ちい Road

ガンダムのクルーの中に私がいます。

マーシーも見る影もない

2011年07月05日 | なつかCMなど
1988年のCMです。
色々と昔のビデオをDVDにしてたら出てきました。
他にはお酒のドン(呑)やら、サッポロ一番のカップラーメンのもありありました。

田代まさしがまた逮捕されたけど今はどうしてるんでしょうか。
この人もたくさんCMに出ていたけど、盗撮やら薬物やらで服役してましたが
また服役するでしょう。
マーシーとか言われて面白かったのに。
たしかタレントショップも開いていてTシャツなんかも流行っていた
と思う。家にも1枚あったような気がする。
今度は何年服役するのだろうか。

しかし逮捕当時にテレビに映っていたマーシーは痩せて顔に大きなシミ
があったり髪が薄くなったり見る影もないという感じだった。
あんな顔になるのは薬物の影響なのだろうか。
3年と6ヶ月の判決。重いのか軽いのか。

コメント

コクヨくるくるメカ

2011年06月20日 | なつかCMなど
94年の学習机のCMですが、あの横山やすしが出演されています。
コクヨから出ている机ですが私が子供のときのようにピンポンパンデスク
のようにキャラクターの机ではないようです。

くるくるメカとコクヨは謳っていますが、ハンドルを回せば簡単に
高さが変えられるという機構を採用しています。
これ以前のものは両サイドに付いているレバーを二人で同時に持ち上げないと
上げられないものでした。

ちなみに同時期にチトセというメーカーがお相撲さんの高見山をCMに起用して
同じような機構を採用して高見山が「くるぴった」と言ってます。
コメント (2)

クシャミ回ルル3錠のルーツ

2011年06月07日 | なつかCMなど
あの風邪薬、三共製薬のルルの「クシャミ3回ルル3錠」というフレーズは
たぶん多数の方がご存じだと思う。
そのルーツはこのCMにある。
フルで聞いたことがある方は少ないのではないだろうか。
これは1957年に放送されていたTVCMだ。
こんなに長い2分という長いCMは今では考えられないくらい長いが
ケーブルTVでは長いCMは時々ある。

7変化するおじさん俳優が本当に7変化して面白いなぁと思う。
それぞれにちゃんと演技していて、個性があるから面白い。
コメント

ペン書院

2011年06月06日 | なつかCMなど
94年の書院のCMです。
価格は本体が25万円ですが、CMのようにFAXしようと思えば
FAXモデムが7万円越え、モデムだけでは使えないからさらに別売ソフトが
6500円全部で30万円超えます。

94年といえば私が初めてワープロを買った年です。
パナソニックのスララ・F97Fという機種でした。それにはFAXモデムが
内蔵されていましたがスキャナーは付属のカセットスキャナーというものを
取り付けて使用するものでした。

今から思えばこの書院も魅力的ではありましたがFAXモデム内蔵と手書きの
表などを読み取ってワープロの線として認識することができた機能のほうに
魅力を感じてパナソニックにしたのかもしれません。

後に書院をMR-1からMR-2へと2台買い換えて使うことになるのですが。
コメント (2)

来たぞ!われらの・・・

2011年05月05日 | なつかCMなど
東芝ビデオ「ビュースター」の‘84年のCMです。
機能はハイファイステレオでもなく、なんとリモコンは期間限定でプレゼント。
付属じゃないんです。
しかもワイヤードリモコンで線で繋がっているリモコンなんて今では
考えられません。

怪獣が出す攻撃の光が光線じゃなく花火みたいでなんとなく時代を
感じてしまいます。
コメント (2)

がんばれがんばれジャンアンツ♪

2011年05月02日 | なつかCMなど
84年の伊藤ハムのCMです。
全国区でのCMでしょうがジャイアンツの当時の人気がうかがえます。

パッケージに巨人軍選手と書いてあるのが気になります。
レトルトですからシールやカードが封入されているわけではないよう
です。

しかしこの頃のCMが残っているのは私でも珍しいのです。
当時はビデオテープが1本2500円ほどしていました。
お小遣いからビデオテープを買うのはそれこそ大変でしたから
標準モードで録ることもとても贅沢なことでした。

そんなことでしたから極力タイマーは使わなくてエアチェックしながら
CMをカットしたものです。
でもフライングイレースヘッド(フレームをきれいに繋いでくれくもの)
がない時代でしたから綺麗にカットできませんでした。

話は反れましたが今も野球選手のCMは何かと多いですがこうして
全国区のCMは少なくなってきているように思います。

コメント

ニンテンドーDSのルーツ

2011年04月28日 | なつかCMなど
今の任天堂DSのルーツでしょう。
84年のCMですがドンキーコングなどもあった2画面の液晶のゲームです。

メモリーカードなどもちろんなく1台に1種類のゲームしか出来ませんでした。
私が中学生のとき、1画面のいわゆるゲームウォッチというものを親に
ねだって買ってもらいましたが今から思えばとても贅沢なものを買って
もらったのだと価格を見て思います。
確か卒業旅行だからという理由だったと思う。

