ちい Road

ガンダムのクルーの中に私がいます。

計ってみたら・・・

2017年07月31日 | Weblog
夏に丸々一日家にいないのは初めてだったので電気の使用量を関電のサービスで見てみました。
一時間ごとにリズミカルに増えたり減ったりしているのは冷蔵庫が動いてるのでしょう。


電気代は正直やな。
日曜日に帰ってきて22時にエアコンを入れたら一気に電気代が上がって部屋の温度が落ち着いたら減っている。


昨晩、山登りから帰って体重計に乗ってみました。
体脂肪率が17.5%やん!って喜んだけど・・・


たっ、体重が増えてる!
あんなに闘ったのに?


月曜日の朝、体脂肪率は元に戻り体重もそのままでした。
運動してもあれだけご飯を食べたらあかんのやな。

でもからだ年齢だけは42才♪
微妙か。


今晩はバンバンと何処からか花火の上がる音がする。
明日はPLの花火やな。
阿倍野に住んでいたときよりは6キロもPLの塔付近には近い。
どうするかな。






コメント

白馬村から乗鞍高原にそして乗鞍岳へ

2017年07月31日 | Weblog
白馬村から乗鞍岳には29日の夕方にやってきました。
白馬での温泉は透明な温泉で普通のお風呂みたいでしたが、二日目は硫黄の匂いが臭い!おえっ!てなるくらいのお湯で乳白色の温泉でした。
こちら露天風呂


こちらは内風呂。
朝にも撮ろうと思ったけど人が入っていたので止めました。


こんな温泉でもケロリンの桶でした。
それでオッケー!


晩御飯は出る!出る!腹一杯になりました。



肉刺しとでもいうのかな。


冬瓜とヒロウスの炊き合わせ。


ヤマウド
キャイ~ン


サーモンとアボカドなど


香の物


焼き肉
た~ぺほぉーだい♪ヨロレイヒー


ビールを廻せ!底まで飲もう♪


岩魚って言わな


テンプーラ


しめの蕎麦


ソルベまで


寝る前に友人が足らんと瓶ビールを部屋で飲む。
自販機にビールがないから・・・


それはこのおっさんや!
それでもぼかしてある。


階段の隅にあったオブジェ


何気に可愛い


30日の朝は五時に起きて朝風呂に入りました。
そしてすぐに出発。
乗鞍高原のバス乗り場。乗鞍山頂の畳平という所までバスで登ります。


畳平というところは、車で上ることができる日本で一番高いところなんだそうで標高2702メートルにあり
日本の道路の最高峰ということになる。

ここからは歩いて山頂を目指します。

乗鞍で良かったのはコマクサの群生に出会えたことでした。


高山植物の女王と呼ばれています。
ずっと以前に志賀高原山頂植物園という所で見たことはありましたが沢山生えているのを見るのは初めてでした。
友人もあんなに沢山生えているのを見るのは初めてと言ってました。


今日は時間があまりなかったので後は一気に登りました。
標高は3426メートル。
山登ってる人に見えるな。
でも脱いだら腹出てるからあかんわ。


時間がないということもあり
三人で一緒に上がりました。


そして一気に畳平まで下りました。


花畑もありましたが見る暇はありませんでした。


とにかく時間が迫っていたので私は必死でした。
本当に必死でした。
とにかく普通に歩けないからまっ平らな坂道さえ追い付こうと歩くけど先行く二人に追い付けない。

普段の生活でも太ももが上がりにくいから靴下を履いたりパンツを履くときもヨッコイショとやっているくらいだから仕方ない。

早くいかないとバスに間に合わない。
前に一人、自分の後ろに一人がついて挟まって降りていきました。
行く前から旅行は断ろう、止めようと何度も考えて行った山登り。

自分のアパートの階段を一本上るのも上がったところでフーと一息つくぐらいなのによく行ったものだと思いました。

29日土曜日もキツイと思いながら一人で歩いていたときに「あぁ・・・思えば遠くへ来たもんだ」とこの先自分の足は、体はどうなるのだろう?と思っていたこともあり、ちょっとだけ泣きながら歩いてました。

