新潟カウンセリング研修センター

研修・講座のお知らせを掲載

「歎異抄」に親しみませんか

2022-01-18 14:54:30 | 私の声
 私が購読している地元紙「新潟日報」には、年間を通して掲載されている轍次轍次氏の一文字の漢字がある。その一文字の漢字は、季節や生活に関わるようなものなど、毎日関心を寄せている。
 過日「歎異抄に学ぶ会」の早朝、「歎」の一文字が目に止まった。ビックリした。

「『歎異抄』は鎌倉時代の仏教書。著者は唯円の説が有力。浄土真宗の祖親鸞没後、信者間に生じた意義を歎じ批判して、親鸞の真意をしめしたもの。無人島に持参するならこの一冊と決めているという声も聞く。」(掲載文のまま)

 どのページを開いても、生活者・我が生身のよりよき在りようが表されている。ときどきに味わい深く、私の道しるべになっている、どなたのいのちのいとなみを、離さない。感染症が相まって、自分自身を見失い鬱傾向に陥りがち。一人で思い悩やまず、さあ。声にしてみよう、必ず道が開かれるようになっています。

 毎月1回、日曜日「歎異抄に学ぶ会」を開催している。意義深い時間を過ごしませんか。思い立ったときがスタートですね。歓迎します。先ずは☎025-230-5320(新潟カウンセリング研修センター)へ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナウイルス感染症に教わったもの

2022-01-13 11:19:20 | 私の声
 専ら人間を宿にしているウイルスの感染症であるから、まず「人流の制限」が掲げられてきた。動きを制限され続けられて、いかに人間は動いていることが自然なんだと知った。一時は動かないようにしていても、続かない。無理がある。生きているって、動いている相(すがた)だ。本来人間は動物だった。呼吸は一時も止まっちっゃいない。細胞の隅々に酸素が行き渡り、血液も循環し続けられているから、あらゆる組織は十分に機能できているのだ。そもそも死は静ですもの。

 身体は素直に動物だ。ところが、「私が」と言っている意識は、なかなかやっかいなんだ。身体に順(したが)うがいい。謙虚にね。声にして「私が}が諦められた一瞬、超えられる。広々とした世界へ、底知れない深さに迎えられる。仏のことばが届けられてくる。声にして、ことばの相に値遇(であ)わせていただけたカウンセリング研修である。学びから遠のくにつれ、固定的・不自由に向かっていく。いわゆる鈍感になり、自覚にならないまんま動けなくなる。
 
 1/16,13時~「単異抄」だ。声にして動物(人間)になろう!元気になれる。免疫向上のため!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分が大事になっていないあなたへ

2021-12-31 07:57:03 | 私の声
実に解らないものなんですね。
自分が大事になっていないなんて
なぜならば、「自分が大事になっていない」ということばが、まずやってこない。
なによりも、自分が大事になった体験がないのですから、
ゆえに、生涯ならずじまいになってしまう。
幸い私はカウンセリングに出会うきっかけに恵まれ、学ばせていただいてきて今言いたい。
一度だけの人生だ、カウンセリングに学びませか。
限りなく広い、底知れない深さの世界があなたに開かれて往けるんですよ。
そうなる資質があなたに具わっているんです。
もちぐされになったまま最期を迎えるのでは、もったいない。
生活をしていれば、人との関係で「モヤモヤ」「イライラ」「不安感」「怒り」「拒絶感」「ムカムカ」「違和感」「裏切られた」「いい人だと思っていたら」「ムッ」「カッ」などになったら、なにごともなかったことにしてしまわないで。
そのときこそ、学びの始めにしましょ!
当研修センターでは、そんなあなたに常時開かれています。
来る年こそ、学び元年に。

「肉体の動きに則って観念の動きを修正するがいい。前者の動きは後者の動きより遙かに微妙で深遠だから」(小林秀雄氏のことば)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「考える」は危ない?

2021-12-23 10:37:32 | 私の声
よく考えてから答えよ、というように日常聞いたり言ったりしていることばだ。
特に学校で身になってしまってきたことばではないだろうか。
まるで、そうすることが良いことだと思い込んでしまっている。
言っている方も・聞いている方も。
疑えなくなっているから、恐ろしい。
実は、危険!!!
長年カウンセリングに学ばせていただいてきて、いのちの在りように深い関心がある。
自殺・他殺などの報道に触れるたび、一人で思う・考えるが動機になっていると見ている。
一人で思う・考える、生活習慣になっていると心当たる方、念のため問い合わせてみましょう。
自分自身を大事にするために。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「人間になる学び」を始められる人間(ひと)

2021-12-14 14:28:46 | 私の声
この世にせっかく生まれてきて、人間になれないまま呼吸の終わりを迎える。
人間になるとは、どういうものか学んだ後に解るものだから。
ひとえに、その人間(ひと)にきっかけになるかどうかだ。
日常生活のなかで、人との関係から不快・疑い・などネガティブに感じられない人は、いまい。
「ネガティブ」が大事になれれば、学ばずにはおれない
力んで頑張る人は、ネガティブを押さえ込み、見ぬふりをして暴走する。
「ネガティブ」になっている身だ。
思っているだけでは、誰のためにもならない。
声になってこそ、新しい自己の誕生が起こる。
声になりたがっているんだ。
新しい自分の誕生に、願われているんだよ。
「ネガティブ」どうぞ、お大事に!
カウンセリングに託されている心です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする