大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!

◆無断転載禁 
◆連絡先 office☆nasurie.com(☆→@)
◆メルマガ始めました お申し込みはメールで

「地方分権」と「広域化」~清掃事業からみた23区の自治権について~

2013年01月11日 | ├都政の課題
23区のゴミ問題は実に複雑です。①収集・運搬は各区。②焼却は「東京23区清掃一部事務組合」という地方公共団体を23区共同で設立し、清掃工場を管理運営しています。③埋め立て処分場は東京都。23区はもともと東京市の内部団体だったという経緯があり、その後東京市が東京都になり、23区は内部団体から特別区となり基礎的自治体として位置付けられましたが、23区の清掃事業は東京都が行ってきていました。それが、都から区に移管され現在のしくみになったのが平成10年です。②の焼却について、当初、当分の間として、共同処理を始めましたが、その後、平成15年に各区に清掃工場を持つ必要は無い(これ以上清掃工場を建設しなくてもよい)という判断が有ったのち、この当分の間としていた、共同処理のその後の在り方についての検討が全く行われなくなりました。基礎的自治体の事務である清掃事業を900万人が住む地域=23区において、共同で処理することが、果たしてどれほどのスケールメリットがあるのか、またスケールメリットと自治権拡充のどちらをとるのかなど、重要な論点が放置されたまま、共同処理が既成事実化しています。そんななか、さらに共同処理を固定化させるような条例改正および規約改正についての議決を求められましたので報告します。 . . . 本文を読む
コメント

「空き家条例制定」における大田区の姿勢にみる放置された課題

2013年01月11日 | ├.まちづくり・都市計画
管理されず放置されている空き家が増え、老朽化し、場合によっては倒壊などの恐れも出てきて問題になっています。増え続ける空き家に対し、自治体が条例により対策をたてるようになってきていて、大田区でも、今回の議会において、「大田区空き家の適正管理に関する条例」を策定しました。 . . . 本文を読む
コメント

鈴木宣弘東大教授 講演会「区民が知りたい仕事・くらしに関るTPP」1月20日14時~大森

2013年01月05日 | ├TPP・グローバル化・国家戦略特区
TPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)についての学習会です。日時: 1月20日14時~17時講師: 鈴木宣弘先生 東京大学国際環境経済学研究室教授 . . . 本文を読む
コメント

◆答弁付◆大田区議会第四回定例会一般質問:大田区の公共サービス給付の公平性とその課題について

2013年01月05日 | ●議会・委員会
第四回定例会で行った一般質問につきまして、答弁付で再掲させていただきます。現在の日本の政治課題がなぜ解決できずに放置されているのか、大田区のではありますが、答弁が加わることで、より課題が明らかになってきます。 . . . 本文を読む
コメント