それが乗鞍岳は時間に迫られて必死で降りていったので、またそんな「痛みに耐えてよく頑張ったっ!感動したっ!」と痛くはないけど達成感で二人の前で泣いてしまったのでした。
こんなこと言ったらなんですが彼らが思っている以上に私は頑張ったと考えている。
彼らにも疲労はあるだろうが、いわゆる健常者ではない私の体は自分にしかわからないから。
泣くなや!アホ!と突っ込んでもらっても良かったけど
迷惑かけたし心配もかけたし、ほっとしたとか色んな思いと想いの中の涙でした。

私はスポーツをやるのは大嫌いですからスポーツをやって泣いたことはないけど、
マラソンなんかでも終わったとたん泣くシーンをよく見ますがそんな感情もこんなのと似たものがあるのかもしれない。

畳平は2702メートル。


しかしこんなところへバイクで上がってくる人もいるんです。


下の標高1460メートルの乗鞍高原観光センターからこの畳平へは距離が20・5㎞、標高差1260メートルあります。

私たちが畳平を降りていくときは1台だったバイクですがバスから見ていたら何人もの方がバイクのペダルをこいで上がっていきました。

大阪からみどり湖まで乗ったバスはアルピコ交通のバスでした。
乗鞍でもアルピコ交通のバスでした。
ピコがつくなんて、ちょっと笑える名前だと思いました。
やっぱりピコと言えばピコ太郎が想像されるから。


帰りに見たバイク。
どんな乗り心地なんだろうかと興味があります。


奈川渡ダムというそうです。
きれいな景色だからと友人が停まってくれました。




写真は上手に撮れないけど綺麗でした。


最後の記念撮影。
最後の?何の記念や?


帰りのバスは


阪急バスでした。
HANKYUとアルファベットで見たら阪急ブレーブスを思い出す。


阪急バスだからと聞いていたから鹿のマークの昔のバスのイメージでしたが前後も広くとってあり快適でした。
一番後ろだと気を使うことなくリクライニングできるし。


USBポートもありました。
古いスマホでバッテリーが持たなくなってきているのでこれはありがたかった。


自宅に戻ったのは21時50分。
部屋の温度は33℃ありました。
暑い・・・。
ちゃんと寝たいからすぐにエアコンを入れました。


出発するとき、大きい鉢に植えてなかった子達は絶対に枯れてしまうと思って室内に入れて行ってましたが枯れずにいました。


朝一に水やりをしました。
ベランダの屋根がわに置いてあるものはさすがにクタッてました。
ペットボトルに取り付けて給水する100均のものを取り付けて行きましたが空になってました。


結局は生きていてくれましたが日曜日は雷雨で結構雨が降った地域がおおさかであったらしくそんなんでも救われたのかもしれません。

飼い始めた鈴虫はキュウリは腐りやすいから与えておらずナスをやって行ってたので全く心配はしてませんでした。
旅行に行く前にも脱皮して大きくなってきているのもいましたが、随分と大きくなってきているものが増えてました。

安曇野にある道の駅「寄ってっ亭 まつかわ」という所に寄りましたがこの辺は鈴虫の町だそうで生息地があるようでした。

リンリンとリン太というイメージキャラクターがあるようですが、なんとなく右が女の子のキャラクターというのに違和感がある。
リンリンといったらランランやろっ!
と言いたいが。

ちなみに温泉の硫黄の臭いが登山中も臭っていたので周りから臭ってくるのかと思ったら自分に染み付いている臭いでした。
それが下に降りて服を着替えても取れていなくて、大阪の朝になっても衣服からは臭っていました。
硫黄の臭いなんて、そんなに残るものなのだと新発見でした。

そしてトホホなことは眼鏡を岩に落としてしまい右目、向かって左下が欠けてしまったこと。ロビー君がロビーなみたいになったか。
遠近両用ってレンズが安くなったとはいえ高いねんなぁ。


眼鏡がないとスマホはもちろん、時計の文字が読めない。
しかし遠近両用は下半分が老眼鏡だから山だと足元も先も見ないといけないのでよけいに見にくいから首もとにかけてました。
そしたらポロリと落ちて最悪や!

