「音楽&オーディオ」の小部屋

クラシック・オーディオ歴40年以上・・身の回りの出来事を織り交ぜて書き記したブログです。

2018九州ハイエンド・オーディオ・フェア

2018年04月19日 | 独り言

去る15日(日)、「2018九州ハイエンド・オーディオ・フェア」(会場:福岡市、「マックス・オーデイオ」主催)に行ってきた。

         

昨年に続いて2回目の訪問だが、九州の片田舎では日ごろ聴けない高級機が一堂に会する得難い機会なのでオーディオ仲間(4名)で押し掛けた。

10か所ほどのブースを聴いて回ったが、機器の「エージング不足」を割り引く必要があるし、我が家の旧式な音と比較しての個人的な感想なのでどうか「真に受けないようにね」とお断りして、腹蔵のない意見を述べてみよう。

何しろ他人のシステムを云々するときとは違って、いくら貶(けな)してもいっこうに構わないのがとてもいい(笑)。


まず個別のスピーカーごとの感想からいこう。

   

JBLの「エベレスト」(648万円)だが、妙に低音域が膨らんでいて嫌な音だった。2本のウーファーのうち1本はサブウーファーの役割とのことだが、「コルトレーン&ハートマン」(レコード)では音像(歌手の口元)がやたらに大きくなってとても聴けたものではなかった。

同行の仲間曰く「カートリッジの選択ミスですね。昔のレコードをこんなところで鳴らすものではありません。」

「成る程、スピーカー側の一方的な責任ではないかもしれませんがそれにしてもねえ。こんなスピーカーならただでくれるといっても願い下げですよ。」(笑)。

    

アバロン(580万円)というスピーカーだったが、もう弦の音が固くて硬くて・・・。このスピーカーの存在価値がどうもよく分からない。

     

タンノイさんの「カンタベリー」(356万円)だが、これも感心できなかった。やたらに高音域がうるさく何だか金属的な響きがするし、低音域の沈み込みも明らかに足りない。

昔のタンノイは良くも悪くも「いぶし銀のような音」に特徴があったのだが、まさに隔世の感がある。

クラシック再生に限らずジャズの再生も併せて狙ったような音だったがどうも周波数レンジを広げ過ぎて音の密度を薄くしたような印象で、このスピーカーもただでくれるといっても要らない。

   

モニターオーディオ(イギリス)の「PLー300Ⅱ」(160万円)だが、これが一番気に入った。日本のイギリス大使館に収めてあるそうだが、とてもバランスが良く品のいい音で感心した。

低音域の沈み込み、独特のツィーターによる高音域の自然な佇まいなど非の打ちどころがなく、これは欲しいなあ、一瞬、我が家のウェストミンスターを叩き売ろうかと思ったほど(笑)。

ただし、仲間に「モニターオーディオが一番良かった!」と言っても皆さん「?」だったが、それぞれが個別に回ったので聴く機会がなかったのかもしれない。

    

これは大きな真空管ですねえ!「CSーport」のシングルアンプ(5、378千円)だそうで、見かけに応じてどうせ大味な音だろうと思ったがそうでもなかった。

しかし、こういう大型管を使う必然性とメリットについては短い試聴時間ではどうもよくわからなかった。

以上のとおりだったが、総合的な所感は次のとおり。

 総じて周波数レンジが広くてよく言えばブライト、悪く言えばギラギラした音が多かった。こういう音は「ちょっと聴き」はいいのだろうが長時間聴くとなると耳が疲れそうで、ついていけない気がした。少なくとも静謐感のもとでクラシック音楽に浸れる音ではない。まあ、瞬間風速向けのデモ用に調整された音なのかもしれないが。

 オーディオはどんなに高価な機器でも必ずしも「気に入った音は出ない」ことを改めて感じた。「パワーとお金は、かければかけるほど音が悪くなる」という通説は一面の真実ではありますなあ。

いずれにしても今回のフェアを通じてアンプにしろスピーカーにしろ昔と比べて進歩したのだろうかという思いが沸き起こったが、一方では自分の耳がガラパゴス化した可能性もありそうだ(笑)。

読み逃げはやめよう、右のランキングにタッチ!
   
