@ kill time

見た!聞いた!読んだ!行った!食べた!
スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行紀、読書、食べ歩き等の身近な話題を紹介します。

ぐんまフェア 「前橋公園会場その2」

2008年04月30日 | ○○な話

水が流れ落ちる音は丁度トンネルが滝の裏側になっているからでした。







滝の通路を抜けるとメイン会場へ入ります。







広い!広い!これは見所が沢山ありそうです。





すでに来年の開催地「おかやま」の宣伝花壇もありました。



フロート花壇






 「和舟花壇



しあわせ花壇







階段を上って「臨江閣」へと向かいます。







この続きはまた明日です。

コメント

ぐんまフェア 「前橋公園会場その1」

2008年04月29日 | ○○な話

花を愛でに”行って来ました。

第25回全国都市緑化ぐんまフェア 花と緑のシンフォニー

長っ・・・。

前橋まではのんびりと電車で行きました。

車中では乗る前に駅で仕入れた「JR東日本 小さな旅 群馬エリア編」のパンフレットで前橋の散策コースをチェック。

会場へ行く途中で立ち寄ったのが「龍海寺」です。

入り口の両側には仁王様の石像が。

 

 

続いて、「萩原朔太郎生誕の碑」と見て、「群馬県庁前」を通りました。



群馬県庁立派過ぎます!!(これも税金・・・)

  

ようやく、会場が見えてきました。

こちらは「けやきゲート」側です。

総合案内所はもう一つの「さくらゲート」側との事。



さっそく、パンフレットに記念スタンプを押して場内へ。

ちなみに「前橋公園会場」・「敷島公園会場」・「高崎会場」の三つのスタンプを集めると記念品が貰えます。

けやきゲート」を入ると市町村花壇の「立体花壇」と小・中・高校・農林大学からコンテストに出展された花壇がありました。





レインボー花壇







横道のトンネル」を通って、いよいよメイン会場へ。





トンネルに入ると、何やら水が落ちる音が・・・



この先が「前橋公園メイン会場」です。




この続きは明日です。

コメント

色々占い

2008年04月28日 | ○○な話

昨晩のTOKIOが出演しているTV番組「メントレG」で今、巷で流行っている占いの紹介をしていました。

流行り物大好きな私としてはこれを見過ごす訳には行きません。

さっそく遣ってみました。

まずはカレンダーメーカーです。

下が私のとある一ヶ月の行動との事



まさに働きバチです!

若い頃は確かに・・・

-----------------------------------------------

続いて山手線占いです。

”何でも大好きHさん”の占い結果

あなたのタイプは・・・

「巣鴨」

あなたのタイプは巣鴨。
若い頃から、やや年寄り向けの指向を持っているようです。
紅茶よりも緑茶、洋菓子よりも和菓子が好きなのでは。

やや当たっている・・・

あなたが山手線の駅だとすると、どんな特徴を持っているか?
自動発券機からパンの匂いがする
酔っぱらいが多い
自動販売機でおでんを売っている

乗客の声
バナナを車内で食べて良いですか?
富士山はどちらの方向ですか?
車内の冷房がきつすぎる。せめて水が凍らない温度まで上げて欲しい。

-----------------------------------------------

さらに続いて世界の歴史上人物占い

”何でも大好きHさん”はニュートン」 です。
 
● ニュートンさんのあなたは、一見、病弱で線の細い感じですが、秘めた実力の持ち主。自分が決めた目標に向かってまっしぐらに突き進み、障害もものともせずに乗り越えていく意志の強さも持っています。ただ、ライバルに対しては、かなり辛らつな事を口にしたりします。世渡り上手も良いですが、他人への思いやりも忘れないように。また、何事も中途半端を嫌い、遊びや趣味でも徹底して究めないと気が済みません。初めて挑戦するものでも、じっくりとその技を身につけていくので、最終的にはプロ顔負けの腕前になって周りを驚かせます。

☆良い相性は、名もなき普通の人とワット
★悪い相性は、ガリレオ

これで私の性格少し判りました?

あなたもどうぞ試しあれ。

コメント   トラックバック (2)

画素数

2008年04月27日 | ○○な話

まだ、行っていません。

花を愛でに

昨日、今日と関東方面は天候がイマイチです。

明日からは晴れるという予報なので明日群馬へ行こうと思っています。

今日は家でのんびりと新しい携帯音楽プレーヤーに音楽データーを入れ込んで、新しいデジカメの取り扱い説明書を熟読して明日の写真撮影に備えようと思っています。

デジカメといえば昨日の朝日新聞に”へ~、そうなんだ!と言う興味深い記事が載っていましたので紹介します。

デジカメの画素素数が多いと写真は美しい?

