いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

ネパール旅行 10月18日 帰国

2013年01月08日 | ネパール旅行2012/09/24~
6時過ぎ、起床。

今日はクアラルンプール経由で夜行で日本へ帰る。26日間の旅が終わる。

今日もセブンイレブンでコーヒーとバタートーストを買って帰った。THB21(\55)
G.H玄関前のオープンエアのテーブルで屋台の準備を見ながら食べる。
部屋にはサイドテーブルしかなく、玄関前で食べるのが自然である。みんなもそうしている。
今日は、夫婦喧嘩もなく静かだ。
 部屋
 

小説を読んで過ごし、10時ごろ荷物をまとめた。百均で買った紙スリッパもここでお別れである。
チェック・アウトし、バックパックをフロントに預けた。

エアアジア18時30分発でクアラルンプールに向うので、15時ごろにドンムアン空港に向わねばならない。
それまでマーブンクロンセンターMBKで時間をつぶした。
インターネットをしたり、土産物屋を見て廻った。
携帯電話いや今はスマートフォンだ、売場をぶらぶらした。間口2mほどの小さな店が並び、ほとんどがサムスン製スマートフォンを売っている。アップルのiPhoneを扱っている店は、大変少ない、アップル専門店のようだ。
バンコクに来ると毎回このフロアーを歩くが1~2年前はほとんどがブラックベリーであった、今のサムスン製と同じである。1~2年すれば他に取って代わるのだろう。
歩き疲れたらベンチに座り小説を読んだり、ギンギンに冷えたスイカジュースを飲んで過ごした。

15時ごろ、ホワイト・ロッジにバックパックを取りに戻り、ドンムアン空港に向った。
BTSスカイトレインでモーチット駅まで行き、そこからタクシーでドンムアン空港に着いた。BTS THB35(\40)、タクシー代THB111(運賃)+THB60(高速)+THB19(チップ)=THB190(\500)。
エアアジア、ノックエアー、オリエンタルタイ航空のチェックイン・カウンターが並んでいた。
 
エアアジアのチェックイン・カウンターに並んだ。
行き先別カウンターでないので、グループ客は手分けして別々のカウンターに並び、順番が最も早いカウンターに集まりチェックインしている。そんなんありか!!!

チェックインが終り、搭乗券の搭乗時間が17時50分になっていた。2時間30分はある。
レストランで食事をしておこうと行った、大変混んでいた。テーブルに付いたがウエイトレスが来ない、手をあげて呼んでも駄目であった。頭にきてレストランを出た。
到着フロアーに行けばすいているだろうと思い行った、スタンドカフェで缶ビールを飲んだ。

出国することにしてセキュリティー・チェックを受けた。ガラガラだ。
続いて出国審査所もガラガラですぐ終わった。スワンナプーム国際空港とえらい違いだ。
6年前に比べ免税店や土産物屋が少なく、ちょっと寂しい。
 

ゲートに向う途中にマクドナルドMcがあったので入った。
チーズバーガーセットTHB170(\445)を注文した。ポテトも含め完食。

搭乗時間の30分前にゲートに着いた。
小説を読んで搭乗を待った。それが搭乗時間、出発時間になっても搭乗が始まらなかった。
ゲート前のカウンターに貼紙が見えたので行くと、20時25分に遅れるとある。2時間遅れか!!!!
スタッフに、クアラルンプール-関西空港のTravel Itineraryとパスポートを見せトランファーと言うと電話で問い合わせしいた、そしてクアラルンプールでの乗換えでイミグレーションに行かずにトランスファーカウンターに行けと言われた。
関西空港への乗換えは問題ないようだ。

