いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

アンコールワット旅行 10月21日 バイヨンへ

2013年11月30日 | アンコールワット2013/10/16~
バイヨン寺院

11時30分ごろになっていた、アンコールワットを見終わって、疲れたのでリラリゾG.H.に戻ろうかと思ったが、運ちゃんが次に行く気満々なので釣られてバイヨンに行った。
北に向かうとアンコール・トムの南大門に着く、バイクは停まらず直進した。もし、停まれば行けと指示しようと考えていた。
直進するとバイヨン寺院に突き当る。

1年半前来た時、「バイヨン寺院に突き当って大きなハングル文字が飛び込んで来た。ミニクレーンを覆うシートがあり、そのシートにハングル文字が大きくあった。バイヨンの修復事業をまさに韓国がしているとアピールしている様である。バイヨンは日本国政府アンコール遺跡救済チームとカンボジアのアプサラ機構が担当している。5年前来た時は、上智大学が行なっていた。」という経験を1年半前にした。

今回はどうかと、真っ先に思った。
日除けのシートは、白い無地や3色パラソルに変わり、文字は無かった。

東側入口のテラスからバイヨン寺院を見ても崩壊が激しく構造が良く分からない。
「基本的には二重の回廊と、その中心に位置する高さ43メートルの中央祠堂からなる。中央祠堂とその周囲に配置された16の塔堂を巡るテラスがある。」とあるが、圧倒されるが、ただの岩山の様だ。
近付くと観世音菩薩とされる顔を刻んだ人面塔が見えてくる。
 テラスからのバイヨン寺院
 

 観世音菩薩の人面塔
    

    

正面の反対側に行くと乾季には、赤土がむき出しになっている環濠?ただのくぼみ?であるが、雨期には今日の様に水があり水草が覆う環濠?池?となり見栄えが良い。
 

12時30分ごろ、次に向った。
運ちゃんには「小回りコース」だけしか言っていないので運ちゃん任せだ。
運ちゃんが雨が降りそうだと言った。
タ・ケウに向っている。雨がポツポツ落ちて来た。
冷たい雨だ。タ・ケウが見えて来た、写真を撮るかと運ちゃんに聞かれたがいいから行けと伝えた。
間もなく運ちゃんは店の前でバイクを停めた。そこで雨宿りだ。
テントを張った小さな店が2軒あり、土産物屋と服や布を売る店だ。
もう少しでタ・プロームがあり、入口に食堂がある。そこまで行けば食事もでき、ビールも飲めると思っていたが、ここで停まってしまった。
店の女の子に椅子を勧められ、こんな時の為文庫本を持ち歩いており、座って小説を読んだ。

いつだったか忘れたがここで水を買った事がある。
缶ビールがあるのでは?と思い聞くとあった。1缶買って飲んだ。
雨は土砂降りだ。
小さなテント店で雨が吹き込んでくる。商品が濡れない様にシートを掛けていた。

トゥクトゥクで隊列を組んで観光するのが中国人観光客に人気がある。
トゥクトゥクは、運ちゃんはポンチョをかぶり、座席は幌で被われている。
隊列が停まった。幌から客が降りて来て、林の中に入って行った。トイレがあるのだ。
ここはタ・ケウの参道入口であるが、誰もここから歩かない。

土砂降りの雨は一向にやまなかった。
何組かのトゥクトゥクの隊列が停まった。
1時間ほどで雨はやむだろうと思っていたが、土砂降りが少し弱まるがまた土砂降りと何回か繰り返し、1時間半ほどでやっと小雨になった。

運ちゃんに行こうと言われ、バイクに乗る。
バイクで走り出して、間もなく、また降って来た。
タ・プロームを通り過ぎ、運ちゃんにスラ・スラン横のレストランに案内された。
雨に濡れて少し寒い、エアコンがきいていれば寒いだろうと心配したが天井ファンだけであった。
スタッフがメニューを持ってきたが、運ちゃんがカレーを勧めたのでカレーと缶ビールにした。
運ちゃんは奥にいると言って出て行った。まかないを食べるのだろう。
クメール・カレーはココナッツミルクを使い、少し甘いカレーであるが美味しい。
シェムリアップに来てから毎日食べている。
缶ビールUS$2.5、 カレー+ライスUS$7でシェムリアップのレストランより相当高い。

雨は土砂降りではないが、降ったりやんだりしていた。
運ちゃんがタ・プロームに行こうとやって来たが、もうリラリゾG.H.に戻れと言って出た。
途中、雨が降って来たのでポンチョを出してかぶった。
遺跡エリアを抜けると雨はやんだ。
いや、道路を見ると雨に濡れていない、この辺りは雨が降っていないのだ。
遺跡エリアだけが3時間近く豪雨と、しとしと雨とは驚きだ。

部屋で昼寝した。
夕方、今度はこの辺りで土砂降りの雨が降った。

今日も夕食にフリーダム・ホテルのレストランに行った。
2日連続、ここでクメール・カレーを食べた。今日はおばちゃんウェートレスがメニューでこれがいいと薦めてくれた。
英語で書かれたメニューでは、シーフード・サラダである事だけは理解できた。
出て来た料理は、シーフード香菜春雨サラダであった。
カービングらしいトマトで作ったバラが副えられていて、コックの自信作!!
スパイシーさはほど良く、うまかった。春雨も量が少なく邪魔しない。
ライスが付いて来たが??、必要ない。

タブレットでヤフー・ニュースを読んだりしていた。
缶ビールがあると思い冷蔵庫を覗くと無い。
ゲストハウスに缶ビールを置いているが、Aさんに教えてもらった缶ビールUS$0.5の店に行って見る事にした。
しかし、その店は閉まっていたので大通りの酒屋に行った。
奥さんは携帯電話中で、旦那さんが対応してくれた。
缶ビール4缶を取り、価格を聞かずにUS$2を渡そうとした、US$4だと言われたがUS$2だと言って私は退かなかった。
電話中の奥さんをちらっと見ながら、旦那さんはUS$2を受け取った。
缶ビールの地元価格はUS$0.5(\50)なのだ!!!!
コメント

