ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

お彼岸はよいご先祖様が帰ってきます。ひょうたん良先生による秋の彼岸の先祖供養の受付ます。26日までです。

2021-09-18 22:22:55 | 霊関係

今年は、9月20日から26日がお彼岸です。

お彼岸は、地獄に落ちていないよいご先祖様だけが戻ってきます。

手帳を持っている人は業(ごう)が深いと言われているので、亡くなると地獄に落ちます。

地獄に落ちた人が這いあがるには、子孫が追善供養をする必要があります。

施餓鬼法要や彼岸法要は追善供養と言われています。


ひょうたん良先生による先祖供養の受付を開始します。

料金は33333円です。

何代さかのぼっても料金は同じです。

自分から見ての父方・母方の姓をお知らせください。

普通は、父父方・父母方・母父方・母母方 4つの姓はかけるかと思われます。

また、養子の場合には、血のつながっている方の姓を使います。

http://www.reinou.jp

メール reisoudan@infoseek.jp

振込先 三菱UFJ銀行難波支店普通5234066 パソコンショップケーブル

お彼岸には、必ず、お墓参りに行きましょう。

私は、お墓参り以外に、23日に法楽寺で行われる彼岸中日法要に参加します。

そこでお塔婆に書いてもらい(1霊2000円)、法要してもらいます。
その後、お塔婆に水をかけます。

 

 

 

 

 

 

 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 昨日のgooブログアクセスラン... | トップ | 盛岡一高の男性教員、水泳大... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アスペまさ)
2021-09-18 22:55:49
>手帳を持っている人は業(ごう)が深いと言われているので、亡くなると地獄に落ちます。
えむびーまんも業が深いので、近日中に手帳持ちになります(透析だけでなく腎移植でも免疫抑制剤服用継続が必要(フツーはほぼ必要)なら身体1級)。
Unknown (アスペまさ)
2021-09-19 00:48:17
手帳と免許証、どっちをお焚き上げ供養するべきか、ひょうたん先生は何と言っていたのか教えてくれよ😒
Unknown (せごん)
2021-09-19 11:28:51
モノホンのせごんです。そう言えば私も、いつもお世話になっています京都の占い師T先生に、地獄には絶対に行ってはいけないと、注意された事があります。それとT理教は金光教と同じく、国常立系の宗教で地獄系の神様だと言っておられました。信者さんでも、この事を知らない人が多いと思います。またT理教の信者さんや先生でも死後、地獄に堕ちて苦しんでいる人が多いと聞いた事があります。それと京都の占い師T先生は、ひょうたん良先生は地獄系だと言っておられました。ひょうたん良先生の先祖供養で、地獄に堕ちている御先祖様を成仏させる事ができるのも、ひょうたん良先生が地獄系の先生で本間者の霊能者である証拠かも知れません。私は大阪の四天王寺で先祖供養をします。
地獄 (るい)
2021-09-19 15:05:20
せごん様 人は亡くなったら、浄土への道をずっと歩くのではなく、地獄に落とされるのですか?個人の行いにより、その道が険しかったり、平坦で歩きやすかったりする。と言う方もおられますが。
えむびーまん様 ワクチン接種の件ですが、酷い貧血があり、体調が悪く、家から出られなかったため、接種できませんでした。食欲不振です。えむびーまんさんの食欲を分けて欲しいです。お彼岸だから、何とか体調を整えてお墓に行かないと。と焦っています。
Unknown (せごん)
2021-09-19 20:39:50
モノホンのせごんです。るい様ヘ、質問ありがとうございます。私はお坊さんではないので、難しい事は分かりません。しかし仏教書を読むと、人は死後、7日ごとに十王の審判を受けると書いてあります。35日の審判を担当するのが、あの有名な閻魔大王だと書いてあります。地蔵菩薩の化身でもあります。また絶対的な極悪人と善人の場合は、別の方法でのお迎えがあると書いてありました。直行便があるそうです。難しい事は分かりませんので、ひょうたん良先生に質問をされたらどうでしょうか?、その宗教(T宗教)でも地獄に堕ちている人がいるのは、生前の行いが悪い場合です。その話は、某宗教のパートのおっさん、また某占い師さんのチャネリングを通して、私の5代前の御先祖様とT宗教の某女の神様から聞きました。その女の神様は閻魔大王の事について、あの方(閻魔大王)は素晴らしい方、天地を創造された神艮の金神、私の足下にも及ばない存在だと、言っておられました。その女の神様の名前は、雲読之命(くもよみのみこと)と言います。地獄に堕ちた信者は、私(雲読之命)でも助ける事はできない、そんな力はありませんと、言っておられました。もちろん私も地獄に堕ちるのは嫌です。皆さんも同じ考えだと思います。
せごん様 (るい)
2021-09-20 16:59:49
せごん様 7日ごとに十王の審判、35日目に閻魔様の審判という説明もお坊様に聞いたことがあります。コロナ禍が終わり、ひょうたん良先生に占っていただけたらいいですね!!(占いのお値段、気になりますが)
えむびーまん様 私の体調は良くなりました。ところで、三輪山の麓辺りでは大神神社の薬井戸の薬水が有名です。身体に良いお水が湧いており、頂けるそうです。今度ひょうたん良先生のお社にお出掛けした時、飲んでみたらいかがでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。