600万画素のデジタル一眼レフ1000万画素のレンズ一体型デジカメはどちらが細部までクリアーに美しい写真が撮れると思いますか?

私は今まで画素数が多い1000万画素のレンズ一体型の方だと思っていました

ところが・・・。

答えは、600万画素のデジタル一眼レフの方だそうです。

いくら画素数が多くても、肝心の映像を記憶する撮像素子(CCD)の面積が小さいと1画素当たりが受ける光の量が少ないので、一つひとつの画素が滲んでぼけたようになるのだとか。

滲んだ点(画素)をいくら沢山集めても、鮮明な画像にはならないと言う訳です。

最近のデジカメのCMでは画素数が多い事を売りにしている風潮がありますよね

カメラメーカーも基本的な所をユーザーにしっかりと判る様に説明して貰いたいものです

さて、我が部署の超ワンマンで名高い所長の話です。

我が所長、昔気質でデジタル製品には弱いです

2年ぐらい前までは、昔ながらのフィルム式のカメラを使っていましたが、時代の流れには逆らえず、デジカメを使い始めました。

と言っても、当然取り扱い説明書なるものは読みません。

部下が使い方を教えようとしても、そこはワンマン所長

自分が関心がある事以外はまったく聞いてません。

自分で撮って来た写真データーは部下の事務員にパソコンに保存させて、プリントアウトまでさせます

こんな調子でデジカメを使ってました。

先日私が居る事務所に来て、所長がその場で何枚か撮った写真を私に印刷するように言いました。

所長のデジカメのメモリーカードを取り出してみてびっくり!

なんと4GB!のSDHCカードが入っています。

所長、どうしてこんなに大きい容量のカードを使っているんですか?と私が聞いた所・・・

前のカードは写真を何枚も撮っていないのにすぐ容量が一杯になるから、もっと大きいものに交換させた。との事。

撮影サイズの設定を見たら初期状態の最大サイズのままでした・・・。

しかも、自分で削除する方法を知りませんから撮ったデーターは貯まる一方です。

これじゃ、メモリーをいくら大きくしてもきりがないです

だれも撮影サイズ設定の変更の仕方を教えていなかったんですね。

あるいは、教えたけど所長が聞き耳をもっていなかったとか・・・。

結局、SDHCカードは私のパソコンからは読み込む事が出来ない為、その場に居た事務員がDPEショップにプリントアウトに走る事になりました・・・

知らないとは恐ろしい事です。

コメント

花は愛でるもの!

2008年04月26日 | ○○な話

心無い事をする人が世の中にはいるものです。

前橋の
チューリップを折る男の映像が公開されました。

どうせ悪ガキの仕業だろうと思っていたら、いい大人じゃないですか。

背広にネクタイ姿のサラリーマン風の男でした。

酔っ払ってやったのでしょうか?

それにしてもせっかく大切に育てて、やっと綺麗に咲いた花を傘でなぎ倒すとは・・・。

何が本人をそうさせたは判りませんが、まったくもって許せん!事です。

顔もばっちり防犯カメラに写っているので、いずれ身元は割れると思いますが、捕まえたらしっかりと取っちめて貰いたいものです。

綺麗な花を見ると心が和みますね

若い頃はそうでもなかったのに、歳を取るに従って段々とその気持ちが強くなりました

と言う事で今日から始まったゴールデンウィーク、皆さんの予定はどうですか?

私は、GW前半の今日から休みで、GW後半が仕事です。

休みの間に春爛漫と各所で咲いている花を愛でに行く計画です。

と言っても、日帰りで行って来れる所ばかりですけど・・・。

まずは、冒頭で話題にした「第25回全国都市緑化ぐんまフェア」へ行こうと思っています。

路上のプランターの花は折られていても、会場の中まで荒されていないでしょうからね。

高崎会場前橋会場などあちらこちらに会場があって無料シャトルバスも出ているそうなので、色々な花が見れるのが今から楽しみです。

その後は「茨城ひたち海浜公園水戸偕楽園」へ日帰りバス旅行へ。

決して、ブログのネタ探しで行くんじゃありませんよ。

花を愛でに行くのです

先週末、近所のヤマダ電機で先着10名様というので、つい衝動買いしてしまった新しいデジカメと、携帯音楽プレーヤーを持って花を観に行ってきます。

戻ってきたら、ブログは当分花の写真ばっかりだな・・・

コメント (1)

