日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

立川 談春に惹きつけられた

2019-01-20 | カルチャー

   広島ブログ

昨日は、オットと2人で佃製作所の殿村経理部長の独演会へ行ってきました。この人ですね。

いまや落語界のエースともいうべき立川 談春。
チケットを取るのが難しいほどの人気とのことで、われわれも最後列の1つ前の列。あやうく購入できないところでした。
アステールプラザ大ホール 1200席の大バコを独演会で満席にできる落語家というのは、そうそういないはず。

いままで、名前を憶えていない真打から、若手のエース格 春風亭一之輔、そして人間国宝 柳家 小三治、といろんな噺家をナマで聞く機会がありました。
といってもわずか7人だけ・・・その少ない中で言うのもどうかと思いますが、談春が一番良かった。

最初のまくらは、ご当地のカープねた。そして出演作の下町ロケットねたや、公開予定の映画『七つの会議』ねた。
共演者たちの物まねや、撮影裏ばなしをやってくれるのですが、これが涙が出るほど笑った。まくらでこんなに笑ってたら、ネタに入ったらもう笑えないんじゃ、と思ったけど杞憂でした。
これがもう惹きつける、惹きつける。

大人になると声を出して笑うことって、そうそう無いところ。大笑いできる機会って貴重。

この日の2本のネタは、どちらも1時間を超える古典落語の大ねた。
とくに「鼠穴」の演目は、波乱万丈なストーリーが続くので、悲惨な場面では声をだす人もなく、みんなじぃーと壇上の談春を見つめる緊張感。それを一気に笑いのオチにもっていく。
これをたった一人で、観客に全身をさらしてやり続ける実力、体力、気力ともにどれほどの才能かと。

本当に上手な噺家だと、音に絵が浮かび、リズムを自在に操って、観客の耳をぎゅう~と持っていく。
オットと2人で「ヨカッタね」「さすがだったね」と、大感激しながら帰りました。


   広島ブログ

コメント (4)

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

2019-01-16 | カルチャー

    広島ブログ

ここ最近で見た美術展、展覧会では、一番ヨカッタ。

広島県立美術館で開催中のフランスのポスター作家 レイモンド・サヴィニャックの作品を集めた『サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法』展。

県立美術館の自動ドアも、サヴィニャックのイラストで歓迎してくれています。見てのとおり、チョコレートのポスターのイラスト。

ポスターの使命は、その商品を消費者にインプットすること。
牛乳石鹸のポスター。この小首をかしげた牝牛のなんともいえない表情の癒されることといったら。

チキンブイヨンのポスター。そのおいしさに、鶏が自分で飲んでいるという。この得意そうな表情もいいですね(笑)


どのポスターにもアイデアが詰まってて、おっ!!こう来たかとニヤリ。作品を前に『かわいい』『おっしゃれ』『キュート』と、観ていると自然に
笑顔に。
こんなポスターがパリの街角に実際に貼ってあったのかと思うと、なんという贅沢、なんというおしゃれ。なんというワンダーランド。さすがパリ。

旧き佳き時代の『エスプリ』という単語が、ピッタリな画風でした。

サヴィニャックという画家の名前を知らなくても(ワタクシも、ほとんど知りませんでした)見終ったあとは、気持ちがウキウキするような展覧会でした。
グッズ売り場がまたキュートで、ついついA1サイズのポスターを買ってしまった。


 
   広島ブログ

コメント

午前10時の映画祭~デジタルで甦る永遠の名作

2019-01-14 | カルチャー

    広島ブログ

昨年からバルト11で上映している『午前10時の映画祭~デジタルで甦る永遠の名作』は、さすが名作ばかりで『観たい、行きたい』とずっと思い続けていましたが・・・・なんせ、午前10時という開演時間は、サラリーマンにはハードルが高い。

だいたい1週間限り、せいぜい2週間という短期間上映では、さらに厳しい~。

でも『1度スクリーンで見たかった。もう一度スクリーンで見たかった』というキャッチコピーが、胸をくすぐります。なのに見逃してばかり。

これは絶対に行きたいと、春先から思い続けて、2年越しでやっと行けました。
その映画は『日の名残り』
想定外のノーベル賞を受賞したイギリス在住のカズオ・イシグロのブッカー賞受賞作の映画化です。

イギリス貴族の大邸宅で執事としての仕事に、身も心も仕事に捧げている初老男性がアンソニー・ホプキンス。本心を出さない抑えた演技は『羊たちの沈黙』のレクター博士とはベツモノです。
1930年台(第二次世界大戦前あたり)のイギリスの貴族の大邸宅の様子が、ものすごい。
部屋数から使用人数から調度品から、どれもため息もので、さすがイギリスのザ階級社会。