ここからは私の写真館・・・
もう、古いことで忘れていたのですが私は白馬山麓にある和田の森教会という所で結婚式を挙げたのでした。
ゴンドラアダムから50メートルしか離れてないのに忘れるとはね。


12月24日というド迷惑な日だから雪の中でした。


八方尾根は冬に行くとアルプスの山々が眼前に広がります


これは若いときに槍温泉というところに登ったときの写真。
ここは入山届けを出さないといけない山でしたが全く苦労した記憶がない。


若いから髪の毛もヒゲも真っ黒やね


尖っているのは槍ヶ岳山頂


今回の登山は生憎天気が悪くて全くと言っていいほど良い景色は見えませんでした。
そして健常ということもあり若い時には全く感じなかった苦しみと悲しさと辛さ。

この三日間は中学の同窓生との旅でした。
現地に近い所に住み、山にバイクにオートバイにランナーとスポーツマン気質のストイックな彼と、大阪の旅行会社の社長さんをやっている大阪人気質の彼、自分に甘い泣き虫の私と個性豊かな三人の珍道中。
ここでも私は彼らに何も出来ませんでした。いつもお気楽で周りに迷惑をかけております。
二人には本当にお世話になりました。
心からお礼申し上げます。
心ぉ~からぁ~♪泊まり掛け河村隆一の歌を心で歌っていますが、本当に歌ったら怒られるんやろなぁ。

友人は関西の山でも生駒山とか気軽な山を上がってみたら?と言ってくれます。
生駒なら脊髄損傷する前ですがジェッターを押して上がって暗峠を越えて若草山まで行ったことあるしね。
もう、あんなことは無理ですが麓まではジェッターで行けるわ。

しかし本当に山に登るだろうか?
手ぶらでゴンドラで上がるだけの山でも行くだろうか?
やっぱり帰ってきたら平地でも歩きにくいし階段などは私にとっては山の石場みたいなもんだ。
でも、ハイキングではなく登山をワシはやってきた。
さぁ!登るのか?

その答えは風の中にある・・・
なんてね。
槍温泉には亡くなった一緒に登った友人の想い出も尋ねて登ってみたいようにも思う。
安廣さん?あなたは風になって槍温泉にも来ますか?

blogは日記だ。
長々とまた書きました。
最後まで読んでいだいた方がおられたら感謝します。
感謝して♪もっとして♪とまた歌で、SMAPの歌を歌って終わります。

























コメント

ソックタッチとくるぶし男子

2017年07月31日 | Weblog
ソックタッチというのは私の時代にもありました。まだ売ってるんやね。
ルーズソックスだけでなく、男も靴下が落ちてこないように借りて使っている人もいました。

ソックタッチ記事

そんなソックタッチの記事を読む前にこれはありなん?
とblogに書こうと思って写真を撮っていた事がありました。
それがコレ。


ビジネスシーンでハイソックスじゃなくても良いの?!と。
ソックタッチの記事でもありましたが肌が見えては格好が悪いので使っていたとありましたが以前は肌を見せたらルール違反と考えられていました。

くるぶし男子記事

石田純一が靴下はかないの?
と驚かれていましたが今や市民権を得ているくるぶしを出すスタイル。
以前は短い細いパンツは女性のものでした。
今や細いパンツはビジネススーツでも一般的になりました。

まだ私はついていってない。
一般のいわゆるスラックスでくるぶしを見せるのには抵抗がある。
コメント

白馬の山に昇りました

2017年07月30日 | Weblog
7月28日の朝のはぁ~ち時丁度のぉ~♪あずさ2号で~ではなくアルピコというバス会社のバスに8時ちょうど大阪を出てからみどり湖のパーキングエリアで友人に拾ってもらい彼の自家用車でその日のうちに白馬村に着きました。

その日は何観光して寝ました。
7月29日の朝は早起きして登山をしました。
朝は雨は降ってなかったけど曇っていました。
前の夜は自販機でビールを買って飲みましたやん。
電車の窓やおまへん。


ガンダーラ、ガンダーラ♪はゴダイゴ。
まず下界からゴンドラで兎平という所へ上がります。
兎平なんて何年ぶりやろう!スキーで何回も来ましたよ!