携帯音楽プレーヤー

2008年04月25日 | ○○な話

最近まで悩んでました。

何を?って、

携帯音楽プレーヤーを買い換えようかどうかです。

私が今使用しているのは、メモリーがSDカード型の物です。

SDカード2Gで約350曲入ります。

毎日通勤電車の中でダウンロードした最新音楽を聞いています。

もちろんカラオケの練習用で・・・

しかし、かなり前に買ったコンポステレオの付録で付いてきた安物なので液晶画面には曲の番号だけしか出ません。

なので、曲を聴いていても、たまに誰のなんと言う曲か判らない時があります。

自分で入れたのにも関わらず・・・

表面の塗装も剥げてきたのでそろそろ買い替え時かなと思っていました。

私の廻りの人達が持っているのは殆どはアップルの”iPot”です。

iPot”ってそんなに良いのでしょうか?

mp3の音楽データーをiTunesとか言うソフトでmp4に変換して入れ込まなければならないし、wmaデーターはまた違うソフトで変換しないと使えないようですね。

それに最新機種でもワンセグ機能が付いていない。

私は電車の中では大概本を読んでいるか寝てるかですから、たぶんワンゼグ必要ないと思うのですが・・・。

今年は8月には北京オリンピックもあるし。

何故か家人もどうせ買い換えるならワンセグ機能付きにしろと言います。

自分が支払う訳でもないのに・・・

でもって悩んだ末に選んだのが、これ!

SONYのウォークマン「NW-A910」のブラック



MP3/WMA/ATRAC/AAC形式などの音楽再生やMPEG4/AVC形式などの動画再生、JPEG画像の表示に対応。

ワンセグの視聴/録画が出来るというのも優れもの。

録画してもたぶん見ないと思うけど・・・。

CDやMDからのダイレクト録音にもできるらしい。

市場推定価格、8GBモデルが35,000円前後がNET通販で探した所、最安値がなんと23,000円!

これは買うっきゃない!

思わず注文しちゃいました・・・

注文後4~5日で届くとの事。

まだ届いてませんが、これでYuoTubeの音楽PVも取り込めます。

これからカラオケは振り付きで歌うぞ!!

 

コメント (5)

南青山のブランドショップ

2008年04月24日 | ○○な話

私が今仕事をしている南青山にはブランドショップが沢山あります。

私自身はブランドにはトンと疎い方なので、誰でも知っているようなブランドしか目に入りません。

たとえば、下の建物が「プラダ(PRADA) 南青山店」です。

全面ガラス貼りの特徴ある建物です。

いかにも高級ブランドと言った感じですね



そしてその隣にあるのは「カルティエ(Cartier) 南青山店」。

ここもガラス貼りになっています。

早朝にも関わらず警備員が立っています。


そしてさらにその隣にあるのが「ザ ジュエルズ オブ アオヤマ

ここは店舗とレストランからなる複合商業施設です。

沢山のブランドショップが入っています。

  

この建物は全面に高透過の合わせガラスが張られたコーナー棟と,連子窓のようなカーテンウォールのメイン棟からなっています。

柔らかい色合いのメイン棟のカーテンウォールはライムストーンという石を鉄骨材に貼ったもので,その厚みをできるだけ薄くしたり,支持材を外から見せないディテールの工夫により,軽やかな表情をつくり出したそうです。

これらの3つの建物を見てもわかるように、ブランドショップは大概、近代的で明るくシャープな造りの
建物が多いという印象を受けます。

流行の先端を行ってます!みたいな・・・。

一方、これらの建物から徒歩5分ほどの所に他とは一線を画すようなブランドショップの建物があります。

クロムハーツ東京本店」です。


 

現在、改修工事中で外観しか見る事ができません。



この建物は外壁にツタが這い、いかにも古い建物のようですが、これがブランドイメージだそうです。

百年前に建てられた建物のイメージ

”見た目が綺麗で真新しく斬新さを求める現代建築の風潮”に逆行するようなコンセプトです。

しかも、見せ掛けじゃなく本物の古さを求めています。



皆さんは、「
クロムハーツ(CHROME HEARTS )というブランドを御存知でしょうか?

1960年ニューヨーク州ユーティカで生まれたリチャード・スタークが、
同じ皮革製品のセールスだったジョン・バウマンと共同で趣味のバイク用皮革ファッションのビジネスを始めたのがブランドとなるキッカケだそうです。

2人はビジネスの傍ら、既存のバイク用ファッションにあきたらず、自分で身に付けたいファッションを求める様になり、彫銀職人であったレナード・カムホートを引き込み、
現在のクロムハーツの主力商品であるシルバーアクセサリーの販売も始めました。

現在はボタン・ファスナーだけでなくペンダントや指輪・ブレスレット・ネックレス・子供用製品など多種多様な商品が販売され、手作り加工で商品数が少ない上に市場人気が高い事もあり入手しにくいファッションブランドの一つとして上げられる様になっています。




発祥の地であるアメリカではハリウッドの映画スターが愛用している事から人気になり、日本でも有名芸能人・タレントが愛用してますます人気に拍車がかかる状況となっています。

