野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

アクリル毛糸のすずらん完成

2010-02-20 19:22:00 | 編み花
すずらんのブーケを祖母にプレゼントしようと思いついてからずっと
なんとか茎をしゃんとさせられないかと考えていました。
それで手芸店をのぞいてみたら、「折りたためる帽子が作れる心材」
というのがありました。

右側の輪になっているものです。
見たところ太目のテグスみたいですが、「曲げると曲げたままの形になる」とか
「折り曲げの繰り返しによる切断がありません」
というプラスチック製の新素材だとのこと。
だったら毛糸に入れるのにぴったりですね。
茎の部分に編みこんでみました。


はい、このとおり。
まっすぐにしてバランスをとると、しゃきっと立ちます。
そのまま持てばゆるやかに曲がって、すごく自然な感じです。
これなら毛糸の持ち味も生かせるし、曲げたり伸ばしたりして遊ぶこともできますね。
これがあれば編み花の表現の幅がひろがります。
おもしろいものを見つけたので、ますますはまってしまいそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アクリル毛糸のスミレⅡ | トップ | 芽吹きの季節 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すずらん (ミント)
2010-02-21 07:09:59
のんのんさん、とってもかわいくできましたね。
茎に芯を入れたのですね、私もカウスリップの茎や葉にフラワーワイヤーを使いました。
紙が巻いてあるので後からでは差し込みづらくて茎には中に編みこんでいきました。葉はところどころ裏から目を拾って差し込んで自然に見えるように折り曲げてみたのですが。
こういうものがあるのですね、すべりがよさそうですね。

きっとおばあちゃん、喜んでくださるのではないでしょうか。
エッセンシャルオイルではすずらんに似たものってあるのかな?香りがついていたらどうでしょう?
Unknown (ぴぴん)
2010-02-21 19:05:24
よい心材がみつかりましたね。
茎がしっかり立つと、表現できる花の種類も広がりそうですね。
ラベンダーとか、野バラの実とかもできるでしょうか?

芯材 (のんのん)
2010-02-21 19:32:45
ミントさんありがとうございます。
あのカウスリップ、生きているみたいにかわいいかったけど、やっぱり芯を入れて工夫されていたんですね。
大変だったでしょう、私もちょっとフラワーワイヤーを入れてみたりしてみましたが、曲げたりしているうちにずれてしまって、なかなかうまくいかなかったです。
この芯材は自由に曲がって、またまっすぐにも戻せるのがいいです。
やわらかいし、すごく使いやすいです。いいものが出ているんですね。

エッセンシャルオイルのすずらん、あったらいいですよね。探してみたいです。
なんか、洗剤にそんな香りのがあったような気がして、それを買おうかと思ったりもしています。
ラベンダーも (のんのん)
2010-02-21 19:38:22
ぴぴんさん、そうなんですよ、おかげさまでいいのが見つかってよかったです。
手芸店もどんどん進化していますね。

ラベンダー、そうなんですよ、私も考えていたところです。フレンチラベンダー系が面白いかなと思っています。楽しみです。
バラの実もやってみたいです。

コメントを投稿

編み花」カテゴリの最新記事