大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!

◆無断転載禁 
◆連絡先 office☆nasurie.com(☆→@)
◆メルマガ始めました お申し込みはメールで

大田清掃工場は再稼働すべきか

2019年07月17日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
大田清掃工場を再稼働する動きがあります。 大田清掃工場は、臨海部の京浜島、羽田空港の近くにあることから、他の清掃工場に比べ煙突が低く、ダイオキシンや重金属類の含まれた排気ガスが、他の工場に比べ、近くに舞い落ちるといわれています。   しかも、京浜島は、今もコンテナの搬出入などが多く、車両の排気ガスも問題になっています。   都市のくらしと「ごみ」は切り離せない問題で、衛生的な暮らしを守るためには適正なごみ処理が必要ですが、安易な再稼働は区民生活にも影響を及ぼすため慎重な判断が必要です。 . . . 本文を読む
コメント

公園用地を買っても増えない大田区の緑~公園行政は誰のために行われているか、大田区の緑は誰が守るのか~

2019年06月15日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
田園調布せせらぎ公園の樹木が267本も伐採されることを知り、地域のみなさんたちと、樹木を守るための活動をしています。せせらぎ公園の大量樹木伐採の背景に、公園用地を10ヘクタールも増やしながら、緑は増えていない大田区の公園の状況が見えてきました。一人当たり公園面積が国の基準の10㎡にも、大田区の基準6㎡にも満たない大田区の憩いの空間=公園と緑は誰がどう守るのか、質問を通じ大田区の姿勢を問いました。   平成21年の公園面積280.3ヘクタールから平成30年には290.38ヘクタールと約10ヘクタール増えていますが、緑被地割合は65.32%から63.53%に減っています。この10年で公園用地を購入するなどして10ヘクタールも増やしたのに、樹木でおおわれている面積は、183.09ヘクタールから184.49ヘクタールとわずか1.3ヘクタールしか増えていないのです。 . . . 本文を読む
コメント (1)

学校解体時だけの飛散性アスベスト対策で大丈夫ですか?

2019年06月05日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
塗料に含まれるアスベストも飛散性アスベストとして飛散防止策が必要になりました。今回、大森大師小学校の解体で、塗料にアスベストが含まれていたため、密閉して除去するための工事費が計上されました。アスベストを飛散させないための、大切な対応ですが、大田区では、民間建物の塗料に含まれるアスベスト対策の指導体制を作っていないことがわかりました。小学校の近くの外壁塗料にアスベストが含まれていても、調査も、飛散防止策も求めていないのです。区内の解体建物における公共建築物は、ほんのわずかです。大田区の建物だけアスベスト対策をしても、子どもたちを守ることはできません。  . . . 本文を読む
コメント

アスベスト建材と建設廃棄物リサイクル法と大田区城南島の産業廃棄物処理施設と

2019年05月17日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
大田区城南島にスーパーエコタウンという東京都がつくった産業廃棄物処理施設が集まっている場所があります。先日、環境測定が行われ、結果が大田区に報告されました。これは、都市計画決定の際に奈須りえが「すべての施設が完成した後、全体の環境影響測定」すべきだと発言したからです。この、測定結果の説明を聞きに、先日東京都に行きましたが、アスベストの測定結果をアスベストセンターにお知らせしたところ、基準値以内であ . . . 本文を読む
コメント

【東京新聞に掲載】違法な指導?でアスベスト飛散が心配な 大田区の解体工事

2019年02月24日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
東蒲田の解体工事現場で、アスベストのある建物解体工事にもかかわらず、大田区が事前の説明をしなくてよいと解体業者に指導していたそうです。法令を遵守して安全な工事をさせるのが大田区の仕事ですが、大田区自ら法令を守らなくていいと言っているというのです。これでは、大田区で行われるアスベスト使用建物の解体工事が安全にできるはずがありません。 . . . 本文を読む
コメント

アスベストのある建物のずさんな解体工事:大田区長あて質問状への回答

2018年12月19日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
大田区東蒲田のキネマ通り商店に面した敷地にあった建物の解体工事は、粉塵対策や安全策に問題があり、工事がストップしました。安全策に問題のある工事がなぜ行われたのか、大田区長に質問状を出しましたところ、担当から以下のような回答が届きましたので、ご報告します。出した質問状も掲載します。 . . . 本文を読む
コメント