ここからリフトを2本乗り継ぎます。
リフトを下りた所の鎌池湿原。
1680メートル。


グラートクワッドリフトという所を降りて歩いて行きます。
私は足が悪いので八方池という所までが私が行くことになっていました。友人達はもっと上に上がります。


ここからはあまり写真を撮る暇はありませんでした。
いっぱい撮りたかったけどカメラを出すのも面倒でした。

第2ケルンと言うところです。
息(やすむ)ケルンとも呼ぶそうで、昭和12年(1937)12月26日、吹雪のためにここで遭難された息子さんの供養にお父様の西阪さんという方が建てたと黒いところには書いてあります。
そんな昔は遭難したような所にゴンドラやリフトのお陰で私みたいなもんがパッと行けてしまうんですね。
標高は2005メートルあります。
写真は同窓生の二人です。


第2ケルンを上がって八方池。晴れたらこんなに綺麗なのに全く違う風景でした。
ここは標高2060メートル。


友人達はここは寄らずにどんどこ上へ上がっていきました。私は池に降りてみましたが何も良いことはありませんでした。
おたまじゃくしみたいなオオサンショウウオの子供が沢山いました。

私はあまりプランも聞かずに一番下に降りてくるのは16時ぐらいだと最初に聞いていたのでそれまでには降りたら良いのだなと思っていました。

私は早く降りて自転車でも借りて町を散策でもしたらと言われていましたがもう少し上に上がってみることにしました。

もっときれいな池が上にあるのかな?とも考えてみたり、行けるところまで行ったらええやん♪みたい励ましも前日に聞いていたこともあって行動しました。

2035メートルの八方ケルン。
池は標高2060メートルですがここから上がった八方ケルンが2035メートルなんですね。


一人になってからは花も撮っていました。








どこで撮ったか忘れたけど雲の切れ間があったので自撮りしました。


とにかく待たせてはいけない、迷惑をかけてはいけないと、旅行に行く前から思っていたし登りはじめてからもずっと思っていました。

可愛いなぁ


珍しいなぁと思いながら歩いていきました


残雪も凄いなぁ!と。


そして丸山ケルンというところに上がりました。


標高2430メートルの所です。
下の八方駅からぐんとこんな上まで来たわけです。
ここで友人から電話が入っていたのに気がついて電話しました。
早く上がれたから、早く降りていけるとのことでしたから私はここから帰ることにしました。


帰りに残雪で写真を撮りました。




スマホをリモコンに何枚も撮ってからFacebookに写真をあげてカメラを片付けていたら友人が降りてきました。


こんなところまで上がってきているとは夢にも思わずに有人は!「何で何で所におるねん!」と思ったそうですが、彼らの写真も撮りました。
やっぱり自撮りするよりええ写真が撮れるね。


しかしこれが友人の逆鱗に触れてしまったのを後で知るのです。

これは何処で撮ったのかわかりません。
唐松三四00米と書いてますが3400メートルも登ってないからです。


帰りもホタルブクロ?が綺麗だなぁとか


水滴が綺麗だなぁとか


雲のなかだからこんなのが見られたんだと彼らが心配しすぎて怒っているのも知らずに楽しんでました。


帰りはリフトのところでスマホを見てリフトに乗るときに連絡してくれと書いていたので連絡して降りていきました。


こんな自分撮りしてお気楽に。


私が先に降りるはずだったから車の鍵も預かっていたのに先に降りる彼らに鍵を渡していなかったのでラーメンを食べてコーヒーショップで待っていてくれました。

お昼御飯を食べていなかったのですがコーヒーとシュークリームを丸山ケルンで食べていたのでお腹も減っていなかったから私は食べずに白馬を後にすることになりました。

後で話を色々聞いたらとても心配してくれていたこと。それで怒っていたこと。
早く上がれたので早く降りて次の乗鞍高原に行きたかったことを知りました。

電話で聞いていたときには私はちゃんと理解していなくてただ、早く降りて行ったから早く降りないと・・・と思っていただけでした。
迷惑をかけてはいけないとずっと思っていたのに結果的に大きな迷惑をかけてしまいました。

そして29日の夕方に白馬村を後にして乗鞍高原に行きました。

















コメント

白馬村へ ハイジー!ペーター!

2017年07月29日 | Weblog
ハイジが走ってくる




こんな感じの山に来たけど・・・


宿から見える景色は曇っています。
上の画像は盗作です。


同窓生3人の旅行です。
白馬のジャンプ台。長野五輪の時は感動したなぁ!


リフトに乗って上がりました。
リフトなんて懐かしい!