アンコールワット旅行 10月21日 アンコールワットへ

2013年11月27日 | アンコールワット2013/10/16~
6時起床。

ベッドに寝そべり、タブレットをWiFiに繋ぎヤフー・ニュースを読む。
日常生活と変わらない、ベッドではないがパソコンで毎朝ヤフー・ニュースを読むのは日本と変わらない。

ハンモック・カフェに朝食に行った。
今日も誰もいない。
コーヒーを頼む。
今日は、フランスパンの半分を使ったサンドイッチであった。
ミンチと玉ねぎを炒めレタスに包んでサンドイッチにしている。うまい。

ロビーのソファに座り小説を読んだ。
Aさんが缶ビールの入ったレジ袋をさげて入って来た、ここは雰囲気が変わりましたねと声を掛けられた。
私が「確かパソコンが並んでいて」、Aさんが「その端に洗濯物が積上げられていた」と話した。
Aさんの歳は私と同じ位か? 彼も私もリラリゾG.H.は初めてでは無いようだ。
ここから奥に行くと缶ビールがUS$0.5で買える店があると教えてくれた。


9時ごろ、アンコールワットに行く準備をして、フロントを覗いたが誰も居なかった。
前日までに観光ツアーをお願いしなければならないが、予約していなかった。
ハンモック・カフェや新設カフェに運ちゃん達がいつも屯している。
屯しているとは聞こえが悪いが、常時4人ほどいる。リラリゾG.H.のスタッフと見分けがつかない時もある。
宿泊客が暇そうにしていると話し掛けて相手をしてくれる。特に女性客には親切だ。
運ちゃんにアンコールワットに行きたいと声を掛けるとトゥクトゥクorバイクと聞かれ、バイクと答えると俺やな!という感じで青年?がバイクを押して来た。
「アンコール遺跡小回りコース」を頼んだ。料金表があって、US$12である。

バイクの後ろに乗ったが、運ちゃんはヘルメットもかぶらず!!!と思っていると、狭い路地を入って彼の自宅に着いた。
妹さんとおばあさんに迎えられ、中へ入れと言われたが玄関で待った。
ヘルメットとウィンドブレーカーを持って運ちゃんは出て来た。
バイクの後ろに乗り、アンコールワットに向った。

途中、道路脇に少し入ったチケットブースで1週間有効の3日券(US$40)を買い、検札を受けてアンコールワットに向った。
10時前にアンコールワットに着いた。
11時30分ごろに戻ると行って運ちゃんと別れた。
環濠越しに西塔門が見え、奥に中央塔が小さく見えた。
午前中は、逆光になって細部は見えない。
15時ごろに来て2時間ほどアンコールワットを見て、夕日を見にプノンバケンに行くのが定番のコースである。
しかし、今の時期は午後になるとスコールが来るので仕方なく午前中に来た。
 環濠越しの西塔門
 

環濠に掛かる陸橋を歩いて行く。
 陸橋 (歩いた陸橋を振り返る)
 

西塔門の中央の塔門(正面入口)を通り抜けると西参道越しにアンコールワット中心部が見えた。
ここで、いつも「おおー!!」と感嘆の声をあげる。
 西参道越しのアンコールワット中心部
 

西塔門は両翼230mあり、参道側の側壁に多くのデヴァター(女神)が刻まれている。
南翼のデヴァターを見て歩いた。
 デヴァター(女神)
  

デヴァターを見て西塔門の南端まで行くと門があり、バイクはもちろん車でも通れそうなフラットな通路があった。
これは意外で驚きであった。
  

西塔門正面門は陸橋から1メートルほど階段を上がり参道に続く、中央部では第1回廊、第2回廊、第3回廊と高度を上げる。中央尖塔部は地上65メートルあり、仰ぎ見る様になっている。
仏教寺院遺跡やヒンズー教寺院遺跡は、丘の頂上や山の中腹に本堂があり参道を歩いて仰ぎ見る構図になっている。
しかし、ここアンコールワットは平地に建造された為、同じ効果を出すために、この様な壮大な建造物になったと言われている。

だから、陸橋からアンコールワット中心部には徐々に階段で上がって行くものと思っていたのが、この南端の門ではフラット通路になっていたので意外に感じたのだ。
その時、女性2人にガイドが付いて近付いて来た、話し声をよく聞くと日本語で話していた。
私はガイドに「なぜ、この門の通路はフラットなのか?」と尋ねると、ここは「象の門」と回答があった。
象が通り抜ける為の門なのだ。
西塔門に象の門がある事は思い出した。しかし、神聖な象に対し敬意を払って「象の門」と命名しているのだと思っていた。象が通る為の通路だとは考えていなかった。

南象の門から続く道を進んだ。
参道の北側は、北聖池越しのアンコールワット記念写真ポイントがあったり、土産物屋があるので観光客が多いエリアである。
しかし、今、参道の南側エリアを歩いている。
人がいなくて静かで良い。
  

参道脇の南経蔵の横まで聖池が氾濫していた。
参道を挟んで北経蔵も見えた。
 南経蔵
 

南経蔵の前から聖池越しにアンコールワット寺院(中心部)を眺めた。
氾濫して大きくなった南聖池越しに見るアンコールワット寺院は珍しい。
 

氾濫して大きくなった聖池の縁を歩いてアンコールワット基壇部に向った。
高さ2メートルほどの基壇部に上がる階段がそこに見えているが、氾濫した聖池で通れない。
南側に砂利道があるので回り込んだ、丁度警官が来てバイクを停めた。
警官に「水で通れない」と声を掛けた。
その時まで砂利道は通れるだろうと思っていたので、その先を見て驚いた、こちらも冠水していた。
警官がバイクの後ろに乗れと言ってくれた。私を乗せる為に停まってくれたのだ。

