「音楽&オーディオ」の小部屋

クラシック・オーディオ歴40年以上・・身の回りの出来事を織り交ぜて書き記したブログです。

凄いぞ、マランツ7Kプリアンプ!

2018年12月14日 | オーディオ談義

前回からの続きです。

Mさん宅への訪問日は朝からあいにくの雨となった。やたらに車が多くて15分ほど遅れて到着すると前日のNさんも同席されていて3人によるとても賑やかな試聴会となった。


Mさんはレコードプレイヤーのたいへんな愛好家である。4台のプレイヤーと何種類ものトーンアームを使いこなされている。

イコライザーアンプもカンノをはじめピカリングなどがあり、レコード会社によって違う6種類のイコライザーカーブをスイッチ一つで切り換えて楽しんでおられる。

まるでアンプを代えたみたいに音が変わるのでレコードプレイヤーの世界も随分奥が深くてなかなか遊べそうだが、極めるためにはとうてい残された時間と資金が足りそうにないので諦めざるを得ないのが残念(笑)。

Mさんの現用スピーカーは「オートグラフ」と「クリプッシュホーン」の二つ。

今回の試聴の目的は新たに導入された「マランツ7K」プリアンプ(以下、「7K」)の出来栄えだったが、結果から先に言うとそれはそれは見事に期待した通りの音だった。

まずは「オートグラフ」
から聴かせてもらった。

   

7Kに組み合わせるパワーアンプは同じマランツの「8B」である。初めにカンノのイコライザーアンプで聴かせてもらい途中から7K内蔵のフォノイコに切り替えた。

試聴盤は「グレート」(シューベルトのシンフォニー第8番)。

       

ヨーゼフ・クリップス指揮だがクリップスにはオペラ「ドン・ジョバンニ」(モーツァルト)の名演があって、大好きな指揮者の一人。

「グレート」「ドン・ジョバンニ」とくれば奇しくもフルトヴェングラーにも名演がある。

大理石で出来たトーンアーム(オイルダンプ)で聴かせてもらった。手前はピカリングのストレートアーム。

   

とてもSNがいいし、しかも7Kのトーン・コントロールをいっさい弄らずに豊かな低音域が出ていることに驚いた。使ってある真空管は最初から「テレフンケン」(6本)だったそうで「これはたいへんな掘り出し物でしたねえ!」と思わず口をついて出た。


まるでゆったりと包み込んでくるような豊かな音で、さすがは独特の「オートグラフ」の世界、実に説得力があってオーディオ的にどうこう言えるような音ではなかった。

小さな箱にはそれなりのメリットもあるけれど、やっぱり大きな箱じゃないと出せない音ってのもたしかにありますなあ。

1時間ほど聴かせていただいてから今度は座る位置を変えて「クリプッシュホーン」の試聴へと移った。

  

プリアンプは同じ7Kの2系統の出力のうちの1系統を使い、パワーアンプは「KT88プッシュプル」(新藤ラボラトリー)。

新藤さんのアンプは定評があってこれまで悪い評判を聞いたことが無いのは特筆すべきことだし、社長さんがすこぶる熱心なことでもよく知られている。

このクリプッシュホーンの音にはたいへんな感銘を受けた。

   

これまで我が家を含めてさんざん「サキコロ」の冒頭のシンバルの音を聴いてきたが、このシンバルが最高の出来栄えだった。最高音域の鮮烈さもさることながらその質感というか光沢に独特の艶があってとても筆舌に尽くしがたい。

ほとほと感心するうちにお昼時になったので辞去してクルマで40分ほどで我が家に到着するなりさっそく耳の記憶が新しいうちにと、ウェストミンスター(改)で「サキコロ」の試聴に移った。

「いい音」が及ぼす波紋はどこまでも広がって深~く浸透していくなあ(笑)。

最低音域と最高音域はどうにか太刀打ちできそうに思ったが、あの6000ヘルツあたりのシンバルの独特の質感はどうしても我が家のシステムでは表現できなかった。

やっぱりレコードじゃないと無理かなあ・・・。

ほんとうに勉強になった1日だった。

ただし、時間が経つにつれ耳の記憶は薄弱となり自宅の音に自然に妥協していくのがこの世の倣いだ。刺激を新たにするために、これからもときどきMさん宅を訪問させてもらうことにしよう。

妥協は敵だ!(笑)

クリックをお願いします →     










凄いぞ、アルテックA5!