 
 
 


 


この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトの「ケッヘル467」

2018年04月17日 | 音楽談義

1か月に1度のペースで薬をもらいに訪れる近くのクリニック(整形外科)。

昼下がりの待合室で備え付けの週刊誌「サンデー毎日」(2018.4.8)を読んでいたところ、先日(2018.3.13)亡くなられた作家「内田康夫」(享年83歳)さんの記事が目に入った。

内田さんと言えばルポライターが探偵役となって活躍するミステリ「浅見光彦」シリーズ(軽く100冊を超える)で有名だが、文庫本の発行部数が累計9700万部というから凄い。

実はこのシリーズは自慢するわけではないが図書管から借りてきてほとんど読み尽くしている。いわば肩の凝らないライトミステリーという印象だが、文章が巧みなせいか読者をぐいぐい引っ張る力がある。次から次にベストセラーになって読み継がれていくのも「むべなるかな」。

ただし、2015年に脳梗塞を患らわれたせいか、それ以降、僭越ながら明らかに筆力の衰えを感じていたのだが突然の訃報にやはり淋しい思いを禁じ得ない。

週刊誌の記事には内田さんがリハビリ中に詠まれた短歌が掲載されていた。クリニックの受付嬢にお願いしてメモ用紙をいただき記載したのがこれ。

「いつの日か 終れる生命(いのち)の いとしくて 耳かたむける ケッヘル467」

いわば「辞世の句」ともいえそうだが「ケッヘル467」といえば、言わずと知れたモーツァルトのピノ協奏曲21番のことですね。第二楽章の美しい旋律はとても有名で洋画のテーマ音楽(「短くも美しく燃え」)などにも使われている。

また有名ピアニストのレパートリーにも数多く含まれている名曲


    

ちなみに「ケッヘル」とはご存知の方も多いと思うがモーツァルトの研究家「ケッヘル博士」が膨大な曲目を独自に編纂した作品番号のことである。モーツァルトと不可分に結びついた作品番号によってケッヘル博士は永遠に名を遺したことになる。

内田さんがクラシックファンとは初耳だった。しかもモーツァルトですか・・・。そういえば自然で流麗な文章のリズム感がモーツァルトの「天馬空を駆ける」ような音楽ととても似通っている。

モーツァルトの音楽を聴きながら「余命いくばくもなし」の感慨に浸れる人にはたいへんな親近感を覚えてしまう。

それ程遠くない将来に必ずやってくる「お迎え」に対して、どのように気持ちを寄り添わせていくか、自分にとっても大きなテーマだが、そういうときにモーツァルトの音楽が格好の媒体になるのは言うまでもない。

実は「通夜のときにモーツァルトの音楽を耳元で鳴らしてくれ。ラジカセでもいいからな」と家人に頼んでいる。

まずはオペラ「魔笛」であり、続いてピアノ・ソナタ群、ヴァイオリン・ソナタ群が続く。さらにモーツァルトが10代後半に作曲した「ケッヘル136」「ケッヘル165」も絶対忘れてはいけない。

ただし実際にはどうなることやら、確かめる術(すべ)がないのがつらい(笑)。

最後にモーツァルト(享年35歳)の「死生観」を紹介しておこう。これは、オペラ「ドン・ジョバンニ」を構想する前に父親に送った手紙の一節とのこと。(小林秀雄著「モーツァルト」から)

「(仔細に見れば)死は人生の真の最終目標ですが、数年このかた、ぼくはこの真実の最上の友にすっかり馴れてしまったので、もはや死の面影はいささかもおそろしくないばかりか、大いに心を静め、慰めてくれます!

そうして、われわれの真の至福への鍵として死を考える機会(父親の病気のこと)をあたえてくださったことを、神に感謝しています……。

ぼくは(まだこんなに若いのに)、おそらく明日はこの世にはいまいと考えずに床についたことはありません。しかしながら、ぼくを知っている者はひとりとして、ぼくがつき合いの上で陰気だとか悲しげだとか言える者はいないはずです。ぼくはこの幸福を毎日神に感謝し、だれしもがこのしあわせに恵まれるよう心から祈っています。」

沢山の人を楽しませてくれた内田康夫さん、モーツァルト同好の士としてどうか安らかにお眠りください。

合掌
読み逃げはやめよう、右のランキングにタッチ!      



この記事をはてなブックマークに追加

オークション情報~春の夜の夢~

2018年04月15日 | オークション情報

やっぱり見通しが甘かったか!

先日、名の変哲もないスピーカーがオークションに出品されていた。

       
タイトルは【AXIOM】ペア スピーカー GOODMANS グッドマンズ を出品致します。そして解説はこうある。

「音出し確認済み。音には問題ないと思います。中古品のため、小さな傷、サビ等ございます。
状態は画像にてご確認ください。譲り受けたもので当方全くの素人のためそれ以外のことはわかりかねます。何かございましたら質問していただけたら答えられる範囲内で答えさせていただきます。」

正直言って今どき「GOODMANS」といっても見向きもしない人たちの方が多い。ただし、自分にはかねがね狙っているユニットがあるので、念のため内蔵されているユニットの画像を覗いてみたところ何と「AXIOM80」が入っているではないか!

