大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!

◆無断転載禁
◆連絡先 office☆nasurie.com(☆→@
◆メルマガ希望はメールで 追って連絡します

【動画】令和2年(2020年)決算討論 奈須りえ フェアな民主主義

2021年10月18日 | 奈須りえ ニュース
令和3年第3回大田区議会定例会(第4日) 決算討論 奈須 利江議員(フェア民)32分25秒くらいから   日本はどこへ向かっているのか、どこへ向かうべきか ~転換点2020の大田区決算討論~   🔴構造改革の20年これまで日本は、行政改革、構造改革、地方分権、民営化、規制緩和など、色々な呼び方をしながら、日本の社会、経済システムを変え、公共分野を営利企業 . . . 本文を読む
コメント

【動画】DX(デジタルトランスフォーメーション)で、少し便利になる手続き、情報管理される国民、失う主権、情報を手にして利益をあげる企業

2021年10月16日 | 奈須りえ ニュース
大田区議会 令和3年決算特別委員会(審査第2日) 款別質疑 総務費③ 奈須利江委員(フェア民)   コロナの感染防止を名目に進むデジタル化ですが、少しの利便性と引き換えに、私たちに何が起きるか、決算委員会で取り上げました。 デジタル化、ICT化、デジタルガバメント、デジタルトランスフォーメーションなど、様々な言葉が使われていますが、デジタル化によって、行政や企業、社会システ . . . 本文を読む
コメント

【動画】大田区の緑地保全に欠ける生物多様性の視点 生態系を守る視点で大田区の緑を守ろう

2021年10月16日 | 奈須りえ ニュース
大田区議会 令和3年決算特別委員会(審査第4日)款別質疑 都市整備費③ 奈須委員(フェア民)   大田区の緑地保全に欠ける生物多様性の視点 生態系を守る視点で大田区の緑を守ろう   ・1300本の木を切った田園調布せせらぎ公園、・貴重な常緑樹林が残されている本門寺公園~池上梅園の「縄文の道」開発により失われるのは、私有地の緑だけでなく、公園や公共用地の緑までもが失われ . . . 本文を読む
コメント

日本はどこへ向かっているのか、どこへ向かうべきか ~転換点2020の大田区決算討論~

2021年10月14日 | ├TPP・グローバル化・国家戦略特区
🔴構造改革の20年これまで日本は、行政改革、構造改革、地方分権、民営化、規制緩和など、色々な呼び方をしながら、日本の社会、経済システムを変え、公共分野を営利企業に開放し、日本市場を外国資本に提供し、投資家利益拡大のために日本を作り替えてきました。まさに、日本の構造を改革してきたわけです。 大田区だけではありませんが、保育、高齢福祉、放課後事業、など福祉分野の民営化や民間委託が進み、そして、ほとん . . . 本文を読む
コメント

小泉構造改革以降、自民党など構造改革推進派、新自由主義者たちはこうとらえ、日本を変えてきた

2021年10月11日 | 従来型日本システムと構造改革
新自由主義は問題ですが、それまでの日本はどうだったか、ここを見誤ると、さらに私たちの国は、変な方向へ行ってしまうと思います。従来の日本の良いところ、改善すべきことが、実は意外と明らかにされていないと思うのです。そして、意外にも良さを一番わかっているのが、日本を変えようと躍起になっていた人たち=構造改革推進派=新自由主義者たちだと思います。そうですよね、日本の良いところを壊して、金儲けしようとたくらんでいた人たちなのですから。難しい政策議論はともかく、こんな議事録を読んで、どう感じられますか? . . . 本文を読む
コメント

外環陥没直後ではなく、リニア着工で動き出した国のシールドトンネル工事ガイドライン策定

2021年10月08日 | リニア
国交省に電話して、シールドトンネル工事のガイドライン策定の意図についてうかがいました。土木学会のトンネル標準示方書(シールドトンネル)があるにも関わらず、国交省は、「横断的に知見を共有できていない」「教訓を次に生かせていない」という問題意識をもってシールドトンネル工事の事故を見ています。そうなると、安全の前提だったトンネル標準示方書(シールドトンネル)という日本の土木学会の知見の集積=権威に対し、国交省が疑義を唱えたことになります。私は、トンネル標準示方書の改定を求めるべきだったと思いますが、新たな基準を作ることになれば、これまでのトンネル示方書の位置づけはどうなるのでしょうか。 . . . 本文を読む
コメント