中学生のときはまだまだこういったゲームはぜいたく品だったし、
今の子供たちは全員持ってるのではないかと思うくらい親たちは
買い与えていますが今でも贅沢品のように思います。

コメント

円谷プロのCM

2011年04月15日 | なつかCMなど
96年のクリスマスの頃に放映されていた円谷プロのCMです。
ウルトラマンファンの人なら知っているのでしょうが、
とても珍しいのではないでしょうか。

商品のCMではなくプロダクションのCMだからです。
たまたま録画されていたのですがウルトラマン達がクリスマスの
幸せなひと時をドラマチックな展開で描いています。

ケーキを買って喜んで歩くブースカとピグモン。
ケーキを持つブースかが雪で滑ってケーキを落としてしまいます。
そのケーキの上を自転車が踏んで通ってしまいグシャグシャにつぶれた
ケーキの箱。

悲しそうに嘆くブースカとピグモン。
カネゴンやバルタン星人などの怪獣がプレゼントを持ってそれぞれ
楽しそうにはしゃいでいます。

しょげて歩道橋を歩くブースかとピグモン。
ウルトラマンに出てくる怪獣や、ウルトラマンが愛を語り合ったり
プレゼントを抱えて街を歩いたりしている街の中。
雪の中の歩道橋を三角座りで座っていたがピグモンが「おまえのせいだ!」と
言わんばかりにブースカを攻め始め喧嘩を始めたところに鈴の音をさせて
ウルトラマンがケーキを持ってきて飛び去って行った。

ウルトラマンや怪獣がドラマちっくに演出されている所が面白いと思います。
また杉山清貴の歌もドラマを盛り上げています。
きれいな映像で見てもらえないのが残念です。


コメント

水野真紀が

2011年04月13日 | なつかCMなど
ガスのCMで好きなものがあるがこれも好きなものの一つ。
あの「きれいなお姉さん」がなんともコミカルなダンスを踊って
しまっている。
水野真紀さん、明るくて好きだなぁ。

踊ったりして楽しいCMがなぜか気になってしまう。
自分は全く踊れないけど、ダンスしてるのを見るのは楽しい。

水野真紀さんといえば、魔法のレストランに出演している。
あの番組も長くやっているが残念だがもうネタ切れで面白くない。
無理矢理続けている感がある。

コメント

三菱ビデオ マドンナ起用第4弾

2011年02月03日 | なつかCMなど
マドンナさようならの前にあったのがこのCMでした。

マドンナが出演した三菱ビデオのい第4弾がこのCMです。
曲がライク・ア・ヴァージン(残念ながらこのCMは持ってない)、トゥルーブルー、
ラ・イスラ・ボニータの後に続く4曲目はコモーションです。

このCMのときに初めて三菱のS-VHSを買いました。
忘れもしないF-35という機種でした。
当時はS-VHSはどれも20数万していましたがマドンナのために?
迷わず三菱にしました。

大画面・高音質・高画質を謳い始めたのは三菱電機で勢いがありました。
自動でトラッキングを搭載したのもこの機種だし、NEヘッドを搭載した
ノイズのないスピードサーチができたのもこの機種でした。

このCMのとき、三菱に手紙を書いてポスターを送ってもらいました。
なんていい会社なんや!と単純に思ったものです。
コメント

缶コーヒー

2011年01月31日 | なつかCMなど
先日亡くなられた細川俊之さんのCMです。
ニヒルなイメージの細川さんですがこうしてちょっと
面白い役柄を演じられたりしていますが声にも特徴があって
亡くなられたのはとても残念です。

しかしコーヒーのロング缶って減ったような気がします。
ボトル缶と言われるものがロング缶の変わりになっているのでしょうか。
コーヒー=小さい缶のイメージが強くなりました。
豆が良いものだから小さい缶なのか、業界の戦略なのかどうなんでしょうか。

コーヒーも原料が高くなりインスタントコーヒーでも
内容量は減らして価格据置などの実質値上げしているものもあるとか。
砂糖や大豆、小麦粉なども高くなるというし食品原料も外国に頼って
いる日本。
国内生産のものも増やさないといけないのでしょうがいったいどうなって
いくのやら。

コーヒーといえばサントリーのBossがあります。
贅沢微糖のCMは元チビノリダーもやっていましたがあの
大森南朋(おおもりなお)さんがちょっとお茶目な役で出演されるそうです。
あのNHKの土曜ドラマから映画になったハゲタカに主演されていた固い役
などが多かっただけに楽しみなCMの一つになりそうです。