労働基準監督署が入ったのに改善されない東蒲田の解体工事で心配な安全・アスベスト・粉じん対策

2018年12月03日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
東蒲田で行われた解体工事は、アスベストありの建物をアスベストなしで届けただけでなく、労働者の安全注意義務も怠り、労働同基準監督からは改善計画の提出をもとめられました。工事は止まりましたが、再開後解体業者を変え、新しい業者はアスベストありの建物だと知らなかったなど、全く改善されていませんでした。施主があまりに悪質で、対応している大田区も問題だということになり、大田区と労働基準監督署に質問状を出しました。 . . . 本文を読む
コメント

住民の通報で、アスベストなしがアスベストありに届け出変更 工事再開で安全な解体作業ができるか

2018年11月09日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
東蒲田で始まった建物解体工事が、労働基準監督署や警察、大田区などが現場に来たことがきっかけで工事が止まりました。その後住民説明会が開催されましたが、住民の要望にこたえないまま工事が始まり、安全な工事ができるのか、近隣のみなさんが心配しています。 . . . 本文を読む
コメント

環境中に放出されているプラごみ対策、世界は、使用を縮小する発生抑制へ

2018年07月27日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
先日報告しましたが、プラスチックごみが環境中に放出され拡散しています。マイクロプラスチックと呼ばれる小さなプラスチック片になって魚が食べたり、海水を経由して食塩の中にまで入っていたりするなど、事態は深刻です。しかし、この問題は、最近になってわかったことではなく、以前から、1950年代から警鐘が鳴らされていたにも関わらず、放置してきたことで、その結果、ここまで来てしまいました。 . . . 本文を読む
コメント

第23回とことん討論会 基調講演 【海・川のプラスチック汚染の今、現状と対策 】

2018年07月24日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
第23回とことん討論会に参加し、23区のごみ問題について考えました。基調講演は「海・川のプラスチック汚染の今、現状と対策 」 ラスチック製品の使用をやめる国が出ている一方で、中国が日本のプラスチックごみの受け入れをやめるなど、プラスチックごみの処理が転機をむかえています。 マイクロプラスチック問題では、魚のおなか一杯プラスチックビーズの写真が衝撃的でしたが、今回も、誤って食べた鳥のお腹一杯にプラスチックごみが詰まっている写真をみて、プラスチック製品のありかたを考えなければならないと、感じました。 ただ、講演で提案された対策は、発生抑制につながらず、改善すべきと思いました。 . . . 本文を読む
コメント

大田区のアスベスト工場跡地周辺で中皮腫で4人が死亡 毎日新聞報道より

2018年06月03日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
6月3日の朝刊で、アスベスト工場跡地周辺で中皮腫で4人が死亡していたという新聞報道がありました。大田区は、アスベスト被害者が都内で最も多く、私も、昨年、環境省の試行調査をするよう大田区に要望していました。クボタショックといわれる、尼崎市の旧クボタの工場周辺で環境被害者がでたのが、2005年。その二年後に、大田区でも、環境被害の疑われる方たちがいるという報告を受けています。大田区は、いまこそ、調査をすることで、被害者救済、未然防止に努めるべきです。 . . . 本文を読む
コメント

アスベスト救済法の調査結果から、大田区最長居住歴者数が多いことをうけ、アスベストによる中皮腫・肺がんなどの被害者や家族のために、大田区が今行うべきことについて

2017年09月22日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
大田区はアスベスト救済法による認定者が都内で最も多い自治体です。宮寺石綿のあった大森南だけでなく、認定者は区内全域に広がっています。大田区はミヤデラ石綿をきっかけにフォローアップ検診を行っているため、新規受診者が極端に少なく、検診が区内全域に広がらないのも課題です。アスベスト救済法を根拠に行われているアスベスト検診を大田区で始めるよう、提案しました。 . . . 本文を読む
コメント

呑み川の会と大田区の懇談会

2017年07月04日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
予算委員会での質疑をきっかけに、呑川に係る区民と区との協議の場がもたれるようになりました。2007年からですから今年でもう11年目になる区民と区の協議会が行われました。 . . . 本文を読む
コメント

【集会(7月14日)】リニア新幹線 前倒し!?山を愛する登山者からみたリニアの深刻な問題点

2016年07月14日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
選挙が終わったらリニアを前倒しするという。自民党のマニュフェストにもしっかり書いてありましたが、選挙演説やマスコミ報道だけみててもダメですね。というわけで、本日、登山者の会が集会します。 . . . 本文を読む
コメント

アスベストシンポジウム「見えない危険をどう伝えるのか」

2016年02月17日 | ├.環境・エネルギー・廃棄物・アスベスト
日頃ともに活動しているアスベストセンターの企画です。東日本大震災発生以降、アスベストセンターが行ってきた、震災被災地のアスベスト調査結果や、建築物解体現場等のアスベスト対策について考えるシンポジウムが開催されます。 . . . 本文を読む
コメント