@ kill time

見た!聞いた!読んだ!行った!食べた!
スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行紀、読書、食べ歩き等の身近な話題を紹介します。

良いお年を!

2010年12月31日 | ○○な話
2010年も今日で終わりですね。

昨日は取り合えず家の大掃除を済ませて、その後は年越しの食材の調達で近所の今年の鮮魚市場へ買出しに出かけました。

通常ならば15分程でつく道のりなのに、市場へ近づくにつれて道路が混み始め、大渋滞に・・・。

皆さん年越しの準備に余念がありませんね。

結局、1時間以上かかってようやく到着。

その鮮魚市場の中も大混雑です。

さて、何を買おうか・・・。

並んでいるのは・・・、蟹に、鮪に、海老に、蛸、・・・。

正月単価で安いのかと思いきや、どれも高いね!!

それに量が多い!!

我が家は少人数なので、そんなに沢山はいりません。

余らせて捨てるのがオチですから・・・。

量は少なくても、品数があるのが理想。

結局、ここでは買わずに何時も買い慣れているスーパーで買うことにしました。

正月だからと云って特別な事をしようと思わず、最初からそちらへ行けば良かった・・・。

さあ、後はTVを見ながら、食って、飲むだけだ!?

それでは、皆様 良いお年を!!



コメント

今年の汚れ今年の内に・・・

2010年12月30日 | ○○な話

今年もあと二日となりました。

あと云う間の一年でした。

一年間で遣り残した事は沢山ありますが、それは新しい年の課題として残しておいて・・・。

まずは今年一年の汚れを取って新年を迎える準備でもしようか・・・。

と云う事で、今日は家の大掃除をしようと思っているHさんです。

そんなHさんの気持ちを察してかどうか、小物家電大好き!我が家の家人がまたしてもNETで小物家電を注文していました。

それは充電式の縦型掃除機 エレクトロラックス「New エルゴラピード サイクロン 2in1」




北欧生まれで楽天の掃除機部門ランキング1位の製品だとか・・・。



充電式クリーナー最大のメリットは電源コードの無い事。

使ってみるとコードがないので確かに使い易い。

いままでの物と違って掃除の途中で電源コードが届かずにコンセントを抜き差しする手間もいりません。

テーブルの下などもらくらく入ります。

また、吸い込みノズルの先端のLED照明が付いていて狭く明かりが当たらない場所でも掃除の状況が確認できるのは良い!

その吸い込みノズルも左右に180度、後ろに90度スティックが倒れるので、家具の下や奥にも上手に入り込み、掃除しにくい隠れたところまでスイスイ掃除できる。

なかなかいいじゃん!!




さらに、本体を取り外してハンディクリーナーとしても使える1台2役型!

すき間ノズルと、ブラシノズルが付属されていて、2つの専用ノズルで棚上などは細かなところまで掃除できます。

クイックフィルタークリーニング機能は、フィルターに直接触れることなくホコリをダストカップ内に落とす仕組み。

またフィルターとダストカップは、水ですすぎ洗いすることで汚れをきれいに落とせます。

少々パワー不足ですが、手軽に使える便利さが売りですね。

さて、ブログばっかりやってないで、大掃除の続きを・・・。



コメント

Hさん的今年のらーめん総括

2010年12月28日 | ラーメン

らーめん大好きHさん。

今年も良くらーめんを食べました。

Hさんの「渋谷らー麺ロード今年になってから介した店は数えてみたら31軒ありました。

本拠地の渋谷ばかりでなく、たまたま仕事で行った恵比寿や五反田、はたまた遊びで行った北海道の店などなど・・・。

どの店にもそれぞれ独自の味があり、どれもこれも美味かった!!

その中でもあえて! 

渋谷界隈でHさんのオススメの店と云えば・・・。

辛い系では”からうまラーメン日本一”を売り文句にしている「蒙古タンメン中本」



そして、とんこつラーメンでは博多「一蘭」。



昔ながらの醤油味では「中華麺店 喜楽」が文句ナシ!!



