日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

朝の出来事

2015-01-31 | お仕事あれこれ

金曜日は、朝起きたら、一面の銀世界なので、用心して、うんと早く家を出ました。
そしたら、意外なほど、問題なし。難なくバスは運行し、いつもより、スムーズなくらい。
な~んだ、と思うくらいの拍子抜けして、
職場近くに降り立ったのは、始業の1時間半も前でした。

ちょっと早すぎるな、と職場近くの喫茶店でお茶しておりました。
居心地の良いカフェで、ゆっくり過ごして、気分も良く、「さぁ~て、行くかっ!!おっと、その前にトイレ、トイレ」とトイレに向かったら・・・・・
                     

このお店のトイレは2つあります。はっきりと男女が区別されているわけでは無いけど、「toilet」と描かれたプレートの一方は赤色、一方は緑色。
プレート赤のトイレの鍵穴が、赤色になっているので、使用中の様子。

プーレト緑の方の鍵穴は、青色でした。空いているようです。そこで、ドアノブに、手をかけてドアをあけたところ・・・・・・・
「ぎゃあ~」使用中の男の人がいた!!

ちなみに、「ぎゃあ~」と叫んだのは私です。
ドアが開いた気配に「うん???」って感じで振り向いた男の人と、バッチリ目があいました。
「ご・ご・ごめんなさい」と、あわてて、ドアを閉めて、何事も無かったかのように、本を読みふけるふり。
トイレから出てきた男の人と目が合わないように、気配を押し殺しておりました。

男性は、洋式トイレで立ったまま用を足す人、坐って用を足す人、2種類いるらしい・・・・・・幸いにも、スタンディングスタイルを採用している人でした。これが、坐るタイプの人だったら・・・・・と、思うとぞっぞっぞっ。
男性、女性が反対だったら、強制わいせつ罪もの。まったりするはずが、とんだドキドキもので・・・・・
男性トイレを開けた自分が悪いのか、鍵をかけずにトイレを使うその人が悪いのか・・・・・


 広島ブログ ランキング参加中です。ポチッとお願いします。

コメント (4)

腹6分め

2015-01-30 | うちごはん

「肉より魚」料理を心がけ、食卓に魚料理、それも青魚を乗せる毎日が続くので、肉食男の息子には、どうも物足りないようです。
母の料理に、文句こそは言いませんが・・・・・食後、冷凍室をゴソゴソやって、冷凍肉を解凍して、こってりした肉料理を自分でこしらえてます。
その気持ち、200%わかる、とこの方にも、言われました。

県外で大学生活を送ったので、自炊は苦では無いようですが、息子は太りやすい体質です。
「腹8分目で、我慢しときなさいよ。」と注意したら「これじゃあ、腹6分目じゃけ。8分目にもなってない。」と反論されました。

じゃあ、今夜は、ちょっと肉を使ってみますかね?
カロリー少な目の鶏ささみで、ピカタにしてみました。付け合せは、これまたローカロリーのキノコで。 
        

おあとは、モツレラとトマトでカプレーゼ。ほうれん草の胡麻和え。お肉ちょっぴり、野菜たっぶり。
         
        
こういう食生活を続けていたら、オット、闘病2ヵ月で5キロのダイエットに成功しました。
・・・・・・が、なにしろ、まだまだ、立派なおデブちゃん。目標体重まで、あと5キロ。ここから、先が長く険しい道が待っている。


 広島ブログ ランキング参加中です。ポチッとお願いします。

コメント (8)

最高のコスパランチ@わに(大手町ランチシリーズvol.23)

2015-01-29 | お仕事あれこれ

このインパクトのある店名に「へ???」と思って、引かないでくださいね。
ここは、中央郵便局裏の「酒菜房 わに
オーナーさんのお名前が、「わにぶち」さんだとか「わに山」さんだとかなので、この店名なんだそうです。
店名だけにとどまらずワニの置物が店内いたるところに棲息してますが・・・・・店内ジャングル感は無く、限りなく和風。

12時のチャイムが鳴った途端にピンポンダッシュしないと、すぐに満席になるので、なかなかここのお昼のサービス定食にはありつけません。
昨日は、運よく最後の2席に滑り込めました。しかも相席。 

いくらお昼のサービス定食といっても、サービスし過ぎじゃ?と、心配になるくらいのボリューム、品数、お味の3拍子どころか、このクオリティで800円という驚異的な価格もついた4拍子揃ってます。
       

本日のサービス昼定食メニューのお献立。
おでん、安納芋の焼き芋、チキンカツのカレーソース、野菜サラダ、すまし汁、ケーキ。
これで800円。ここ数年、ずっ~と、800円。消費税が8%になっても800円。税込で800円・・・ってことは、増税以降、実質的には値下げじゃ?