基壇部南西角付近に警官の詰め所とトイレがあった。奥にはお寺が見えた。
基壇部に上がる。
基壇部南西の角からアンコールワット寺院の第1回廊が見える。
基壇は東西332メートル南北258メートルと大変広い。
 

今日は、ゆっくり第1回廊を一周してレリーフ(浅浮き彫り)を見て歩こう。
アンコールワットには数回来ているが、時間が無いのでレリーフの一部しか見られない。
時間が無いと言っても体力が続く時間の事で、2時間が限度である。陸橋を渡って第3回廊まで上がって戻るには時間が無い。
今日もすでに1時間が経っている。
今日3日券を買ったが、3日間ともアンコールワットに来る積りなので、今日は第1回廊のレリーフを見れば終りである。
 

  

   

 
  

壁一面に浮き彫りされているが1/4面に浮き彫りが無くなっているところもある。
また、厚さ10センチメートルの石に浮き彫りして壁にはめ込まれているが一部掛けていた。
蟻の大群が壁をつたい繋がって歩いていたり、雨水がつたっていたりした。
修復が間に合わなくなってきている様だ、崩壊がはじまっているのか?

陸橋を渡し道路に出ると、運ちゃんが手を上げていた。

つづく。
コメント

アンコールワット旅行 10月20日 シェムリアップ滞在

2013年11月25日 | アンコールワット2013/10/16~
6時起床。

タブレットでWiFiに繋ぎ、Webでヤフー・ニュースを読む。

ハンモック・カフェという東屋で、朝食が出る。
行くと誰もいない、スタッフが来て、コーヒーor紅茶と聞いてくれ、コーヒーを頼んだ。
前回2度とも春休みの時期で学生さんが多かった、若者のみんなが、ここで朝食を取り情報交換していたが、今日は誰もいない。10月は宿泊者が少ない様だ。
今日は、インスタントラーメンであった。朝からラーメンとは!!!
 ハンモック・カフェ&リラリゾG.H.建屋
  
 ハンモック・カフェはG.H.建屋の前(写真左)にあったが、写真右側に移築されて、元の場所に新しいカフェが造られていた。

今日の予定は何もない。
明日にでもアンコールワットに行こう。
部屋でゆっくりする。


昼前にオールドマーケットに歩いて向った。
雲が多く、それほど暑くない、30分も歩けば着くだろう。
国道6号線を西に行き、シェムリアップ川に突き当り、シェムリアップ川沿いに南に歩く。
途中、シェムリアップ川沿いを写真を撮りながら散策した。
シェムリアップ川の水位は高かった。もう50cmも水位が上がれば洪水だ。
 シェムリアップ川
 

オールドマーケットのレストランで昼食にした。
イカの野菜炒めUS$2.5と生ビールにした。生ビールが半ドルで飲める、これが嬉しい。
通りを行き交う人々を見ながらゆっくりとした時間を過ごす。
生ビール2杯飲んで気持ちがいい。

帰りは、バイクタクシーに乗ろう。
オールドマーケットでバイクタクシーを拾うと吹っ掛けられるのでシェムリアップ川の橋を渡ったところで拾う。
行き先プサルー、フリーダム・ホテルでバイク代金交渉をしたが、US$1.5で決まった。確かUS$1でなかったのか??
1年半の間に値上がりしているのか??

エアコンはつけずに、天井ファンを最低速にする。
ベッドで1時間ほど昼寝をした。
夕方、雨が1時間ほど降った。

夕食はフリーダムのレストランに行った。
昨日はクメール・エビカレーであったが、今日はチキン・カレーUS$3.5 ライスUS$0.5 ビール大US$2.5を頼んだ。
このレストランでは、単品で頼めばトータルUS$6.5(\650)だ。ビールが高い。
扇風機をつけてくれるので蚊がよってこないが、日に寄って脚を刺される時がある。明日から虫除けスプレーをしてこよう。

レストラン横の小通りを挟んだ隣に酒屋があり、缶ビールと水を買った。
缶ビールUS$1であった、前回の1年半前はUS$1しなかったはずだ。

21時、就寝。
コメント

アンコールワット旅行 10月19日 シェムリアップへ

2013年11月22日 | アンコールワット2013/10/16~
6時起床。
夜中、豪雨が続いた。

雨の中、セブンイレブンへ行ってコーヒーと菓子パンを買った。サンドイッチもあるがツナが挟まっている、日本にあるハムとレタスのサンドイッチがない。
食べながらタブレットでヤフー・ニュースを読んだ。

荷物は昨夜まとめておいたので、バックパックのパッキングはすぐに終わった。
7時30分、まだ早いが雨が上がったので、バスターミナル モーチット2へ向かった。
スカイトレインBTSのモーチット駅で降りてタクシーに乗ろうとしたが、1台目は近い?と乗車拒否にあい、2台目はTHB100なら行くと言われドアを閉めた、3台目の運ちゃんが何も言わずにOKした。
BTS運賃THB42、タクシー代THB61(\190)、ホワイトロッジから40分掛かった。

乗り場106番に行くと、多くの西欧人がいたので、ここで間違いないだろう。
まだ8時過ぎだ、9時出発まで時間があるので、タブレットを出してWiFiに繋がるか試したが駄目だった。
タイの駅やバスターミナルでWiFiに繋げる為の登録ページを日本の自宅パソコンで見付け登録しパスワードを取得していたので試してみたのだが駄目だった。
シェムリアップ行き国際直行バスが来て乗車が始まった。
大きな手荷物にはタグを付けて荷物室へ、私のバックパックは必要ない車内に持ち込めという感じでタグを付けてくれなかった。
お母さんが見送りに来ているタイ人の女の子2人もいた。
バスに乗り私の座席に座ると、前の座席に先ほどのタイ人女の子2人が座り、お母さんだと思っていた人が「シャムリアップには迎えが来ています。私はこれでお別れです。」と日本語で話していた。お母さんと思っていた人はツアー会社の人で、彼女達は日本人であった!!!
日本の方ですか!と声を掛けていた。