ゲート前で小説を読んで過ごすしかない。
本を読んでいるとカウンターに人の列が出来ていた。
何かな?と見に行くとミールクーポンを出していたのだ、私も並んでもらった。
先ほどハンバーガーを食べたので今はいらないが、ミールクーポンで何が食べられるのか?と思い行ってみた。
西欧人がミールクーポンを持ってうろうろしていた。ミールクーポンが使えるところが見付からないようだ。
マクドナルドMcの前でミールクーポンを持った西欧人が集まっていた。その彼らがMcに入って行った。多分Mcでは使えるようだ。

ゲートに戻り、本を読む。
ふと気付くと、回りの人が少ない、乗客が戻って来ない。なぜ?
ゲート前のカウンターに貼紙が追加されていた。見に行くとゲートが変更されていたのだ。
当然アナウンスがあったのだろうが、最近無視している。英語の案内は集中して聞いても僅かしか理解できず、何回か聞くと疲れるので無視している。

変更されたゲートに行くとクアラルンプール最終便の横だった。あー、私達の便は間引かれたのか????
ゲート前のカウンターに人だかりが出来たので行くと、やはり便がキャンセルされた。
カウンターのスタッフの前に行き、クアラルンプール-関西空港のTravel Itineraryとパスポートを見せトランファーと言うと少し待たされたが手書きで最終便の搭乗券を書いてくれた。しかし、長い間渡してくれなかった。
スタッフの間で混乱しているのか?指示待ちしているのか?
やっと搭乗券を受け取って最終便のゲートに行った。
その時ゲート前カウンターに着いたのは私ともう1人だけであった。パスポートと搭乗券を見せ、搭乗ブリッジを通り飛行機に乗り込んだ。
搭乗券に書かれているシートNo.C3を見るとすでに座っていた。
スチュアーデスにダブルブッキングと搭乗券を見せた。
待たされた後、空いてる席に座れと言われフリーシートになった。
通路側の席が空いていたので座った。隣に座っている客にカンクウ?と聞かれ、そうだと答えた。
これで関西空港行きに乗れるとほっとした。
キャンセル便のカウンターで一緒だった人々が徐々に乗り込んで来た。みんな必死であり、乗れてほっとしていた。
みんなが乗り込むのに、なぜこんなに長く掛かるのか???と思うほどであった。

2時間ほどのフライトでクアラルンプールLCCTに着いた。
タラップを降りて、スタッフにカンクウ、オオサカと言うと前のタイ人?カップルに付いて行けと言われた。

エアアジアには「FLY-THRU」というのがあり、乗り継ぎ便でマレーシアに入国しない(乗継ビザ不要)で乗り継ぎカウンターでチェックインでき、預けた荷物は最終目的地までスルーする制度である。
マレーシア入国にビザ不要で機内持込み手荷物だけの私には不要な制度である。
しかし、クアラルンプールに着いて駐機場から歩いてターミナルに入ると、エスカレーターor階段で2階のイミグレーションに向かうが、その階段の左側に「FLY-THRU」の看板があるので知っていた。
だから、バンコクで乗継時にイミグレーションに行くなと言われた時、「FLY-THRU」に行けばいいのだと理解できた。

駐機場から歩いてターミナルに入り、「FLY-THRU」の方に行った。
チェックイン・カウンターがあり列に並んだ。
順番が来て、Travel Itineraryとパスポートを渡すと、「バゲージ チェックイン・・・」と言われ、バゲージもチェックインというんだと考えていると、英語が分からないと思われ困った顔をされた、バックパックを指差しオンリー・バゲージと言って事なきを得た。前便で荷物を預けたか?と聞かれたのである。
しかし、数え切れないほどチェックインを経験してきたが、よく考えるとバゲージ(荷物)に関して英会話をした事がない。預ける場合はベルトコンベアーに載せるし、預けない場合は足元に置いているのでチェクイン・カウンターでバゲージに関して会話する必要がなかった。

搭乗券を受取り、セキュリティ・チェックを受けてゲートに向った。
ゲートは開いていて、通り抜けて駐機場に向った。
飛行機に乗り込み、私の座席を見付けた。両側に大きな男が座っていた。最悪だ。

