大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!

◆無断転載禁 
◆連絡先 office☆nasurie.com(☆→@)
◆メルマガ始めました お申し込みはメールで

リニア中央新幹線の大深度地下認可について、地域住民が審査請求を行いました。

2019年01月11日 | リニア
リニア中央新幹線の大深度地下使用の認可を、国交大臣が2018年10月17日におろしました。計画経路延々住民を中心に480世帯560人の住民で、認可を不服として、2019年1月10日、国交大臣に審査請求を提出しました。 . . . 本文を読む
コメント

リニア中央新幹線品川・名古屋間建設工事の大深度地下の使用 国土交通大臣が認可

2019年01月08日 | リニア
大深度地下使用の認可がおりました。国交大臣が良しとしたのでしょう。大深度地下協議会で、大田区は、区民の声に対応するよう求めましたが、対応できたかどうかのか確認をする前なので、非常に驚いています。大田区民の声、大田区の声が無視されているからです。認可がおりれば、トンネル工事が加速します。環境への影響は認可の有無にかかわらず、残る問題ですから、引き続き、必要なことを一つ一つしていきたいと思います。 大 . . . 本文を読む
コメント

リニア中央新幹線大深度地下使用の公聴会議事録公表は、なぜ、認可の当日?

2018年10月26日 | リニア
大深度地下使用にかかわる公聴会が開かれ、議事録が公表されました。議事録は誰に、どのような目的で公開されたのでしょう。国がその気になれば、国会中継だって数日で議事録は公開されていますから、3か月半という長期間公表せず、あえて、大深度地下使用の国交大臣の認可の日に公表したことは、国の何らかの「意図」のもと行われたということでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

自治体の声に答えてないのに、なぜ国交大臣が認可をおろしたの?リニア中央新幹線 第8回 大深度地下使用協議会 首都圏 

2018年10月21日 | リニア
リニア中央新幹線の大深度地下使用の認可がおりました。国土交通大臣が認可したのです。中部圏では自治体から推進の声があがった一方、川崎市、大田区は、環境保全、住民の丁寧な説明と対応を求めました。大田区も川崎市も、住民の声を代弁していると感じました。私は、地域で住民運動をしていますが、自治体の声に国もJR東海も何も答えていません。協議会でのJR東海の回答は、これまでの説明の繰り返しにすぎず、新たな説明や対応はありません。自治体の求めに何も応じていないにも関わらず、なぜ、そのまま大深度地下の認可がおりたのか、戸惑っています。 . . . 本文を読む
コメント

リニア中央新幹線品川・名古屋間建設工事の大深度地下の使用 国土交通大臣が認可

2018年10月18日 | リニア
大深度地下使用の認可がおりました。国交大臣が良しとしたのでしょう。大深度地下協議会で、大田区は、区民の声に対応するよう求めましたが、対応できたかどうかのか確認をする前なので、非常に驚いています。大田区民の声、大田区の声が無視されているからです。認可がおりれば、トンネル工事が加速します。環境への影響は認可の有無にかかわらず、残る問題ですから、引き続き、必要なことを一つ一つしていきたいと思います。    . . . 本文を読む
コメント

学習会【リニア中央新幹線】トンネル工事のリスクと環境破壊

2018年10月13日 | リニア
リニア中央新幹線について、地下トンネル工事の影響について地震学者の島村先生からうかがいます。 リニア沿線各地・外環道からの報告もあります。 . . . 本文を読む
コメント

大深度地下使用認可の協議会、住民の声を届けた大田区、川崎市、沈黙の品川区、世田谷区、町田市、相模原市、推進の愛知県、名古屋市、春日井市

2018年09月29日 | リニア
リニアは、大深度地下の使用を認めなければ実現できない事業です。 土地をタダで使えるから、しかも、手続きも非常に簡素化されているために、事業者には非常に有利な、事業です。 ただし大深度地下使用は、国交大臣が認可しないこともできる法律です。 この、リニアの大深度地下使用の認可に重大な影響を及ぼすであろう「大深度地下使用協議会」が開催されました。 首都圏と中部圏です。 それぞれ、議事録のリンクは以 . . . 本文を読む
コメント

ちゃんと説明したかな?国交大臣がこれでリニアの大深度地下使用の認可おろせるか情報公開でチェックします

2018年08月24日 | リニア
リニア中央新幹線は、都市部の土地の地下を「収用」と言って、強制的にJR東海に使わせないと成り立たない事業です。本来土地収用法に基づいて行う「地下の土地の権利」を土地収用法でなく、大深度地下法という法律でJR東海に使わせます。法律制定の時に、国が国民に言っていた十分な説明は行われたのでしょうか。 . . . 本文を読む
コメント

