さいばい日誌

放流用のマダイやアワビなどを育てる種苗生産の現場をご紹介します。

ヒラメの放流 <葉山>

2022-05-17 14:49:24 | 放流、イベント

今日は葉山でヒラメの稚魚放流がありました。
本当なら町のイベントとして子どもたちに体験放流してもらう
予定でしたが、事業放流となりました。


葉山町の組合から2,000尾、
(公財)相模湾水産振興事業団から3,000尾、
合わせて5,000尾が森戸海岸と一色海岸の沖合いに放流されました。


来年はイベントが再開されますように。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トラフグの放流 <長井・大楠>

2022-05-17 14:43:13 | 放流、イベント

今日はトラフグの稚魚放流がありました。


活魚トラックで運ばれてきた稚魚を、


船に積み込みます。


(一財)横須賀西部水産振興事業団による放流事業で、
大楠漁協の地先で5,000尾、
長井町漁協の地先で5,000尾、
合わせて1万尾のトラフグ稚魚が放流されました。

近年、大型のトラフグの水揚げや釣りが盛んになってきて
地場産のトラフグをブランド化する動きもあります。
こうした放流事業による成果かと思いますので、
今後もより一層活気づくと嬉しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アワビのシェルター代用品

2022-05-12 10:06:30 | 貝類生産
最近のアワビ飼育水槽では、こんなお試しをしています。


手前のシェルターは従来の飼い方。
貝の付着できる面積が広くなってとても良いのですが、
なんといっても購入金額がお高い。
そこで奥に見える庇(ひさし)のようなボードを設置しました。
アワビは海の中でも岩の下や隙間など、外敵から身を隠せる
場所にいるので、目隠しのようなものがあれば、その下に
集まってきます。


ボードを上げてみると、目論見どおり貝が集まっていました。

この方法なら水通りもよく、掃除もやりやすいので
貝にとっても、飼育するこちら側にとっても良い感じです。

あとは、飼育密度について考えることと、
餌やりの時にボードを上げる必要があるので、
上げ下げしやすい設置方法についても検討中です。

さて、今後の展開はどうなるでしょうか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マダイ孵化仔魚

2022-04-19 14:53:35 | 魚類生産
10日ほど前に池入れしたマダイの受精卵ですが、
先週無事に孵化しました。

孵化してすぐは、眼もまだ見えず、臓器らしきものも見えません。


1週間経つと、眼はできているようです。
心臓も盛んに動いていて、消化器官も出来てきました。
餌料のワムシもお腹の中に確認できます。
これからどんどん栄養を取り込んで、グングン成長してくれそうです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マダイの生産スタート

2022-04-07 16:07:08 | 魚類生産
マダイの種苗生産が本格的にスタートしました。

年明けから餌料培養等の準備は始まっていましたが、
今日、静岡の関係機関から受精卵が搬入されました。
まずは搬入された受精卵の入った水の温度を施設内の海水温と合わせます。


温度が安定したら、死卵を回収して計数。

生きている卵は浮遊して、死卵は沈殿するので、
水槽内をグルグルとかき混ぜて渦をつくり、死卵を底の中央に集めて回収します。
それを3回繰り返して死卵を取り終わったら、生きている卵のカウントです。


水槽内を撹拌してメスシリンダーに受精卵を入れます。


1リットル内の受精卵を数えて、水槽全体の数を算出します。


そしてようやく飼育用水槽に受精卵を収容します。

孵化するのは数日後。
そして受精卵は明日も明後日もやってきます。
これから夏にかけてがマダイの季節です。
成長の過程はブログやFacebookで随時お伝えしていきます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする