@ kill time

見た!聞いた!読んだ!行った!食べた!
スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行紀、読書、食べ歩き等の身近な話題を紹介します。

常総鬼怒川花火大会

2014年08月31日 | イベント

茨城県の「常総鬼怒川花火大会」へ行ってきました。

花火大会会場へ行く前に・・・近くのお城を見に行こう!と云う事で訪れたのが常総市にある「豊田城」です。



「豊田城」は平安時代末期から戦国時代までこの地方を支配した垣武平氏一族の豊田氏が、東部に流れる小貝川べりに築いた城です。

現在の城は平成4年に復元され、建物の中は地域交流センターの複合施設として利用されています。



3階から6階の展示室には明治の歌人、小説家の長塚節に関する資料や郷土資料が展示されています。





最上階の7階の展望台からは筑波山を始めとして富士山や日光連山を見晴らす事ができます。




こうしてお城見学をした後は花火大会会場へとやってきました。



常総鬼怒川花火大会は今年で50回目となるそうで、会場内の特設ステージでは筑波大学の学生クラブによる太鼓の演奏に始まり・・・



茨城県のゆるキャラも登場!!



ハッスル黄門と千姫ちゃま・・・。 ふなっしーほど軽快な動きもしゃべりも出来ないようです・・・



そして、常総市出身で観光大使の女優羽田美智子さんも登場して大会を盛り上げます。




さて、日も暮れてきて、いよいよ花火大会の開幕です!!



いきなりナイアガラの滝から始まり・・・







日本煙火芸術協会会員の8号玉創作花火競技会「ファイヤーアートコンテスト」や、





日本で指折りの花火業者による究極の花火の打上げ「花火ミュージアム ~至高の世界・美の巨人たち~」





さらには音楽とコンピュータ制御を駆使したスペシャルスターマインの競演など、





総打上数は約1万発!!











や~、花火は何回観てもいいな~!!







全国花火大会人気ランキングで8位に選ばれている大会だけあって見応え十分でした!

今年の夏も終わりですね~!!

コメント

またまた花火見物~!

2014年08月30日 | イベント

今日はまたまた花火見物に来ています!

 

今回は茨城県の常総鬼怒川花火大会です。


今年で50回目の記念大会です。


打ち上げ総数は10000発!


予想人出は10万人!


全国花火大会ランキングで8位に選ばれている大会です。


もうすぐ打ち上げ開始!


楽しみだ~!!





コメント

新宿西口思い出横丁「ひつじ亭」

2014年08月29日 | 飲み会

一昨晩はI川課長の”飲みに行きますか!”のメールに誘われて新宿へ。

I川課長に”どこにする?”と聞いた処、”今日は安い所にしましょうよ!”と云う事で・・・

久々に新宿駅西口大ガードの手前にある「思い出横丁」へとやってきました。



ここは私が上京して間もない頃に当時の仕事仲間とよく飲みに来た場所です。

I川課長はここへ来るのは初めてとの事でまずは物珍しげに路地を一周・・・。



当時は、酔っ払いが線路脇の塀に立小便をする事から通称「ションベン横丁」と呼ばれていました。



狭い路地に小さな飲み屋さんががひしめきあっている様は当時のままです。

あの頃、君は若かった・・・。 



今ではすっかり綺麗になって、ちゃんとトイレも整備されています!?

当時と違うのはお客さんに外人さんが多い事ですね。  

日本の昔の面影を残していて、安く飲み食いできる居酒屋さんは外国からの観光客にも人気のようです。



この日も狭い路地で外人さんが何故かブレイクダンスを披露していました・・・。

庶民レベルの国際親善ですかね~!!


一回りして、さてどこの店に入ろうかと迷った末に決めたのが、こちらのお店です!



「ひつじ亭」・・・ジンギスカンのお店です。



1階はカウンター席、2階はテーブル席になっています。



我々は2階席へ案内されました。
 
早速、生ビールとジンギスカンを注文!!



ジンギスカンは肉と野菜のセットで1人前1000円です。 写真は2人前です。

2人分にしては、ちょっと肉の量が少な目かな・・・。

タレは通常のタレと辛味タレがあるとの事で辛味タレをチョイス!



辛味タレの横にある一品は数の子キムチです。

これが、コリコリとして・・・辛くて・・・  ん~、ビールに合います!!

さて、肝心のジンギスカンの方は・・・



肉が柔らかくて、旨ぁーーーーい!!  肉汁が口の中にジュワ~ッと広がります。

野菜と肉を交互に食べると、なお、旨ぁーーーーい!! 

これぞ、ジンギスカンや~!!

その後も肉を追加して、満腹に!

そして、〆は・・・

実は窓の桟の上に置いてある、こちらのメニューが最初から気になっていました・・・



と云う事で、手作りアイスクリームを食す事に!



黒みつアイスとプラリネアイスです。(ちなみに、プラリネとは焙煎したナッツに加熱した砂糖を和えてカラメル化したものです。)

これがまた、両方とも、旨ぁーーーーい!!