2018年12月12日 | オーディオ談義

オーディオ仲間のNさん(大分市)に依頼していたオーディオ機器の出品(オークション)が、冬が近づくにつれ売れ行き好調となり次々に商談が成立してうれしい悲鳴を上げている。ボーナス時期ということもあるのかな(笑)。

今回はJBL「D123」(16Ω仕様:初期のグレイタイプ)と古典管が対象だったが、それぞれスペア品の処分なので後顧の憂いなし。

前回は売上金を持ってきてもらったので、今回は試聴を兼ねてNさん宅に受け取りに行った。

オーディオルームに入るなり「いつもお世話になってま~す。あれっ、いったい何やってんすか?」

Nさんが机の前で沈思黙考されている。

  

「実はねえ、この度Mさんがマランツ7Kを購入してねえ。試聴に行ったんだけど、これがもう素晴らしい音でねえ。大いに触発されて手持ちの部品で何とか作ってみたいものだと寄せ集めて回路図を研究しているところなんだ。」

「ほう~、それはぜひMさん宅の試聴をさせてもらいたいですねえ。」

「Mさんがマランツ7Kを購入した動機はお宅のプリアンプ(マランツ7仕様)に衝撃を受けたかららしいよ。」

「エ~ッ、そんなに~。それは身に余る光栄ですねえ。」と、破顔一笑(笑)。

それはさておき、久しぶりにNさん宅の「アルテックA5」システムを聴かせてもらった。

    

3本のアームを駆使したレコードプレイヤーと自作のイコライザーアンプとパワーアンプがこの画像。

パワーアンプは「WE300Bシングル」と「6550プッシュプル」だが、このところ「6550」の出番が多いそうだ。

マイルスの「カインド・オブ・ブルー」を聴かせてもらったが、従前と比べると明らかに音の押し出し感に力強さがあって実に聴き心地が良かった。

「A5はローエンドがちょっと物足りない」と、ずっと思ってきたが見事に先入観が覆された。どうやらスピーカーよりもアンプに原因があったらしい。

アメリカ系のスピーカーは総じてイギリス系のように箱をうまく鳴らす工夫よりもユニットの能力を最大限に生かすため「パワー勝負」
を挑んでくる傾向があるので、駆動する真空管アンプはシングルよりもプッシュプル方式の方が有利のような気がしてならなかったが、やはり今回もそのことが裏付けられた。

それにしても、やはりレコードの音は自然そのもので大いに啓発された。

こういう音を聴かされると「レコードは面倒くさい」(過去のブログ)なんて簡単に片づけられなくなる(笑)。

3時間ほどお邪魔して帰宅の途に就き、夕食時が近づいた頃を見計らって話題になったMさん宅へ連絡。

「マランツ7Kを購入されたそうですね。明日にでも聴かせてくれませんか。」との性急なお願いに対して、

「マランツ7といってもキットですよ。それでよろしければ~。10時頃なら空いてます。」

「は~い、よろしくお願いします。」

心なしかMさんの声が明るく弾んでいたなあ(笑)。

詳細は次回以降へ。

クリックをお願いします →     





魅惑の「オーディオ実験」~古典管の生かし方~

2018年12月10日 | 魅惑の「オーディオ実験」シリーズ

前々回からの続きです。

ウェストミンスター(改)でのホルン活用に続いて「口径30センチ+ツィーター」方式など、次から次にうまくいって快進撃を続けている我が家のオーディオ。

まあ、所詮は自己満足の世界なので何とでも言えるのだが(笑)。

スピーカー騒動が一段落したので今回は真空管アンプの相性テストといこう。

        

画像の左と右のスピーカーに、どの真空管アンプをあてがえば相性がいいのかという単純な実験である。両者は持ちつ持たれつの関係なので新しい魅力を引き出せればそれに越したことはない。

分かりやすいように現在の我が家のシステムを整理しておくと、大きく2系統に分かれる。日々変遷しているものの本日時点(2018.12.10)ということで記録しておこう。

第1系統(メインシステム:我が家のエース級をすべて投入)

dCS(イギリス)の「CDトラポ+DAコンバーター」 → 真空管式プリアンプ(マランツ7回路) → パワーアンプ「WE300Bシングル」 or 「PX25シングル」 → スピーカー「ウェストミンスター」(改)

第2系統(サブシステム:テレビ及びイージーリスニング用)

