日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

いなご会10月例会@中華料理 四季

2019-10-31 | そとごはん

        広島ブログ

「いなご会」10月例会は、基町ショッピングセンター内の知る人ぞ「中華料理 四季」
汚なシュランです。店内のお客は日本人と中国の方の半々くらい。
いつか行ってみたいと切望していたので、数年越しに夢が(大げさですが)かないました。

途中も街灯は無い、地下道はある、公園の植物は生い茂っているで、なかなかな雰囲気ですが、現地もこんなん↓感じで、なかなかなんというか・・・。
事前に北京ダックを予約しておりました。1羽15000円くらい。丸ごとはさすがに人数集めないと、食べきれません。
6人だとちょっと量が多いかな、と思ったけど、そこはいなご会ですから。

じゃーん、なんと首も頭も嘴も。ホントに全身丸ごと。こんがり。でもこの顏、ちょっとホラー。
ワタシはこの年で人生初北京ダック。
北京ダックって、鶏じゃなくてアヒルだって初めて知りました。

「あたり前じゃないか!!!だからダックなんだろーーーー!!!」と容赦なく、罵倒とれるのは、「いなご会」のいつもの常。
フォトセッションを済ませたら・・・・ダックくん、いったん厨房に退場。

ここから北京ダックの七変化をご堪能ください。
まずは北京ダックの醍醐味 パリパリの皮。キューリと葱を春餅に包んで、甜麺醤をつけて。パリパリ感がこれでもかっ!!で来る。
次は、骨。骨付き肉を使っての濃厚なスープ。

スープのなかには、首と嘴もそのまま入ったごった煮。うっ、こっち見てる???

最後は肉。花椒の香りが効いた炒め物に。この色合い、見るからにピリ辛ってわかるでしょ。
「おいしいけど辛い」「おいしいけどお腹いっぱい」。
食べても食べてもなくならなかったけど、オカミの胃袋にドストライクだったみたいで、みんながワーワー言っている横で、白ご飯を片手に黙々と食べ続け、それはそれはきれいに食べ尽くしてくれました。

北京ダック以外の料理もどれも、相当に美味しかった。
海老とカシューナッツの炒め物の中にも、大きくザク切りされた唐辛子の波状攻撃。からかった~、でもやめられない、止まらない。

ニンニクがたっぷり使ってあった青菜の炒め物。シンプルな料理だけに、これを食べるとその店のレベルがわかる。

Gちゃんが空腹のあまり、入店直後に最初に頼んだ「あんかけ焼きそば」は、すべての料理が出払って満腹になってからやってきました。
そりゃそうだ。炭水化物は最後というのが常道だから。最初に出してくださいとお願いしとけばよかった。
満腹だけど、もちろん残しません。食べきります。いなご会ですから。
そのほかにも食べに食べました。いなご会ですから。どの料理も評判どおり、本当においしかった。
丸ごと北京ダックもあったので、お会計はそれなりに覚悟していたけど・・・・あれだけ食べて、北京ダック一羽ついて、飲み物もあわせて、1人4500円くらいでした。
「やすっっっ」って、みんな驚いたくらいです。

写真がいつものワタシの記事よりビューティフォーなのは、撮影者が写真上手なanchanだから。「いなご会」の例会では、写真ベタなワタシはもうスマフォを出さず、甘えることにしました。


  広島ブログ

コメント (4)

ひとり晩ごはんは、スイーツ

2019-10-30 | パン・スイーツ

広島ブログ

オットがコンサートに行って晩ご飯が不要な日のワタシの晩ご飯はケーキです。
えっ??糖質制限???なにそれ????
最近ジムにも行けてないし、足の不調で通院中なので運動不足は否めないけど・・・・スイーツの魔力には逆らえない。
大好きなケーキ屋さんのひとつ本格フランス菓子の「POIVRIERE(ポワブリエール)」で。


おばちゃんにはカワイ過ぎるじゃろ!!なケーキ。おばけの形の「ファントーム」オバケがうっしっし(笑)とにやけてます。

この季節、ハロウイーン仕様スイーツをアチコチで見かけますが・・・・・時流には乗ってみる。

オバケのかぶっているシーツは、ホワイトチョコでした。
チョコをこんな風にヒラヒラと仕上げるのは技術がいるのでしょうね。中には甘酸っぱいベリーのムース。


この時期は、ひつこくイチジクを追求しますよ。
タルト・バリエ。アーモンドクリームに生のイチジクをタルト生地で焼いてある。めちゃ好きな組み合わせ。タルト生地サクサク。
実家の食器棚からもらってきたWedgwoodのフロレンティーターコイズのティーカップ。このブルー大好きです。
おいしいケーキ、お気に入りの食器。よい一日の終わりだ。

広島ブログ

コメント

『YESTERDAY』@サロンシネマ

2019-10-29 | カルチャー

           広島ブログ

オットのたっての希望で映画『イエスタディ』を鑑賞するためにサロンシネマへ。
タイトルは言わずと知れたビートルズの名曲から。
ビートルズ世代ではないけど、音楽好きにはビートルズは、絶対に外せない。
脚本が大好きな映画『ラブアクチュアリー』のリチャード・カーティスだから、ワタシも期待していきました。