これを飛ぶんやからすげぇよな。


このときからスマホのレンズが曇ってたようや。


内側のレンズはきれいやな

ジャンプのスキー板は思ってたほど重たくなく昔の自分のはいていたスキーの方が重たかったかも。でもめちゃ長いです。


ホテルの入り口はきれいにしてあります


造花の多くなった中、ちゃんと生花のフラワーアレンジメントが飾られています。


晩御飯はバイキング。
海賊はどこ?


全種類食ったろ・・・


ケーキも食べたけど


ストロベリーなんちゃらも食べたけど


わらび餅とかは食べられませんでした


アウスレーゼなんて懐かしすぎる!


寝る部屋ではなく喫煙室です


そんなこんなで白馬に来ています
コメント

お出掛けですか?レレレのれ

2017年07月28日 | Weblog
台風が二つて、天気良くないやん


同窓生と出掛けました。
なんか、同窓生とお泊まりのお出掛けなんて、なんか感慨深いというか、面白いと思う。


同窓生と泊まるなんて修学旅行とか、林間学校とかそんな以来だから面白い。
コメント

ローダウンとクロスバイクにリヤカー?

2017年07月27日 | Weblog
ええっ?!と思うくらいフロントが地面スレスレのヴェルファイア。


すごい個性的ですがこういう車って道路の凹凸とかで前がガリガリっとならないのか?

一時期ビヨンビヨン跳ねる車が梅田などの繁華街で見掛けることがありましたがボタン一つで上下する機構でもあるのだろうか。

横から見ても二センチもないくらいに見える。
キャリパーとボルトのブルーは綺麗やと思うけどこんなに車高を下げたら具合悪いこともあるやろうな。


車と言えば自転車も軽車両。
リヤカーみたいなのを取り付けているクロスバイクを発見した。
何を乗せているのだろうか。






コメント

パスカル先生ってグーグーガンモかと

2017年07月27日 | Weblog
エースコックのワンタン麺は関東などではあまりみかけないそうですが、食べるとき豚の横に違うキャラクターが書いてあった。


今時グーグーガンモでも流行ってんか?
とマジで思ったら違うキャラクターのようで、パスカル先生というらしい。

私の世代ではグーグーガンモやろ、こりゃ。
えらいこっちゃ、何のこっちゃ♪
コメント (2)

夏は外出すると鉢物が困る

2017年07月27日 | フラワーアレンジ、ガーデニング花関係
独り暮らしをするようになってから初めての夏を迎えました。
育てている鉢物は毎日水をやらないと枯れてしまう。

昨日辺りから空気も変わり、空の色がグッと濃くなってきた。
そんな暑い夏の数日、家を空けないといけなくなった。

どうしよう・・・
んー・・・100均にペットボトルの口に取り付けて逆さまにしておくと給水するものが売っていたはずと買ってきた。


裏を見たら「この商品は植物の生育を保証するものではありません。」
と書いてあった。当然やな。

「特に水涸れしやすい植物には・・・」とも書いてある。
枯れるかなぁ・・・読めなかったからOKGoogle・・・さんずいへんに固まるって何て読む?とスマホに向かって呪文を唱えた。
コと読むらしい。スイコかと思ったけどミズガレらしい。
水枯れと書けばエエのに難しいやん。

まぁ、とにかく水分補給のためにはペットボトルがいる。
ペットボトル飲料はほとんど買わず、また大きい二リットルのものなど家にはないので資源ごみのときに外に出してあるものを持ち帰った。

季節がら麦茶のものが何本も捨ててあった。
お茶なんて沸かした方が安いし美味しいと思うけど。

さて、これを使って外出したら枯れないでいてくれるだろうか。
コメント

結構イケたレトルトソース

2017年07月26日 | 美味しいと思った店やキッチンちいはし
春のアーモンドフェスタの時に買った神戸の会社MCCのパスタソース。


カゴメなどのトマトの会社のパスタソースでもミートソースのレトルトや缶のものはあまり美味しいと思ったことがない。手抜きのために時々買う程度でした。
ですが、画像のパスタソースはなかなか本格的な味がして、肉感もあり結構旨かった。まぁ、100円ではないしね。

パッケージにお湯に入れたり袋から出してレンチンしても良いが味と香りのためにはフライパンが良いと書いてありパセリのみじん切りやパルメザンチーズをかけても美味しいと書いてあった。


そうそう、ボロネーゼはパルメザンチーズたっぷりが旨いよなぁ、と思い味も見ずに結構かけてたら味が濃くなりすぎて自分の好みではなくなった。
また、栽培しているバジルの葉と実が丁度使えたので散らしたらそれは良かった。

今回のパルメザンチーズは安いと思って緑色の缶ではなく、メグミルクの赤いパッケージのパルメザンチーズを使ったからいけなかったのだろうか。
でもパッケージにはマイルドと書いてあったが。

違う食べ物になるけど味が濃くなった分、卵黄をおとしてもよかったかもさしれないた後から思った。
コメント

LOVE LOVE モモ! ラ~ブ!

