@ kill time

見た!聞いた!読んだ!行った!食べた!
スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行紀、読書、食べ歩き等の身近な話題を紹介します。

来年もよろしくお願い致します!

2017年12月30日 | ○○な話

色々あった2017年もあと少しで終わりですね。

そんな慌たゞし日本の年の瀬を抜け出して、上海に来てしまいました!

黄浦江ナイトクルーズ。

今年の最後に上海の美しい夜景をUPします。

黄浦江を挟んで、一方は超近代的な高層ビル群。

その対岸は歴史を感じさせる建築物が建ち並んでいます。

川沿いの建物が全てライトアップされた景色はなかなか壮観です!

まさに現在の中国の勢いを感じました。

そんな中国の上海・蘇州・無錫の模様は年が明けてから紹介します。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!

コメント

鋼の錬金術師

2017年12月26日 | ○○な話


現在、映画の実写版が公開されていて、何かと話題になっている 鋼の錬金術師全27巻を読み終わりました。



ストーリーについても、登場人物のキャラクターについても、予備知識ゼロから読み始めました。

そもそも、錬金術師って何だ??


昔ながらの劇画タッチの描写が好きなので、最初は線が細い絵になじめませんでした。

それも読み進めるうちに徐々に慣れてきて、ストーリーに引き込まれました。


兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。

2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦らせるため禁断の人体錬成を試みる。

しかしその代償はあまりにも高すぎた…。

錬成は失敗、エドワードはみずからの左足と、ただ一人の肉親・アルフォンスを失ってしまう。

かけがえのない弟をこの世に呼び戻すため、エドワードは自身の右腕を代価とすることで、弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功。

そして兄弟は、すべてを取り戻すための長い旅に出る…。


と云う事で、面白い漫画はストーリーが素晴らしい!!

こんな物語を考える人はどんな頭の構造をしているのでしょう~!

凡人にはとても無理です。 ただただ、引き込まれて読み進めるだけです!



そして、ラストは怒涛の展開が待っていました!!

いや~、マンガって、本当に面白いですね~!!

来年もまた読みまくりです!?

コメント

恵比寿横丁 だるまてんぐ 

2017年12月24日 | 飲み会

恵比寿で仕事関係者の顔合わせも兼ねて忘年会を行いました。

一次会を豚しゃぶの店で行い、二次会で向かった先が恵比寿駅から徒歩2分の所にある恵比寿横丁です。

新宿の思い出横丁は線路脇の狭い路地にありますが、こちらはかつて「山下ショッピング センター」として栄えた商店街の跡地にあります。

串焼きや鉄板焼き、京風おでんにビストロ、さらにはスナックや ガールズバーなど20の店舗が軒を連ね、夜な夜な大勢の人たちで賑わっています。

雑多な屋台風居酒屋がギュウギュウ詰めで立ち並び、男女が相席 になることも多いので都内屈指の出会いスポットにもなっているそうです。

そんな場所とは・・・知らなかったな〜!

横丁の中でも人気店がこちらの「だるまてんぐ」です。

多くの芸能人も来店していますね〜!

ナント! あの歌姫 浜崎あゆみの色紙も! マジか! こんなキタナシュランに!?

このお店の一番人気は「ホルモン鉄板焼」ですが、今回は地鶏を入れた水炊きを頂く事に!



ついさっき豚しゃぶを食べたばかりなのに、又しても、鍋です!
 
そんなに食べれないよ〜!



ところが! ピリ辛か甘酢醤油の2種類のタレで頂くと・・・

こちらがまた美味しいですね〜!

大きめの地鶏が、けっこうゴロゴロ入っていて、きのこや野菜もたっぷりです!

一方、飲み物と言えば、こちらの〝スーパーサワー”です!



その正体は焼酎+炭酸に、お好みの果物系のフレッシュジュースをフローズン状にした果肉を混ぜ混ぜして吞みます。



見た目も、アイディアも素晴らしい!
 
しかも、その名前が、

鈴木サワー (アセロラ×グレープフルーツ)
山田サワー (レモン)
田中サワー (グレープフルーツ)


と、またおもしろい!
 
更に、〆のうどんがまたいいんだなぁ〜!



そのまま出汁の味で食べてもすごく美味ぁーーーーーいっ‼️

こりゃ〜、正月休みを前に早くもメタボ決定です!
コメント

新宿 思い出横丁 情熱ホルモン

2017年12月22日 | 飲み会

今日も3時のおやつで鳴門鯛焼本舗の鯛焼きを頂きました。

今回は鳴門金時いもです!



パリパリの皮とねっとりとしたサツマイモの餡のハーモニーが何とも良いですね~!!