8時25分、関西空港に着いた。
無事、帰国した。
バンコクから最低のフライトだったが無事がなりよりだ。
コメント

ネパール旅行 10月17日 バンコク滞在

2013年01月06日 | ネパール旅行2012/09/24~
6時過ぎ、起床。

近くのセブンイレブンでコーヒーとバタートーストを買って来た。
G.H玄関前のオープンエアのテーブルで屋台の準備を見ながら食べる。
前の屋台で準備中のおばちゃんがおっさんと喧嘩をしている、夫婦喧嘩!
おっさんはアル中の様だ。昨日も酔っ払っていた。
おっさんは、大声で何か?わめいている。あー、おばちゃんがほほを平手打ちした。
おっさんは、げん骨で殴ろうとして躊躇している。
ああー殴った、酔っ払っているのでげん骨がスローモーションで、すか食らう。
おばちゃんが体当たり!!!!
部屋に帰っても、おっさんのわめき声が聞こえていた。

9時ごろ、G.Hを出てセーン・セーブ運河の船着場に向った。
今日は、セーン・セーブ運河のボートに乗り、終点から歩いてカオサンに行き、チャオプラヤ川、タニヤ通り近くの有馬温泉でマッサージをと予定している。
船着場に着いた、昨日はどしゃ降りの雨だったが、今日は天気が良い。
  
ボートが来て乗り込み西の終点バンファーに向った。
途中で西欧人カップルに観光地図を見せられ、指差された所はワット・サケットであった。「End of line.」と答えたが通じたのか?
終点手前の船着場に着いた、彼らがここか?と聞くので「Next」と答えた。多分そうだろう?
終点に着いて、ワット・サケットが見えたので、あれがそうだと教えた。
彼らはトックトックでどこかへ行った。

ここからは、カオサン通りもワット・プラケオ、王宮も歩いて行ける距離である。ただし、4月&5月の熱い日は歩かないほうがいい、死にそうになる。
ワット・サケットに寄って行く事にした。2度目なので迷わず行けた。
別名プー・カオ・トーン(黄金の丘)と言われ、丘の上に仏塔があるので丘の回りを螺旋状に登る。
息が切れそうになった時、仏塔に着いた。お寺では靴を脱いであがるが、英語で靴を履いたままあがれと掲示があった。翻訳誤りか?
前回来た時は、脱いであがったが??? 今回も靴は脱いであがった。注意して見ているとほとんどが脱いでいて、スタッフだけが履いている様だった。
仏塔の基部が寺になっていて、中心部に厳かに祭られた小さな仏塔があった。仏舎利か??
コーナー部に狭い階段があり上ると黄金に輝く仏塔があった。
ワット・プラケオ&王宮、ワット・ポー、ワット・アルンが遠くに見えた。
 仏塔               ワット・アルン&ワット・ポー(手前)
  

カオサン通りに向った。
マハカーン砦前の8車線の大通りを西に歩いた。
 マハカーン砦越しのワット・サケット
 

マハカーン砦から距離にして1kmもないのではないか。すぐにカオサン通りに着いた。
 カオサン通り
 

こんなところが世界のバックパッカーが集まるのか?理解できない。
路地に入ってみると、ゆったり出来そうな雰囲気のレストランがあり、路地の奥にはゲストハウスがある。
カオサン通りの物売り屋台や雑然とした雰囲気とは違い、路地に入れば長期滞在も出来そうだ。
カオサン通りに戻り歩いていると、大きなTVモニターが何台もあるスポーツ・バーの前を通った。
TVでサッカーをしていた、青とカナリア 色(黄色)のユニフォームを着た選手が対戦していた。
青ユニフォームを着た長谷部が大写しになった。 サッカー国際親善試合日本対ブラジル戦であった。
昨日、見れなかった対戦が今日見られるとは!!!!
まだ10時過ぎだがビール小を頼んで、対戦を見た。
早い昼食に焼きそばを食べ、ビール小を追加してサッカーを見た。トータルTHB270(\710)
日本はまだまだ駄目だ。ブラジルに0対4の完敗であった。

