いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

バンコク長期滞在 続き

2018年08月09日 | Weblog
タイで長期滞在するために最終的には、ロングステイビザとかリタイアメントビザとか言うNON-Oビザ(ノンイミグラントOビザ)、又はO-Aビザ(ノンイミグラントO-Aビザ)を取得しなければならない。
タイでノービザから切り替えるのがNON-Oビザで、日本のタイ領事館で取るのがO-Aビザである。
O-Aビザの必要書類は、例えば無犯罪証明書原本(英文)を各都道府県警察本部にて取得、その後、日本国外務省にて要認証(費用1万超)。更に、国公立病院発行英文健康診断書が必要(費用1万超)など、また、大阪及び東京在住以外の人が大使館で手続きするのに時間とお金がかかる。それに対して、NON-Oビザは、無犯罪証明書や健康診断書も必要なく取りやすい。
しかし、両ビザ共に、80万バーツ(276万円)の預金残高または月収65,000バーツ(22.4万円)以上の年金受給証明が必要である。

80万バーツの預金をタイの銀行口座に作るには、
(1)日本から送金する。(送金証明書必要)
(2)現金をタイに持ち込む。(税関の持ち込み証明書必要)
(3)ビットコインで日本から送金する。(送金証明書必要)

(1)送金の場合、
日本の銀行からバーツで送るか、日本円で送るか。
(a) 300万円相当のバーツを送った時、為替手数料(両替レート)を7万円ほど取られる。(楽天銀行送金シミレーションより)
(b) 日本円で送った場合、普通預金口座には送金できるのか。送金できたとして日本円で引き出せるか、引き出し手数料はかかるのかなど不明な点が多いので、バンコク銀行にEメールで問い合わせたところ、「日本円で送金いただいた場合、弊行に着金した時点で自動的に日本円からバーツに両替し、普通預金口座(バーツ建口座)へ入金させていただきます。」と返答があった。
その時の両替レートは「TT Buying Rates」だそうです。この為替手数料(両替レート)で300万円送金すると4万円ほどになる。

300万円の日本円を送金する場合、日本でバーツに両替してバーツで送金して指定口座に入金するのと、日本円で送金してタイの銀行で両替し指定口座に入金するのとを比較すると、前者が7万円、後者が4万円かかる。その他、下記手数料がかかる。前者が1,750円×3回=5,250円、後者が4,750円×3回=14,250円かかる。(楽天銀行送金シミレーションより)
1回100万円未満しか送金できない。
 送金手数料      750円
 海外中継銀行手数料  1,000円
 円貨送金手数料    3,000円
トータル、バーツ送金が75,250万円、日本円送金が54,250万円かかる。
(C)TransferWise(トランスファワイズhttps://transferwise.com/jp/)で送金する。
   1回100万円しか送金できない。手数料9,068円(為替手数料含む)。
   300万円の送金で、手数料27,204円となる。

(2)タイに現金で持ち込んだ場合、
2万米ドル以上は税関に申告しなければならない。300万円持ち込んで税関に申告して持ち込み証明書を貰う。
バンコクの伊勢丹前にあるスーパーリッチが最も両替レートが良いので、そこへ300万円を持ち込んで、バーツに両替する。ここでの両替手数料(両替レートより)は7,288円となる。しかし、一度に300万円を持ち込んでも両替してくれるのか??
送金するより一桁有利である。
ただし、300万円の現金を持ち歩くので危険である。

(3)ビットコインで日本から送金する。
送金イメージは、
日本のビットコイン取引所に私の口座を開く、タイのビットコイン取引所にも私の口座を開く。日本の取引所でビットコインを買い、買ったビットコインをタイの取引所の私の口座に送る。送られたビットコインを売却するとバーツになる。
ビットコインを送るからバーツに替えるまでの時間は数分程度であり、かかるコストは数十円から数百円程度だ。実際には、送金が混雑していて数時間かかすそうです。その間にビットコインが暴落したら・・・・?
問題は、タイの取引所に私の口座を開設できるかどうかである。