アイスで口の中もサッパリです!

久々にジンギスカンの味を堪能しました!!

コメント

アメリカン・ハッスル

2014年08月28日 | 映画

アメリカン・ハッスル

公開:2014年

出演:クリスチャン・ベールブラッドリー・クーパージェレミー・レナーエイミー・アダムスジェニファー・ローレンス



詐欺師のアーヴィング・ローゼンフェルドが絵画の詐欺をしようとしていたところ、FBI捜査官リッチー・ディマーソが目をつける。

アーヴィングを逮捕したリッチーは、彼に司法取引を持ちかける。

それは、カジノに絡む政治家たちの汚職を暴く巧妙なおとり捜査だった。

やがてそれは、アメリカを揺るがす一大スキャンダル、アブスキャム事件へと発展していく……。


アカデミー賞主要部門の作品・監督・演技賞と脚本・編集にもノミネートされた作品です。

実話を基にしたストーリーとの事ですが・・・

期待したほど面白くはありませんでした。


しかし、役者陣の演技が凄いですね~。

特にクリスチャン・ベールはまるで別人です!

性悪妻を演じたジェニファー・ローレンスも良かったです。

本物の役者って凄いな~と感じる一本でした。

この映画の満足度:☆☆☆ 

コメント

富樫 倫太郎/早雲の軍配者

2014年08月26日 | 小説

富樫 倫太郎 著 早雲の軍配者を読みました。



伊豆・相模の地を平定した北条早雲の次なる策は、周辺諸国から領地を守る次世代の指導者たちを育てること。

風間一族の少年・小太郎は学問の才を見出され、早雲の直弟子として日本最古の大学「足利学校」へ送り込まれた。

若き日の山本勘助らと机を並べながら兵法・占術・陰陽道・医術・観天望気・軍陣の作法など、「軍配者」に必須の学問を修めた小太郎は、やがて戦場で友たちと再会する…。


「軍配者」とは、戦全般に関して君主に助言する専門家で、占術と戦術の双方の能力を持つ者。

希代の名将、北条早雲の薫陶を受けた幼き風摩小太郎が、やがて北条氏康の軍配者になるまでが描かれています。

この過程が面白い!

小太郎と早雲のエピソードを始めとして、同じ風間一族の幼馴染との関係、足利学校で出会い後にライバルとなる学友など等・・・

登場人物それぞれが魅力的で続きを読む手が止まりません!

クライマックスは小太郎とともに学んだ軍配者との知略を尽くした戦が手に汗握る展開に・・・.

これぞ、まさしく戦国青春エンターテイメント!!

歴史小説が苦手な人にもお勧めの一冊です。


この小説の満足度:☆☆☆☆☆ 

コメント

LIFE!

2014年08月25日 | 映画

「LIFE!」

公開:2014年

出演:ベン・スティラーショーン・ペンクリステン・ウィグシャーリー・マクレーン



LIFE誌の写真管理者として毎日地下鉄に乗って通勤し、変化のない日々を過ごすウォルター・ミティ。

彼の唯一の楽しみは、むなしい現実から逃避する刺激に満ちた空想をすることだった。

そんなある日、LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付いたウォルターは、カメラマンを探すため一大決心をして一歩を踏み出す。


いきなり、”えっ!なに、これ!?”と思わせる空想の世界から始まります。

空想が趣味のネガティブ男が一念発起!

一歩踏み出す事によって現実の世界での大冒険が始まる・・・。

ヘリから極寒の海にダイブしたり、鮫と戦ったり、スケボーで大自然を走り、火山から逃げたり…。

まさに人生が変わる大冒険!

その舞台となる自然の映像が素晴らしい!

バックに流れる名曲の数々がシーンをさらに盛り上げます。

元気を貰って、最後のオチでホロリ・・・。

これは久々に良い映画でした!
この映画の満足度:☆☆☆☆☆ 

コメント   トラックバック (2)

流山・三郷同時開催花火大会

2014年08月24日 | イベント

昨日は所用で千葉県流山市に行ったついでに、流山市と川を挟んで対岸にある三郷市と同時開催された花火大会を見物してきました。

観覧場所として選んだのは、イトーヨーカドー流山店の屋上駐車場です。

ここは、この花火大会見物の穴場スポットです。



デパートですから、食べ物や飲み物の調達もすぐにできますし、建物内のトイレも使えます。 

足元がいいので小さな子供を連れてきても安心です。

何より駐車場が無料なのがいいですね! 

と云う事で、広い屋上は夕方には花火見物客で一杯に!



さて、時刻は19:00を過ぎて、いよいよ花火大会の開始です!

ヒューと云う音と共に花火が打ち上げられました!!



こちらは三郷市の会場から打ち上げられた花火です。



お~! 成程、こんな感じか~! ちょっと、駐車場の街灯が気になるな~。



そしてこちらは流山市の会場で打ち上げられた花火。 丁度建物の搭屋の上に花火が打ち上がります。

ただ見物している分にはいいけど、写真を撮ろうとするとあまり良い場所ではないですね~。

花火撮影はポジショニングが大切です! 