9時15分ごろ出発した。
国際直行バスはどのルートを走るのだろうか? 出発してすぐにタイでトーウェーtollwayという有料道路に入った。
窓側席で車窓からよく見える。スワンナプーム国際空港へのエアポートレールリンクの高架が見てた。国際空港前を東へ走るようだ。
国際空港を過ぎてトーウェーを降りた所から、道路は冠水していないがその他は水に浸かっていた。
日本を出る時、台風25号が来ていたが、台風24号がベトナムからカンボジアで熱帯低気圧に変わっていた。
タイ、カンボジで洪水が起きていると10月に入って伝えられていた。それもシェムリアップへ向う方面で道路が冠水しているところがあると報道されていたの心配していた。

11時頃、トイレ休憩でドライブインに停まった。
バスにはトイレが付いているが、やはり出来るだけ使いたくない。
まだタバコを吸う人がいるのか! バスの前で3人が吸っていた。クラクションを鳴らされ乗り込んで来た。
 国際直行バス
 

丘陵地帯をアランヤプラテートに向った。
途中、兵隊の検問があった。今でも検問があるのか。
はじめて、このルートをバスで通ったとき、兵隊の検問があり、なぜか緊張したことがあった。

13時ごろ、アランヤプラテートのバス・ターミナルに着いた。
なぜ、ここで停まるのかと思っているとビザ代行業者が乗り込んで来て説明をはじめた。
カンボジア・ビザを持っていない人は、THB900(\2,780)でビザ申請を代行するとのことで、必要な者に申請用紙を、全員にカンボジア出入国カードを配った。
到着ビザを自力で取ろうと思っていたが、代行料THB900ならと安いと依頼した。
ここの国境で2度到着ビザを取ったが2回ともTHB1,000取られた、ビザ代はUS$20だと言っても受け付けてくれなかったのだ。
申請書を記入して、代行料THB900と渡した。後で気付いたが写真は不要であった。
気がつくとバスはどこかで停まっていた。
前に座っている日本の女の子に「ビザは取って来たの?」と聞くと日本で取ったとのこと。

焼き飯の弁当が配られた。量は少なかったが腹が減っていたのでうまかった。
バスを降りて乗務員に、ここは何処だと尋ねるとあそこがカンボジアだと言われた。カジノホテルが見えていた。
ビザが届いたので出発した。
首から掛けるカードを全員に配布された。
14時過ぎタイ国境ゲートでバスを降ろされ、カンボジア側で待つとのことであった。
貴重品だけ持ってタイ・イミグレーションへ向う。
出国審査に並ぶ、私達だけで35人はいるので、その他をいれても混雑する。

カンボジアのイミグレーションに向っている時、「日本の方ですね、パスポートで気付きました。」と声を掛けられた。私も日本人かな?と思っていた男性であった。
タイを周った後、カンボジアに行く、予定は決めていないと言っていた。
ビザはどうしたか尋ねるとバンコクで次の日受け取りでTHB900で取ったと言われていた。
先ほどビザ代行業者に頼んだのと同料金だと話すと驚いていた。
日本円は使えるのかと聞かれ、私はUS$を持って来るのでどうだろう??と答えた。
当然使えるがレートが悪いのではないか?という意味であったが、舌足らずであった。
 カンボジア国境ゲート
 

 
ビザ代行業者がシェムリアップでのホテルは予約しているのかと尋ねてきた。
予約していなかったが当てがあったので断わる。
あそこで国際直行バスが待っていると言って離れて行った。
ビザ代行業者と思っていたがツアー会社のスタッフだったのだ。

カジノホテルの前に国際直行バスが停まっていた。
それを通り過ぎカンボジアのイミグレーションに行った、長い例ができていた。
順番が来てパスポートと出入国カードを渡す。左右の指10本の指紋を取られた。
パスポートに押されたスタンプで1ヶ月滞在可能を確認した。
 カンボジアのイミグレーション
 

国境を出発したのが15時30分頃になっていた。全員が国境を越えるのに1時間半もかかった。
ビザ代行による待ち時間を入れると、2時間は掛かっている。
イミグレーションの前にあるロータリーは相変らずゴチャゴチャしていた。
ポイペトの町並みは6年前に比べるとゴミも少なくなり賑やかになっていた。
舗装された国道6号線はポイペトの街を過ぎると車窓は田園風景が続く。しかし、田んぼは冠水し穂先が見える程度だ。
空撮すれば、真直ぐな道路が見え、その両側は冠水した田んぼに穂先だけが見えるだけの風景が続くのだろう。

道路は舗装されている。
6年前は、道路建設中で砂利道であったが、今は舗装されていた。
2009年にポイペトからシェムリアップまで舗装工事が完了したそうです。

はじめてアンコールワットに行ったのは12年前の2002年正月休みであった。まだ元気で会社員をしていた。
前日にバスでバンコクからアランヤプラテートに来てゲストハウスに泊まった。ゲストハウスでシェムリアップへのツアーを申し込んだ。
朝8時ごろゲストハウスを出発して、国境を越えポイペトのロータリーで車を待った。
カンボジアとタイの経済状況の違いを目の当たりにした。格差がひどい。この頃にはバンコクなどは日本と余り変わらなかった。
来たのはピックアップトラックであった。西欧人バックパッカーは荷物を荷台に載せ、その上に乗った。
私は追加料金を払い、エアコンの効いた運転席横に座った。
シェムリアップへの道はひどかった。道がうねり、でこぼこである。
平坦なのは橋だけである。しかし、1m×2mほどの鉄板を数枚敷いた橋だが1枚無い、あああー! 車が落ちる! 運ちゃんは慣れているいるのだろう、タイヤ間に開いた穴をいれ通過した。あああー!という感じは今も思い出す。
シェムリアップに着いた時には暗くなっていた。アランヤプラテートからまる1日かかった、12年前の話である。

