@ kill time

見た!聞いた!読んだ!行った!食べた!
スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行紀、読書、食べ歩き等の身近な話題を紹介します。

「アジサイ」について調べてみると・・・

2009年06月30日 | ○○な話
アジサイ(学名:Hydrangea)の学名「ヒドランジア」は「水の容器」という意味で日本原産国だそうです。

花の色は、咲き始めの頃は白っぽく、次第に色が変ってくることから「七変化」とも呼ばれます。









その色はアントシアニンのほか、その発色に影響する補助色素(助色素)や、土壌のpH(酸性度)アルミニウムイオン量、さらには開花からの日数によって様々に変化するそうです。












アジサイには毒性があり、ウシ、ヤギ、人などが摂食すると中毒を起こすので要注意です。

アジサイ花言葉

移り気、元気な女性、高慢、自慢家

コメント

幸手市権現堂堤「アジサイ祭り」

2009年06月29日 | 散策
さいたま県幸手市権現堂堤の「アジサイ祭り」へ行ってきました。

権現堂堤は関東地方でも有数の桜の名所で、そのことから、桜堤とも呼ばれます。

中川の堤防上約1kmにわたって、約1000本のソメイヨシノの桜並木が続きます。




桜の季節が終わってからも四季折々に咲く花を」という思いから、アジサイ曼珠沙華(彼岸花)なども植えられました。

2月上旬には水仙、4月は菜の花、6月アジサイ、9月曼珠沙華など季節ごとの植物の色づきが楽しめます。





















アジサイ約7000株が堤に植えられています。

コメント

白い春 最終回の幽霊 ?

2009年06月28日 | テレビ

白い春」と云う阿部寛が主演の連続ドラマを知っていますか?

人気子役・大橋のぞみ共に“究極の親子愛”を描く、“感動のヒューマンドラマ”です。



人の罪で刑務所に収監され、9年の刑期を終えた佐倉春男(阿部寛)は出所後、殺人を起こす前に付き合っていた恋人・高村真理子(紺野まひる)の消息をたずねるが、すでに病死していたことを知らされる。

そんな中、春男の前に一人の少女・村上さち(大橋のぞみ)が現れ、自分の子とは知らず育てていくことに…。

先日が最終回だったのですが、我が事務所の事務員のSさんがその最終回のシーンに”幽霊が映っていた!と言っていました。

実は、我が家ではそのドラマは毎週録画に撮って家人が時間がある時に観ています。

昨晩、家に帰り、家人にその話をした処、もうその最終回は見終わって、ビデオの録画も消去してしまったとの事。

家人は最終回にはもの凄く感動したのですが、そんな”幽霊”が出ていた事には全然気付かなかったそうです。

流行り物大好きなHさん

そうなればネットで探すしかありません。

そして見つけました! 

最終回の食堂に来ていたお客が帰っていくシーンだそうですが、果たして本当に”幽霊”が映っているのでしょうか?

問題のシーンのクローズアップ画像
こちらです。

怖がりの人は見ない方が良いかも・・・

コメント (3)   トラックバック (1)

横山 秀夫/震度0

2009年06月27日 | 小説

横山 秀夫 著 震度0を読みました。




阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部警務課長不破義人が失踪した。

県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 

本部長椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組冬木警務部長準キャリア堀川警備部長叩き上げ藤巻刑事部長など、県警幹部の利害と思惑が錯綜する。

ホステス殺し、交通違反のもみ消し、四年前の選挙違反事件なども絡まり、解決の糸口がなかなか掴めない。

不破警務課長はどこへ消えたのか・・・


N県警本部警務課長の突然の失踪。

警務課長を捜すにあたって、立場の違いが大きく、緻密な心理戦が繰り広げられてゆく。

安否を気遣うより自分の昇進、県警の不祥事発覚に繋がらないかと様々な思惑が交差し醜い人間模様が展開する

キャリア 対 ノンキャリア あるいは 個人 対 組織

警察内部の権力闘争がありありと描かれゆく。 

さまざまな人物の目を通して 一つの出来事にフォーカスしていき最後の最後に明かされる驚愕の真相。

図らずも、阪神大震災が起こった日に、警察内部で 何があろうとも「震度0」を貫き通そうとする男たちの哀しき物語

コメント   トラックバック (1)

ホルモン焼肉 縁~えん~

2009年06月26日 | グルメ

先日、独身貴族のIさんから飲みに行こうメールが・・・。

最近、ゴルフをやりたいが為に車を買ったばかりのIさん

どんな車を買ったのでしょうか?