コロナの財源不足580億円なのに、総額いくらかわからない呑川下水道工事に大田区議会はGOサイン

2021年10月08日 | ├財政・金融
コロナで財源不足だといいますが、地方議会は、財政規律や優先順位より、主張が先に立ち、ほしいもの全てに賛成しているように感じます。 ところが、財政というのは、必要が先に立ちますから、議会が、ほしいということは、住民にその負担をお願いするのと同じ意味があります。 制入量出という考え方です。呑み川の合流改善と言って、雨が降って流れ出る汚水部分を一時ためておく貯留施設を作るための予算を変更して増額する補正予算が出されました。15億円が倍の30億円。しかも、これで終わりではなく、総延長6.15キロメートルにも及ぶ直径3m程度の巨大な下水管工事ですが、総額いくらいなるのか聞いても示されません。呑み川のにおいのもとになっている、雨が降った際の汚水の問題の解決策として提案されている貯留施設ですが、過密化する都市の構造的な問題でもあります。根本的な問題の解決策は示されなママ、対症療法で私たちの大切な税金が使われていきます。ちなみに、この下水管状の汚水の貯留施設は、リニア中央新幹線とも交差します。以下、議案の討論です。 . . . 本文を読む
コメント

大田区の緑地保全に欠ける生物多様性の視点 生態系を守る視点で大田区の緑を守ろう

2021年10月07日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
1300本の木を切った田園調布せせらぎ公園、貴重な常緑樹林が残されている本門寺公園~池上梅園の「縄文の道」。開発により失われるのは、私有地の緑だけでなく、公園や公共用地の緑までもが、失われています。規制緩和により、公園の開発の上限面積が引き上げられ、公園内の緑化基準が宅地並みに変更されたことに原因がありますが、そもそも、大田区は、生物多様性の視点で緑地の質の向上を図ると言っていますが、言葉ばかりで、実際の整備にその視点が反映されていないのです。生物多様性は、一時、よく使われた言葉ですが、生物多様性基本法に書かれている「人類は生物多様性のもたらす恵沢を享受することにより生存している、多様な生物がいることが人類の存続の基盤になっている」という意義を読むと、その重要性にあたらめて気づかされます。外来種が問題視されるのは、生態系が壊されることで、そこに生息する生物の生存が侵されるからです。議会で取り上げ生物多様性の重要性をあらためて確認しました。取り上げてから、市場経済の視点から進む、人物金の移動の自由化が、そこに暮らす私たちの生存を脅かしていることも、どこかでつながっているなあと、感じました。 . . . 本文を読む
コメント (1)

なぜ、政治家は「誤解をまねく言葉」を使い、国民は「勘違い」してしまうのか 

2021年10月07日 | ●日々のできごと
首相が変わったら、日本が変わると期待していた方がいて、驚きました。なぜかと聞いたら、所信表明の「報道」にそう感じたからのようでした。実際、所信表明を読んでみると、「勘違い」してしまう表現も多く、マスコミもその通りに「勘違い」した報道をしているようです。岸田首相に代わり、あたかも自民党政権が新自由主義から脱却するかのように感じている方もいらっしゃいますが、岸田首相は、現行法を変えるとは一言も言っていません。これまでの構造改革は、「批判的な表現」をしているものの、そのまま引き継ぐのですから、現状は何一つ変わりません。新自由主義へと大きくかじを取った2000年前後からの構造改革で、日本は、変わってしまっていますが、。しかも、その構造改革も仕上げの段階で、このままの社会保障制度や国民主権、基本的人権を保障した憲法を残せば、矛盾は内包できないほどに大きくなるでしょう。だから、「勤労者皆保険」と名付けていますが、これはベーシックインカムにほかなりませんし、最後の仕上げとしての憲法改正が末尾に出てきているのだと思います。所信表明をここまで詳細に読み込んだことは初めてですが、それだけ、日本の方向性を示す、重要な言葉だと思います。気になる部分を赤太字で示し、コメントを黒で書きました。一緒に考えていきたいと思います。 . . . 本文を読む
コメント