その道は、今舗装され快適にバスは走る。
途中、町はシソポンだけだ。ここでバッタンバンへの国道5号線がはじまる。プノンペンに続いている。
国道6号線沿いにポイペトからシソポンまで新しい鉄道線路が見えた。これは意外だった。プノンペンからバッタンバンまでの鉄道も運行されているのか疑問だからだ。

冠水した田んぼと川や池の境は分からないが、田んぼで釣りや投網で魚を捕っているカンボジア人をよく見掛けた。
シェムリアップ郊外の国道6号線の1部数キロがデコボコで補修しても駄目な様だ。
シェムリアップに入ると数日前まで冠水していただろうと思われる所もあった。
国道6号線沿いのホテルが終着点となっていたが右折してオールドマーケット近くのツアー会社の前に停まった。
17時45分頃になっていた。
アランヤプラテートから案内してくれたツアー会社のスタッフが最後に英語で何か話していた。
トゥクトゥクでホテルまで送るとかホテルが取れるとか話している様だ。話に乗ると後が大変だ。明日からのアンコールワット観光へのしつこい勧誘がある。
前の座席の日本人女の子に「ホテルの迎えがあるのか?」と声を掛けた。「そうなんですけれど?」と返ってきた、「気を付けて!」と言ってバスを降りた。

少し歩いてトゥクトゥクが客待ちしているの見付け、プサルーと言うと「US$5」との事、「US$2」と言うと「片道か?」「イエス」で、すんなりUS$2(\200)で決まった。
リラックス&リゾート・アンコール・ゲストハウスに向った。3度目なので場所は分かっている。
近くまで来て「フリーダム・ホテル!」と告げ、フリーダム・ホテルに着くと、その路地を入れと指差し指示した。

18時過ぎにリラックス&リゾート・アンコール・ゲストハウス(リラリゾGH)に着いた、すでに日が暮れて暗くなっていた。
リラックス&リゾート・アンコール・ゲストハウスには予約をしていなかった。
外にマネージャが出ていて、私を迎える様な感じになり、「予約してしないが部屋は空いていますか?」と尋ねた。「はい!」と返答があった。会話はすべて日本語である。ここは日本人宿である。
パスポートを渡し、宿帳のチェックアウト日付はブランクにして、1週間ほど泊まりたいと伝えた。
宿泊費US$9(\900)、朝食7時~9時、夕食なし、外出時はフロントにキーを置いて下さいと説明を受け、部屋に案内してくれた。
テレビ台の棚に網かごが置いてあり、ここに洗濯物を入れて下さいとの事。午前中に取りに来て夕方に届けると説明を受ける。このサービスが嬉しい。
エアコン、冷蔵庫、テレビ、天井ファン、たん笥、ホットシャワー付きでUS$9/泊は安い。
 部屋
 

ビールが飲みたい、腹が減った。
フロントにキーを置いた、他に3ヶしかキーが置かれていない。がらすきなのだ。
フリーダム・ホテルのレストランに行った。ここは近くていい。
ここには、日本語メニューがある。お薦めと書いてあったクメール・カレーUS$3.5とアンコールビール大US$2.5を頼んだ。
日本人はカレーが好きなんだな! クメール・カレーはうまかった。

リラリゾGHにもどりフロントで缶ビールUS$1と水ペットボトルを買い、WiFiのパスワードをもらった、ここもパスワードを書いた小さな紙切れをくれた。
部屋でタブレットをWiFiに繋ぎ、ビールを飲みながらヤフー・ニュースを読んだ。
長い1日、疲れて、20時頃に寝てしまった。

 
コメント

アンコールワット旅行 10月18日 バンコク滞在

2013年11月19日 | アンコールワット2013/10/16~
6時起床。晴れ

シェムリアップ行き国際直行バスで、今日カンボジアへ向おうと思っていたが、昨日、Webサイトでシェムリアップ行き国際直行バスの今日の予約状況をみると残り3席になっていた。
当初、当日行っても満席になっていないだろう、モーチット2で当日チケットを買い国際直通バスに乗ろうと考えていた。
最悪、国際直行バスが満席で乗れなくても、アランヤプラテートまでバスで行き、国境を越えてポイペトから乗合いタクシーでシェムリアップへ向えばいいと思っていた。行き方は過去に経験があるので不安も無い。
しかし、残席3では、前もってチケットを購入するしかない。

それで、今日はバスターミナル モーチット2に明日発のバスチケットを買いに行った。
スカイトレインBTSに乗ってモーチット駅で降りた。
ここは、チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットの最寄の駅で目の前にある。また、バンコクの渋滞を避けてここまでBTSで来てタクシーでドンムアン空港へ行くのに使う。
そして、今日の様にバスターミナル モーチット2に行くのに使う。

タクシーでモーチット2に行くが近いので嫌がられる。タクシーを停め、「モーチット ツー」と言ったところ、一瞬、間を置いてOKしたので乗り込んだ。
この運ちゃんは英語が話せた、2はタイ語でソーンと言う、1,2,3,をタイ語でヌン、ソーン、サーンと教えてくれた。だから、「モーチット ソーン」と言わなければ運ちゃんに行き先が伝わらないと言われている様だ。
この運ちゃん沖縄に行ったことがあると言っていた。
モーチット2の3階のタクシー降り場で降ろされた。タクシー代THB70(\220)チップ込み

3階もチケット売場だがシェムリアップ行きチケット売場は1階にあるので1階に降りてチケット売場を探した。
22番窓口だそうだが、番号は当てにならない、同じ番号が他にもある。でもすぐに見付かった。アランヤプラテートやプノンペン、シェムリアップなどの英語文字が目に付いた。
明日のシェムリアップ行きチケットを欲しいと言うとパスポートの提示を求められた。
チケットをプリントアウトし渡され、チケット代THB750(\2,320)を支払った。
シートNo.A5とある。前から5列目の窓側席だ。17番目の購入者だ、約半分の席が埋まっている。
乗場を教えてくれたので確認しておいた。
 1階中央案内所の前にシェムリアップ行きチケット売場がある。
 