コメント (3)

マドンナさようなら・・・

2011年01月30日 | なつかCMなど
三菱電機のビデオのCM、マドンナを起用した最後のCMがこれです。
‘88年の作品ですが新曲ではないCrazy For Youを使ったものですが
この曲の感じがなんとなく「あぁ、これでマドンナのCMが終わるんやなぁ」と
なんとなく寂しく感じたものでした。

このマドンナグッズプレゼントも最後ですが、どうして手に入れたか忘れ
ましたがこのタペストリーも2本ほどGETしました。
今でも家に吊ってありますが、もう1本も後生大事にはしておらず箱も汚く
なってしまいました。

この頃のマドンナは本当に良かった。
コメント

三菱ビデオ マドンナ起用第3弾

2011年01月28日 | なつかCMなど
三菱電機がマドンナを起用したCMの第3弾で1987年のCM。
この1987年の夏にマドンナが初めて日本でライブを開催した。
このCMになってもまだビデオデッキは買っていないが私の
マドンナ熱は最高に達していたといっても過言ではない。

大ヒット曲のラ・イスラ・ボニータを使ったCMは悩殺ものだった。
きっとこれでMの現象に惑わされてビデオデッキを買ったのだと思うが
それでもマドンナを起用したというだけでなく、あの時代の三菱電機は
良い製品を作っていた。
カタログの表紙がコレ・・・・


このポスターがコンサートの会場であった大阪球場にたくさん
貼ってあって欲しいなぁを思ったものである。

このあと三菱電機におもいの丈を書いて送ったらこれとは違う
ポスターを送ってきてくれた。それは次回載せたいと思う。
三菱電機良い会社だと思った単純な私であった。

ちなみにスポーツ新聞の切り抜きがコレだが今だったらたぶん
字だけがカラーではなく写真もカラー掲載していたのではないかと思う。
これも時代なのだろう。


面白いのはこの裏だ。

当時野球のヤの字も興味がなかった私だから裏の記事のことまでは
考えて切り抜いていない。
「頼りはやっぱりバース」とか、「この日の掛布」などという記事が
書いてある。
野球に興味がなかった私でもかろうじて残っていたスタメンを見ても面白い。
それと新聞の文字がやけに小さいことがわかる。これも時代やねぇ。
しかしあの大興奮コンサートから23年もたっているなんて信じられない!


コメント (2)

マドンナ命だった頃がありました

2011年01月27日 | なつかCMなど
三菱電機のビデオデッキのCMにマドンナを起用した第2弾のCMで
1986年に放送されていた。
マドンナがビデオライブラリーの中からMを取り出し、デッキに入れる
というストーリーになっている。

第1弾のCMはライク・ア・ヴァージンのライブ映像を使ったCMだが
残念ながら所有していない。
三菱電機がビデオのCMにマドンナを起用したと知って初めて見たときは
マドンナファンの私は大感激したものだ。

CMのナレーションに「Mの現象は君を惑わす」とある。本当に惑わされてしまった。
このCMから惑わされたのではなく、本当に惑わされたのはこの後に発売された
機種からで、三菱のビデオデッキを4台ほど買い換えてしまった。
このころのビデオデッキはまだまだ価格も高く1988年に初めて自分で
ビデオデッキを購入した。
カタログ表紙がコレ・・・
コメント

Oh~ヘパリゼぇ♪

2011年01月21日 | なつかCMなど
近年はテレビをほとんど見ないのでCMも録画していませんでしたが
昨年から「!」と思っていたCMがあります。
ゼリヤ新薬の「ヘパリーゼドリンク」のCMです。
妹が録画していたドラマの間に入っていたのでPCに直接繋いで変換しました。
でも、PCもデジタル放送は録画しないでストップしてしまいますが15秒くらいなら
外部入力で録画してくれます。

ところでこのCMですが普通のサラリーマンに見える男性が凄い上手にサラリと
踊ってしまうところが「!」と思うところです。
多くの人が!と思うらしく芋洗係長ですか?、ウチの課長に似ているのですが・・・などと問い合わせもあるそうでネットでも反響があるそうです。
あのサラリーマン役の人は井出茂太(しげひろ)という名前でダンサー兼振付師
ということ。
銅像役の人以外は全員がダンス初心者なので自分の練習と出演者にダンスを
教えるのとで苦労もあった末に完成したそうです。

なんか真似して踊ってみたくなるのは私だけ・・・・でしょうか。
CMではオーシャンゼリーゼぇ♪というあの歌にのって踊っていますがその歌声が
ルイ・アーム・ストロングが歌う「この素晴らしき世界」の歌声に似た感じで
より面白さを演出しています。
と曲を流して何人かで踊れば余興でウケルかもしれませんね。

コメント (2)