と云う事で、しばらくして場所を移動して、搭屋の反対側へとやってきました。



こちらの方が三郷と流山の両会場の花火がよく見えます!







なかなか、いいな~!





お~、凄い! 凄い!







こうして、今年4回目の花火大会見物は終了しました。


コメント

エージェント:ライアン

2014年08月22日 | 映画

エージェント:ライアン

公開:2013年

出演: クリス・パイン, ケヴィン・コスナー, キーラ・ナイトレイ, ケネス・ブラナー





全世界を標的とした大規模テロ計画がロシアで発覚。

この真相を暴くため、頭脳明晰の経済アナリスト、ジャック・ライアンはある人物からの指令を受け潜入捜査を開始。

待ち受けていたのは、恐るべき巨大な陰謀だった。

世界経済を牛耳る謎めいた実業家。

交渉現場に突然現れたフィアンセ。

不可解な行動をとるCIA上官。

誰が本当の敵で、何が真実なのか?

極限状態の中で孤高のミッションが今、始まる。


新生ライアンシリーズの第一弾!

出演者も主演のクリス・パインの他にキーラ・ナイトレイやケビン・コスナーなどなかなか豪華です。

これは面白そうだ!と期待して観始めましたが・・・

途中まではライアンが新人CIAエージェントになる過程が描かれていてアクションは弱めです。

後半ロシアを舞台に巨悪と闘う展開になってから、ようやくこのシリーズらしくなってきました。

ケビン・コスナーは相変わらず渋いね~!


スパイ映画としては普通かな。

続編に期待!


この映画の満足度:☆☆☆ 





コメント

今野 敏/疑心―隠蔽捜査〈3〉・初陣―隠蔽捜査〈3.5〉

2014年08月21日 | 小説

疑心―隠蔽捜査〈3〉を読みました。

 

アメリカ大統領の訪日が決定。

大森署署長・竜崎伸也警視長は、羽田空港を含む第二方面警備本部本部長に抜擢された。

やがて日本人がテロを企図しているという情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかかる。

米シークレットサービスとの摩擦。

そして、臨時に補佐を務める美しい女性キャリア・畠山美奈子へ抱いてしまった狂おしい恋心。

竜崎は、この難局をいかにして乗り切るのか?―。


竜崎伸也シリーズの第3弾です。

変人と言われ様が己の原理原則と天才的な判断力で現場の最前線で指揮を取る竜崎

何と! その竜崎に異変が・・・。

だって、恋しちゃったんだもん!って・・・マジかよ! 

こんな竜崎は読んでいて、
面白くも何ともないよ~!

この小説の満足度:☆☆☆ 


続けて初陣―隠蔽捜査〈3.5〉を読みました。



警視庁刑事部長を務めるキャリア、伊丹俊太郎。

彼が壁にぶつかったとき頼りにするのは、幼なじみで同期の竜崎伸也だ。

原理原則を貫く男が愛想なく告げる一言が、いつも伊丹を救ってくれる・・・。


『隠蔽捜査』シリーズの
スピン・オフ短篇集です。

伊丹刑事部長の目線で隠蔽捜査1~3の裏話が描かれています。

成る程、こう云う事だったのかと思わず納得!

こちらの方が面白かった!

この小説の満足度:☆☆☆☆ 


コメント

いまを生きる

2014年08月20日 | 映画

いまを生きる

公開:1900年 アメリカ映画

出演: ロビン・ウィリアムズ, ロバート・ショーン・レナード, イーサン・ホーク, ジョッシュ・チャールズ, ゲイル・ハンセン




1959年、アメリカの名門全寮制高校。

生徒たちは、伝統と規律や親の期待に縛られながら、冷めた気持ちで日々をやり過ごしている。

そこに同校OBの教師キーティングが赴任してくる。

マジメ腐った詩の教科書を破り捨てさせ、机に上に立ち、生きる視点を変えることを教えるキーティング。

彼の授業を通して、生徒たちは自らを自由に語り合うようになり、自分の道を歩みだす。

だが、彼らの前に厳しい現実の壁が立ちはだかる…。


当時37歳だったロビン・ウィリアムズが主演している青春学園映画です。

親の期待を一身に浴びて入学した名門高校でガチガチに管理された体制に反抗する生徒たち

そんな高校に新任の教師が現れて、本当に自分の生きる道を探せと説く・・・

当時はそうでもなかったかも知れませんが、今ではTVドラマでも
ありがちな設定です。

終盤に大きな事件が起きますが、それもちょっと今時じゃないような・・・。

ストーリー自体にそれ程の感動はありませんでしたが、ロビン・ウィリアムスの演技は本当にすばらしかった。

生徒を見つめる優しい眼差しに感動!


この映画の満足度:☆☆☆ 

コメント