CDトラポ「CEC・TL3 3.0」 → DAコンバーター「フェーズメーション「HD7A・192」 → 同プリアンプ → パワーアンプ「171シングル」or「300Bシングル」(モノ×2台) → スピーカー「3台」

3台の内訳は「AXIOM80」、「LE8T+デッカ」、「AXIOM150マークⅡ+スーパー3」となる。

今回の実験は第2系統の「LE8T」と「マークⅡ」に対して「171シングル」(下記画像の上段左)と「300Bシングル」(画像下段)との相性テストとなった。

   

試聴の結果、きれいに評価が分かれて「LE8T」にはパワー感のある「300Bシングル」、「マークⅡ」には渋い表現に終始する「171シングル」がピッタリだった。

と、ここで終わってしまうと何の山場もないお話になってしまうのがつらい(笑)。

そこで「とっておきの話」(?)を披露しよう。

実は上記の実験に特別参加として「PX25シングルアンプ」(画像上段右)を登場させてみた。しかも3種類の球を次から次に差し換えての実験である。

  

左から順に「PP5/400」(英国マツダ:最初期版)、「PX25ナス管」そして「PX25ドーム管」

この順番は「お値段」、「評判」、そして「製造時期」の順番でもある。

ところが、実際に音出しをしてみると意外にも逆の順番になってしまった。

評判の悪い「ドーム管」がトップで、期待の「PP5/400」ともなると、出てくる音に何とも表現のしようがない違和感が漂っていてどうもしっくりこない。

無残なり我が家の至宝「PP5/400」!(笑)

さっそく、この結果を古典管の泰山北斗「北国の真空管博士」にご注進すると、次のような回答が戻ってきた。

「ドーム管は年代が比較的新しいだけあって高音域が素直に伸びていてとてもいい球ですよ。PP5/400が冴えなかった原因ですが、それはインターステージトランスにあります。現在入っているのはUTCのA19ですよね。これは正直言ってPP5/400には役不足です。

もっとハイレベルのインターステージトランスを使ってやれば、本来の実力が発揮できます。こういう球がツボにはまったときの凄さといったらそれはもう何とも言えないですよ。

簡単に手に入る球ではないんですから、オークションに出そうなんて・・・。そのうち高性能のインターステージトランスがきっと見つかりますよ。とにかく古典管を単体で評価するのはご法度です。」

同博士によると、古典管の性能を存分に発揮させるには当時の資料(細かい注意書き)を十分に把握して忠実に実行することが肝要とのこと。

少しでも気に入らないとオークションに出そうなんて、すぐに短絡的な発想に走るのが自分の悪い癖だなあ。これまでどのくらい損をしたのかわからん(笑)。

クリックをお願いします →     







 


ブルックナーの交響曲第8番「リスボン・ライブ」版

2018年12月09日 | 音楽談義

 テレビチューナーのHDD録画容量が段々と減ってきてとうとう残り10時間あまりとなった。年末を控えてこれから好番組が目白押しだろうからさすがにヤバイ。

そこで過去の録画番組の中で消せるものはないものかと最初からチェックしてみた。

すると一番初めの番組は8年前にベルリンフィルが遠征して演奏したブラームスの交響曲1番だった。指揮者はバレンボイムで場所は「オックスフォード大学」(2010年7月24日放映)。

嫌いな指揮者だけどコンサート・マスター(以下「コンマス」)は日本人の樫本大進(ヴァイオリニスト)さんが務められていたので、これは消すわけにはいかないなあ(笑)。

          

これを手始めにこういう「消すわけにはいかない」番組の続出で、とうとう消去の矛先は「釣り番組」に向かってしまい、ようやくかなりの量を消去してスペースを獲得した。

それはさておき、話のついでに「コンマス」の件に移ろう。

音楽愛好家の端くれとしてコンマスの重要性はある程度承知しているが、そもそも「なぜヴァイオリニストがコンマスを務めるのか?」なんて初歩的なことがつい気になってしまう。