最近、QUEENを描いた「ボヘミアン・ラブソデイ」やエルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』など、有名ミュージシャンの実話映画が次々製作されているから、こちらもそうかとおもったら
・・・・・違った。

売れないシンガーソングライターが交通事故に遭って、その後に自分以外にビートルズを知らない世界へ迷いこんで・・・これ幸いとビートルズの名曲を自作として発表する・・・という不思議ストーリーでした。
同じ状況になったら、ワタシも同じことして大儲けをたくらみますわ。

イギリス映画ですが、主人公役はインドとかパキスタン系の男優。さすが日本と違いグローバル島国のイギリス映画。
ビジュアルがイケてない歌手という設定なので・・・・主人公にちょっと感情移入できんかったWWW

そして、なぜかエド・シーランが本人役で出てる!!!
「え??エド・シーラン???」と目を疑いました。なので、思いがけずエド・シーランの歌声も聞けるというおまけつき。エドの演技はヘタです(笑)

当然、全編ビートルズの曲が散りばめられているので、いつい口ずさみそうになります。
ビートルズ好きな方はぜひに!!というべ気か・・・・それとも、ビートルズのそっくりさんでは無いので、期待しないでというべきか。
ハートウォーミングな初恋ストーリーですが、もうちょっと波乱があっても。

          広島ブログ

コメント

エキニシで大満足な@Bruttie Buone

2019-10-28 | そとごはん

広島ブログ

ekieのビストロで早めの一次会を済ませ、本命のエキニシの二次会へ。何度、店名を聞いても覚えられない「Bruttie Buoni(ブルッティ エ ブォーニ)」です。

だんだんカタカナが苦手になってくるお年頃にとっては、なかなかハードルの高い店名。
エキニシはカウンターだけのお店が多いけど、2階にテーブル席があります。
以前「いなご会」で出かけて、メニュー数は少ないけど、何を食べても美味しかったから、また行きたいと思っていたお店です。


まずは前菜。二次会ですから、前菜頼んだ段階で、すでに腹八分目なので、ひかえめに2人前ほどで抑えめに。
写真がキレイなのは、カメラマンはワタシではないからWWWWワタシはブロガーにあるまじき写真ベタなもので。
いちじくの文字をメニューに見つけると、パブロフの犬状態の「生ハムといちじく」。いちじくの濃厚な甘さに黒胡椒ピリリ。
生ハムメロンより、生ハムいちじくのほうが好きです。まぁ、めったにメロンは口にできないけど。

アスパラもメニューにあると頼んでしまう食材のひとつ。雪のように削ったパルメザンチーズがかかっていて、そのうえに半熟目玉焼きがとろ~り。半熟卵って、最強のソースだ。

菊芋のクリームグラタン。ベシャメルソースがめちゃくちゃおいしい。
スタート時点で腹八分目だったのに、ヘビーな献立頼んで、重すぎるかな???の心配無用。スルスル入ります。
最後の〆のパスタは、思い切ってカルボナーラを選びました。
カルボナーラって、初めて食べる場合は賭けです。シンプルなパスタだけに、うまい/まずいが、お店によって如実に現れるので、当たりかはずれか・・・・
「これはいいカルボナーラだ」とnakkaちゃんが太鼓判押してました。
ふんだんにかかったチーズ。大当たりのカルボナーラでした。
二次会だから、これくらいでお腹いっぱい。
これだけのクオリティなのに、思いのほかお会計が安くて驚いた。なぜかというと、特にドリンクが安いのです。350円とか・・・

飲食店はドリンクで粗利を稼ぐのが手っ取り早いというのに、なんて良心的な。
おいしくてお安い、エキニシの醍醐味みたいな良いお店です。

広島ブログ

コメント

数少ないドイツパン@Backerei Back

2019-10-27 | パン・スイーツ

広島ブログ

 

職場の社員食堂には、時々イベントでいろんなお店が出店してくれるのですが、人気ドイツパン店の「Backerei Back(ベッカライベック)」が来てくれました。

先日のそごうのパンフェスタでは行列していたというこちら、ブッタープレッツェル。
それが行列せずに買えるなんてありがたい。ただし、パンフェスタ特別価格ではなくてプロパー価格。
ドイツパンの代名詞 プレッツェルのツヤツヤした生地に、ツノが立った硬めのクリーム。

400円したけど、かなーりでっかいソーセージがのったドック。
このソーセージがパリパリでひとくち齧って『おいしっ』これはオットが好きそうな味だと思ったので、そのまま自宅へ持ち帰り。
ソーセージの端っこが、ひとくちかじってあったけど、オットはそういうのは気にしませんWWW
めちゃくちゃおいしかったのがこの栗のパン。
栗の甘煮とマロンクリーム入り。このマロンクリームが特に好みの味でしっとりとおいしかった。
しっかりと噛みごたえのある生地とマッチしていて、ぜひまた食べたい。

ハムチーズ。シンプルだけで、食べ応えがあって、ドイツ!!って感じ。なにがドイツかってとこだけど。フランス系のパンとは確実に違う。
わりとお高めのお値段ではあるのだけど、その分素材が良くて、丁寧にこしらえていらっしゃる様子。
ハード系パンが好きですが、たまに食べるドイツパンもしみじみとおいしい。
広島にはドイツパンのお店は貴重な存在。ずっとお店が続いてほしいな。


広島ブログ

コメント

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