ガイドラインを国が作ればシールドトンネル工事の安全は守れるか 土木学会編トンネル標準示方書があっても起きていた事故

2021年10月05日 | リニア
外環道の陥没事故を受けて、国がシールドトンネル工事の安全基準を定めるための検討会を開催することにしたそうです。 第一回が9月28日に開催されています。 そもそも、ガイドラインが無いというのは、実際には正確ではなくて、 土木学会の知見が詰まった 【シールドトンネル工事標準示方書(シールド工法編)】 という土木学会が策定したものがあります。 日本の土木工事の知見が集結した土木学会策定の示方書より、厳しいもの、罰則付きのものを 作って順守させようというのでしょうか。 問題は、あっても守れていないこと、守っても事故が起きること、ではないかと思います。 ここをしっかりと検証していただきたい。 作って終わりにしてほしくないですね。 . . . 本文を読む
コメント

DX(デジタルトランスフォーメーション)で、少し便利になる手続き、情報管理される国民、失う主権、情報を手にして利益をあげる企業

2021年10月01日 | デジタル化・DX・5G
コロナの感染防止を名目に進むデジタル化ですが、少しの利便性と引き換えに、私たちに何が起きるか、決算委員会で取り上げました。 . . . 本文を読む
コメント

コロナ受診控えで昨年の医療費1兆4千億円減、で心配な世界に誇る日本の医療制度

2021年09月29日 | ├医療
昨年、コロナで、医療控えが起きて、昨年1年間の医療費は、過去にないほど大幅に減っています。そこで心配なのが、これから、私たちの医療はどうなるか、これまでのように、受診できるのか、ということです。       医療費削減で良かった、と喜べるほど、問題は簡単では無いと思います。 . . . 本文を読む
コメント

リニア大深度地下工事着工はあり得ない【14の疑問 その4:調査掘進と初期掘進の違いはあるのか】

2021年09月29日 | リニア
調査掘進するから大丈夫という説明に聞こえるリニア大深度地下工事シールドマシン着工ですが、実は、調査掘進で何を調べるのか、調べてどうなら、どう対応するか、それで、リニア経路のシールドトンネル工事の安全が確保できるのかがあいまいです。 そもそも、私は、振動が表層地盤に及ぼす影響や、他の構造物(家屋・ガス・上下水道・鉄道ほか)との関係を調査すべきと主張していますが、これまでの「安全・安心の説明」の中には、そうした視点での調査はありません。その3でもふれたように、調査掘進の箇所は、初期掘進と呼ばれる、掘り始めの土砂を立坑から出すための施設を整備し、掘って状況を確認して、ある意味作業員が工事に慣れるために位置づけられている区間でもあり、あえて初期掘進ではなく調査掘進としたならその違いを示すべきだと思います。 . . . 本文を読む
コメント

今だから、一緒に考えたい「特養の優先入所の意義と福祉が市場化されることの問題」 

2021年09月22日 | 営利化・私有化・民営化
大田区は、特養の入所申し込みは、9月3月の年に2回ですが、これを4回に増やすことを求める陳情が出されました。 回数が増えれば、締め切られた直後に介護度が悪化した方も半年近く待つことなく、利便性が上がるように感じますが、 今、年に2回申し込み、にしているのは、「優先入所の評価」をするのに必要な期間で、増やせば、公平性や透明性を確保できない可能性があるそうです。 優先入所の意義をしっかりと位置付けなければ、逆に不公平な入所や、不透明な選考を排除できなくなるわけです。 特養の優先入所、のしくみについて、奈須りえは、こう考えています。 みなさんは、どう思われますか? . . . 本文を読む
コメント

まだやってる?さらに増えてる! 補助金で誘導 国税も地方税も負担は私たちの財布からなのに

2021年09月19日 | ├財政・金融
中央集権の批判の一つは、補助金による誘導でした。 そこで、地方分権にして、地方の財源を厚くして(*1文末に説明)、国の関与を弱めようとしたわけですが、地方分権になって20年が経ちますが、国の地方への関与は強くなっていると感じます。 国税も地方税も私たちが負担する税金に変わりはありませんが、行政や議会の一部は、補助金を使うことを基本的によしとしている傾向があると感じます。 . . . 本文を読む
コメント