田園調布住民224筆署名も無視:リニアの大深度地下使用の認可手続きの形骸化 土地の所有権が企業に奪われる

2018年08月19日 | リニア
田園調布を中心に224筆の署名とともに、JR東海に文書で説明会を求めましたが、電話で拒否されたそうです。 国がJRに説明会するよう指導すべきですね。    大深度地下法はそれまで土地の上下に及んでいた権利のうちの地下の「使っていないところ」を公共の利益になる事業で、要件を致した場合に使わせるという法律です。憲法の規定を大きく変える法律なので、事前の説明をすることを当時の国土庁局長も発言していました。実際、説明会、公聴会は開催されましたが、現実には、土地の権利を有する地権者に情報提供されていません . . . 本文を読む
コメント

8月12日18時半~大田区・品川区・世田谷区など リニアがご近所を走るので不動産価値下落など心配な方へ【学習会・相談会】

2018年08月12日 | リニア
大田区・品川区・世田谷区などの家の地下をリニアが走ります。「大深度地下法」の認可がおりると、不動産価値が下がっても、補償されない可能性が極めて濃厚です。リニアがご近所を走るので心配な方へ【学習会・相談会】開催します。 . . . 本文を読む
コメント

国が、大深度地下法を作った本音がわかる政府公報 知らせず保障せず説明せず、本当にリニアのために地下を使わせていいですか

2018年08月11日 | リニア
リニアが家の下を通るのに、知らない人が多いのは、大田区民始め、沿線住民がボーッとしていたからでしょうか。大田区も国交省も、リニアの環境アセスメントのお知らせも、非常口の建設も確かに不親切で、本気で住民に知らせようと思ったら、もう少しやりかたがあるのではないのかなあ、と思わせるわけですが、それにしても、、、。と思っていたら、こんな政府の広報をみつけました。なんだ、知らせずに、保障せずに、手間と時間とお金をかけずに、土地を使えるしくみを作りたかったんですね。 . . . 本文を読む
コメント

リニア市民ネット東京と連系団体で国交省へ要望書を提出・懇談してきました

2018年07月18日 | リニア
リニア中央新幹線が大田区、品川区、世田谷区、川崎市、町田市、、、を通りますが、反対運動がみられるのは、おもに山梨や長野、静岡で、都市部の反対運動はあまり目に見えません。(私は問題があると言い続けているのですが)それもそのはず、どこを通るのか、明らかにされてこなかったのです。3月20日にJR東海が国土交通大臣に大深度地下使用の認可の申請をしたことで、5月(3月ではない)に明らかになった申請書類から、位置が確定され、当事者(直上や極めて近くに住んでいる方たち)が声を上げ始めました。そこで、地域住民の会とリニア市民ネットで国土交通省に認可しないよう要望するとともに、住民からの要望や問題点について懇談してきました。 . . . 本文を読む
コメント

【現状報告・学習会[7/16(祝:月)]】リニア中央新幹線 大深度地下利用が認められるとどうなるの?

2018年07月11日 | リニア
リニア中央新幹線の計画経路の公表からわずか数か月ですが、このまま大深度地下利用が認められるとどうなるのでしょう。特に、計画経路周辺のみなさまに現状を報告するとともに、影響などについて一緒に考えます。すでに、大深度地下工事の始まっている世田谷区や横浜市の地上への、気泡や地盤沈下など影響の事例をみながら、進めていきます。 . . . 本文を読む
コメント

影響あった大深度地下使用 外環道掘削で、上を流れる野川に気泡 リニアの大深度地下使用に疑問

2018年07月05日 | リニア
地上に影響を及ぼさない大深度地下を公共の利益のための事業で、7要件にかなうと地下使用の認可が下りることになっています。ところが、外環道の大深度地下のトンネル掘削工事で上を流れる野川に影響が出ています。シールドマシーンでトンネル進行方向を界面活性剤の含まれている泡を吹き付け掘り進むのですが、その上部と思われる野川に気泡が上がっているのです。いま、原因を調査するため工事が中断しています。 . . . 本文を読む
コメント

これじゃ影響ないと言えません!リニアの大深度地下使用の前提が崩れる!

2018年07月04日 | リニア
リニアが大深度地下使用を認めるのは、地下の深いところ、だいたい40m以下は影響ない、と政府が言ってるからです。 ところが、実際、掘り始めたら、いろんな影響が出てきています。 しかも、知っているはずの関係者が、正確に情報提供していないようです。 区民の方から、情報提供いただきましたので、ご案内しますね。 ▶︎横浜北線の2004年時点でHPではこのように示していました↓ http://ww . . . 本文を読む
コメント (1)