あっさり系「塩らーめん」では少し離れた恵比寿にある「らーめん 阿夫利(AFURI)」。



魚介系と動物系のダブルスープでは少しこってり系なら「らーめん はやし」。



同じダブルスープでもあっさり系なら「らーめんと甘味処  九月堂」。



これらの店なら、なんど食べても飽きない味です。

まだまだ行っていないらーめん店もありますし、一つの店でも色々なメニューがありますので、来年も色々ならーめんを美味しく食べてみたいと思っているHさんです。

コメント

個室居酒屋 6年4組 渋谷第一・第二分校

2010年12月27日 | グルメ

土曜日は有志による忘年会で「学校」をテーマにした居酒屋さん「個室居酒屋 6年4組 渋谷第一・第二分校 」へ行って来ました。

ちなみに有志とは今年の春に四谷真田堀でのお花見会に集合した仕事仲間たち。

前回の花見の席で大活躍をしてくれた釣りキチY平さんは仕事があり残念ながら今回は欠席でしたが、その代わりにではありませんが来春1月から新任所長となるO島さんが飛び入り参加となりました。

さて、「個室居酒屋 6年4組 渋谷第一・第二分校 」とは・・・

エレベーターでお店のある5階へ出るとそこはもう学校ワールド!  



それも懐かしい昭和の校舎の雰囲気です。

木製の下足箱に靴を入れて校舎内へ・・・



板の間の廊下。 各教室もトイレの扉も全て木製のガラス戸。

廊下には万国旗が飾られて、各教室の看板も木製・・・。

確かに昔の教室はまさにこんな雰囲気だった・・・。

そんな我々が通された部屋は「図書室」。 



掘り炬燵風のテーブル席で、6人で座ると丁度良いくらいの広さでした。

壁には、書棚と、これまた懐かしい世界地図が・・・。



料理は飲み放題付きの「もつ鍋」4000円コースをあらかじめ注文しておきました。

取り皿がアルミのお皿になっているのが懐かしい!

しかしその料理の味は全体的にフツー・・・。

残念ながら量が少ない・・・。  

これは対象が女子生徒向けなのか?

食べ盛り?のアラフォーの男子生徒たちにはこのコース料理だけではかなり物足りなく、結局別料金で料理を追加注文する事に・・・。

料理はコースで頼むよりも、最初からアラカルトで頼んだ方が良かったのかも・・・。

酒の方は焼酎の水割りセットを頼むと、これまた焼酎がアルミ製のヤカンに入って出てきます。

また、飲んでいる途中でジャージを着た先生がやってきて・・・

「テストの時間です。」

と全員に問題用紙を手渡されました。

全問正解すると御褒美が貰えるのだとか・・・。

しかし、これがかなり難しい・・・。 

とても酔いの回った頭では解けない難問ばかり・・・。

今時の小学生はこんな難しい問題を解いているのか・・・。

結局、100点満点が取れたのは7人中で1人だけでした!

流石はI川さん! 某旧帝国大学の学院卒です!!

また、部屋は欄間OPENながらも完全に仕切られていて、周りを気にせずワイワイやれるのは良かったです。

そして、下校時に「生徒手帳」を保険の先生から頂戴しました。



この手帳を見せると次回はワンドリンクサービスになるんだとか。



その手帳には「ポニーテールは男子生徒を挑発するので禁止」とか、「女の先生に触れない事」、「むやみに女の先生にアドバイスを聞かない事。」とかいうユニークな校則が書かれてました