寺を横切りチャオプラヤ川に向った。
途中、インターネット・カフェがあったので入った。
コイン式のパソコンでTHB10コインを入れて、Yahoo Japanを立ち上げようとしたが、フリーズして動かない。
スタッフを呼んでフリーズを説明しようとしたら開いた。ホットメールを開こうとするとまた動かない。
回線が遅すぎるのだ。ツー・レイトと言って店を出た。

チャオプラヤ川の水位は高かった。こんなに水位が高いのを見るのははじめてかも知れない。
1年前のバンコクの大洪水の時は、もっと水位が高く、堤防を越えたところもあったのだろう。
 船着場
 

エクスプレス・ボートでチャオプラヤ川を下った。THB15(\40)
オリエンタル・ホテルやシャングリラ・ホテルが見えると、先の大橋の下が目的地の船着場である。
BTSスカイトレンのサパーンタクシンが目の前にある。
BTSでサラデーンまで行き、タニヤ通り近くの有馬温泉でタイ・マッサージをうけた。
2時間タイ・マッサージをうけ、からだがほぐれサバイ、サバイである。久し振りのマッサージであった。
マッサージ代THB400(\1,050)と値下げしていたのでチップTHB100を渡して店を出た。

腹が減ったのでらーめん亭に寄り、カツ丼とビール小を取った。
タニヤ・プラザの古本屋に行って文庫本の小説を買ってG.Hに戻った。

20時ごろ、小腹がすいたので外へ出た。
ソイ・カセムソンをラマ1世通りに出て右にすぐの所にセブンイレブンがあり、その横に食堂がある。
そこでセンミー(米粉で作ったタイラーメン)を食べようと入るとおばちゃんに何か言われた。
終りだとすぐに理解できた。今の日本語???
セブンイレブンで缶ビールを買い、屋台でげその串焼き3本を買って帰った。

22時、就寝。

 今日の歩いたルート
 
コメント

ネパール旅行 10月16日 バンコク滞在

2013年01月04日 | ネパール旅行2012/09/24~
6時30分、起床。
5時30分に起きようと思ったが、寝過ごした。日本時間7時30分で時差調整をしておこうとしたのだ。

近くのセブンイレブンでコーヒーと菓子パンを買って来た。
G.H玄関前のオープンエアのテーブルで屋台の準備を見ながら食する。

マーブンクロン・センターMBK7階に安いインターネット・カフェがある。
いつも小学生がパソコン・ゲームをしているが今日は居ない。
1時間、メールチェックとニュースを読んだ。

昼食には少し早いが食事を取る事にした。
7階にはレストランが多くあるが日本食が多い。どこに入ろうか??
石焼ラーメンの店、3月に入ったが目の前でラーメンのスープを焼かれた器に注がれる。オオオーと声が出た。熱くて食べられない。こんなのタイ人が食べるのか? 日本人の私も2度と食べない。その様に思っていたら、店の広さが半分になっていた。
カレーハウスCoCo壱番屋もある、日本にあるCoCo壱番屋のカレーよりコクが無い、フジレストランのカレーの様だ。
無難な8番らーめんに行った。
ラーメンとチャーハンにした、まもなく日本に帰るので「昼からビール」をやめといた。

MBK前の道路向こう北側にバンコク芸術文化センターがあり、歩道橋でつながっている。
芸術文化センターでアニメのイベントをしていてコスプレ姿の女の子を撮影していた。
冷房の効いた通路代わりに使わせてもらい、パヤタイ通りに出てすぐの両替商に行った。
前回来た時、ここに両替レートの良い両替商があるのに気付いた。
今回、はじめて両替した。1万円=THB3,895であった。