そしてたまたま図書館から借りてきた本にコンマスの役割が詳細に述べられていた。

「ようこそ!すばらしきオーケストラの世界へ」 

本書〔2010年6月発行)の109頁~139頁にかけて、当時の3人の「コンマス」の生の声が収録されている。

NHK交響楽団「篠崎史紀」氏、東京フィルハーモニー「荒井英治」氏、東京都交響楽団「矢部達哉」氏たち3名に対する16の設問への回答形式。

日本を代表するオーケストラの「コンマス」の本音が書かれてあって興味深く拝見した。

その設問だがたとえば、

「コンマスとは何者?」「コンマスの一番重要な仕事とは?」「コンマスにとって理想的な指揮者とは?」「理想のコンマス像とは?」「コンマスにとって理想的なオーケストラとは?」など。

それぞれに違った回答を面白く拝見したが、「オヤッ!」と思ったのが「荒井英治」氏が理想のオーケストラとして
「チェリビダッケ〔指揮者)+ミュンヘン・フィル」を挙げていたこと。

ウィーン・フィルやベルリン・フィルとかの超一流オーケストラなら分かるが、なぜ、ミュンヘン・フィルを?

実は思い当たる節があるのである。

チェリビダッケはフルトヴェングラー亡き後、ベルリンフィルの常任指揮者のポストをカラヤンと争って敗退した。〔楽団員の投票によるもの)。敗因の一つにスタジオ録音をことさら嫌悪し排除したことが上げられているが、いわば音楽にコマーシャリズムの導入を認めなかった頑固者。

後年「自分がベルリンフィルを継いでいたら、もっとドイツ的な響きを失わずに済んだであろう」と豪語した話は有名だが、ともかくミュンヘンで「配所の月」を眺めつつ徹底的に楽団員をしごき上げ、理想の響きを追求した。

つい「悪いオーケストラはない、悪い指揮者がいるだけだ。」という言葉を思い出す。

そして、その成果ともいえる「名演奏」が誕生した。

それはブルックナーの「交響曲第8番」のリスボンでのライブ演奏。世に言う「リスボン・ライブ」である。

チェリビダッケは録音を許さなかったし、ライブでもあるのでこの演奏は後世に残るはずがなかったのだが、何と海賊盤
が存在しているのだ。

誰かが当日、こっそり録音機器を持ち込んで録音したという曰くつきのCD盤〔2枚組)。正式に陽の目を見ない盤だが、知人によると過去にオークションで法外な価格〔1万円以上)で登場していたという。

念のためネットで「HMV」を確認してみたがやはり「正規盤」としては流通していない。

巷間、ブルックナーの交響曲のうち最高傑作は8番と9番〔未完成)とされており、この8番は100分ほどに及ぶ大作だが幾多の名指揮者の録音があるものの、この「リスボン・ライブ」を一度聴いておかないと話にならないそうなので、まあそれ相応の価格と言っていいかもしれない。

フッ、フッ、フ・・、思わず出てくる含み笑い。実はこの「リスボン・ライブ盤」を持っているのである。

   

手に入れた経緯? 海賊版なのでそれはヒ、ミ、ツ(笑)。

荒井さんの記事に触発されて久しぶりにこの「リスボン・ライブ盤」にじっくりと耳を傾けてみた。(音楽には刷り込み現象があるので最初に聴く演奏が大切だが自分の場合この演奏だったので助かった。)

やはり、旋律を楽しむのではなくてたっぷりと大きなスケールで豊かな響きを楽しむ音楽である。はじめからお終いまで「豊潤な美酒」という言葉がピッタリ。

取り分け3楽章と4楽章が圧巻でオーケストラの躍動感に痺れてしまった。

通常、チェリビダッケの指揮はテンポが遅すぎると敬遠される方が多い。

それはオーケストラの直接音とホールの残響音とを綿密に考慮して「響き」を重視した指揮をしているからで、良し悪しの問題ではなくて各人の好みの問題なのだが、その点、このリスボン・ライブはホールの響きとのマッチングもあってかテンポもそれほど遅すぎず、絶妙〔だと思う)なので人気がある所以だろう。

しかも、鮮明に録れているのでおそらく最高の位置で録ったものだと推測される。

とはいえ、チェリビダッケの意図した響きを我が家のオーディオシステムがきちんと再生しているかどうかとなると別問題。

オーケストラのトゥッティ〔総奏)ともなれば、どんなシステムだって五十歩百歩で、〔生演奏に)とても及ぶところではないが、少しでもうまく騙されたいものである。

「このリスボン・ライブを聴いて退屈したら、それはシステムがダメな証拠」と知人は断言するのだが、はたして我が家のシステムはどうかな~?(笑)。

クリックをお願いします →     



魅惑の「オーディオ実験」~敗者の救済~

2018年12月07日 | 魅惑の「オーディオ実験」シリーズ

前々回のブログに搭載したように意外な結末を迎えた「ウェストミンスター」(改)。

もはや「ミンスター」ではなくて「モンスター」と形容したくなるほど「好みの音」になってずっとハイな気分が続いている。

「こんなに面白い趣味がほかにあったら教えてくれ。」と言いたくなるほどだ(笑)。


ちなみに課題だったホルンのデッドニングは結局次のように鉛テープを3等分に張り付けてどうにか落ち着いた。

    