297万円相当のタイバーツをタイの銀行口座に預金を造る方法&手数料 比較
 

ビザの最後に
ノービザや観光ビザで3年ほど過ごせるだろう。
その間に、タイに飽きてしまい、ロングステイビザNON-Oビザが必要でなくなるかも知れない。


ビザ以外に海外旅行保険や郵便物の問題がある。

海外旅行保険
人によっては旅行前に空港で海外旅行保険に入っている人もいるが、私はクレジットカードで済ませている。
・クレジットカードには自動付帯保険と利用付帯保険がある。
 自動付帯保険:海外に行くと自動的に海外旅行保険が有効になる。
 利用付帯保険:その旅行に関連する交通費を、そのカードで支払った時、海外旅行保険が有効になる。具体的には、パッケージツアー、飛行機&電車などの公共交通機関の支払いでカードを使った場合である。
・補償対象旅行期間 共に3ヶ月
・旅行期間が3ヶ月を越える場合は、使用付帯クレジットカードを使い、さらに補償対象旅行期間3ヶ月を獲得し、トータル6ヶ月とする。例えば、自動付帯保険のクレジットカードで3ヶ月過ごし、自動付帯保険が切れる前に、タイ国内線航空券を利用付帯保険クレジットカードで支払う。
今のところ、自動付帯保険クレジットカードしか待っていない。

旅行期間中の郵便物対策
・不在届提出 
  最長30日間郵便局が保管。保管期間満了日の翌日に、すべての郵便物が配達される。
  最寄りの郵便局で不在届に保管期間を記入して提出する。
・転居・転送サービス
  30日を超えて不在の場合は、「お引っ越しの際には、お近くの郵便局の窓口に転居届を出しておくだけで、
  1年間、旧住所あて郵便物などを新住所に無料で転送します。」を利用する。
コメント

海外長期滞在

2018年08月08日 | Weblog
ブログのタイトルで「いつか海外暮らし!」「旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。」としているが、それが現実味を帯びてきた。
今では移住までして海外で暮らそうとは思わない。
日本の過ごしにくい気候の冬や梅雨・夏に各3ヶ月程度の長期滞在を考えている。
候補地はタイ バンコクである。

何故、バンコクがいいのか!
田舎は、寂しい! 都会がいい! 
最もいいのはハワイのワイキキビーチだ、都会の中にビーチがあるという感じだ。しかし、滞在費が高く、ちょっと無理だ。
他のビーチにしても山にしても1週間も滞在すれば飽きるだろう。旅行に行くのにはいいだろうが・・・・
東南アジア諸国への入口としてバンコクを利用し、行き帰りにバンコクで3~4日滞在していたのでバンコクに慣れている。それが大きな理由だ。
バンコクは大きな都市であるがバンコク中心地の広さは、JR大阪環状線内とほぼ同じ、東京で言えば山手線の東京&新宿の北側ほどである。高架鉄道BTSと地下鉄MRTが通り、その沿線に宿泊すれば大変便利である。
ホテルの近くに屋台があれば、さらに便利だ。だいたい、どこでも屋台や食堂はある。

バンコクで長期滞在するのに問題になるのが、ビザである。
今回ビザについて、まとめてみた。

空路で入国するとノービザで30日間(29泊30日)滞在でき、延長申請すれば30日間延長される。申請費用1,900バーツ(6,400円)。
従って空路で1度ノービザで入国すれば60日間滞在可能である。
2ヶ月に1度、近隣諸国に出国してタイへ空路入国を繰り返せば、ノービザで滞在し続ける事が出来る様に思われるが、そうは問屋が許さない。ノービザでは6ヶ月間で90日までという縛りがある。

例えば、偶数月はバンコクで、奇数月は日本やタイ近隣国で滞在するとか、又はノービザで延長含め60日間滞在後、近隣国へ短期間出国しタイにノービザで再入国して1ヶ月滞在し、合計3ヶ月間滞在するとか、いろいろある。
日本とバンコクを行き来するのは、LCCで安くなったとは言え、負担は大きい。

ノービザでの滞在を繰り返していると、イミグレーションで滞在に見合ったビザを取れと言われるだろう。
そこで観光ビザを取得する。
観光ビザは60日間滞在でき、延長申請すれば30日間延長可能で90日間まで滞在できる。
予め「リエントリーパーミット(再入国許可証)」を取得しておくと、近隣諸国への旅行などでタイを出国しても、観光ビザは失効しない。
観光ビザの取得は、ラオス ビエンチャンにあるタイ領事館などタイ近隣国で取るのが簡単である。日本国内のタイ領事館では面倒な必要書類が多い。

次回、ロングステイビザや年金ビザと呼ばれるビザについて、調べてまとめる。
コメント