国内の芸能人では、歌手の西川貴教、清春、氷室京介、木村拓哉、KinKi Kids、浜崎あゆみなど、ミュージシャンに愛用者が多いブランドです。


ちなみに、「クロムハーツ」とは錆びない心」という意味だそうです。

リニューアルされた建物の中はどんな店舗になっているのでしょう。

今週末、4月26日のグランドオープンが楽しみです

コメント (2)

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

2008年04月23日 | ○○な話

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

製作: 2005年 米・仏

監督:トミー・リー・ジョーンズ

出演:トミー・リー・ジョーンズ、バリー・ペッパー、ドワイト・ヨーカム

  

舞台はアメリカ・テキサス州の国境地帯。

誤ってひとりのメキシコ人を射殺してしまった国境警備隊員マイク

ひと目がないのを幸いと、砂漠地帯に埋めて隠したはずの死体を、野生のジャッカルが掘り返し事件が発覚する。

遺体の身元は郊外の牧場で働くメキシコ人メルキアデス・エストラーダと判明、犯人がマイクであることもわかってしまうが、身内の犯罪であったためになかなか真相は明らかにされない。

純朴なメルキアデスを心から愛していた同僚のピートは、深い悲しみに襲われながらもある約束を思いだす。

俺が死んだら、故郷ヒメネスに埋めてくれ」。

被害者が不法就労者だったこともあり、早々に遺体はふたたび埋葬されてしまう。

ひょんなことから、メルキアデスマイクに殺されたことを知ったピートは、マイクを拉致し死体を掘り起こさせる。

そして、無理矢理メルキアデスの死体を担がせ、彼を連れてヒメネスを目指して旅立つ…。


昔気質の老カウボーイと、罪を犯した未熟な国境警備員が、死者と共に約束の地を目指すハードな男の物語なのに、ちょっと笑えるところあり、ロードムービーとしても秀逸。

トミー・リー・ジョーンズは日本の缶コーヒーのCMで稼いでるだけじゃなかった!

2005年カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞、最優秀脚本賞 W受賞

この映画のお勧め度:☆☆☆☆ 

コメント   トラックバック (1)

平岩 弓枝/魚の棲む城

2008年04月22日 | ○○な話


平岩弓枝 著 魚の棲む城を紹介します。



類稀な美貌と才能に恵まれ、夢と志に向ってたゆまず努力を続けた男、田沼意次

出会った者は皆その魅力に取り込まれ、身を捧げる。

幼馴染の龍介は喜んでその富と命を預け、お北はなさぬ仲と知りながら密かに二世の契りを誓った。

広く世界に目を向け、崩壊必至の幕府財政の建直しを目指して政敵松平定信との死闘を繰り広げる・・・・。



江戸時代の悪徳政治家の代表のごとく貶められてきた田沼意次。

だがそれは、彼を失脚させた政敵、松平定信が流した根も葉もない噂が原因だった。

意次は停滞する幕府経済政策の転換をはかり、印旛・手賀沼干拓、利根川掘割工事、蝦夷地の調査など精力的に改革を行う。

その一方で、思い合いながらも機会を逸して夫婦になることのできなかった、幼なじみのお北との愛を貫く。

人間・意次の魅力が十分につまった1冊です。


コメント

マジェスティック

2008年04月21日 | ○○な話


マジェスティック

製作年 : 2001年 アメリカ

出演: ジム・キャリー,
マーティン・ランドー



1951年のハリウッド。

新進の脚本家ピーターは見事ハリウッドデビューも果たし幸福な時を過ごしていた。

しかし、ふとした誤解から非米活動委員会から共産主義者の疑いをかけられ赤狩りの標的となってしまう。

絶望したピーターは、当てのないまま車を走らせ、やがて橋の上で事故を起こして川に転落する。

見知らぬ海岸に流れ着いたピーターは、偶然通りかかった老人に助けられ、彼の住む町ローソンへとやって来る。

彼は交通事故で記憶を失なっていた。

その町で彼は映画館「マジェスティック」の館主ハリーの息子であり、戦場で行方不明になっていた第2次世界大戦の英雄ルークと間違えられ大歓迎を受けるのだった…。 


政治理念・主義主張・敗戦の痛手・戦死者への追悼・・・

色んなものがごちゃごちゃになりそうでならない

一人はみんなのために、みんなは一人のために

人の強さ、人のあたたかさをあらわして素直に見て感動できる作品


ラストはハリウッド版「幸せの黄色いハンカチ」的な所も・・・

見てない人は是非一度見て見てください。

映画ってほんとにいいなぁ”と思いますよ。

1995年「ショーシャンクの空に」、2000年「グリーンマイル」のフランク・ダラボン監督の奇跡と感動の3部作

この映画のお勧め度:☆☆☆☆☆ 

コメント