懐かしい雰囲気を味わいたい方は、話のタネに一度行ってみてはいかがでしょう。

コメント

Hさん的今年の読書総括

2010年12月26日 | 小説

今年も良く小説を読みました。

ブログにUPした作品を振り返ってみたら54作品ありました。

1ヶ月平均4.5冊、一週間で1冊ペースでした。

読書に当てる時間は電車の中や寝る前などですが、結構読めるものですね。

その54作品の中でも特に印象に残っている作品をあげると・・・。

1/11 建倉圭介 著 「デッドライン」
2/3  池上 司 著  「雷撃深度十九・五」
3/9  誉田哲也 著 「ジウ」シリーズ Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
4/16 東野圭吾 著 「赤い指」
5/29 有川 浩 著 「空の中」
6/16 湊 かなえ 著 「告白」
6/23 百田尚樹 著 「永遠の0(ゼロ)」
7/26 和田 竜 著 「のぼうの城」
8/25 佐々木 譲 著 「北辰群盗団」
10/12 今野敏 「隠蔽捜査」シリーズ1・2

(日付はブログにUPした日です。)

さらにその中でHさん的今年のBEST3は・・・。

1位 和田 竜 著 「のぼうの城」

2位 百田尚樹 著 「永遠の0(ゼロ)」

3位 今野敏 「隠蔽捜査」シリーズ1・2

「のぼうの城」は読後の爽快感!が得られる事間違いナシの1冊です。歴史物が苦手な人にもオススメです。 来年秋には映画も公開されます。

「永遠の0(ゼロ)」は読後は感動!そして泣ける!1冊です。 戦争物ですが読みやすく若い人に是非読んで貰いたい作品です。

「隠蔽捜査」は警察小説シリーズ。 数ある警察小説に中でも間違いなく面白い作品。通勤途中に読むのにオススメの作品です。

さて、正月休みは何を読もうかな!

コメント

我孫子 武丸/弥勒の掌

2010年12月25日 | 小説
我孫子 武丸 著 「弥勒の掌」を読みました。



愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事・蛯原。

妻が失踪して途方に暮れる高校教師・辻。

事件の渦中に巻き込まれた二人は、やがてある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始するのだが…。


我孫子武丸の本を読むのは本作が初めてです。

Hさんはやったことはありまんが、超人気ゲームソフト「かまいたちの夜」のシナリオを担当していた方だとか。

物語は、教え子との浮気が原因で疎遠になっていた妻に失踪された高校教師の辻の視点と、妻をラブホテルで殺害された汚職刑事の蛯原の視点とで書かれた章が交互に繰り返されます。

やがて、二人は"弥勒像"をキッカケに協力関係になります。

そして「救いの御手」という新興宗教団体の事件への関与を疑い、その実態に迫ろうとします。
これは「なんとか真理教」のような怪しげな宗教団体の暗部に迫る作品なのか!

しかし、ここからがこの作者の真骨頂!!

最後にはなかなかのどんでん返しが待っていました。
 

この小説のお勧め度:☆☆☆☆ 
コメント

高田馬場 「麺屋武蔵 鷹虎」

2010年12月24日 | ラーメン

高田馬場での忘年会は1次会が終わり、仕事に戻ったT橋さんを除く、K本ちゃんとヘタレのS君と3人で2次会はカラオケ屋へ行く事に。

3人とも高田馬場で知った飲み屋はありません。 

かと云って有名カラオケBOX店の前は予約待ちのグループですでに一杯です。

どうしょうか・・・。

そこは天然のK本ちゃん! 

いきなり全然知らない飲み屋さんの扉を開けて値段交渉を始めました!

結局、その店に落ち着く事に。

そして、カラオケ大好きHさん。 

初めて入った店でもその美声?を遺憾なく披露して・・・

ん~! 満足! 満足!

そろそろ帰ろうかと店を出たら、天然のK本ちゃんが・・・

「お腹減りましたね! らーめん食べに行きましょうよ!! 美味しいらーめん屋知ってますから!!」

確かに飲んだ後のらーめんは美味い!!