モーチット2から戻ってマーブンクローン・センターMBK6階のフードコートに行った。
ビールを売っているか確認してクーポンをTHB200で購入した。カードにチャージしてくれる。
まず、ビール小を買い、何を食べようか見て周りシーフード焼きそばにした。
余ったクーポンは現金に交換してもらった。

White Lodgeにもどり、2階の踊り場に上がると椅子に座ってノートパソコンを膝に置いている西欧人がいた。
ここには椅子が2脚置いてある。いつも西欧人が座ってWiFiを繋いでいる。ここは無線が繋がり易い様だ。
部屋で昼寝をしたり、小説を読んだりしてゆっくりした。

夕方、まだ早いが夕食に出た。
国立競技場の西側にソンブーン・シーフード本店があり、そこへ歩いて向った。
スカイトレンBTSの国立競技場駅ホームからフットサル・コート2面があり奥に体育館が見える。ここも国立競技場の敷地内だ。
敷地内が開放されていたので通り抜けられるだろうと入った。
フットサル・コートの西側に競技場が2ヶ所あり、その間に200mトラックがあった。そのトラックでは大勢がジョギングしていた。
敷地内外周道路にもジョギングをしている人、サイクリングする人がいた。
国立競技場が工事中で搬入ゲートが開いていたので私も入って見た。
この競技場はアジア大会のメイン会場になったことが3回有り、また、サッカー日本代表が2006年FIFAワールドカップ・ドイツ大会への出場をかけて北朝鮮との無観客試合をしたのもこの競技場だそうです。
 スパチャラサイ国立競技場
  

国立競技場の西端に門があった、これが多分競技場の正門だろう。
そこから敷地内を出た。
正門から南に1路地目を進むとソンブーン・シーフード本店があった。
元祖プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)の店だ。
まだ、18時過ぎだが大半のテーブルがふさがっている。
ほとんどのテーブルにプーパッポンカリーがあり食べられていた。
私が座った横のテーブルに厚化粧した、周りから浮いている綺麗な女性2人が座っていた。よく似た顔をしている。
素人では無さそうだ? 会話を聞くと韓国人だった。
 プーパッポンカリー
 

プーパッポンカリーは、あまり美味しくなかった。食べ残したほどだ。
元祖○×△が、うまいとは限らないの典型だ。
器具を借りて蟹の爪を割って身を食べたが腐っている?吐き出した。
新鮮な蟹であれば考えられない、客が食べなかった蟹爪を使い回しているのではないかと思うほどだ???
最近食べる機会がなかったが、今までで最も不味かった。
プーパッポンカリーとビール大で約THB460(\1,420)

帰りも国立競技場の中を通り抜けた。
競技場の南側にテニスコートが4面あり、テニススクールで1面使っていた、あとは女性2人でストロークをしていた。少し見ていたが、まだ初心者だ。
テニスコートを過ぎるとチュラーロンコーン大学スポーツ科学学部の建物があった。
この一帯はチュラーロンコーン大学が広大な土地を所有しいて、若者が集まるサイアム・スクエアの一部もチュラーロンコーン大学の所有だと聞いた事がある。
もう1つの競技場周りの広場で若い人が10~20人のグループを作ってダンスorチアガールの様なパフォーマンス練習をしていた。その様なグループがここにも、そこにも、あそこにもと多くのグループがいた。
やっている事がよく解らない。

フットサルを観戦した。小さな観戦席があったのでそこに座って見た。
ゴールポストが小さいのには驚いた。
ゴールを奪われたチームが退場して、待っていた他のチームが入りゲームを始める。待機中のチームが3チームほどいる。
2面で毎日ゲームをしている。

缶ビールと水を買って帰った。
ビールを飲みながら小説を読む。
21時ごろ寝た。
コメント

アンコールワット旅行 10月17日 バンコク滞在

2013年11月16日 | アンコールワット2013/10/16~
6時起床。小雨。

ソイ(小通り)を出たラマⅠ通りにセブンイレブンがある。
2月に来た時、セブン・イレブンが改装中or潰れたか?であった。
今日は在るのか不安であったがあった。
朝はインスタントコーヒーとパンを買い、夜は缶ビールとペットボトル2Lの水を買う。
セブン・イレブンの横が食堂である。大変繁盛している。ここで私はセンミーやパミーナームを食べる。タイのラーメンはあっさりして朝からでも食べられる。しかし、早朝は麺の湯釜が沸いていないので駄目だ。
ソイに屋台がある。White Lodge(ホワイト・ロッジ)前にも皿にご飯を盛りそう上に各種おかずを添えたご飯物がある。ここも人気があり並んでいる。私は朝からこのご飯物は駄目である。

セブン・イレブンでインスタントコーヒーとパンを買い部屋で食べる。
フロントへ行きWiFiのパスワードを聞くと、White Lodge2とパスワードを書いた小さな紙切れをくれた。
多くの宿泊客が聞きに来るのだろう、紙切れを小箱に入れて置いていた。
タブレットが捕らえている電波からWhite Lodge2を選びパスワードを入力するとWiFiに繋がった。
ウェブブラウザである「Google Chrome」をタッチするとGoogle、Yahoo Japan、MSN等のあるASUSブックマークが開きYahoo Japanをタッチするといつも使っているYahoo Japanのホームページが開いた。
携帯電話は持っているがスマートフォンを持っていないのでアンドロイド端末の経験がない。
はじめての経験である。
マウス不要でクリックの変わりにタッチする。少しタッチの感度が悪くストレスを感じるがマウスより良い。
指で拡大&縮小が出来るのが嬉しい。