例によってヘタレのS君も誘って池袋西口で待ち合わせ。

池袋西口と云えば、前にもこのブログで紹介したように、「ホルモン激戦区」です。

前回は”モツ鍋”を食べたので、今回は”モツ焼き”の店へ行ってみる事にしました。

西口から歩いて1分の所で「ホルモン焼肉 縁~えん~」の看板を発見!



店の入り口脇には秘伝「壷ホルモン」の看板も・・・。

壷ホルモン
」とはどんな味なのでしょう!

なにやら美味そうなので、入ってみる事にしました。



壁にはグルメ雑誌で紹介された記事がペタペタと貼られていました。



早速、この店の人気メニューベスト3だと云う、壷カルビ・壷ハラミ・壷ホルモンを注文。



壺カルビは丸一日特製タレに漬け込んだ自慢の一品だとか。

さらには、2年の歳月をかけ完成した"秘伝だれ"に漬け込まれた
壷ホルモン30cmの大きさは圧巻です



そのままの長さで焼いて、焼きたてをハサミで切って食べれば、至福の味が口中に広がります。

レバ刺しもいけます。



このところ、蒸し暑い日が続いていますが「ホルモン食べてスタミナ作りバッチリです。

あ!そう云えばIさん買った車は「フェアレディ Z」だそうです。

三十路半ばになろうとする独身貴族のIさん

気持ちだけはまだまだ若いようです

コメント

ビッグ・フィッシュ

2009年06月25日 | 映画

ビッグ・フィッシュ

製作年 :
2003年 アメリカ

出演 : ユアン・マクレガー 、 アルバート・フィニー 、 ビリー・クラダップ 、 ジェシカ・ラング




エドワードは自分の人生を、常にロマンティックなおとぎ話のように語る。

魔女巨人、そして村の伝説だった“大きな魚”との出会い─。

巨人とともに故郷を出て、サーカスで働きながら、あこがれの女性と結ばれる。

誰もが彼の話を楽しみ、彼を愛していた。

ただ一人、ジャーナリストになった息子ウィルを除いて…。

子供の頃は父の話に夢中だったウィルも、今は父の本当の姿を求めていた。

だがその思いをぶつけても、エドワードは一向に事実を話そうとしない。

何度も聞かされた父の話は、どこまでが本当なのだろうか?

ウィルは、ホラ話に隠された父の人生を探り始める・・・。


フィッシュ・ストーリー(fish story)= ホラ話。

ビッグ・フィッシュ(big fish)=大ボラ話?

物語は、死期が迫りつつある父親の「本当の姿」を知りたいと願う息子を描く一方で、父の若かりし頃のストーリーがときに幻想的に、ときにロマンチックに、ときにコミカルに展開されます。 

人生なんて、まるでお伽噺さ。

父の作り話をどうしても受け入れられなかった息子と、最期を迎える父親との関係が徐々に変化をしていくラストシーンは感動的で優しい気持ちになれる映画です。
この映画のお勧め度:☆☆☆☆ 
コメント

熊谷 達也/相剋の森

2009年06月24日 | 小説

熊谷 達也著 相剋の森を読みました。



今の時代、どうしてクマを食べる必要性があるのでしょうか

秋田県阿仁で行われたマタギ親睦会

都会育ちの女性編集者・佐藤美佐子の発言が、会場に波紋を巻き起こす。

その後、動物写真家・吉本憲司の言葉

山は半分殺してちょうどいい」をきっかけに、

マタギ取材を進める美佐子が見たものは…。


タイトルの『相剋』とは、

両者が互いに勝とうとして相争うこと」(広辞苑)


峠を越え、沢を渡り、谷を跨いて生業をなす男たち。

そして、彼らに対峙する美しくも厳しい自然。

自然と共に生きていく人間は自然と共に死んでいく人間でもあります

東北の山奥で、今、何が起こっているのか。

生と死、そして自然保護の在り方について考えさせられる小説。

コメント

プリズン・ブレーク ファイナルシーズン

2009年06月23日 | 映画


プリズン・ブレーク ファイナルシーズン

を見終わりました。

出演: ウェントワース・ミラー, ドミニク・パーセル




2005年に始まった本シリーズもついに完結。

私も随分と楽しませて貰いました。

ファイナル・シーズン」はこれまでの、脱獄→逃走といった流れから、打って変って、、”もう逃げない”ストーリー展開です。

マイケルリンカーン兄弟、その仲間達が巻き込まれた様々な陰謀を仕組んだ黒幕組織”カンパニー”との全面対決!!

組織を崩壊するべく自ら戦いを仕掛け、立ち向かってゆく。

カンパニー殲滅を目論む男、ドン・セルフが刑期の免除を代償として、マイケルに「スキュラ」と呼ばれるデータカードの奪還を求む。

スキュラ」には一体どんな秘密が隠されているのか?

厳重に警備された「スキュラ」を奪う為、マイケルアッと驚く侵入計画を考える。

愛するものをこれ以上巻き込まぬ為、そして全てに終止符を打つ為、マイケルと七人の仲間は最終決戦へ向け動き出す。

憎めない悪役ティーバッグの悪運の強さにも注目です。

いや~、面白かった!!

次は「24 シーズン7」を観ます!!

コメント

久々の練習

2009年06月22日 | スポーツ

 昨日は久しぶりにゴルフの打ちっ放し行きました。

その前にクラブを握ったのは、昨年の10月。

学生時代に所属していたサッカー部のOB会が北海道であり、そのコンペでプレーして以来です。

久々に練習をしようと思ったのは、来月にコンペを控えているから。

仕事仲間で、ゴルフを始めまだそう経っていない人ですが、ゴルフの魅力に取り付かれ、プレーしたくてしょうがないらしく、私にも”今度一緒にやりましょう!とのお誘いがありました。

段取りしてくれるなら参加するよ”と言っておいたら、来月やる事になりました。

プライベートなので、せいぜい、1組か2組のコンペかと思いきや、我も我もと参加者が増えて、結局、なんと、5組!の大コンペになってしまいました。

それじゃ、ヘタなプレーは見せれません!

当然、ぶっけ本番じゃ、うまくボールに当たるかどうか、不安ですから事前に少しくらい練習しておかないとと思った訳です。

ここが、私はいつも利用している練習場です。



河川敷のゴルフコースに隣接していて、結構広い。

昨日は小雨模様で空いてました。



ネットまでの距離も230ヤードあり、思いっきり打てます。

ボールの曲がり具合?が良く判ります。





久々にいい汗をかきました。

本番までにもう一回くらい練習しようと思っています。

実は今回のコンペに私以上に入れ込んでいる人がいます。

海外旅行好きの独身貴族Iさん

Iさんはゴルフ初心者ですが、なんでも、最近車を購入したそうです。

その理由が・・・

本格的にゴルフをしたいから!

確かにゴルフの足として車は必需品ですが、その為に即買いするとは・・・。

流石は独身貴族! あっけにとられました。

まあ、始めるなら早い方が良いに決まってますが、駐車場代やら維持費やガソリン代、ゴルフの練習場代やプレー代などこれが結構お金が掛かります!

Iさんから海外旅行のお土産話はしばらく聞けなくなりそうですね。

コメント (1)

サザエさん公園

2009年06月21日 | 散策
桜新町の「長谷川町子美術館」の隣に小さな公園がありました。



その公園の看板には

世田谷区立桜新町一丁目緑地
通称「サザエさん公園

と書かれてありました。





中に入ってみると・・・。



通路の床に「サザエさんファミリー」が描かれています。

タマちゃん」です。





こちらには「マスオさん」が!



そして、なぜか、「手押しポンプ」がぽつんとありました。




正面に廻ると『この水は飲めません』との注意書きが・・・



でも、昔の「手押しポンプ」はこんなに格好良くなかったですよね。

私の小さい頃はこんな型の「手押しポンプ」がどこの家庭にもありました。



水の出口には砂濾しの為の木綿の袋がぶら下がっていたりして・・・。

懐かしく思い出しました。

突然ですが、ここでサザエさんクイズ!

サザエさんとカツオとワカメ
のお父さんの磯野波平」には双子の兄がいます。

その双子のお兄さんの名前はなんといったでしょうか!?
コメント (2)