でもこんな時間に食べるのは肥満の大敵・・・。

そんな事をHさんが思っている間に、すでに肥満化しているK本ちゃんとヘタレのS君の二人は目的のらーめん屋目指して歩く、歩く・・・。

仕方が無いのでHさんもお供しました。

最初にK本ちゃんが目指したのは「俺の空」と云うらーめん店でしたが、そこは残念ながらすでに閉店していました。

来た道を再び戻り、次に行った店が「麺屋武蔵 鷹虎」です。



看板にも鷹と虎が・・・



入り口脇の発券機でメニューを選択。



Hさんは味玉つけ麺をチョイスしました。

麺の量は中盛りを選択。

同じ値段で麺の量が選べます。



店内のいたるところに鷹と虎が・・・。

カウンター席の丸イスでも鷹が睨んでる・・・。



待つ事10分。 出てきたのがこちら!!



極太麺でかなりの量です。

つけ汁はどろりとしていてかなり濃い目です。



麺がほんのり甘い魚介のスープに良く絡みます。

確かに人気のらーめん店だけあって後を引く味ですが・・・

途中で御腹が一杯となり完食出来ませんでした。

そう云えば、一次会で食べたキムチ鍋の〆もらーめんだった・・・。


コメント

天然K本ちゃん

2010年12月23日 | ○○な話

昨晩はヘタレパチンカーのS君と四十肩?を発病したらしいT橋さん、そして先月末で違う所長の事務所に配属変えになったK本ちゃんの4人で忘年会でした。

場所はS君の段取りで何故か高田馬場の元気酒場「魚匠」と云う居酒屋さん。

この「魚匠」は今流行りのおつまみ全品350円と云う格安居酒屋チェーン店です。

料理の方はコースを頼みましたが特段どうと云う事もないので、写真は撮らず仕舞いです。

K本ちゃんは今年39歳にして、めでたく!結婚!!

奥さんは10歳も年下ですが、すでにしっかりと尻の下に敷かれているらしく、この日の飲み会もなんとか許可を貰ってきたのだとか。

そんなK本ちゃんが今年の夏、ハリケーン所長が常駐している事務所に配属された時の事です。

ある朝、K本ちゃんが砂利(ジャリ)を持ってハリケーン所長のもとへ。

K本ちゃん:「所長、砂利が入ってきました」

ハリケーン所長はその砂利の袋を開け、一掴みする。

そして手の平から砂利をボトボトと袋に落とす。

何度かその行動を繰り返した後、ハリケーン所長が呟く。

「いいかK本、お前はこのジャリ以下だ」

横の席で仕事をしていたヘタレのS君はその会話を聞いて思わず噴出しそうになったのだとか・・・。

それにしてもヒドイ事を言う所長だな~と思っていたS君。

その後でK本ちゃんと喫煙所で会い、冗談まじりに・・・。

「ジャリ以下ってヒドイですよね。まぁ冗談で言ってるだけでしょうけど」

と言ったところ・・・

K本ちゃん:

「なぁ。なんだよな、ジャリ以下って。どう受け止めていいか分からないよ。ホメられてんのか、ケナされてんのか」

そこでもさらに噴出しそうになったS君でした・・・。


また、K本ちゃんと奥さんがTVを観ていた時の事。

出演していた女優さん全員が40歳代前半だったそうで、

K本ちゃん:「コイツら全員アラフォーじゃね~か!」と言った処・・・

奥さん:「あんたもよ!!」

K本ちゃん:「なんで? オレまだ39だよ!」

奥さん:「・・・」

”アラフォー”とは40歳以上の人の事を云うと思っていたK本ちゃんでした。

随所にこんな天然ぶりを発揮しているK本ちゃんの新しい部署での活躍を祈ります!