おでんと言っても、丸ごと1個の卵、大根、こんにゃく、ちくわ、角天、とこれだけの具材が入ってます。
お味の沁みた大根のとろとろ具合が、たまらんです、さすがプロの味。
             

チキンカツは、アツアツ。いつも揚げ物や焼き物は、アチチチぐらいの揚げたて、焼きたてを出しててくれます。
安納芋は、溶けた。甘くて、柔らかくて、とろ~り、と溶けた。
これに、サラダや汁物や、ケーキまでついて、どれもヤッツケ仕事じゃない品々で、あわせて800円ぽっきり。利益出てる??

数年前には、生後半年くらいの赤ちゃんを背中に括り付けて、お店に出ていた奥さん。
保育園が決まらなくて・・・・・・と。
また、この赤ちゃんが、まさに親の背中を見て育っているというか、背中を見ることも出来ない近距離で背中に密着しているからか・・・・・まったくぐずらなかった。生まれながらにして商売人のソウルを持ったベビーでした。
その背中に括り付けられてたベビーも、もう小学生くらいになっているらしい。

寡黙な職人肌のご亭主、明るくて働き者の奥様という若いご夫婦が、一生懸命切り盛りされているので、応援したいお店です。
ここらあたりじゃ、コスパ、クオリティは最高ランクのランチだと思うので、足繁く通っているのですが・・・・・・5回に4回は、満席で、ありつけず、ランチ難民になっちゃうの(涙)


   広島ブログ ランキング参加中です。ポチッとお願いします。

コメント (7)

1杯のかけそばトレーニング

2015-01-28 | 家族のあれこれ

いよいよ、今週いっぱいで休職期間終了となるオット。
12月はじめに脳梗塞で倒れて以来、2ヵ月ぶりの復職です。
いよいよ、復職秒読み状態になったので、職場に戻るための準備を、ちょこちょこと始めました。

マイカー通勤はちょっと怖いので、復職にあたって、JRでの通勤に切り替えることにしました。
先日、その練習をする、ということで、1人でJRに乗って、広島駅まで行って、リニューアルした立ち食い駅うどんで、かけそば1杯、食べて帰ってきました。
こんな「1杯のかけそば」ストーリーもあったのか。
しかし、職場は呉なので、広島方面だと、反対方向。なぜに、下り列車に乗っちゃったかなぁ?

         

復職初日は、ちょっと心配なので、オットに付き添って職場まで同行しようと思ったら・・・・・「同じ列車に会社の人も乗ってるから、恥ずかしい。」と断固拒否されました。
それぐらいの頑固さがあれば、大丈夫ですね。

そして、昨日、録画した洋画を見ている最中・・・・・・息子が画面を指差して、「この人、前に●●の映画に出てた」とか「この人、●●の役やっていた人」と、次々言い当てていました。
オットがそんな息子にいたく感心して、「そんなに顔を覚える能力があるんなら、刑事になったら?」と、真面目にすすめるのです。
「いや、オレ、もう民間企業に就職してるから、ムリ。」と、息子にあっさり否定され、「えっ・・・・?」という反応だったオット。
やっぱり・・・・まだ、ちょっと不安が無いでも・・・・・ないか


 広島ブログ ランキング参加中です。ポチッとお願いします。

コメント (8)

「LIFE!」ではかる価値観

2015-01-27 | カルチャー

2014年で、私が1番見たかった映画がコレです。ベン・スティラー監督・主演の「LIFE!」
映画館での上映を見逃してしまい、この度WOWWOWで、やっと見ることが出来ました。
           
フォトジャーナリズムの象徴だった写真誌「LIFE」が、経営難で休刊になって久しいけど・・・・このロゴ、今でも通用しますよね?時代の流れとはいえ、「LIFE」がもう、無いって、ちょっと寂しい。
                    

さて、映画の「LIFE!」ですが、写真誌「LIFE」のネガ管理室で働いている地味で冴えない男が、仕事への責任感から、大冒険に出る羽目になったファンタジイコメディ。
酷寒の北極海に落ちたり、アイスランドの活火山の噴火に巻き込まれたり、ヒマラヤの雪ひょうに遭遇したり・・・・・・・。
壮大な素晴らしい景色が、広がっていて、これ、やっぱり映画館で見たかったなぁ、と今さらながら悔やむ。

地味で冴えない男が、はからずも始めた冒険の中で、様々な経験をして、どんどん力強く輝いてきます。
主演のベン・スティラー(アメリカ版岡村 隆)が、素敵。
さらに、伝説的なフォトグラファー役のショーン・ペンが、カリスマ感満載。さすが、マドンナと結婚してただけのことはある。
そしてまた、この映画は、どんな仕事でも、誠実に向き合うことが大切、と教えてくれます。サラリーマンの私の胸にズキンと響きました。

自宅療養中のオットに「面白いよ、見てみたら?」と、この映画をすすめたら、さっそく鑑賞していました。
そのオットの感想が・・・・・「景色が素晴らしいね。これは映画館で見たかった。」「自分の仕事のことを、思い直した。」だって。
・・・・・・なんとまあ、私と、ほぼ感想がおんなじ、じゃないか(爆)。
夫婦って似てくる、って言いますもんね。どうも、価値観が一緒のようです。


 広島ブログ ランキング参加中です。ポチッとお願いします。

コメント (2)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