自然な芋の甘みが口中に広がります! これも旨いね~!!


さて、一昨晩は久々にへたれのS君からのお誘いで新宿へと繰り出しました。

肉が食べたいと云うS君のリクエストで向かった先は新宿駅西口大ガード脇にある思い出横丁です。



この場所はHさんも上京したての頃に仕事仲間とよく飲みにきました。



当時はガード際にかなりレトロな居酒屋が並び、酔っ払いが線路の土手に向かって立ち小便をするので”小便横丁”と呼ばれていました。

いまは、レトロな面影はそのままに、すっかり小綺麗な飲み屋街になっています。

そんな飲み屋街で比較的安価で腹一杯肉が食べられるお店は「情熱ホルモン」です。

先ずは、焼き肉を頂きます!!



いいね! いいね!! 厚切りのタンが旨い!!

続いてホルモン!



これも旨いやね!!

こうして、焼き肉を楽しんだ後で・・・

Hさん!鍋も食べましょうよ!!とS君。

知り合ってから16年になりますが、当時二十代半ばだったS君もすでに四十路です。

それでも若い頃からの食欲はいまだに衰えませんね~!! 

その食欲に乗せられて、もつ鍋をオーダー!!



プリっぷりのもつがこれまた旨ぁーーーーーーい!!



こうして大いに肉を食べて・・・大いに飲んで・・・

さすがに、支払いは格安とはいきませんでした!!

S君、今度肉を食べに行く時は、食べ放題・飲み放題の店にしよう!!

コメント

天然たいやき 鳴門鯛焼本舗 恵比寿店

2017年12月17日 | グルメ

恵比寿駅の西口から徒歩3分、駒沢通り沿いにある「天然たいやき 鳴門鯛焼本舗 恵比寿店」です。



最近このお店の前を良く通ります。

通る度に良い香りに誘われて・・・天然たいやきとはどんな物なのか気になっていました。



今日はたまたま通った時間が15時で休憩時間と云う事もあり、3時のおやつに初めて購入してみました。



鳴門金時芋餡もありましたが、初めてと云う事でオースドックスな十勝産あずき餡をオーダー!



なるほど! 皮は極薄でパリパリです! 手で軽くちぎると割れてしまいました!

その薄皮の中には粒餡がぎっしりと尻尾まで詰まっています!

粒餡はほど良い甘さで、これは旨いね~!

1匹食べただけじゃ~、物足りないな~! 次は鳴門金時芋餡とセットで食べてみよう!!

恵比寿へ来る楽しみが増えました!!

コメント

ラストシップ サード・シーズン

2017年12月10日 | 海外ドラマ

「ラストシップ」 サード・シーズンを観終わりました。

 

ミッチェナー大統領は、中国のトップであるポン国家主席がアジアの人々に“スコット治療薬"を分配せずにストックしているという噂を耳にする。

それは事実なのか、そして新たに日本で元のウイルスが突然変異したと思われるものが出現したという情報の真偽を調査するために、ミッチェナーはチャンドラーを国際サミットに送り込む。

冒頭から期待に違わぬ展開でグイグイ引き込まれました。

真田広之も重要な役どころで登場します!

戦闘シーンも機雷やドローン、中華製イージス艦と盛りだくさんで迫力がありました。

ストーリーもアジアから再びアメリカへと・・・

混沌とした世界の中でラストシップ・イージス艦「ネイサン・ジェームズ」の落ち着く先は見つかるのか!

次期シリーズも楽しみです!

 

コメント

はじめの一歩

2017年12月09日 | ○○な話

ついにと云うか、ようやくと云うか。

「はじめの一歩」既刊119巻を全巻読み終わりました。

 母子家庭でいじめられっ子だった主人公・幕ノ内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門

「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。

週刊少年マガジンに連載が開始されたのが1989年。

現在も連載継続中です。

連載開始からしばらくは継続して読んでいましたが、いつしか漫画本も買わなくなりました。

それが、28年も経って全巻読む事が出来るとは・・・

しかも無料で・・・・

長生きはするものですね〜!

この漫画の魅力は主人公の一歩の成長もありますが、同時に脇役の仲間やライバル達の成長も描かれている処です。

またボクシング漫画の名作と云えば「明日のジョー」ですが、「はじめの一歩」ではボクシングの技術が格段に進歩してる事が判ります。

実在した有名ボクサーの決め技もたびたび登場するので、YouTubeで当時の試合の模様を見直して楽しむ事も出来ます。

一歩の決め技「デンプシー・ロール」も弛まぬ努力でおそるべき進化を遂げようとしている・・・。

果たして幕ノ内一歩は世界チャンピオンになる事が出来るのか!

これからの展開がますます楽しみです!!

 

コメント