            

これには驚いたねえ。ズブの素人さんはこれだから怖い(笑)。

まともな「お値段」を付けるとしたら軽く15万円は超える代物だが、タイトルにも「AXIOM80」の文字はいっさい無いので誰も気づいていないようでずっと入札価格は2万円程度のままで推移している。

現在「AXIOM80」は最初期版を1ペア、復刻版を2ペア所持しているので自分には不要だが、うまく落札できれば「小遣い銭稼ぎ」ぐらいにはなるかもしれないなんてついほくそ笑んでしまった(笑)。

ところが・・・。そこで冒頭の「見通しが甘かった」に行き着く。

落札日の前日ぐらいから入札価格がぐんぐん上昇してアッという間に10万円を超えてしまった。どうやら気付かれた方が多いようで、やっぱりオークションは生き馬の目を抜く世界だなあ。

かくして落札価格は189,800円(14日)に落ち着いた。

結局「春の夜の夢」だったのか!(笑)

なお、これはお買い得だったと思いますよ。昨年3月のオーディオ・フェア(福岡)で聴かせてもらった1000万円近いスピーカーに対してAXIOM80は部分的にしろ上回るところがあったんですからねえ。

読み逃げはやめよう、右のランキングにタッチ!       

 


この記事をはてなブックマークに追加

オーディオ=精神物理学+感性

2018年04月14日 | 独り言

「ウヮ~ッ、汗臭い!」

午後のウォーキングから自宅に帰って家内とすれ違ったとき、つい外方(そっぽ)を向かれてしまった

たかが汗の匂いなんかで、ガタガタ言うな!」と一喝してやりたいところだが、どこで陰湿な「復讐劇」が待っているか分からないのでぐっと我慢(笑)。

さて、この「匂い」というもの、たとえば閉め切った部屋の中で「嫌な匂い」を消臭剤や空気清浄機で半分まで減らしたとしても、私たちは「あぁ、半分の匂いになった」とは感じない。

「ほとんど変わってない」あるいは「やっぱり匂う」と感じてしまう。実は「半分になった」と感じるためには、「匂い」の90%を除去しなければならない。

「音」だってそう。

私たちはかすかな「虫の音」と「コンサートの大音量」を同じように聞く〔感じる)ことができる。もし人間が音量の絶対値を感じとることができるとすれば、「虫の音」は小さい音量なので感じ方も小さく、コンサートの大音量であれば感じ方も大きいことになるが、実際にはそうではない。

音の大小にかかわらず感じ方〔感覚)は同じで、小さい音も大きい音も同じように感じることが出来る。

たとえば10のエネルギーを持つ音があるとき、何倍にすれば人間は音の大きさ(感覚)が倍になったと感じるだろうか。

普通に考えると「倍だから、エネルギー量は20では?」と考えるが、人間の耳はそれほど鋭くはない。「2倍になった」と感じさせるには、実際には10倍の音の大きさにしなければならない。「10」の音が「100」になって、ようやく「2倍」と感じることができる。

こうした「匂い」や「音」などの五感、つまり「視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚」の感じ方には独自の法則があって、それは「足し算」ではなくて「掛け算」の世界で感じることが分かっている。

これが1860年に発表された
「ウェーバー=フェヒナーの法則」である。

「感覚の強さR
は刺激の強さSの対数に比例する」

これが「精神物理学」といわれる学問の発端となった画期的な法則である。

※ 「対数」とは、たとえば「2の3乗=8」のとき8の常用対数は3と表される。そう、誰もが学生時代に習ったあのややこしい(?)「log」の概念である。

「精神物理学」は心理学者ウェーバーが「感覚の世界を定量化できないか?」と考えたことから始まった。人の感覚というものはとても主観的なものだが、なにもかも「これは主観だ」と言っていては学問にならない。

こうしてウェーバーが目に見えない「人の気持ち」や「感覚」を定量化するために行った様々な研究をもとに物理学者フェヒナーが1860年に数式化に成功したものがこの法則だ。

つまり何が言いたいのかといえば私たち人間の感覚は、けっしていい加減なものではなく定量化できるということである。

以上、「面白くて眠れなくなる数学」(2010年8月刊、PHP)からの引用でした。もちろん自説ではないのでどうか信用してくださいね(笑)。

               

というわけで「オーディオ」が「聴覚」の分野に所属するのはいうまでもないが、残念なことに上記の法則ですべてが説明できるわけでもない。

それは単なる入り口に過ぎず、問題は音を聴いて「心地よく感じる感覚」がどこに由来するのかということに尽きる。

そこで
「オーディオ=精神物理学+感性」の登場になるが、この感性というものが個人ごとに千差万別なので定量化できないところにオーディオの究極の魔訶不思議が秘められている。