何が起こるというわけでもないのですが、静謐・品格・厳粛・気品そういう2文字の漢字が、じわじわぁとしみ出てくるような映画でした。
観終わったあと『いい映画みたなぁ』と、しみじみ満足。
 
   広島ブログ

コメント (4)

クリスマスプレゼントに京都

2018-12-23 | カルチャー

   広島ブログ

ワタクシにクリスマスプレゼントが届きました。

・・・・といっても、自分のお金で買ったものを、厳密にプレゼントというかというと違う。ただの買い物だが・・・

なにを買ったかというと、コレ↓
数年にわたってNHK-BSで不定期放映されていた京都を舞台にしたドラマ&ドキュメンタリー『京都人の密かな愉しみ』

毎日、毎日、新聞のTV欄のNHK-BSプレミアムの欄を欠かさずチェックするのは、この番組のため。
不定期放送だからいつ放映するかわからないので、見逃すわけにはいかない。
根強い人気番組なので、何度も再放送しているのに、そのうち何回かは見逃したり、録画できなかったり、いまだ全編そろわず・・・

まさに、本日12月23日(日) 13:00~久々の再放送!!
やったぁ~!!!とおもって、さっそく録画予約しようとしたら・・・・

やられた!!先にオットが録画予約セットされてた(わが家のブルーレイは、同時間帯に1番組しか録画できない低機能です)

オットが何を予約しているのか???と確かめると・・・・・『有馬記念かぁ~!!』

有馬記念といえば、競馬ファンの最大のお楽しみのひとつということは、ワタクシでもわかる。
この予約を勝手にリセットしたら、さすがにオットが黙ってはいないだろうなぁ。

仕方ない(涙)『京都人の密かな愉しみ』の録画をあきらめるか・・・・

・・・というようなことが、今までもたびたびあって、何年にわたってもいまだ全編そろわず。
そんな苦渋の日々に別れを告げるため、思い切ってDVD全巻セットを買ったのです。高かったけど(爆)
DVD買ったのに、放送日はリアルタイムにも視聴したい、というめんどくさいワタクシではあるが・・・。

長男が京都の大学に進学したことを契機に、京都の魅力にはまって、年4~5回は京都へ行ってましたが、長男が卒業してからはちょっと疎遠になったけど・・・・。

この『京都人の密かな愉しみ』は、グルメ番組や旅レポートと違い、京都生まれ、京都育ちの人々の暮らしぶりが丁寧に描かれていて秀逸。
『あぁ~京都行きたい』と京都熱を再燃させてしまうので、危険なんだけど。
主人公の常盤 貴子の若女将姿がとてつもなく美しくて、同性ながら惚れ惚れします。



   広島ブログ

コメント (4)

また、桜の国で

2018-12-16 | カルチャー

   広島ブログ

今日は、ワタクシらしくない、ちょっとシリアスなおはなし。
第二次世界大戦に絡む重い内容の本なので、メンタルバランスが崩れている時には、読まないほうがいいかなぁ、と思ったのですが・・・そういうときに、こういった本が手元に届くのは、これも『本の神様』の巡りあわせかしら。


須賀 しのぶ作の『また、桜の国で』
この本を原作にした、NHKのオーディオドラマでの紹介文によると・・・
日本とポーランドとの絆を心の原点にもつ若き外交官、棚倉 慎は、1938年秋、ワルシャワの日本大使館に赴任。
ナチスドイツ台頭による戦争の危機が忍び寄る中、大使館の職員マジェナ、ユダヤ系青年ヤンネ、アメリカ人記者レイらと出会いの中で、国際関係の改善に奔走する。
しかし翌年9月1日、ドイツのポーランド侵攻で第二次世界大戦が勃発。人々の運命は、巨大な歴史の渦に呑まれてゆく。

第二次世界大戦当時の日本人外交官というと、ユダヤ人の国外逃亡のために奔走した『日本のシンドラー』と呼ばれる杉原 千畦さんがよく知られていますが、この作品の主人公も、日本人でありながら、ポーランドやユダヤ人のために、抵抗運動に身を投じる外交官(実在の人物ではない、と思いますが)の姿に涙します。

須賀 しのぶさんの作品には、ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に日本人留学生を描いた『革命前夜』があるのですが、これが抜群におもしろかったので、須賀さんがまた東欧を題材に書いた本ということで読んでみました。

世界がきな臭い方向に進んでいるいま、こういう本を読むことが大事だと、自分に言い聞かせる。

   広島ブログ

コメント

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