パヤタイ通りを北に行き、セーン・セーブ運河の船着場に向った。
ボートで西の終点にあるワット・サケットに行こうと思ったのだ。
船着場でボートを待っていると、どしゃ降ぶりの雨になった。
立ったまま小説を読んだ、30分経ってもまだどしゃ降りだ。雨宿りしていた西欧人家族連れはどこかへ行ってしまった。
この時点でワット・サケットに行くのはあきらめた。
1時間が経った頃、ようやく小降りになってきた。
冷房の効いたバンコク芸術文化センターに戻り、ベンチに座り小説を読んで過ごした。

今日はサッカー国際親善試合の日本対ブラジル戦が19時ごろからスタートする。
その前に夕食に行った。サイアム・スクエアのラマ1世通りに面した中華系レストランに入った。
イカのスパイシー和えとシンハービール大を頼んだ。
イカ和えを食べた後、いつもならお粥を頼むが、北京ダックも頼んだ。
この北京ダックが不味かった。締めてTHB364(\960)。

サイアム・スクエアでスポーツ・バーを探して歩いたが、見付からない、有ったとしても日本対ブラジルをやっているとは限らない。
探すのをあきらめ、MBKのインターネット・カフェで試合経過を見た。
前半戦ですでにブラジルに2点入れられていた。経過を刻々と文章で更新される。
前半戦が終わって、面白くないのでG.Hに戻った。

22時、就寝。

24時ごろ、目が覚めた。
のどに違和感を感じたのでネックウォーマーを首に着けて寝た。

 MBK、サイアム・スクエア、伊勢丹周辺 Map
 
コメント

ネパール旅行 10月15日 バンコク滞在

2013年01月02日 | ネパール旅行2012/09/24~
5時30分、起床。

明るくなった頃、近くのセブンイレブンにコーヒーを買いに向った。
道に水溜りが出来ていた、昨夜、雨が降っていたのだ。
西欧人がコーヒーカップを手に持って歩いて来た。
私と同じ事を考える人がいるものだ。

昨夜、エアコンをつけたまま寝てしまい、寒くて目覚めた。
エアコンの切り方が分からないので、差し込んでいるキーを抜いた。キーを抜くと部屋の全電気が切れる。
その状態で寝たのであった。
フロントでエアコンの切り方を教わった。ブレーカーが3ヶあり、その内の1ヶを切るのであった。
幾度となくここで宿泊しているが、他の部屋がどうなっていたのか覚えていない。

サイアム・スクエアーにお粥を食べに行った。
食べ終わった頃、お腹がゴロゴロしだして慌ててG.Hに戻った。下痢であった。
なぜ? 腹が冷えたのか??

G.Hでゆっくりしたかったが、読む本が無くなった。
タニヤ通りのタニア・プラザの古本屋に行く、小説を買った。
帰りに五目麺とギョウザを食べた。食欲はある。ビールはやめといた。
G.Hに戻るとトイレに駆け込んだ。

夕方お腹が大丈夫の様な気がした。
ホワイト・ロッジの敷地内にレストランがある。ロッジに入る時、ピザ釜の横を通る。
以前はまったく流行っていなかったが、昨日、客が多く入っているのに気付いた。
今日も混んでいた。入って空いているテーブルに座った。
ピザとシンハービール大を頼んだ。
ビールを飲んでピザが焼けるのを待った。
シンハービールは、シンガーやビア・シンと呼ばれ、アルコール度が高い。
冷蔵庫が普及していない頃、グラスに氷を入れて飲んだ。
氷が溶けてビールが薄くなるのを見越してアルコール度を高めていたといわれている。
そんな事を思い出しているとピザが出来上がってきた。
手でつかんで食べるのでなく、ナイフ&フォークでチャレンジしてみた。
食べられるものである。しかし、少し時間が掛かり、最後は冷めたピザになってしまった。

22時、就寝。
コメント