したがって、自分では「いい音」と思っても、他人にとっては「それほどでもない」という「すれ違い」がしょっちゅう起こり、言葉や法則だけでは納得のいく説明ができないために世界中の至る所で悲喜劇が繰り返されることになる。

たとえばオーディオ仲間の離合集散が典型的な事例で、親密な交流が不幸にも次第に疎遠になる一番の原因は、お互いの「こんな音のどこがいいんだろう」という感覚が契機になっているように思うが、はたして皆様のご意見はいかがでしょうか(笑)。

読み逃げはやめよう、右のランキングにタッチ!       




この記事をはてなブックマークに追加

スポーツ界の頂点に位置する野球

2018年04月12日 | 独り言

いやあ、痛快ですねえ!

今年(2018年)から海を渡ってメジャーリーグで大活躍の大谷選手。投げて良し、打って良しの二刀流で、4月12日時点で2勝を挙げ、ホームランは3本と素晴らしい成績で、すべて録画して音楽を聴く合間の折々に芸術的な「神スウィング」に見入っている。

野球界には「ホームラン・アーチスト」という言葉があって「アーチ」(上方向に凸な曲線形状)と「アーチスト」(芸術家)を懸けた言葉だが、まさに大谷選手にふさわしい言葉だろう。

   

身長193センチ、体重93kgと恵まれた体格で、体も柔らかいのでおそらくどんなスポーツをさせても大成しただろうが、野球が「投げる、打つ、走る、捕る」という総合スポーツだからこそ育んだ能力があるに違いないと思っていたところ、ズバリ先日の「日本経済新聞」(2018.4・6)に同様のことが書いてあった。

引用させていただこう。

「アスリートの中にはどんな競技をしても成功しただろうと感得させてくれるユニバーサルな選手がいる。米大リーグに投打の二刀流で挑戦中の大谷翔平選手はその象徴だろう。

大谷選手の活躍に拍手を送りながら「この子がうちの競技を選んでくれていたら」と歯ぎしりするスポーツ関係者は山ほどいるに違いない。

たとえば相撲なら白鳳を超える大横綱に、ボクシングなら世界ヘビー級チャンピオンに、サッカーならFWやGPの名選手になっていたかもしれない。

すべては妄想に過ぎない。が、次々に浮かぶそんな「もう一つの世界」で遊ばせてくれるところにも大谷選手の希少性がある。(だからこそこの逸材には投打ではなく他の競技との二刀流を見てみたかった気もするのだが)。

大谷選手には今、いろいろな賛辞が贈られている、その中で驚きだったのはアスレチックスの監督の「なんて足が速いんだ」というコメントだった。

スピードとパワーを兼備した大型選手の躍動は米プロスポーツの真骨頂であり、見慣れた光景かと思っていたからだ。それでも大谷選手の速さに言及したのは従来の日本選手像が覆されるような衝撃を感じたということなのだろう。

大谷選手の特大級の活躍を見るにつけ、日本スポーツ界の良質なタレントが野球にはかなり集まっていると改めて感じる。某大学サーッカー部の監督に聞いた話だが、体育の授業でサッカーをさせると、野球部の学生の運動能力とセンスに唸ること再々だとか。

もう一つ感じるのは野球という競技が開発する運動能力の部分。外周23センチほどのボールが時速160kmという単位で飛び交う中、投げて打って走って捕まえてを繰り返し、鍛えられる特別な能力があるのだろう。

大谷選手は何をしても大成したと思いつつ、野球によってここまで大きくなったとも思うのだ。」

とまあ、以上のような記事だったが総合的にみて野球選手の運動神経は他のスポーツ選手よりも明らかに抜きんでている。たとえばサッカー、ゴルフ、バスケットボールなどの選手が野球をやってもおそらく通用しないだろうが、逆に野球選手はこれらのスポーツでも通用しそうな気がする。

そういう意味で、
野球はあらゆるスポーツの頂点に位置するのかもしれないと思う今日この頃(笑)。

ただ、この総合スポーツたる野球がなぜヨーロッパで広がらないのか、誰しも不思議に思うことだろう。これは以前のブログ「ヨーロッパで野球が広がらない理由」(2012.3.21)に記しておいた。


今後、同胞として大谷選手の今後の活躍を祈るばかりだがアメリカ大リーグはそんなに甘くない。きっと壁にぶち当たると思うが、どうか楽しみながら乗り越えてほしい。

読み逃げはやめよう、右のランキングにタッチ!        
 

 


この記事をはてなブックマークに追加