Yahooニュースを読んだ。
外は豪雨だ。
今日の宿泊代を払うタイバーツがないので両替しなければならない。
レートの良い両替商は10時にはオープンするだろう。それまでタブレットで遊んだ。
相変らず、外は豪雨だ。
小雨になったのでSiam Exchange(サイアム両替所)に向った。300mほどの距離だ。
MBK向かいのバンコク芸術文化センターのパヤタイ通り側横のSiam Exchangeでパスポートと1万円札を渡して、1万円=THB3180と両替した。

両替所から出て来ると小雨が豪雨に変わっていた。
豪雨の中、躊躇したが50mほどを傘を差して芸術文化センターに歩いた。僅かの間にGパンの裾はずぶ濡れになった。
芸術文化センターから向かいのMBK&東急まで屋根付きの歩道橋で繋がっている。
雨宿りのつもりで小腹が空いたのでMBKで味噌ラーメンを食べた。
まだ、豪雨だ。MBKをぶらぶらした。
何度かロッジに戻ろうとしたが、土砂降りだ。
チェックアウト時間の12時が近づいたので、土砂降りのなかを帰った。
延泊の宿泊費THB650を支払った。
2月に来た時より値上がりして、THB550~650(\1,750~2,000)程度になっていた。約THB100(\300)20%のUPである。
 White Lodgeの部屋
 

今日の予定は、タイ・マッサージを受けるだけだ。
雨が上がり、BTSでサラデーン駅で降り、タニヤ通りを通り抜けタイ・マッサージの有馬温泉に向った。
タイ・マッサージ2時間をお願いした。
今年の猛暑、エアコン冷気で右半身が冷え、猛暑中のテニスでの酷使で右腕、右肩&右肩甲骨付近がパンパンだ。
タイ・マッサージは、左脚からもみだし、右脚、左腕、そして右腕になり、力こぶの裏側の筋肉をもむ為手首を外側に曲げられた時、「痛い!」と叫んだ。私も驚いた。1週間前テニスで手の甲を痛めていた。
マッサージ師のおばちゃんに「ここが痛い!」と日本語で言うと理解してくれた。
手の甲の少し膨れているところをグリグリもまれ、手のひらも再度もまれた。もまれても痛くない。
腕の筋肉をオイルの換わりにサロメチールを塗ってオイル・マッサージの様にしてくれた。
続いて右肩、右肩甲骨付近、腰と徹底的に右側をマッサージしてくれた。
右手の甲が痛いと言っただけで、右側を重点的にマッサージするとは驚きである。
右側がパンパンなのが、なぜ、分かったのか???
左腕に比べて極端に右腕が太いので右側に負担が大きいのに気付くのか??? さすがプロ!!!!
2時間のマッサージはあっと言う間に終った。もっとマッサージして欲しい位だ。サバイサバイ。
フロントで料金THB500(\1,540)を支払い、マッサージ師にチップTHB100を渡して店を出た。

16時過ぎだが、早い夕食をとることにした。
タニヤ通りのらあめん亭に入った。
五目麺 THB258(\800)、ビール小 THB90(\280)を取った。
ここではいつもこれを食べる!!!

缶ビールと水ペットボトルを買って帰った。
缶ビールを飲みながら、タブレットでシェムリアップ行き国際直通バスの予約状況を調べた。
日本の「チケットぴあ」に相当する「Thai Ticket Major」というのがタイあり、ホームページでチケット購入が出来る。
チケットを購入しなくても予約状況がわかる。
明日のシェムリアップ行きを検索すると残数3となっている!!!
現在タイでは洪水が起こっていて、カンボジアのシェムリアップへ向う方面で洪水がひどく、運行しているのか不安で、日本にいる時からWebのこのホームページで予約状況を見ていた。運休はしていなかった。
しかし、座席残数3とは!! 予約せずに当日行って乗ろうと考えていたがこれでは駄目だ。
明日、バスターミナル モーチット2にチケットを買いに行こう。

まだ、20時だが寝てしまった。

24時ごろ目覚めてしまい、ビールが飲みたくなってセブン・イレブンに缶ビール買いに行った。
しかし、ビール売場の冷蔵庫には白いダンボールでふたをされ、11~14時、17~24時が販売時間と書いてあった。
コメント

シェムリアップ旅行 10月16日 バンコクへ

2013年11月13日 | アンコールワット2013/10/16~
5時起床。
曇り風なし、Webで台風情報を調べる。
台風26号は、昨夜太平洋上を通過して、現在東京付近にある。
クアラルンプールKULへのエアアジアの飛行機は飛ぶのだろうか?
エアアジアの運行状況をWebで調べるとam1時発のKUL発関西空港行きの便は定刻に出発していた。
今、日本に向って飛行中だ。
この飛行機の折り返し便が、私が乗る飛行機だ。


今回の旅行計画は、関西空港→バンコク(KUL経由)→アランヤプラテート/ポイペト(国境)→シェムリアップ(アンコールワット)→トンレサップ湖高速ボート→プノンペン→シアヌークビル→コッコン(国境)→バンコク
を3週間で周る旅である。
アンコールワットには1週間ほど滞在しようと考えている。
夏バテ、テニス&パソコンによる筋肉疲れなどを癒す旅にしようと思う。


予定通り7時前に自宅を出た。
2時間ほどで関西空港に着いた。
エアジアのチェックイン・カウンターに長蛇の列ができていた。
長蛇の列はバゲージドロップに出来ていた、チェックインには列が無かった。
Webチェックインを私はしたことがないが、Webチェックインをした人が手荷物を預ける為にバゲージドロップに並んでいるのだ。これではWebチェックインのメリットが無いのでは???
私のチェックインはすぐに終わった。KULまでの搭乗券しか渡されなかった。バンコク行き搭乗券はKULで再度チェックインしなければならない。


