郡保家の一日

極く有りふれた家庭です。その生活の一端を記録していきたいと思います。

立冬

2019年11月08日 | 日記

 寒く感じだしたけれど温度計の気温は今19℃とそれ程でもない。20℃前後は丁度好い気温であると思うのに寒いと感じだしたのは年齢の所為かも知れない。本来、寒いときは皮膚の血管が縮まって血流量が少なくなり、体内から熱が逃げるのを防ぐ仕組みがあるが、若い人にくらべて高齢者の皮膚血管はその反応が鈍いため、体内から熱が奪われやすくなるそうです。また、体内で熱を作り出す反応も高齢者は弱いため、体が冷えがちになるらしい。要は寒さに対する調整力が弱くなっているから余計に寒いと感じるのだと思う。そもそも、20℃が好い気温と言えるのかどうかも最近は疑問である。段々と温暖化が進み、それに慣れてきたから特に若い人は20℃でも寒さを感じてしまうのかも知れない。昔の冬はもっと、もっと寒かった気がする。氷柱がよく軒先から垂れていたし、霜柱もよく見た記憶がある。今はそう言う状態を見ることは殆どない。家の暖房も貧素であった。その分、身体に寒さに対する抵抗力があった。昔を思うと年齢と諦めず、もっと抵抗力をつけていかねばと思う。

 今日の夕食は、


 ◆イサキの柚子味噌焼き ◆蓮根のきんぴら ◆鶏肉のニラソース ◆つる紫の昆布和え ◆のっぺい汁 ◆ご飯
   ~  ~


この記事についてブログを書く
« 商売にならない | トップ | 左右対称 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事