと。
中居君は、中居正広じゃなくて、「豊松」でしかなかった。

今度は、もう少し細かい部分もじっくり気に掛けながら、見てみたい。

「感想」らしいことが書けず、すみません(苦笑)
でも、これが今日の私の素直な感覚。 

重たくなった身体を よっこらしょ・・と起こして立ち上がり。
ロビーに出れば、現実。 2008年。 
外に出れば、いつもの町並み。

でも、何かが違う。 

家に帰っても、なんか戻れなくて。
いまさら、本屋さんで大量に買ってきた、中居君の載っているテレビ誌をひたすら、見る。 「貝」の宣伝をするブランチやナビ番組を見る。
少し、すっきりした(笑)

中居君、笑ってるね。うん。よかった、よかった。

仲間さん、この人ってば 意外とどっしりしてるね。うん。 ・・・ なんか、中居君といいコンビだぁ。 

石坂さん、中居君のこと「自分と似てる」って(笑) お茶目なところ? ふふ。

徐々に見きれない番組がチラホラ。
「うたばん」と「金スマ」は、まだ全然再生もしてない(苦笑) HDD、ピーンチ!
いかん、今からこんなことではッ。
「貝」祭りはまだ、まだ続くのに~ あっ、「サムガ」もまだ聴いてないし(汗)

みなさーん がんばりましょ~(笑)

辛い、悲しいお話なのかもしれないけど。 また、見たくなっているのは、私だけではないと思う。 仲間さんが言っていた、見終わった後の「あたたかい気持ちに・・」ともしかして、似ているのかもしれない。

もしかして。 それこそ 人間に残された 最後の「希望」なのかもしれないけど。

早く、見に行って確かめなきゃ。

コメント (6)

見るのも大変だあ

2008年11月21日 03時39分25秒 | 中居正広

ちゃんと、漏れなく録画できるかどうか・・・ だけじゃなかったね(笑)

録ったはいいが、見るのが追いつかないって。

今日も帰宅したのは、夜の11時前で。
明日のご飯作ったり、お風入ったりなんだかんだして・・・ 明日は、これまた「早番出勤」だし~ いつ、見るのぉ~?(爆)

一応、「食わず嫌い王」と「Goro’s bar」は見たぁ。 「うたばん」は未見。

うぅむ・・ このまま「未見」がたまってゆく予感・・・ あはは・・ はは(汗)

で。
いいなぁ~、ひろちゃん。
いい仲間に囲まれて。 幸せもんだねえ。

食わず嫌い王」って、こんな番組だっけ(笑) 
すげー チームワーク。
どっちが、攻守かわからん。 いっけん、師匠が3対1でいじられてるみたいだけど、これは「あ、うん」の呼吸の良くできたハイレベルなバラエティだ。

スペシャルぅ~ っていっても、1時間が「あっ」という間の面白さだったね!

“とどめ”は中居君の「夜空ノムコウ」と師匠の落語とのコラボ。
あー。面白かったぁ。
また、時間出来たら、リピしてみたい(←それはいつ?)

そして。
Goro's bar」 うふ。 吾郎ちゃん、可愛いっ。
バリバリに張り切った、ビストロ・オーナー押され気味の吾郎ちゃん。

「いま、中居正広の空気だもん」(by吾郎ちゃん)

うふ。 ごめんね、吾郎ちゃん。
でも、ついつい好きな子にはいじわるしたくなるのよ。イジメっ子は。

「素手じゃないでしょ?」(by吾郎ちゃん)

野球ノック対決の吾郎ちゃんがこれまた、キュートで(笑)
きゃっ”って感じになりながら、一生懸命ボールをキャッチ。
取れたら、マジ嬉しそう。

次週は、吾郎ちゃんの得意な「ゴルフ」で対決かな??
トークの時も、「映像も綺麗だし、映画館で観たかった」 ともらったDVDを30分しか見なかった・・・と吾郎ちゃん。 嬉しいお言葉。
ぜひ、ぜひ大スクリーンで見てね。

みんな、中居君のまわりに居てくれる人は、温かいね。
きっと中居君が温かいから、周りにも温かい人が集まってくる。
温かい和が拡がる。

こうして、いざ・・というときにチカラを貸してくれる。
素敵だな。 ありがとう。