搭乗時間まで時間がなかったので手荷物検査に並んだ。
10時頃、この時間帯は海外への便が集中しているのだろう、4列で長さ60mほどの列が出来ていた。
手荷物検査、出国審査を終え、搭乗口へ向った。
搭乗口近くの売店で機内に持ち込もうと缶ビール350円を買った。
しかし、JRの駅で買ったサンドイッチ180円をあてにして缶ビールを飲んでしまった。


搭乗がはじまった、私のシートNo.26Cで通路側席であった。
横3列に私だけであったので窓側席に移った。
エアアジアKUL行きD7533は定刻の11時に搭乗ブリッジを離れた。
滑走路までの走行途中にジェットスター・ジャパンのジェット機がここにも、あそこにもと7機が駐機しているのを見掛けた。ジェットスター・ジャパンの関西空港拠点化が遅れている。この7機は稼動していないようだ。20機保有中成田空港拠点に13機が稼動しているだけだ。
これでは大赤字になるのは当然だ。この7機を見ると報道されている内容が理解できる。

離陸してすぐ、明石大橋が見えた。
 

今、小説「天使と悪魔」を読んでいる。ローマにあるバチカンを舞台とした秘密結社イルミナティの復活である。
2ページほど読んだだけで、面白いとのめり込みつつある。

次に窓を覗くと多分九州鹿児島のどこかの海岸線だろうが見えた。
小さな島が点在する上空を通過した。
屋久島や種子島が見えるのではないかと期待したが見えなかった。

時間的に奄美大島付近だろう、窓越しに空に浮かぶ旅客機を見付けた。
同じ速度で飛行しているのだろう、まったく空間に浮いている様だった。
 旅客機
 
沖縄の手前頃に戦闘機が凄い速度で東に飛んで行った。速度から戦闘機と考えているだけで機影は不明である。
まもなくもう1機が同じく東に飛んで行った。
尖閣諸島も近い、騒動しい空域か??
 戦闘機
 

小説を読んだり、少し昼寝をしたりで6時間30分、長いフライトを過ごした。
16時40分、20分早くクアラルンプールKULのLCCターミナルの駐機場に停まった。
タラップを降り、暑い中歩いてターミナルビル1階の乗継チェックイン・カウンターに向った。
チェックイン・カウンターの列に並んだ。
搭乗券を受取り、セキュリティチェックを受けて、出発フロアに出た。
マレーシ・リンギットをMYR10(\315)だけ持っている。前回の残りであるが、これでは食事が出来ない。
1000円札をリンギットに両替した。MYR31.5になった。
カフェでサンドイッチとコーヒーを買ってテーブルに移った。MYR21(\670)。
周りの人々はスマートフォンやタブレットを使っている。ほとんどの人がである。
私も食べ終わってからタブレットをデイバックから取り出した。
WiFiで繋げる一覧が表示され、Wifi@LCCTを選ぶとインターネットに繋がり、わけが分かずにいじっているとヤフー・ジャパンが開いた。

10月初めにタブレットASUS MeMo Pad HD7を\17,810で買った。
旅行用で衝動買いに近かった、安いので使い物にならなくてもいいか!と思ったのである。
自宅では無線LANになっているので、使い方を練習してから旅行に行こうと考えていた。
しかし、自宅で使ってみると「認証に問題」と表示され無線LANに繋がらない。
タブレットはインターネットに繋がらなければ使い道がない。
取り扱い説明書も付いていなく、まったく使い方が解らない。
唯一、カメラが使えた。ガイドブックのカンボジアとバンコクの必要な箇所を写真に撮り保存した。ガイドブックを持たずに旅行する為である。

搭乗が始まるまでタブレットで各種ニュースを読んだ。
待ち時間の時間潰しに、今までは本を読むしかなかったが、Free WiFiがあればタブレットで遊べる。
搭乗開始は遅れたが、エアアジアのバンコク行きAK9632は19時40分定刻に駐機場を離れた。

2時間のフライト後、定刻の20時40分にバンコクのドンムアン空港に着き、搭乗ブリッジを渡ってイミグレーションに向った。
入出国カードは飛行機内で記入済みで入国審査場に並んだ。
無事入国した。やっとバンコクに着いたという感じである。
関西空港を飛び立ってから12時間が経っていた。直行便なら7時間であるが、エアアジアの往復\37,600では仕方が無いか!!

タクシーでスカイトレインBTSモーチット駅まで行き、そこからBTSで国立競技場駅まで行った。タクシー代THB130(\400チップ込み)、BTS運賃 THB42(\130)、前回旅行の残金がTHB1,620あったので支払う。
駅前のソイ・カセムソン1を行くとWhite Lodge(ホワイト・ロッジ)があり部屋が空いているか聞くとあるとのこと。
宿泊費を聞くとTHB650(\2,010)と高い。文句を言ったが、もう22時になっていたので仕方が無い。
チェックインして部屋に案内してもらった。
角部屋で窓が2箇所にあり、液晶テレビもある、ひょっとしてこのロッジでもっとも良い部屋か?

腹が減った、ビールが飲みたい。
東急のあるマーブンクローセンター(MBKセンター)はもう閉まっている、サイアムスケアにある中華系タイ・レストランに行った。
イカ&香菜のスパイシーサラダと焼き飯、ビール大にした。THB283(\875)。
スパーシーサラダがうまい。
コメント

帰国

2013年11月07日 | Weblog
カンボジア旅行から4日に帰りました。
関西空港に着いて、寒いのに驚いた。

アンコールワットのあるシェムリアップで大半を滞在していた。
カンボジア旅行のつもりが、シェムリアップで沈没してしまったのだ。
今年の夏の熱さ、その中でのテニス、9月に入りその疲れが出たので、ゆっくり休養に行ったようなものである。
ボディマッサージを5回も受けた。

間もなく、旅行記を書き始めます。
シェムリアップ滞在中はすることもなく、ぐうたらしていたので書く事もないかも知れない。
コメント