2017年07月26日 | Weblog
モモの美味しい季節になりましたね!
桃言うたらモモやん?
先日友人の家で今年初ものの桃を戴きました。


モモと、桃とストロング・ゼロの桃ダブル。
桃ダブル?桃ダブル言うたら空モモと海モモとのダブル?
パッケージに二人のモモを使ったらどんだけ箱買いするか!

けど、こういうモモのお酒とか甘さ控えめになり美味しくなりました。
以前はもっと甘かったように思います。

SUNTORYのストロングゼロ・モモはアルコール9%ですがほろよいの桃もあります。
そりゃ、9%やん♪
酒の宣伝なんかなんぼでもやるからまたなんか当ててね、SUNTORYさん。

ほんでSUNTORY ストロング・ゼロ桃ダブルに本物の桃を入れて飲みました。
昔で言うフルーツポンチみたいなもんか。
最後はフォークで潰して粗越し桃にしました。



今年の桃の初物は友人宅で戴きました。
そのうちのお母さんは上手に剥いてました。

見切り品が2個で250円でした。
見切り品といっても、別に黒いところもなかったし食べたらメチャ甘いねんもんなぁ!
当たりでした。
買ってきた桃を眺めてから「お母さん?桃って手で剥くん?」とまた聞いてみたくなる。
手で剥いてみたけどイチヂクみたいには剥けないからナイフで剥きました。

ケチって種のギリギリまで切ったら渋い!
やっぱりケチったらあかんねんな。

ラブラブ・ミンキーモモ♪お願い聞いて♪





コメント

阪神タイガースとスマホを拾う

2017年07月26日 | 野球関係
昨晩は天神祭の花火も見ずに珍しく甲子園へ行きました。

筒香のホームランたった1本で負けてしまいました。

同窓生の友人がチケットがあるからと誘ってくれました。
普段は阪神タイガースを応援してませんが、行くなら応援した方が面白いから一応応援してました。

遠藤が乾杯にきてました


ビジター席ってほんま少ないんやな。
しかしタイガースの応援って何年ぶりやろ?ってくらい行ってなかった。


どちらも点をとらない試合は早く終わりました。昨日初めて応援に行った人もいただろうから勝たないとあかんわなぁ。

そんな帰り御堂筋の大きな通りから細い道に入ったら黒いものが落ちてた。
スマホやん・・・
たまに拾うときは道路のはしに落ちてることがあるけど、道路のど真ん中に
落ちていて車でも踏んだらそれこそ大変。


んー・・・警察・・・どこやだたっけか・・・と考えて動き出したらそのスマホに電話がかかってきた。
「スマホを落とされた方ですか?」と聞いたら落とし主でした。

コンビニが近かったので説明して返すことが出来ました。
お茶でも飲んでくださいとお金を渡そうとされましたが、受けとりませんでした。
落として何処に行ったか不安やった気持ちを考えたら受け取れませんわな。

今年には入ってスマホを拾ったのは3回目かな。
皆結構な確率で落としてるんだろうなぁ。


コメント

航空自衛隊航空中央音楽隊演奏会

2017年07月24日 | Weblog


航空自衛隊航空中央音楽隊のコンサートに行ってきました。
往復葉書で申し込んでおかなければなりませんでしたが、気がつくのが遅くて申込日を一日だけ遅れてしまいダメもとで送ったら整理券が送られてきました。

大阪では航空自衛隊がありませんからなかなかこうしてコンサートをする機会がなかったそうです。
JAPAN AIR SELF -DEFENSE FORCE
CENTRAL BAND
ですよ!
ジャパン エア セルフ ディフェンス フォース セントラルバンドやで!
水道のホースでも、セントラルヒーティングでもないんやで!
ってそんなことわかっとるわっ!と関係ないことも書いてみる。