片チャンネルごとに鉛テープの張る量を違えて試験的に試聴したところ、鉛の量次第で左右の音が激変するのには本当に驚いた。明るく軽やかになって抜けが良くなるかと思えば、響きが乏しくなって重苦しい音になったりする。

画像の状態でようやく管楽器とヴァイオリンの音色の折り合いがつく接点を見つけた感じ。とにかくこのタイプのホーンはデリケートそのものだ。

何しろ1200ヘルツ以上(-12db/oct)という重要な倍音成分を受け持っている帯域だから当然至極ではある。


以上でオーディオ実験は一段落といきたいところだが、そうは問屋が卸すまじ~(笑)。

「一将功なって万骨枯る」のとおり、一人の勝者の陰には幾多の犠牲者が横たわっている。

先日のツィーター同士の乱闘で無念にも敗れ去った機器が3台あるので何とか救済してやらねば可哀そうだ(笑)。


          

とりわけ「デッカのリボン型」と「スーパー3」(ワーフェデール)を有効に活用しないとどうも枕を高くして寝られない。

そこで、対策を講じたのが次の画像。

     

左側が「グッドマンAXIOM150マークⅡ」(以下「マークⅡ」)の上に載せた「スーパー3」、そして右側が「LE8T」(JBL)の上に載せた「デッカ」。

具体的な救済方法を記録しておこう。まずは「デッカ」から。

1 「LE8T + デッカのリボン型ツィーター」システム

これまで隆盛を誇ってきた我が家のJBLの機器群だが「栄枯盛衰はこの世の倣い」のとおり、次から次に追放され辛うじて踏みとどまっているのがこの「LE8T」である。

実はこれだけはどうしても手放す気にならないのである。まずは音声信号に対する反応の速さ、加えて低音域から高音域までのバランスの良さなど小口径ならではのメリットが充満している。

イギリス系のユニットではどうしても得られないメリットがたしかにあり、まるで秋の澄み切った青空のように気分がスッキリ爽やかになれるところがいい。

ただ惜しむらくはJBLにしてはやや能率が低いこと(87db)、そして個人的には高音域の艶がもっと欲しい。

その隙間に乗じるように組み合わせてみたのが今回の「デッカ」だった。

ネットワークを利用して8000ヘルツ以下を「LE8T」に受け持たせ、それ以上はオイルコンデンサー(WE製ブラック型「2.2μF」)を使ってローカットして「デッカ」に分担させた


JBL(アメリカ)とデッカ(イギリス)の組み合わせなんて誰にも想像がつかないだろうが、これが実に良くて、オーディオ仲間からも称賛の一幕だった。

何よりもデッカが見事に息を吹き返したのがたとえようもなくうれしい(笑)。

次にいこう。

2 「
 マークⅡ + スーパー3」システム

グッドマン指定のエンクロージャーを使って口径30センチのユニットを次々に入れ替えて楽しんでいる。

たとえば「JBLのD123」、「グッドマンのトライアクショム」、「ワーフェデールのスーパー12」、そして「マークⅡ」などの4種類のユニット。

この中から「スーパー3」を生かそうと思ったら、どうしても「マークⅡ」と「スーパー12」(赤帯マグネット)に落ち着く。後者は2ペアのうち1ペアをウェストミンスターで堪能しているので自ずと「マークⅡ」に集約される。

これを単体のフルレンジとして聴くとどうしても最高音域が物寂しいのでまさに「スーパー3」の出番となる。


クロスオーバー4000ヘルツのネットワークで処理したところ、グッドバランスだった。もうこれで十分満腹(笑)。

最後に両方のシステムに対して真空管アンプの聴き比べを行ったところ「定評があって高額かつ希少な古典管」がもろくも敗退するという実に興味深い結果が得られた。

詳細は次回以降で~。 

クリックをお願いします →