コメント

Hさん的今年の映画総括

2010年12月22日 | 映画

今年1年も良く映画を観たHさんです。

ブログでUPした作品を振り返って数えるとたところ全部で43本ありました。

この中にはTVドラマシリーズの「24」や「LOST」「プリズン ブレーク」などは含まれていません。

純粋な映画だけで1ヶ月平均4本、週に1本は観ていた事になります。

その43本の中で、Hさんがお勧め度の最高点5つ☆を付けた作品がこちらです。

12/28 「アバター」
1/21  「オーロラの彼方へ」
2/27  「インビクタス・負けざる男たち」
3/1   「愛を読むひと」
3/26  「96時間」
4/14  「第9地区」
7/27  「インセプション」
9/27  「THE LAST MESSAGE 海猿」
11/21 「アイガー北壁」
12/2  「ノーマンズ・ランド」

(日付けはブログにUPした日です。)

この中であえてBEST3の作品を選ぶと・・・

1位 「第9地区」
2位 「オーロラの彼方へ」
3位 「アバター」

です。

「第9地区」は映像もさる事ながら、風刺の効いたストーリーが最高でした。

低予算でもこれだけ深い内容のある映画が作れると云う見本の作品です。

「オーロラの彼方へ」は旧作ですがHさんは今年初めて観ました。

こちらは親子の絆とサスペンスを織り交ぜた傑作でした。

正月休みに御家族で観るのにオススメの1本です。

「アバター」は言わずと知れた、その後の3D映画ブームを開いた先駆けとなった作品ですね。

特にジャングルの中でのシーンが非常に幻想的で印象に残りました。

今年も色々な映画を観る事が出来ました。

や~、映画って本当にいいですね!!

来年はどんな作品に巡り合えるのか楽しみです!!

コメント

今年のゴルフの打ち納めは・・・

2010年12月21日 | スポーツ

と、云う事で一日UPが遅れましたが、日曜日は今年のゴルフの納めに行って来たHさんです。



場所は埼玉県朝霞市にある朝霞パブリックゴルフ場。



都心から20Km圏内・池袋から20分のアクセス!

気軽に行ける本格的な18ホール・パー72の6287ヤードのパブリックゴルフ場。

荒川河川敷にレイアウトされ、随所に池を配したコースながら見通しの良い真っ直ぐなホールが多く障害も少ないのが特徴です。




天気は快晴!! 風もなく絶好のゴルフ日和でした。

心気一転! 全ておニューのクラブに取り替えてこのコースに挑んだHさんですが、その結果は・・・。



その出だしの10番ミドルホール339ヤード。

ドライバーはいい当たりながらも右に出て、ネットの方へ・・・。

ボールを探すも見つからず、結局OBと云うことで、トリプル発進・・・。



この鳥は白鷺?



その後も新しいクラブに馴染まずに?OB1回、3パット2回と安定せず

上がってみれば、インコースは51でホールアウト。 

トータル100切りは今回も厳しい状況に・・・。



このクラブは一緒に回ったY山さんが持っていたサンドウェッジです。

フェースの形状が櫛のようになっています。

この間から砂が逃げるのでバンカーでも打ちやすいのだとか・・・。



こんなクラブもあるんですね。

Hさんは初めて見ました。

正規のクラブに適合しているのでしょうか?



まあ、仲間内の楽しいゴルフですから、硬いことはいいません。

昼食は例によってラーメン(つけ麺)です。 まるでサラダのような緑の麺が珍しいので思わずパチリ!



さて後半はライ角度10.5°でイマイチ飛距離が伸びない新しいドライバーから前のドライバーに取り替えて挑みました。



こちらはライ角度9.5°。

低い弾道で、よく飛びます!! 

このドライバーが大当たり!! 

後半のドラコンホールはHさんが全ていただきました!!



そして、スコアーは最終ミドルホール355ヤードを残して43。 

最終ホールをパーで上がれば47。 前後半トータル98!

目標の100切りが見えてきた・・・。

1打目、ドライバーが唸りを上げて、ナイスショット!!

残りは80ヤード。 

これはピッチングで楽々2オンだ・・・。  

なんて余計な事を考えながら打ってしまい・・・

トップしてグリーンをはるかにオーバー!!

寄らず、入らず・・・。  このホールはトリプル。

相変わらず、詰めが甘いHさん、上がってみれば47どころか、50・・・。

結局、トータル101で今年最後のゴルフも100切りはなりませんでした。

残念!! 今年中にもう一回やりたいけど・・・。

来年の目標に取っておこう!?

コメント