真面目に・・・
1 インフィニティ~ブルーインパルスの為に~

という曲から始まりました。
ブルーインパルスをイメージした曲だそうです。

後は・・・
2 テューバ協奏曲
3 アルメニアン・ダンス パート1
4 アラウンド・ザ・ワールド~2パート
インヴェンション
5 クラリネット・キャンディ
6 スマイル
7 「アルルの女」第2組曲より"メヌエット"
8 バーナクル・ビル・ザ・セイラー
9 スペイン
10 マラゲーニャ

アンコールとして
11 ゲット・イット・オン
13 空の精鋭

これはプログラム。
日付のところがピリオドが打たれていません。
「また皆さんにお会いしたいのでピリオドにはしませんでした。そういう思いでやってきました。」とコンサートの最後におっしゃってました。
普通のコンサートなら女子がキャー!っていうような台詞でしたがカッコ良かったな。


しかし音楽って本当に良いもんですね・・・と映画評論家のように言ってしまいそうですが一曲目の冒頭から心が揺れて感動して涙がこぼれそうでした。

楽器のこととかは楽譜も読めないし、よくわかりませんが、タンバリン一つ、鉄琴?マリンバ?とか、吉本新喜劇の曲みたいなファンフワワァ~♪みたいな面白い音一つかけても、いけないだろうなと目をキョロキョロして色んな部分を見ながら聞いてました。

ハープがあって、ハープなんて世界昔話に出てきて女性が奏でるもんやとばっかり思ってたら、短髪のガッチリした兄ちゃんがポロンポロン弾いてたからそんなのも、
こんな音楽をあまり聞く機会がないから面白かった。

CDとか現場で売ったら売れるだろうにと思ったら、HPを見たら販売されているようです。
買ってみようか・・・とすぐ感化されてまうんやなぁ。

吹奏楽をやっている生徒さんらし学生服の人もいましたが、
満員御礼で沢山の人が来られていました。

自宅から箕面まで往復62㎞。
片道二時間かかりました。


大阪市では見ない光景ですが中学生ぐらいの男子生徒が5人ほど自転車で走っていくのを見ましたが五人とも電動アシスト自転車でした。

他にも何人もの生徒を見ましたが電動アシスト率がかなり高かったです。

私が最初に電動アシストを買った2000年には皆にそんなんやったら原付きにしたらエエのにとか、自転車やねんからアシストしてもらうなんてとんでもない!なんて言われたもんですが今や子供が乗る時代になったんやな。

しかし箕面までジェッターで行けるもんなんやと初めて知る。
今度また来てみよう。
しかし往復したら残り残量が2メモリしかない。
ヤバかったな。

さぁ、今日になってしもた。
歯を磨いて寝よう。






コメント

ひやしあめがラムネの瓶に?

2017年07月24日 | Weblog
広告に載ってたラムネとひやしあめ。
一瞬ラムネの瓶にひやしあめが入ってるのかと思った。


ひやしあめは関西特有な飲み物らしい。

ひやしあめ記事

子供の頃は商店街で必ず売っていて馴染みのある飲み物。
最近ではお酒と割ったりする飲み方もするそうな。

結構好きやけど全国的ではないのは不思議です。
ショウガ湯を冷やしたみたいなものなのに。
コメント

鈴虫が虫になっていく

2017年07月23日 | Weblog
6月29日にオークションで落札した鈴虫。
最近急に虫になってきた。
左の白っぽいのが脱皮したもので、右にあるのが脱け殻です。


最近は色んなものを与えてみている。


もちろん、鰹節は与えてよく食べている。
驚いたのがイワシの煮付けも食べる。
皮がお気に入りのようです。
ハチミツや、ピーマンも与えたけどハチミツは食べてない感じがし、ピーマンもあまり食べていない雰囲気。

今日はゆで卵のキミと白身を入れてみました。

ほんの何ミリかだったものが一センチくらいになってきて虫!て感じになってきた。
子供の頃には感じなかった少しだけキショイと悪いことを感じてしまう。

虫といえば栽培しているミニトマトにハナムグリ、いわゆるカナブンがやってきていた。
一日に二回ぐらい飛んできているのを見た。
カナブンもトマトなんか食うんやと驚いた。
実割れしているものを含めて収穫した。


こんなに立派やけど、割れているものがあり捨ててしまいました。
コメント